Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • (1) A central fact about early childhood  is that babies are born into the world  

    1)幼児期の中心的な事実は、赤ちゃんがこの世に生まれてくることです。

  • entirely at the mercy of others. They have  no native strength, intelligence or utility,  

    完全に他人のなすがままになっている。彼らには生まれつきの強さも知性も実用性もありません。

  • they cannot fight or complainwalk away or argue their case,  

    喧嘩をすることも、文句を言うことも、逃げることも、自分の主張をすることもできません。

  • their survival depends solely on their  capacity to look up from their cots with vast,  

    彼らの生存は、ベッドから広大な顔を出せるかどうかだけにかかっている。

  • innocent, beautiful eyes and charm their  parents into caring for them. It's their  

    無邪気で美しい目をして、親を魅了し、世話をする。それは彼らの

  • power to attract love that ensures they will  be fed and clothed, protected and kept alive.w

    衣食住が満たされ、保護され、生かされていることを保証する愛を引き寄せる力があります。

  • (2) In exchange for this nurture, young children  readily offer their parents or caregivers  

    2)幼い子供たちは、この養育と引き換えに、親や養育者に容易に

  • unconditional admiration. They naturally adore  and are boundlessly impressed by those who pick  

    無条件に称賛する。を選ぶ人を自然と敬愛し、限りない感銘を受けるのです。

  • them up and bathe them, warm their milk and  change their sheets. They are in awe at these  

    彼らを起こし、入浴させ、ミルクを温め、シーツを交換する。彼らはこれらに畏敬の念を抱いています

  • giant people who know how to turn on a washing  machine and kick a ball over a tree. There  

    洗濯機の電源の入れ方やボールの蹴り方を知っている巨人たち。そこには

  • is - at this stage - no innate desire whatever  to question or doubt figures of authority.

    この段階では、権威ある人物に疑問を抱いたり、疑ったりするような欲求は生まれつきありません。

  • (3) Given what is at stake, it follows  that small children are instinctively,  

    (3)何が問題になっているかというと、小さな子供は本能的にそうなのです。

  • hugely sensitive to how well they are doing at  getting their admired protectors on their side.  

    憧れの保護者をどれだけ味方につけることができるかを敏感に感じ取っています。

  • If they feel they are loved, they can relax  into themselves and get on with the many other  

    自分が愛されていると感じられれば、自分自身にリラックスして、他の多くのことに取り組むことができます。

  • pressing priorities of early childhood: working  out how to eat solids, figuring out what a plug  

    幼児期の緊急課題は、固形物の食べ方、プラグの使い方など。

  • socket is, how a button functions, what  words are and how soap bubbles form.

    ソケットとは何か、ボタンの機能とは何か、言葉とは何か、シャボン玉はどうやってできるのか。

  • (4) But if love is in more restricted supplythe picture grows a whole lot more complicated.  

    (4)しかし、愛の供給がもっと制限されていると、絵はもっと複雑になります。

  • There are childhoods in which, for a variety of  reasons, parents fail to be charmed as they might  

    様々な理由で、親が思うような魅力を発揮できない子供時代があります。

  • be. They leave the baby to scream, they shout at  one another, there might be violence and hysteria,  

    である。赤ん坊を放置して悲鳴を上げ、お互いに怒鳴り合い、暴力やヒステリーが起こるかもしれません。

  • lethargic despair and terror. The young child  knows instinctively it is in grave danger,  

    無気力な絶望と恐怖。幼い子供は本能的に自分が重大な危険にさらされていることを知っています。

  • if the situation is not somehow corrected, in  extremis, it may be left on a hillside to die.

    どうにかして状況を改善しないと、極端な話、丘の上に放置されて死んでしまうかもしれません。

  • (5) At this point, our biology initiatesdesperate yet darkly logical process. The  

    (5)この時点で、私たちの生物学は、必死に、しかし暗黒の論理的プロセスを開始します。その

  • young child starts to try a lot harder. It  redoubles its efforts to charm, to be good,  

    幼い子供は一生懸命になります。魅力を発揮しよう、良い子になろうと努力を重ねます。

  • to do what could be expected of itto smile and to ingratiate itself.  

    期待されることをして、笑顔で恩返しをすること。

  • It wonders what may be wrong with itself to  explain the parental disapproval and harm - and  

    親の不評や危害を説明するために、自分自身のどこが悪いのかと考えます。

  • doesn't feel any alternative but to search in  its own character and behaviour for answers.

    は、自分の性格や行動に答えを求める以外に方法はないと感じています。

  • (6) At the same time, the child resists what  might - from an adult perspective - seem like  

    (6)同時に、大人から見ると、子供が抵抗しているように見えます。

  • the obvious move: to get annoyed with and  blame the adults in the vicinity who are  

    周りにいる大人に迷惑をかけたり、非難したりするのは当然の行動です。

  • not looking after it as they should. But  such a bold thought does not belong to the  

    しかし、このような大胆な発想は、日本人にはできません。しかし、このような大胆な考えは、日本では通用しません。

  • defencelessness of the early years. We are in no  position to mount a challenge to our protectors  

    幼少期の無防備な状態。私たちは保護者に挑戦する立場ではありません

  • when we can hardly reach the door handlelet alone turn on a tap; we need to have  

    蛇口をひねることはおろか、ドアの取っ手にも手が届かないような状態になったとき、私たちには

  • our own front door key and bank account before  cynicism is a realistic option. It is far more  

    皮肉を言う前に、自分の玄関の鍵と銀行口座を持つことが現実的な選択肢となります。それは、はるかに

  • intuitive to wonder why we are horrid than to  complain of being unfairly and unkindly treated.

    不公平で不親切な扱いを受けたことを訴えるよりも、なぜ自分は恐ろしいのかと直感的に考える。

  • (7) Small children therefore naturally turn  injury done to them into dislike of themselves.  

    7)小さな子供たちは、自分に与えられた傷を自然に自分の嫌いなところに変えてしまう。

  • They ask not so much 'Why does my parent fail to  care for me?' as 'How might I have failed this  

    彼らは「なぜ親は私の世話をしなかったのか」ではなく、「どのようにして私はこの失敗をしたのか」を問うのです。

  • admirable person?' They hate themselves rather  than doubt those who should be protecting them,  

    立派な人間か』。自分を守るべき人を疑うのではなく、自分を憎む。

  • shame replaces anger. It feelson balance, like the safer option.

    怒りの代わりに恥が入る。バランス的には、より安全な選択肢だと感じます。

  • (8) A vicious spiral of self- hatred then  sets in. The unloved growing child wonders  

    8)自己嫌悪の悪循環に陥ってしまいます。愛されていない成長期の子供は、次のように考えます。

  • constantly about their faults. Their  parent may be alcoholic, narcissistic,  

    自分の欠点を常に指摘される。親がアルコール依存症であったり、ナルシストであったり。

  • sadistic or depressed; they  may never cook a proper meal  

    サディスティックな人、鬱病の人、まともな食事をしない人など。

  • or shout intemperately from their bedroombut none of that matters in the slightest.  

    しかし、そんなことはどうでもいいのです。

  • The parent cannot be envisaged as anything other  than substantially impressive. To explain the  

    親の姿を思い浮かべると、相当なインパクトがあります。を説明するには

  • lack of love from the paragons of parenthoodit must be that the child is an awful person,  

    親のパラゴンからの愛がないということは、その子がひどい人間だということなのでしょう。

  • they must be stupid and mean, selfish and slowphysically repulsive and irritating and shallow.

    愚かで意地悪で、利己的で鈍重で、肉体的には嫌悪感があって、イライラしていて、浅はかでなければなりません。

  • (9) As childhood gets left behindmuch of this dynamic is forgotten.  

    (9)子供時代が残されていると、このようなダイナミズムの多くが忘れられてしまう。

  • The adolescent and young adult overlooks exactly  what went on, they cannot necessarily think  

    思春期・青年期の人は、何が起こったのかを正確に見落としていて、必ずしも考えることができません。

  • clearly of the early years - and parental  figures may be keen that they never do so.  

    また、親御さんは「絶対にそうさせたくない」と思っているかもしれません。

  • The former child can't tell any more that their  feeling of shame has specific origins, it can feel  

    元子供は、自分の恥の感情が特定の起源を持っていることをこれ以上伝えることができません、それは感じることができます。

  • like something they might have been born with, a  natural phenomenon, like bad weather or the flu.

    生まれつきのものや、悪天候やインフルエンザなどの自然現象のようなものです。

  • (10) Liberation awaits us when we dare to  take on board a highly implausible idea:  

    10)ありえないアイデアをあえて取り入れることで、解放が待っています。

  • that our self-hatred, far from being inevitableis an internalisation of early deprivation  

    私たちの自己嫌悪は、必然的なものではなく、幼少期の剥奪の内面化であることを

  • and that far from needing to revere  and admire those who denied us love,  

    そして、愛を否定した人たちを尊敬し、称賛する必要はないということです。

  • we are in a position to understand, to  question, to be annoyed and to mourn what we  

    を理解し、疑問を持ち、悩んだり、嘆いたりすることができる立場にあります。

  • did not receive. We are not so despicable after  all, we've just - till now - lacked any better  

    を受けなかった。私たちはそれほど卑劣な存在ではなく、これまで何の改善もしてこなかっただけなのです。

  • ideas to explain why we didn't manage to charm  those who should have loved us from the start.

    なぜ、最初から私たちを愛してくれたはずの人たちを魅了できなかったのか、その理由を説明するためのアイデアです。

(1) A central fact about early childhood  is that babies are born into the world  

1)幼児期の中心的な事実は、赤ちゃんがこの世に生まれてくることです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 子供 嫌悪 幼児 幼少 本能 保護

愛情のない親が自己嫌悪の子供を生む仕組み (How Unloving Parents Generate Self-Hating Children)

  • 2 0
    Summer に公開 2021 年 03 月 24 日
動画の中の単語