Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • He's far from China but not beyond its reach.

    [リポーター] 彼は中国からは遠く離れていますが、まだ手の届く範囲です。

  • A young Uighur too afraid to reveal his identity.

    ウイグル族の若者は、個人情報を明かすのを恐れています。

  • Because the Chinese government can track you everywhere.

    [男性]中国政府は、どこへでも追跡できますから。

  • His is a story of pressure.

    [リポーター]圧力に関連した話です。

  • And he shows us documents he was pushed to send to China.

    中国に送るように強制された、書類を見せてくれました。

  • His Canadian address, copies of his ID, and something extraordinary.

    カナダの住所、身分証明のコピー、そして驚くべきものです。

  • They even got my blood type and DNA.

    [男性]僕の血液型と、DNA まで持っていました。

  • So, how did this happen?

    [リポーター]どうやってこんなことに?

  • Back home in China, his parents had been approached by police curious about where he was.

    中国の実家では、彼の両親の元に警察がやって来て、彼の居場所を尋ねました。

  • The implied threat: Get the information or they might end up in the detention camps.

    脅迫もほのめかされました―情報を得るか、抑留所に送られるか。

  • He tells us authorities already had seized his parent's passports so they can't leave China.

    当局は、彼の両親のパスポートを没収し、中国から出られないようにしたそうです。

  • For him to go back might mean detention.

    彼が戻れば、抑留されるかもしれません。

  • How will you see your parents again?

    ご両親には、どうやって再会するのですか?

  • I can't, I can't see them in, in either country.

    [男性]どちらの国でも会えません。

  • Not just one man's worries, surveilling, separating families seems part of China's plan.

    [リポーター]1人の男性の懸念を引き起こすだけでなく、監視したり、家族を引き離したりするのは、中国の計画の一部のようです。

  • The leaked documents outline how people are to be tracked or refused approval for visas.

    漏洩した文書には、人々をどのように追跡するか、ビザを不認可にするかなどが記載されています。

  • Some who've left the country arrested the moment they crossed the border back.

    中国を出た人の中には、再入国した途端、逮捕された人もいます。

  • The bulletins note watching people with dual citizenship and point out five are Canadian.

    報告書には、二重国籍者に注意すること、そして5人はカナダ人であることが記されています。

  • After 20 years in Canada, Uighur activist Rukiye Turdush is less afraid for herself but worries deeply about the Uighur students here who reach out to her for help.

    カナダに 20 年間いるウイグルの活動家、ルキエ・ターダッシュさんは、自らの身はさほど案じていませんが、彼女に助けを求めるウイグルの学生たちについて、非常に懸念しています。

  • Her phone seems a lifeline for them.

    彼らにとって、彼女の電話はライフラインのようです。

  • Some of them even the mothers and fathers forced them, "Okay, so the police bothering me so much."

    中には、母親や父親にこう強いられた人もいます。「警察にものすごく悩まされている。

  • "Send like a power of attorney, write down a letter with a lawyer."

    代理人や、弁護士に手紙を書いてもらって、

  • "Just say you're not my son anymore or you're not my daughter anymore."

    あなたは私の息子じゃない、娘じゃない、と言ってもらいなさい。」って。

  • Beyond the heartbreak of having to disown their parents, some are pressured to return to China, frightened their families will be punished if they don't.

    [リポーター]親と縁を切らないといけないことに心を痛め、中国に帰国せざるを得ないと感じる人もいます。帰国しなければ、家族が罰せられるかもしれない、と恐れるのです。

  • Some students just disappear from Canada.

    カナダから、ただ消え去ってしまう学生もいます。

  • Hard to know how many have gone.

    何人が去ったのか、把握するのは困難です。

  • At least six or seven of them told me.

    [ルキエ]少なくとも、6、7人は私に伝えてくれました。

  • The rest of them didn't tell me because they're so scared.

    残りの人たちは、何も言いませんでした。すごく怖かったんですね。

  • Her burden is to listen and be haunted by things she cannot change.

    [リポーター]話を聞き、彼女では変えられない物事に悩まされるのが、彼女の負担となっています。

  • That's Canadian Mehmet Tohti's trauma too, and it's personal.

    それは、カナダ人のメフメット・トフティさんのトラウマでもあり、個人的な問題です。

  • This is his mom back in Xinjiang.

    これは、新疆ウイグル自治区に住む、彼の母親です。

  • He last spoke with her in October of 2016 and says it felt like goodbye.

    母親と最後に話したのは、2016 年 10 月のことで、それが別れの挨拶だったと感じた、と言います。

  • She told me, "If we're not able to meet in this world probably hereafter, and do not think too much about us, and continue to do what is right for you, and take care of yourself."

    [メフメット]母はこう言ったんです。「この世で会えなければ、きっとあの世で。私たちのことについては考えすぎないで、あなたにとって正しいことをし、自分を大切にしなさい。」

  • His fight for justice has felt lonely, but now the proof is out, he wonders what the world will do.

    [リポーター]正義を求める闘いは孤独でしたが、証拠が明るみに出た今、世界はどのように動くのか、彼は考えています。

  • This is the largest, largest abuse of state power since the Second World War.

    [メフメット]これは第二次世界大戦以来最大の、国家権力の濫用です。

  • If we do not issue a condemnation on this, so what else we will issue its condemnation?

    これを糾弾しなければ、何を糾弾するのでしょうか?

He's far from China but not beyond its reach.

[リポーター] 彼は中国からは遠く離れていますが、まだ手の届く範囲です。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 届く 範囲 遠く 若者 恐れ 個人

カナダ在住ウイグル人にインタビュー :消えない恐怖心

  • 558 22
    nanako.kamiya に公開 2021 年 04 月 16 日
動画の中の単語