Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • [Narrator] Fireworks have been around for millennia.

    花火は何千年も前から存在しています。

  • They flood the sky with brilliant bursts

    鮮やかに空を駆け巡る

  • of scarlet, emerald, and ivory,

    スカーレット、エメラルド、アイボリーの3色。

  • but never blue.

    しかし、決してブルーではありません。

  • Pyrotechnicians have tried to produce

    花火師たちが演出した

  • blue fireworks for centuries,

    青色の花火を何世紀にもわたって作り続けてきました。

  • and they have yet to succeed.

    そして、まだ成功していない。

  • Why is blue so elusive?

    なぜ青はこんなにもつかみどころがないのか?

  • John Conkling: The blue has been

    ジョン・コンクリンブルーは

  • very, very difficult to achieve

    とてもとても難しいことです。

  • at a level comparable to the greens and reds and whites,

    を、緑や赤や白に匹敵するレベルで提供しています。

  • just because it's a stability issue at high temperatures.

    高温での安定性に問題があるという理由で

  • [Narrator] That's John Conkling.

    ジョン・コンクリンです。

  • He's one of the world's leading experts in pyrotechnics,

    花火技術の世界的な第一人者である。

  • and he says the problem comes down to chemistry.

    と、問題はケミストリーにあると言います。

  • You see, to make fireworks,

    ほら、花火を作るために。

  • you need four basic components:

    そのためには、4つの基本コンポーネントが必要です。

  • fuel (usually gunpowder),

    燃料(通常は火薬)を使用します。

  • a compound that produces color,

    色を生成する化合物。

  • a fuse,

    ヒューズです。

  • and glue to hold it all together.

    と接着剤で固定しています。

  • You mix this stuff up into what's called a pellet,

    これを混ぜてペレットと呼ばれるものを作ります。

  • and then shoot it into the air.

    と言って、空中にシュートします。

  • When the fuse burns up,

    ヒューズが燃え尽きると

  • it sets off the gunpowder, which explodes.

    それが火薬になり、爆発する。

  • That explosion heats up those color-producing compounds,

    その爆発で、色を作る化合物が熱せられます。

  • causing them to glow.

    光っています。

  • And it turns out...

    そして判明したのは

  • Conkling: The hotter you can get the molecules

    コンクリン。熱くなればなるほど、分子は大きくなります。

  • in your flame, the more emission you're gonna get,

    炎の中では、より多くの発光を得ることができます。

  • so the brighter and more intense the flame color's gonna be.

    そのため、炎の色はより明るく、より強烈になります。

  • [Narrator] But there's a limit,

    しかし、限界があります。

  • because temperatures that are too hot

    温度が高すぎるため

  • will break down those molecules and wash out the color.

    は、その分子を分解して色を洗い流してしまいます。

  • But some molecules are hardier than others.

    しかし、ある分子は他の分子よりも丈夫です。

  • Strontium chloride, the compound used to make red fireworks,

    赤い花火の原料となる化合物、塩化ストロンチウム。

  • can withstand at least 1,500 degrees Fahrenheit.

    は、最低でも華氏1,500度に耐えることができます。

  • That's hotter than some lava.

    それは溶岩よりも熱い。

  • But to make a blue firework, you need copper chloride,

    しかし、青い花火を作るためには、塩化銅が必要です。

  • which is much more fragile.

    の方がはるかに壊れやすいのです。

  • As soon as it gets hot enough to blaze blue,

    青く燃えるような暑さになるとすぐに

  • at least 1,000 degrees Fahrenheit,

    少なくとも華氏1,000度以上である。

  • it starts to break down.

    壊れ始めている。

  • So pyrotechnicians need to find a mixture

    そのため、花火師は混合物を見つける必要があります。

  • that gets hot enough to set off the blue compound

    青色の化合物を発生させるのに十分な温度になると

  • but not so hot that it destroys the color.

    しかし、色を壊すほどの熱さではない。

  • Conkling: It's a delicate balance.

    コンクリン。微妙なバランスですよね。

  • [Narrator] And even after centuries of searching,

    何世紀にもわたって探し続けても

  • we still haven't discovered the right one,

    いまだにこれだというものが見つかっていません。

  • nor have we found a more stable replacement

    また、より安定した代替品も見つかりませんでした。

  • for copper chloride.

    塩化銅の場合

  • And even if we do, we'd better hope that it's cheap

    仮にそうなったとしても、安いことを期待したいですね。

  • and nontoxic.

    と無害化しています。

  • Conkling: Arsenic, for example, has been used

    コンクリン。例えば、ヒ素が使われています。

  • in some old fireworks formulations,

    昔の花火の処方の中には

  • but obviously an arsenic compound

    が、明らかにヒ素化合物

  • is not something you wanna put up in the smoke

    は、煙の中に入れたいものではありません。

  • where people are watching the fireworks.

    花火を見ている人がいるところ。

  • [Narrator] To be fair, we've gotten close-ish.

    公平に見て、我々はそれに近いことをしてきた。

  • Conkling: There's some respectable pale blues

    コンクリン。立派な淡いブルーもありますが

  • that are used more in special effects,

    これは、特殊効果で使用されることが多い。

  • where the audience is a little closer to the action,

    観客がアクションにもう少し近いところにいるような場所です。

  • and usually the color is more visible.

    と通常は色が見えやすくなります。

  • It's been a long search, and we're not there yet.

    それは長い探索であり、まだそこには至っていません。

  • [Narrator] But there's still hope for bright blue.

    しかし、明るい青にはまだ希望があります。

  • Conkling: Certainly it's possible,

    コンクリン。確かにそれは可能です。

  • as there are people working on it,

    取り組んでいる人がいるので

  • so there could be a breakthrough one of these days.

    ということで、そのうちブレークスルーがあるかもしれません。

  • [Narrator] And even if we never find that brilliant blue,

    たとえ、あの鮮やかなブルーが見つからなくても。

  • there's still plenty to get excited about on the horizon,

    まだまだ楽しみなことがたくさんあります。

  • like fireworks that burst into different shapes

    さまざまな形にはじける花火のように

  • and patterns, even letters.

    やパターン、そして文字までも。

  • So maybe one day we can have an American-flag firework

    だから、いつかアメリカの旗を掲げた花火ができるかもしれない。

  • for the Fourth of July.

    7月4日のために

  • We just need to get that blue.

    あとは、あの青を手に入れるだけです。

[Narrator] Fireworks have been around for millennia.

花火は何千年も前から存在しています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 化合 分子 ブルー 華氏 壊れ 世紀

鮮やかなブルーの花火が見られない理由 (Why You Never See Brilliant Blue Fireworks)

  • 6 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 15 日
動画の中の単語