Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • For more than half the year, this sundial doesn't show the right time.

    1年の半分以上、この日時計は正しい時刻を示さない。

  • That's because in many nationsthe clocks spring forward by one

    それは、多くの国では、時計が1つ進んでいるからです。

  • hour from the end of March to the end of October.

    3月末から10月末までの1時間。

  • It's called daylight saving timeand it affects more

    これはサマータイムと呼ばれるもので、より多くの人に影響を与えます。

  • than one billion peopleBut recentlyseveral nations

    10億人以上の人々がいます。 しかし最近、いくつかの国が

  • have proposed scrapping it, including the European Union

    欧州連合(EU)をはじめとした国々が、この制度の廃止を提案しています。

  • So how did seasonal clock changes come about

    では、季節による時計の変化はどのようにして生まれたのでしょうか。

  • and should we be getting rid of them

    そして、私たちはそれらを取り除くべきなのでしょうか?

  •   In most countries, the standard 

    ほとんどの国では、標準

  • timezone is generally in sync

    タイムゾーンは概ね同期している

  • with the sunFor example, midday is roughly when the

    太陽の動きに合わせて例えば、正午はおおよそ

  • sun is highest in the sky, with equal amounts of daylight

    太陽が最も高い位置にあり、日照時間が等しいこと

  • either side. But for about 70 countries around the world,

    のどちらかになります。しかし、世界の約70カ国のために

  • this isn't the case for roughly  half the year because of daylight

    日照時間の関係で1年の約半分はそうではありません。

  • saving time, which is the method of moving clocks forward during

    の間に時計を進める方法である「セービングタイム」を導入しています。

  • warmer months so that darkness falls at a later time.

    暖かい季節になると、暗闇になる時間が遅くなります。

  •   Towards the end of March,

    3月の終わり頃。

  • countries in the northern

    北部の国々

  • hemisphere set their clocks ahead by one hour to push

    半島では、時計を1時間早めて

  • sunsets later in the evenings and sunrises

    夕方以降の日没と日の出は

  • later in the morningsThen, in late October

    遅くまで朝の時間帯が続きます。 そして、10月下旬。

  • they are wound back by an hour, subtracting an hour of daylight

    1時間巻き戻して、1時間の日照時間を差し引く。

  • from the evening and making  the early mornings brighter

    夕方から早朝にかけての時間帯を明るくしてくれます。

  • In the southern hemispherethe reverse occurs, with their 

    南半球では、その逆で、彼らは

  • daylight saving time taking place during their summers

    夏に行われるサマータイム。

  •  The idea of daylight saving was originally proposed by

    サマータイムのアイデアは、もともとは

  • New Zealander George Hudson in 1895. He was a scientist

    1895年、ニュージーランド人のジョージ・ハドソン。彼は、科学者

  • studying insects and wanted  to take advantage of the

    昆虫の研究をしていて、それを活かしたいと思っていました。

  • extra daylight in the summer to hunt for bugs

    夏の日中の時間を利用して、虫捕りをします。

  •  The idea didn't catch on at the timebut at

    このアイデアは、当時は受け入れられませんでしたが、現在では

  • the start of the 20th  century, a successful

    20世紀初頭には、成功した

  • British builder called  William Willett published

    ウィリアム・ウィレットというイギリスの建築家が出版した

  • pamphlet called, 'The waste of daylight.' 

    というパンフレットを作成しました。

  • Willett proposed moving the clocks forward by 80 minutes

    ウィレットは、時計を80分進めることを提案しました。

  • in 20-minute weekly increments

    を1週間に20分単位で表示します。

  • His campaign even gained the support of Winston 

    彼のキャンペーンは、ウィンストンの支持も得ていた。

  • Churchillbut Willett  died in 1915 before

    チャーチルですが、ウィレットは1915年に前に死亡しています。

  • his plans were realized

    彼の計画は実現した。

  •  William Willett was a keen golfer and wasn't a fan of

    ウィリアム・ウィレットは熱心なゴルファーであり、ファンではありませんでした。

  • cutting short his round at dusk

    夕方になるとラウンドを切り上げる。

  • He argued that several hours of sun were being

    数時間の日照時間が確保されていると主張した。

  • wasted while we slept and that we should use more

    私たちが眠っている間に浪費されていることを考え、もっと

  • of it, along with the nice summer weather, to pursue

    夏の陽気に誘われて、その魅力を追求しています。

  • leisure activities after workHoweverwhen daylight

    仕事が終わってからの余暇活動。 しかし、昼間の

  • saving was finally adoptedit wasn't

    節約術がようやく採用されたと思ったら、そうではありませんでした。

  • to enjoy long the summer evenings

    夏の夜を長く楽しむことができます。

  •  In 1916, Germany and the Austro-Hungarian Empire 

    1916年、ドイツとオーストリア・ハンガリー帝国は

  • were the first countries to  implement daylight saving 

    は世界で初めてサマータイムを導入した国です。

  • during the first world warThe aim was that by adjusting 

    第一次世界大戦中のことである。 その目的は

  • the clocks forwardless electricity would

    時計を進めることで、電力の消費を抑えることができます。

  • be used for lightingthereby  conserving coal which could

    照明に使用することで、石炭を節約することができます。

  • instead be used to power production

    その代わりに、生産のために使用される

  • towards the war effort

    戦争のために。

  •  The U.K. followed suit a month later while the

    その1ヶ月後には英国が追随し、さらにその1ヶ月後には米国が追随しました。

  • U.S. adopted it in 1918, which was claimed to

    アメリカが1918年に採用したもので、以下のように主張されています。

  • have saved the United  States $2 million in gas 

    米国ではガス代を2百万ドル節約できた。

  • bills at the timeor around  $33 million when

    当時の請求書、または当時の3300万ドル前後の

  • adjusted for inflation.

    インフレ調整を行っています。

  • Turning on the lights an hour later may have saved 

    1時間後に照明を点けていればよかったかもしれません。

  • a lot of energy a hundred years ago

    100年前にはたくさんのエネルギーがあった。

  • but industrialization and  technological advances 

    しかし、工業化と技術の進歩

  • mean that lighting  is a smaller part

    つまり、照明の占める割合が少ないということです。

  • of our overall energy consumption

    は、私たちの全エネルギー消費量に占める割合です。

  •  A 2017 study found that moving an hour of daylight

    2017年の研究では、日中の1時間を移動すると

  • to the evening reduced electricity usage by an

    夜間の電気使用量を1.5倍に減らすことができました。

  • average of just 0.34%.  Places further from the

    平均はわずか0.34%です。 から離れた場所では

  • equator, which experience  the biggest change in 

    の変化が最も大きくなる赤道付近では

  • daylightwere more likely to save energy 

    昼間の光を浴びることで、より多くのエネルギーを節約することができました。

  • with daylight savingBut this was offset by 

    サマータイムで しかし、これを相殺したのが

  • countries closer to the equator

    赤道に近い国々。

  • Longer sunlit evenings  in hot countries usually 

    暑い国では、太陽の光を浴びる時間が長くなります。

  • result in more time spent indoorspushing up 

    の結果、室内で過ごす時間が増え、その分だけ上昇します。

  • electricity consumption  due to the need for air

    空気を吸うことによる電力消費

  • conditioning and the growing number of

    コンディショニングと、増え続ける

  • household  electronics

    家庭用電化製品。

  •  The use of daylight saving continues to split opinion

    サマータイムの使用については、意見が分かれています。

  • Some countries are even  divided about the annual

    国によっては毎年のように意見が分かれることもあります。

  • ritual within their borders

    その国境内での儀式。

  •   In the U.S., Hawaii and Arizona — states that

    米国では、ハワイ州とアリゾナ州が

  • already get a lot of sunshine — are the

    は、すでにたくさんの太陽の光を浴びています。

  • only two that haven't adopted daylight saving

    の2つだけがサマータイムを採用していません。

  • Within Arizonahoweverit's even more confusing,

    しかし、アリゾナ州内では、さらに混乱しています。

  • as there are territories and reservations which

    領地や保留地があるように

  • don't have seasonal clock changes

    は、季節による時計の変化がありません。

  • There are also divides in  Australiawhere three

    また、オーストラリアでは、3つの国に分かれています。

  • out of the eight states have not adopted daylight 

    8つの州のうち、昼光色を採用していない州は

  • savingBrazilwhere  daylight saving is only

    ブラジルでは、サマータイムは

  • used in the south of the country which lies

    にある国の南部で使用されています。

  • furthest from the equatorand Canadawhere the

    赤道から最も遠いところにあるカナダ、そして

  • province of Saskatchewan doesn't have seasonal

    サスカチュワン州では、季節に関係なく

  • clock changes, unlike the rest of the country

    の時計が変わる、他の国とは違う。

  •  But the European Union is planning to keep things

    しかし、欧州連合(EU)は、このような状況を維持することを計画しています。

  • simple by getting rid of daylight saving altogether

    のためには、サマータイムを廃止するのが一番です。

  •  In 2019, the European Parliament voted to scrap 

    2019年、欧州議会は廃案を決議しました。

  • daylight saving time across all member states from

    全加盟国のサマータイムが

  • 2021 following a poll showed EU residents 

    2021年、EU加盟国の住民を対象とした世論調査で

  • were keen on the move

    は、この動きに熱心だった。

  • Howeversupporters and critics of seasonal clock

    しかし、季節時計を支持する人も批判する人も

  • changes are divided about its effects.  

    その効果については賛否両論あります。

  •  For instancedaylight saving reduces road

    例えば、サマータイムによる道路交通量の削減

  • traffic accidents — which  are more likely to occur 

    交通事故 - 発生しやすい

  • after dark — by an estimated 13% in 

    日没後の時間帯では、推定13%の増加

  • pedestrian fatalities and 3% fewer deaths among

    歩行者の死亡率は3%減少しました。

  • those traveling in vehiclesHowever, a study in the U.S. 

    車で移動する人 しかし、米国で行われた調査では

  • found that during the week  immediately after the clocks

    を見てみると、時計が鳴った直後の1週間は

  • go back in the fallthere is an uptick

    秋に戻ると、上昇しています。

  • in fatal car crashes by 6%. 

    致命的な自動車事故の発生件数が6%減少しました。

  • Research has also shown that immediately after

    また、研究によると直後の

  • the clocks go forward in  springthe risk of heart

    春になって時計が進むと、心臓病のリスクが高まります。

  • attacks and strokes grows by 24%, which some 

    攻撃や脳卒中の発生率は24%増加しています。

  • attribute to the loss of an hour of sleep.

    は、1時間の睡眠時間を失うことになる。

  • Conversely, when the clocks go back in autumn

    逆に、秋になって時計が戻ると

  • the risk falls by 21%. 

    リスクは21%低下します。

  • Andstudy of people diagnosed with depression 

    うつ病と診断された人を対象にした研究でも

  • found that the end of  daylight saving time saw 

    が、サマータイムの終了により

  • an 11% increase in depressive episodes

    憂鬱なエピソードが11%増加した。

  • thought to be caused by  disruption to sleep

    睡眠の乱れが原因と考えられる

  • patterns and  darker evenings

    のパターンで、夜は暗くなります。

  •  Studies also suggest that daylight saving causes a

    また、研究では、サマータイムによって

  • fall in evening TV  viewership and 

    夕方のテレビ視聴率の低下と

  • increased physical activityThe brighter evenings are

    体を動かす機会が増えました。 明るい夕刻は

  • also popular with retail  businesses as it encourages 

    を促進するため、小売業にも人気があります。

  • people to shop  more in the sunlight.  

    の人たちが日光の下でより多くの買い物をするようになる。

  •  According to opinion polls, it's not the distribution of 

    世論調査によると、配布されているのは

  • daylight hours that voters resentbut ratherthe 

    有権者が憤慨しているのは、昼間の時間帯ではなく

  • one-hour transition  itself which many

    1時間のトランジション自体が、多くの

  • see as  inconvenient

    は不便だと思っています。

  • In both the U.S. and the U.K., surveys suggest

    米国と英国では、以下のような調査結果が出ています。

  • significant opposition to  the changing of the clocks

    時計の変更には大きな反対がありました。

  • The further you travel from the equatorthe

    赤道から離れれば離れるほど

  • greater the change in daylight hours between 

    の間の日照時間の変化が大きい。

  • seasons and the  significance of the 

    季節とその意義を

  • impact of daylight saving  increasesHoweverfor

    の影響が大きくなります。しかし

  • those countries furthest from the equator, cutting

    赤道から最も遠い国々ではカット

  • short the mornings of  already very short days

    とても短い日の朝が短い

  • in the winter would be extremely unpopular

    冬の間は非常に不評である。

  • Although the EU'S switch away from seasonal clock 

    EUでは、季節ごとの時計を廃止しています。

  • changes has been postponed due to

    のため、変更が延期されました。

  • the pandemicthe decision taken in the European

    パンデミックが発生した際には、欧州委員会で決定された

  • parliament suggests the move will happen soon

    国会議事堂は、この動きがすぐに起こることを示唆しています。

  • With around 80% of the global population not using 

    世界の人口の約80%は、まだインターネットを利用していません。

  • daylight saving time and  many of the original reasons 

    サマータイムや多くのオリジナルの理由は

  • for implementing the change  no longer relevantthe clock 

    変更を実施するためのクロックは、もはや関連性がありません。

  • appears to be ticking for daylight saving.

    がサマータイムを刻んでいるように見えます。

  • Hi guys, thanks for watching our video. We'd love for you

    ビデオをご覧いただきありがとうございます。私たちは、あなたに

  • to subscribe but before you do that we want to know your

    を購読したいのですが、その前に、あなたの

  • thoughts on daylight saving. Does it benefit you or does

    サマータイムについての考え。それはあなたのためになるのか、それとも

  • it hinder you? Do you get one more hour of sleep or

    それはあなたの妨げになりますか?睡眠時間を1時間増やすか

  • do you have to go to school in the dark?

    暗い中で学校に行かなければならないのですか?

  • Comment below the video to let us know

    動画の下にコメントを入れてお知らせください。

  • and we'll see you next time.

    そして、次回もお会いできることを楽しみにしています。

For more than half the year, this sundial doesn't show the right time.

1年の半分以上、この日時計は正しい時刻を示さない。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 タイム 時間 季節 赤道 夕方 eu

サマータイムとは何ですか?| CNBCが解説 (What is Daylight Saving Time? | CNBC Explains)

  • 5 2
    Summer に公開 2021 年 03 月 27 日
動画の中の単語