Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Are you tense about tense? Well, don't be!

    動詞の時制が「どうし」でも難しいと感じていますか?もう、大丈夫です!

  • In this session's masterclass, I'll let you into a little secret of all English tenses - it's all about character.

    この上級コースレッスンでは、英語の時制に関するちょっとした秘密についてみていきます。文字に着目するんですけど、

  • After this.

    早速行きましょう。

  • Okay guys, in this masterclass we're going to get a little bit theoretical, okay? So try and hold on.

    では皆さん、この上級コースではちょっとだけ理論を見ていきますね。頑張って付いて来てください。

  • Tenses in English are made up of two things: a time and an aspect.

    英語の時制というのは2つのものから成り立っています。時間と時態です。

  • Now, almost all languages and cultures recognise three times: past, present and future.

    さて、ほぼ全ての言語や文化が3つの時間要素を捉えます。過去・現在・未来です。

  • But what about an aspect?

    でも、時態というのはどうでしょうか?

  • An aspect is the character of a verb.

    時態というのは、動詞の性格です。

  • It adds extra information to the verb's meaning and reflects the perception of the speaker.

    動詞の持つ意味に追加情報を加えて、話し手の認識を反映させます。

  • Now, depending on who you talk to, there are between two and four aspects, but I like to say three.

    誰に対して話しているかによりますが、時態は2~4つほど存在しますが、個人的には3つと言いたいところです。

  • They are simple, continuous and perfect, and all three of them can be used in past, present and future.

    簡単形・進行形・完成形の3つですが、どれもが過去・現在・未来と組み合わせて使うことができます。

  • [The Simple Aspect.]

    [簡単形時態]

  • The simple aspect is actually not an aspect at all.

    簡単形時態は、実は全く時態ではないんです。

  • It does not modify the verb in terms of its meaning, only in terms of its form.

    動詞を意味の面において修正することはなく、変えるのは外形だけです。

  • And this is because, in all cases, the unmodified verb is enough to express exactly the meaning that the speaker wants to say at the time of speaking.

    その理由というのは、全ての場合において、非修正の動詞でも十分に話し手が話しているその時に言いたいことを表現するには十分だからです。

  • They broadly fall into three categories.

    大まかに3つのカテゴリーに当てはまるのですが、

  • We have the long-term general truth.

    まずは長期一般事実で、

  • For example: 'I like studying English.'

    例えば「I like studying English(私は英語を勉強するのが好きです)」があります。

  • We have the instantaneous.

    それから瞬間的。

  • For example: 'I now pronounce you man and wife.'

    例えば、「I now pronounce you man and wife(この場で2人を夫婦と宣言します)」ですね。

  • And we have the habitual.

    それから習慣的。

  • For example: 'I woke up every day at 6 a.m. last year.'

    例えば、「I woke up every day at 6 a.m. last year(去年は毎日朝6時に起きました)」という感じです。

  • [The Continuous Aspect.]

    [進行形時態]

  • The continuous aspect is formed with some sort of 'be plus verb-ING.'

    進行形時態は「be+動詞+ING」の形態をとります。

  • The focus of this aspect is primarily upon the duration of an event.

    この時態の中心となるのは、何といっても物事が発生している長さです。

  • All progressive forms contain characteristics of temporariness, unfinishedness or in progress-ness.

    進行的形態は全て一時的、不完了、進行形の形をとります。

  • The progressive aspect tends to disregard the end of an action and view the event from the centre.

    進行形時というのは、起きていることの終点に目を向けるのではなく起きていることそのものに焦点を置きます。

  • So, an action might be happening at the moment of speaking.

    ですから、話をしているその段階において何かが発生しているのです。

  • For example: 'I'm making a video right now.'

    例えば、「I'm making a video right now(今まさに動画を撮っています)」とか、

  • Or, around a certain time.

    または、特定の時間を取り囲むものですから、

  • For example: 'Before we met, I was living in Scotland.'

    例としては、「Before we met, I was living in Scotland(僕たちが出会う前に、僕はスコットランドに住んでいたんだ)」とか、

  • Or, simultaneously when another action occurs.

    何かが起きた後に連続して起こる場合も当てはまります。

  • For example: 'When you get home, I'll be working in the office.'

    例えば、「When you get home, I'll be working in the office(家に帰ってくるときには、ボクはオフィスで仕事してるから)」という具合です。

  • [The Perfect Aspect

    [完成形時態]

  • The perfect aspect is formed with some version of 'have plus the past participle.'

    完成形時態は「have+過去分詞」のような形をとります。

  • Perfect aspects focus on bridging two times together, and connecting events between one time and another, often through relevancy.

    完成形時態においては2つの時間軸を一緒にして橋渡しするような感じで、大体は関連性を通して行われます。

  • An event in the past might be relevant to the present moment.

    過去に起きた事柄も、現在の瞬間に関連性があることがあり得るのです。

  • An event in the future could be connected in some way to the present or the past.

    将来起こることも何かしらの形で現在や過去とつながっていることもあり得ます。

  • Perfect verb phrases can describe states.

    完成形動詞は状況を説明し得ます。

  • For example: 'I've loved you since I first met you.'

    例えば、「I've loved you since I first met you(最初に会った時から愛してきたよ)」です。

  • Actions.

    行為も指します。

  • For example: 'I will have gone to the gym by the time you get home.'

    例えば、「I will have gone to the gym by the time you get home(家に帰ってくる頃にはボクはジムに行っちゃってると思う)」です。

  • And habits.

    それから習慣。

  • For example: 'My father had started work at 9 o'clock every day for the last 20 years.'

    例えば、「私の父は過去20年間、毎日9時に仕事を開始していました」となります。

  • And of course, we can link aspects to create perfect continuous verb phrases.

    そしてもちろん、時態をつなぎ合わせて進行完了形動詞のフレーズを作ることもできます。

  • These combine the forms of their two base aspects.

    2つの基本時態をつなぎ合わせるのですが、

  • For example, 'have plus been plus verb-ING', and they combine their meanings.

    例えば、「have+been+動詞+ING」で、それぞれの意味が一体化します。

  • So, we can create verb phrases which focus on actions or events with duration with relevancy to more than one time period.

    というわけで、動詞フレーズを作る際に、行為や出来事に焦点を向けて、長さや1つ以上の期間に対する関連性とも絡ませるわけです。

  • Did you get it? Of course you got it.

    分かりましたか?もちろん、分かりましたよね。

  • Now for more information, go to our website at bbclearningenglish.com.

    もっと詳しく知りたい場合は、bbclearningenglish.com のサイトまでアクセスしてください。

  • I've been Dan, you've been fantastic and I'll see you next time guys.

    お相手は私ダンでした、ありがとうございます。また次回お会いしましょう。

  • Remember, don't get tense! It's all about character.

    くれぐれも「どうし」たらいいかなんて悩まないでくださいね!「もじ」もじしないことです。

Are you tense about tense? Well, don't be!

動詞の時制が「どうし」でも難しいと感じていますか?もう、大丈夫です!

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 動詞 進行 時制 完成 過去 話し手

進行形や完了形ってどう違う?英語の時制を徹底解説!

  • 732 29
    Minnie に公開 2021 年 05 月 23 日
動画の中の単語