Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • here are the Beatles.

    ここにビートルズがいます。

  • Welcome to watch Mojo, and today we're counting down our picks for the top 10 most iconic music concerts.

    モジョを見るためにようこそ、今日はトップ10の最も象徴的な音楽コンサートのための私たちのピックをカウントダウンしています。

  • Does it feel mhm?

    ムズムズするのかな?

  • How does it feel?

    どんな感じなのでしょうか?

  • Take a load off Fanny.

    ファニーの荷物を降ろしてくれ

  • Hell, I do, for this list will be ranking the most influential or otherwise stacked concerts and music festival lineups.

    このリストでは、最も影響力のある、またはそうでなければ積み上げられたコンサートや音楽祭のラインナップがランキングされます。

  • Did we miss any iconic moments in live music?

    ライブハウスを象徴するような瞬間を見逃してしまったのでしょうか?

  • Sound off in the comments with a memorable concert moment of your own Number 10.

    自分の10番の記念すべきコンサートの瞬間をコメントでサウンドオフ。

  • The US Festival.

    アメリカのお祭り。

  • September 3rd to 5th, 1982.

    1982年9月3日から5日まで

  • Apple co founder Steve Wozniak didn't just focus his energies on computers, as evidenced by his involvement bringing this three day music festival to San Bernardino, California in 1982.

    Appleの共同創業者であるスティーブ・ウォズニアックは、1982年にカリフォルニア州サンバーナーディーノで開催された3日間の音楽祭に参加したことからもわかるように、コンピュータだけにエネルギーを注いでいたわけではありません。

  • Mhm, the US festival was presented in part as a reaction to what Wozniak saw as a period of self obsession during the 19 seventies.

    MHM、アメリカのフェスティバルは、ウォズニアックが19 70年代の間に自己執着の時期と見なしたものへの反応として一部で発表されました。

  • The the lineup for the inaugural edition was brought together with the idea of promoting community activism and international relations during the Cold War and featured bands as diverse as the Ramones, Pat Benatar, Fleetwood Mac, Any Money and the Grateful Dead.

    第1回目のラインナップは、冷戦下の地域活動と国際関係を促進するという理念のもと、ラモーンズ、パット・ベナター、フリートウッド・マック、エニー・マネー、グレイトフル・デッドなど多様なバンドが参加しました。

  • The US festival was a success, despite reports of violence and drug overdoses among some audience members, with a sequel featuring genre theme days of new wave, heavy metal rock and country being booked a year later, I look forward to the rest of the eighties.

    一部の観客の暴力や薬物の過剰摂取が報道されたにもかかわらず、USのフェスティバルは成功し、ニューウェーブ、ヘヴィメタルロック、カントリーなどのジャンルをテーマにした続編が1年後に予約されているので、80年代の残りの部分を楽しみにしています。

  • Number nine.

    9番だ

  • Johnny Cash at San Quentin, February 4th 1969 Call this next concert, one that you'd love to see just not under the same circumstances.

    ジョニー・キャッシュ@サンクエンティン、1969年2月4日、この次のコンサート、あなたが同じ状況ではないだけで見たいと思うものを呼び出します。

  • That's because the audience in question for Johnny Cash on this record just happened to be prisoners at San Quentin Penitentiary, San Quentin Hate every inch of you.

    それはジョニー・キャッシュがこのレコードを聴いていたのは偶然にもサン・クエンティン刑務所の囚人だったからだサン・クエンティン刑務所の囚人は君たちを憎んでいる

  • The country icon was no stranger to performing in front of an incarcerated audience, as evidenced by Cash's other hit live album at Folsom Prison.

    カントリー・アイコンは投獄された観客の前でパフォーマンスをすることに慣れており、キャッシュの他のヒット・ライブ・アルバムがフォルサム刑務所でのものであることが証明している。

  • And the energy the prisoners give back to Cash is palpable.

    そして 囚人がキャッシュに返すエネルギーは 感じることができる

  • Songs like a boy named Sue I Walk the Line and Folsom Prison Blues feed off the give and take between the audience and the performer.

    スー・アイ・ウォーク・ザ・ラインという少年のような歌や、フォルサム・プリズン・ブルースのような歌は、観客と演奏者との間でギブ・アンド・テイクを生み出します。

  • Just like good live album should.

    良いライブアルバムがあるべきだと思います。

  • While the track San Quentin is actually performed twice at the crowds request Oh, to be a fly on the wall at this gig, I'd like to say a special hello to all the men here.

    San Quentinというトラックは、実際には2回、観客のリクエストで演奏されていますが、このギグでは、壁の上のハエになるために、ここにいるすべての男性に特別な挨拶をしたいと思います。

  • It's a prison that are not with us tonight that they couldn't couldn't get find a key to the door or something.

    今夜の刑務所にはいないが...ドアの鍵が見つからないとか...

  • They couldn't let a bunch of them out here.

    彼らは、ここで彼らの束を外に出すことはできなかった。

  • I wish every one of you could have been out here with us.

    みんなが一緒にいてくれたらいいのに。

  • All you guys understand they're piping the show into you.

    お前らが理解しているのは、彼らがお前らに番組をパイプしているということだ。

  • Number eight James Brown Saves Boston April 4th 1968 The week following Martin Luther King Junior's assassination was marked by historic riots and unrest in major cities such as Chicago and Washington, D C.

    8位 ジェームズ・ブラウンがボストンを救う 1968年4月4日 マーティン・ルーサー・キング・ジュニア暗殺の翌週は、シカゴやワシントンD.C.などの主要都市で歴史的な暴動や不安が起こりました。

  • Boston was another major hub marked by civil unrest.

    ボストンは、市民の不安が顕著なもう一つの主要な拠点でした。

  • Yet this powder keg of potential violence was quelled by the godfather of soul himself.

    しかし、この潜在的な暴力の火薬庫は、魂のゴッドファーザー自身によって鎮められた。

  • James Brown.

    ジェームズ・ブラウン

  • You got to change your mind.

    気持ちを切り替えて

  • His show at the Boston Garden was broadcast on a local television station in an attempt to keep people in their homes while Brown himself got personally involved when fans and police clashed in front of the stage.

    ボストン・ガーデンでの彼のショーは、地元のテレビ局で放送されたが、ステージ前でファンと警察が衝突した際には、ブラウン自身も巻き込まれてしまった。

  • Wait a minute, wait a minute.

    ちょっと待って、ちょっと待って。

  • Let me finish.

    最後までやらせてください。

  • Wait a minute, Everybody else.

    ちょっと待ってくれ みんな

  • Alright show was not only dynamite from a musical and performance perspective, but its cultural significance as a snapshot of American history cannot be overstated.

    オールライト・ショーは、音楽的にもパフォーマンス的にもダイナマイトであっただけでなく、アメリカの歴史のスナップショットとしての文化的な意義を誇張することはできません。

  • Number seven.

    7番だ

  • The concert in Central Park September 19th 1981.

    1981年9月19日セントラルパークでのコンサート。

  • Benefit shows are usually a great way to promote awareness or raise money for a good cause, but they're even more special.

    ベネフィットショーは、通常、認知度を高めたり、大義のためにお金を集めたりするための素晴らしい方法ですが、それ以上に特別なものです。

  • When you managed to reunite a major recording artist for the event, my words like silent raindrops fell.

    なんとかメジャーなレコーディングアーティストをイベントのために再結成してくれた時、静かな雨粒のような私の言葉が降ってきました。

  • The concert in Central Park did just that with Simon and Garfunkel, who were booked to play a set of hits from their solo careers as well as their iconic 19 sixties collaboration.

    セントラルパークでのコンサートでは、サイモン&ガーファンクルのソロ・キャリアからのヒット曲と、彼らの象徴的な19 60年代のコラボレーションのセットを演奏することが予約されていました。

  • The performance did not disappoint, either, despite the pears, old tensions rising almost from the get go.

    ナシ、オールドテンションがほとんど上がっているにもかかわらず、パフォーマンスも期待を裏切らなかった。

  • Sometimes the most combustible relationships can create some truly affecting music, as evidenced by Art Garfunkel's definitive delivery of Bridge Over Troubled Water or Paul Simon's reworking of the classic Kodachrome.

    アート・ガーファンクルの「Bridge Over Troubled Water」やポール・サイモンの名曲「Kodachrome」のリワークが証明しているように、時には最も燃えやすい関係性の中から、真に影響力のある音楽が生まれることもあります。

  • For a live rock audience, it's pure performance.

    ロックのライブの観客にとっては、純粋なパフォーマンスです。

  • Magic Number six Freddie Mercury Tribute show April 20th 1992.

    マジック・ナンバー6 フレディ・マーキュリー・トリビュート・ショー 1992年4月20日

  • The void left by Freddie Mercury's death in 1991 was immense.

    1991年のフレディ・マーキュリーの死によって残された空虚感は計り知れないものだった。

  • For fans of rock icons, Queen life had just begun.

    ロックアイコンのファンにとって、クイーンの人生は始まったばかりだった。

  • However, this tribute show, held a year later, did a great job at promoting AIDS awareness during a time where a lot of misinformation still existed in the public consciousness.

    しかし、1年後に行われたこのトリビュートショーは、まだ国民の意識の中に多くの誤情報が存在していた時期に、エイズ意識の普及に大きく貢献しました。

  • Yeah, I know that the lineup boasted an impressive mix of acts who offered up musical tribute to Queens work, including Metallica and Def Leppard, while Queen themselves headlined with a virtual Who's Who of guest vocalists The state Go on, I didn't cry Mhm, Axl Rose, Elton John, Robert Plant, Seal, Annie, Lennox, George, Michael and more all joined the band for a set that not only paid respect to Queen's music, but to Mercury's legacy as Rocks.

    そう、この日のラインナップは、メタリカやデフ・レパードを含むクイーンの作品に音楽的なオマージュを捧げたアーティストの印象的なミックスを誇っていたことを知っていますが、クイーン自身がゲストヴォーカリストのバーチャルなWho's Whoでヘッドラインを飾っている間、The state Go on, I didn't cry Mhm, Axl Rose, Elton John, Robert Plant, Seal, Annie, Lennox, George, Michaelなどがバンドに参加し、クイーンの音

  • Undisputed master showman Anybody Number five Altamont Speedway Free Festival, December 6th 1969 Hey, man, I'd like to mention that the Hells Angels just a smashed Marty Ballon in the face and knocked him out for a bit.

    議論の余地のないマスター・ショーマン Anybody ナンバー5 アルタモント・スピードウェイ・フリー・フェスティバル 1969年12月6日 おい、ヘルズ・エンジェルズがマーティ・バロンの顔面を叩き割ってノックアウトしたことを言っておきたいんだが。

  • I'd like to thank you for that.

    そのことに感謝したいと思います。

  • Sometimes an iconic part of the rock festival experience, for better or worse, is an element of danger.

    良くも悪くもロック・フェスティバルの象徴的な部分は、危険な要素であることがあります。

  • That frightening thrill of what could go wrong.

    何かがうまくいかないかもしれないという恐ろしいスリル。

  • Mhm.

    Mhm.

  • Yeah, Yeah.

    ああ、そうだな。

  • While everything seemed to go wrong for the Altamont Speedway Free Festival in 1969 a perfect storm events that made the concert a turning point in American pop culture.

    1969年に開催されたアルタモント・スピードウェイ・フリー・フェスティバルでは、すべてがうまくいかないように見えたが、コンサートはアメリカのポップカルチャーの転換点となった完璧な嵐の出来事だった。

  • You're talking to me.

    俺に言ってるのか?

  • I'm gonna talk to I'm talking to you, man.

    俺はお前に話しかけてるんだよ。

  • I'm talking to the people that hit my lead singer and talking to my people.

    リードシンガーを叩いた人と身内に話をしています。

  • Many point to the shows, half hazard organization and violent clashes between audience members and Hells Angels security as the unofficial death of the sixties hippie ideal.

    多くの人は、60年代のヒッピーの理想の非公式な死として、ショー、半危険な組織、観客とヘルズ・エンジェルズの警備員との暴力的な衝突を指摘しています。

  • One member of the crowd, MEREDITH Hunter, was even attacked by Hells Angel Alan Passaro after drawing a gun during the headlining set by the Rolling Stones.

    観客の一人であるメレディス・ハンターは、ローリング・ストーンズのヘッドライン・セット中に銃を振りかざした後、ヘルズ・エンジェルのアラン・パッサロに襲われたことさえある。

  • There's so many of you Just be cool down the front and don't push around.

    お前らが多いんだよ 正面から冷静になって無理しないでくれよ

  • The incident was caught on camera and released as part of the Stones documentary Gimme Shelter Were Splitting Manifest Cats Don't stop beating everybody up inside.

    この事件はカメラに収められ、ストーンズのドキュメンタリー「ギミー・シェルター」の一部として公開された。

  • I want them out of the way, man, right?

    邪魔にならないようにしたいんだよ?

  • I don't like you guys got a gun out and shoot one day.

    お前らが銃を出して一日に一発撃つのが気に入らないんだよ。

  • Number four.

    4番だ

  • The Monterey Pop Festival, June 16th to 18th, 1967.

    1967年6月16日から18日まで開催されたモントレー・ポップ・フェスティバル。

  • Speaking of the hippie ideal, a comparatively more optimistic tone is struck by the next festival on our list, a three day precursor to another famous rock concert will be getting to later.

    ヒッピーの理想といえば、比較的楽観的なトーンを叩き出しているのは、リストの次のフェスティバルで、有名なロックコンサートの3日間の前哨戦が後回しにされています。

  • You made my Monterey Pop was a hub where both fans and artists alike were exposed to exciting new musical voices, often for the very first time groups as diverse as the Jimi Hendrix Experience, Otis Redding, Ravi Shankar, Jefferson Airplane and Laura Nyro all brought their folk soul and psychedelic rock to a receptive audience, while Janis Joplin's performance of Ball and Chain went on to become the stuff of legend.

    ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス、オーティス・レディング、ラヴィ・シャンカール、ジェファーソン・エアプレイン、ローラ・ナイロなどのグループがフォーク・ソウルやサイケデリック・ロックを披露し、ジャニス・ジョプリンの「ボール・アンド・チェーン」のパフォーマンスは伝説となりました。

  • Whoa, whoa, whoa!

    おっと、おっと、おっと、おっと!

  • Is that if you're looking for a true document of the peace, love and music era of the 19 sixties, this is a great place to start the rollout and the trouble.

    1960年代の平和と愛と音楽の時代の真のドキュメントを探しているなら、これがロールアウトとトラブルの出発点になりますかね。

  • I tried the whole Number three Live Aid July 13th 1985.

    1985年7月13日、ナンバー3のライブエイドを全部やってみました。

  • It doesn't matter whether or not you view large scale fundraising festivals as a vehicle for social change or an excuse to get out there in rock.

    大規模な資金調達のためのフェスティバルを社会変革のための手段と捉えるか、ロックで外に出るための口実と捉えるかは問題ではありません。

  • No one could ignore Live Aid back in 1985 any young.

    誰も1985年に戻ってライブエイドを無視することはできませんでした任意の若い。

  • The festival's lineup was just too damn impressive, with performances from Queen U two and David Bowie being simple cast all over the world.

    クイーン・Uの2人やデヴィッド・ボウイのパフォーマンスが世界中でシンプルにキャストされていて、フェスティバルのラインナップがあまりにも印象的でした。

  • Mhm, mhm.

    ふむふむ、ふむふむ。

  • Sure, there was that impromptu Led Zeppelin reunion with Genesis drummer Phil Collins sitting in that's become somewhat, let's say, infamous.

    確かに、創世記のドラマー、フィル・コリンズが座っていた即席のLed Zeppelinの再会は、ちょっとした悪名高いものになっています。

  • Still, there's no denying that live Aid wasn't just a rock concert.

    それでも、ライブエイドがただのロックコンサートではなかったことは否定できません。

  • It was a moment in time when Bob Geldof's global jukebox for Ethiopian Famine Relief made just about everyone.

    ボブ・ゲルドフのエチオピア飢饉救済のための世界的なジュークボックスが、誰もが一度は聴いたことがあるだろう。

  • Sit up and take notice.

    座って注意してください。

  • Mhm Number two Woodstock, August 15th to 18th, 1969 It's the de facto example of an outdoor rock festival.

    Mhm ナンバー2 ウッドストック 1969年8月15日~18日 野外ロックフェスの事実上の例です。

  • The first thing that comes to the mind of many when they think of the sixties hippies and psychedelic rock Woodstock went beyond a mere three days of peace, love and music.

    60年代のヒッピーやサイケデリック・ロックを思い浮かべたとき、多くの人が真っ先に思い浮かべるのは、ウッドストックは、平和と愛と音楽のたった3日間を超えたものだったということです。

  • It became a definitive statement for a generation, a group of young people who were excited to break away from the traditions of Old and blaze, a trail for personal freedoms for music, sexuality and community.

    オールドの伝統からの脱却に興奮した若者たちのグループが、音楽、セクシュアリティ、コミュニティのための個人的な自由のための軌跡であるブレイズを描いた、世代のための決定的な声明となった。

  • And they couldn't have asked for a better soundtrack, with performances from Crosby, Stills, Nash and Young, Jimi Hendrix, Santana and Joe Cocker setting the stage for what would become one of the most famous concert experiences of all time.

    クロスビー、スティルス、ナッシュ、ヤング、ジミ・ヘンドリックス、サンタナ、ジョー・コッカーなどが出演し、史上最も有名なコンサート体験の一つとなるステージを作り上げました。

  • No, no, no.

    いやいやいや、そんなことはありません。

  • Before we name our number one pick, here are a few honorable mentions.

    ナンバーワンの名前を挙げる前に、ここにいくつかの栄誉ある賞を挙げておきます。

  • Pink Floyd, The Wall Tour Conceptual prog rock at its most grandiose Yeah, Elvis Presley is 68 Comeback special.

    ピンク・フロイド、ザ・ウォール・ツアー その最も壮大な概念的なプログ・ロックで、そう、エルヴィス・プレスリーは68回のカムバック・スペシャルです。

  • The king can still kill it.

    王はまだ殺すことができます。

  • I used to smoke, drink, and I used to smoke and drink.

    昔はタバコを吸ったり飲んだりしていました。

  • Smoking, drinking, dancing.

    喫煙、飲酒、ダンス

  • Who?

    誰が?

  • Jake Led Zeppelin's first American tour, infamous for the debauchery as well as the music.

    ジェイク・レッド・ツェッペリンの初のアメリカ・ツアー。

  • Mhm Led Zeppelin showed up, did an opening set that reportedly wild the crowd and set them on their path to stardom.

    Mhm Led Zeppelinが現れ、報道によると、群衆を野生化させ、スターダムへの道に彼らを設定したオープニングセットを行いました。

  • Monsters of Rock 1991.

    モンスターズ・オブ・ロック1991。

  • Heavy metal Goes behind the Iron Curtain.

    ヘビーメタルは鉄のカーテンの向こう側に行く。

  • Mm, yeah, yeah Mm mhm.

    うんうん、うんうんうんうんうんうんうんうんうんうんうんうんうんうんうんうんうんうんうんうんうんうんうんうんうんうんうんうんうんうん

  • Michael Jackson's bad tour The King of Pop dominates worldwide, I think.

    マイケル・ジャクソンのヤバいツアー キング・オブ・ポップは世界を席巻していると思います。

  • Would you want I can make what more mojo sound?

    あなたは私がより多くのモジョの音を作ることができますしたいですか?

  • Mojo brings you music from new and emerging artists in all genres from across the globe, from interviews to live shows and deep dives into music culture Sound Mojo has you covered.

    Mojoは、インタビューからライブショー、音楽文化への深いダイブまで、世界中のあらゆるジャンルの新進気鋭のアーティストからの音楽をお届けします Sound Mojoはあなたをカバーしています。

  • Be sure to check out Sound Mojo to find your new favorite artists.

    ぜひSound Mojoをチェックして、新しいお気に入りのアーティストを見つけてみてください。

  • That's it, Yeah.

    それだよ、うん。

  • Number one.

    1番です。

  • Beatlemania at Shea Stadium, August 15th, 1965.

    1965年8月15日、シア・スタジアムでのビートルマニア。

  • Here are the Beetle.

    ビートルを紹介します。

  • Beatlemania was officially here to stay during this landmark concert at Shea Stadium.

    シア・スタジアムで行われたこの画期的なコンサートで、ビートルマニアは正式にここに留まることになりました。

  • The band were on their second American tour and capitalizing on the momentum afforded to them by their iconic performance on The Ed Sullivan Show.

    バンドは2度目のアメリカ・ツアーを行い、エド・サリバン・ショーでの象徴的なパフォーマンスで勢いに乗っていた。

  • A Woman, a Woman.

    女の人、女の人。

  • This show was a landmark for the British invasions influence on American culture, and the excitement present here by the throngs of screaming fans is feverish to the point of madness.

    このショーはイギリスの侵略戦争がアメリカ文化に影響を与えた画期的なショーであり、絶叫するファンの熱狂的な興奮は狂気の域に達している。

  • Sure, the Beatles hadn't yet begun their experiments into psychedelic and progressive recordings, but it didn't matter.

    確かに、ビートルズはまだサイケデリックでプログレッシブなレコーディングへの実験を始めていませんでしたが、それは問題ではありませんでした。

  • Songs like Can't Buy Me Love, Hard Day's Night and Ticket to Ride might as well have been throbbing tribal dances for the rapturous Beetle faithful.

    Can't Buy Me Love」、「Hard Day's Night」、「Ticket to Ride」などの曲は、ビートルの熱狂的なファンのためのトライバル・ダンスのようなものだったかもしれない。

  • In this case, the old adage remains true.

    この場合、昔からの格言はそのままです。

  • You just had to be there.

    あなたはそこにいなければならなかった

  • Yeah, yeah, yeah.

    そうそう、そうそう、そうそう。

  • Do you agree with our picks?

    私たちのピックに同意しますか?

  • Check out this other recent clip from Watch Mojo and be sure to subscribe and ring the bell to be notified about our latest videos.

    Watch Mojoからこの他の最近のクリップをチェックして、私たちの最新のビデオについて通知されるように購読し、ベルを鳴らすことを確認してください。

here are the Beatles.

ここにビートルズがいます。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 WatchMojo コンサート フェスティバル ロック 音楽 ショー

史上最も象徴的な音楽コンサートトップ10 (Top 10 Most Iconic Music Concerts of All Time)

  • 5 1
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 10 日
動画の中の単語