Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • -My first guest tonight is

    -今夜の最初のゲストは

  • an Emmy- and Golden Globe-winning actor.

    エミー賞とゴールデングローブ賞を受賞した俳優。

  • She directed and stars in the new movie "Moxie,"

    新作映画「モクシー」で監督・主演を務める。

  • which is streaming now on Netflix.

    Netflixでストリーミング配信中です。

  • You have to watch it. It is so good.

    見ないとダメですよ。とても良いですよ。

  • Here is Amy Poehler!

    エイミー・ポーラーです!

  • Ah, that's what I'm talking about.

    ああ、そういうことか。

  • See? Ah, I missed you, buddy. So good to see you.

    見たか?会いたかったよ会えて嬉しいよ

  • -Hi! Hi, Jimmy. I'm so happy to be here.

    -やあ ジミーここにいられて嬉しいよ

  • -I want to get into "Moxie"

    -"もぐらたたき "に入りたい

  • and what a great job you did directing that.

    あなたの演出は素晴らしかったわ

  • But it was so great to see you hosting the Golden Globes.

    でも、ゴールデングローブの司会をしているのを見て、とても嬉しかったです。

  • You were fantastic. You were so funny.

    君は素晴らしかったあなたはとても面白かった

  • You looked great.

    元気そうだったよ。

  • But I know, from hosting these awards shows,

    でも、これらの賞レースの司会をしていて知っています。

  • it is a lot of work.

    それはそれで大変なことになります。

  • I can't imagine what it was like hosting one during a pandemic.

    パンデミックの時にホストをしていたような想像ができません。

  • -Yeah, you know what it's like.

    -(美咲)そうだよね (勇気)そうだよね 分かるよね

  • There's a lot of things that can go wrong.

    うまくいかないことも多々あります。

  • And I had -- It was interesting,

    そして、私は...面白かったです。

  • 'cause I had, like, new stress dreams.

    新しいストレスの夢を見たからだ

  • You know, usually, your dreams are that

    普通、あなたの夢は

  • you're going to, you know, say the wrong thing

    言い方を間違えると

  • or you're gonna, you know, fall.

    さもないと落ちるぞ

  • But I kept having these, like, technological stress dreams

    でも、技術的なストレスの夢を見続けていました。

  • that, you know, was just going to disappear.

    っていうのが消えていくんですよね。

  • Just like bloop!

    ブループのように!

  • -Like, bad edit-- Like, the audio going out or something

    -編集が悪い 音声が消えたりして

  • or people cutting to the wrong camera?

    それとも間違ったカメラにカットする人がいるのか?

  • -Mm! All those.

    -(美咲)うん!全部

  • Like, basically like a living Zoom nightmare

    基本的には生きたZoomの悪夢のように

  • is what I was having.

    は私が持っていたものです。

  • -But it was kind of -- It was like a Kubrick film,

    -キューブリック映画のような感じだったわ

  • because every -- The audience was masked and quiet

    なぜなら...観客はマスクをして静かだったからだ。

  • and spread out and just kind of staring at us.

    と広げて私たちをじっと見つめていました。

  • -Wowsers.

    -(徳井)うわあ (馬場園)うわあ

  • It's a lot, a lot, a lot of work.

    凄く、凄く、大変なんですよ。

  • And, man, I can't --

    そして、俺は...

  • On behalf of everyone who saw it, thank you so much.

    見てくださった皆様を代表して、本当にありがとうございました。

  • Like a lot of people during this past year,

    この一年の間に多くの人がそうであったように

  • I've heard that you've gotten into TikTok.

    TikTokにハマったと聞いたことがあります。

  • Is that right? -Yeah. Big-time.

    (アルマン)そうなの?-(アルマン)そうだね(アルマン)そうだね (政子)そうだね

  • -Whoa! -Big Tok.

    -ビッグ・トック

  • -Talk to me. -Big-time.

    -話してくれ-話すんだ

  • -Really?

    -(アルマン)本当?

  • -Well, you know what I do like about it a lot?

    -俺の好きなところを知ってるか?

  • Is that I like that it takes an idea, audio,

    私はそれがアイデア、オーディオを取ることが好きだということです。

  • and it kind of -- You know, like,

    そしてそれは...

  • people just decide how they're going to deconstruct something.

    人は何かをどうやって分解するかを決めるだけです。

  • And so I like that, you know,

    で、そういうのが好きなんですよ。

  • a joke just keeps getting done

    戯れ言が絶えない

  • and then change into something else

    に変わる

  • or the pastiche of it all.

    またはそのすべてのパスティッシュ。

  • Someone takes someone's audio and someone's video

    誰かが誰かの音声と誰かの動画を取る

  • and then comments.

    とコメントしています。

  • -It just, like -- It feels very D.I.Y.

    -なんか、とてもD.I.Y.な感じがする。

  • And then, speaking of the Golden Globes,

    そして、ゴールデングローブといえば

  • I saw La'Ron Hines, the great, sweet La'Ron Hines,

    ラロンハインズを見たのは、偉大で甘いラロンハインズだった。

  • who is, like, a TikTok star, dare I say.

    敢えて言うなら、TikTokの星のような人。

  • And he interviews kids at his mom's daycare in Mississippi.

    ミシシッピ州の母親の保育園の子供たちにもインタビューをしています。

  • And we ended up having him on the Golden Globes.

    結局、ゴールデングローブ賞に出てもらうことになった。

  • -Isn't that cool?

    -カッコよくない?

  • That's amazing that you -- I loved that part.

    それは驚いたわ...私はその部分が好きだった。

  • That was great. That's wild. -Yeah. Thank you.

    素晴らしかったよ。(美咲)ワイルドだね-(美咲)そうそう...(美咲)ありがとうございます

  • -I did -- I'm doing more TikToks.

    -ティック・トックを増やしたよ

  • But I did my first one,

    でも、最初にやったのは

  • and I want to say it took me like three hours to do.

    と言いたいところですが、3時間もかかってしまいました。

  • I go...

    私は...

  • -Yeah, I don't do any. I don't do any.

    -(アルマン)やってないよ (政子)やってないよ何もしてない

  • I don't. I don't add any value to TikTok.

    私はしないTikTokには何の付加価値もない。

  • I just watch it and go, "Good for him.

    見ているだけで「よかったね」と思ってしまいます。

  • She's right." -Right?

    (徳井)"そうだよね"-(徳井)そうなんですか?

  • That's good. You got to love it.

    いいじゃないか好きになったな

  • -I'm like, "Oh, that's what that button does."

    -"あー これがボタンなんだ "みたいな

  • Stuff like that.

    そんな感じです。

  • That's what TikTok helps me with.

    それがTikTokに助けられています。

  • "Oh, that's how I can clean my sink."

    "ああ、これでシンクの掃除ができるんだ"

  • -Yeah! That's what I -- Dude, I love the hacks.

    -そうだ!それが俺の...

  • -Show me a better way to fold my chip bag,

    -チップバッグの折り方を教えてくれ

  • and you got me for life.

    そして、あなたは私の人生を手に入れた。

  • -Dude, what's this thing about frying cheese?

    -チーズを揚げるって何だ?

  • I never knew that you -- If you fry cheese, like, really thin,

    チーズを薄く揚げるとは 知らなかったわ

  • you can use that as kind of like the bread almost.

    それをパンのようなものとして使うことができます。

  • -Oh, boy, that's gonna -- -No, it's insane.

    -それはどうかしてるよ

  • I've already -- I was just watching it.

    もう...見ていたところです。

  • -What if I just -- I immediately ran out of frame,

    -枠を外してしまったら?

  • and you started -- You heard the sizzling sound of cheese.

    チーズのジュージューという音が聞こえた。

  • -Look, I know you as a great comedian, a writer, an actor.

    -君は偉大なコメディアンであり 作家であり 俳優でもある

  • And I know you directed,

    あなたが指示したのは知っています

  • but now you directed your second movie, "Moxie."

    でも今は2作目の「モクシー」を監督していますね。

  • It is on Netflix now. It is fantastic.

    今、Netflixで見ています。それは素晴らしいです。

  • And I just want to say I love it,

    そして、私はそれを愛していると言いたい。

  • because I have two girls now.

    今は二人の女の子がいるから

  • And I don't know -- I'm also a coming-of-age-movie fan.

    私も青春映画のファンなんです。

  • But I don't know if there is a movie

    しかし、映画があるかどうかは知らないが

  • that's kind of like this movie,

    この映画のような感じですね。

  • that's for girls, where -- It's for everybody,

    それは女の子のためのもので、みんなのためのものだ。

  • I mean, but I feel like there's nothing out there

    というか、何もないような気がするんだけど...

  • for my girls to watch where they go like,

    娘たちがどこに行くのかを見るために

  • "Oh, yeah, that's an awesome message."

    "ああ、そうか、すごいメッセージだな"

  • That is so cool. I just loved it.

    かっこいいですね。私はただただ大好きでした。

  • I thought it was well-done, top to bottom.

    上から下までよくできていると思いました。

  • -Thank you very much.

    -(半田)ありがとうございました (アルマン)ありがとうございました

  • I mean, we grew up with the same movies, right?

    同じ映画を見て育ったんだろ?

  • So, I always loved those high-school movies that had,

    高校時代の映画が好きだったんだ

  • you know, kind of the quiet female protagonist,

    寡黙な女性主人公みたいな感じで

  • like Molly Ringwald, if you will,

    モリー・リングワルドのように

  • who was watching the action

    観戦者

  • and trying to figure out how to participate in it.

    と、どうやって参加するかを考えています。

  • And, you know, the book that it was based on is, you know,

    で、それを元にした本が、あのね。

  • written by a high-school teacher.

    高校の先生が書いた

  • And we really wanted it to feel like

    そして、私たちが本当に望んでいたのは

  • what high school feels like -- high stakes, big feelings.

    高校はどんな感じなのか...賭け事が多くて大きな感情がある。

  • -It really is high stakes.

    -(山里)本当にハイステークですよね

  • I mean, when you're --

    つまり、あなたが...

  • especially when you're in high school.

    特に高校生になると

  • It's like, you don't -- Now we're older,

    今は年を取ったんだから

  • I don't think about that, but you're like,

    何も考えていないのに、あなたがそうなんです。

  • "Oh, no, no, this is the biggest thing in the world."

    "いやいや、これは世界最大のものだ"

  • -Oh, big-time.

    -(アルマン)おー!

  • I mean I have a feeling you and I

    つまり、あなたと私は

  • had very similar high-school experiences.

    高校時代の経験が非常に似ています。

  • I mean, I don't know about you,

    というか、あなたのことは知らないけど。

  • but I had a big high school, lots of different groups.

    でも、私の高校は広いし、いろんなグループがいて

  • -Yeah.

    -(アルマン)そうだね

  • -You really had to kind of declare who you were.

    -自分のことを宣言してたんですよね?

  • There was a lot of lists.

    リストがたくさんありました。

  • Like, a lot of superlatives --

    沢山の最上級の言葉を...

  • like, inappropriate superlatives.

    のように、不適切な重ね言葉を

  • -Yeah, I'm trying to think of what I can even say anymore.

    -(山里)そうですね (トリンドル)もう何を言っていいのか考えてますね

  • But yeah. -I know, you can't.

    でもね-分かってるよ、無理だよ

  • Like, I know we had, like, Class Flirt

    私たちは、クラスのようなものを持っていたことを知っています。

  • and Best Couple and Best Eyes and Cutest.

    とベストカップルとベストアイズとキュートな

  • And it was like, "God!

    そして、「神様!」という感じでした。

  • Why don't you just put Nice Rack on there and call it a day."

    ナイスラックを置いて終わりにしたらどうだ?"

  • [ Both laugh ]

    [ Both laugh ]

  • -That's what I won!

    -勝ったのはこれだ!

  • -You got Nice Rack?! -Yeah, in high school.

    -ナイスラックあるの?-高校の時にね

  • That was me. -Congratulations!

    (達也)俺だよ (みのり)おめでとう-(達也)おめでとうございます

  • -Thank you. I was excited.

    -(達也)ありがとうございますワクワクしてました。

  • I'll take what I can get, though.

    貰えるものは貰うけどね。

  • -You had a really nice rack on your car,

    -車の上に素敵な棚があったわね

  • on the top of your car?

    車の上に?

  • -Like, horns and stuff.

    -角とかね

  • It wasn't real animal, of course.

    もちろん本物の動物ではありませんでした。

  • -Yeah, it was a nice rack. It should win.

    -(徳井)いいラックだったね (馬場園)いいね(アルマン)いいラックだったね (政子)いいラックだったね (アルマン)いいラックだったね

  • -Can you tell everyone what "Moxie" is about?

    -(山里)"もぐらかし "って何なのか みんなに教えてもらえますか?

  • -Sure. So, it's -- "Moxie" is about a 16-year-old girl

    -"モクシー "は16歳の少女の話だ

  • who is trying to figure out how she fits into her high school.

    高校にどうやって馴染んでいくかを考えています。

  • She has a mom who is a more extroverted, rebel-girl past.

    彼女には、もっと外向的で反抗期の女の子の過去を持つ母親がいます。

  • And she doesn't know how to speak up

    彼女は声の出し方を知らない

  • and speak out against the things that are bothering her

    悩んでいることに口を挟む

  • and that are dangerous in her school.

    と、彼女の学校では危険なことを言っていました。

  • So she gets inspired by a zine and she makes one

    それで彼女はZINEに触発されてZINEを作ったんだ

  • and she leaves it in her school.

    と彼女の学校に置いていきます。

  • And it's taken over by the other women in the school.

    そして、他の女子校にも引き継がれています。

  • And together, they try to bring the system down.

    そして、一緒にシステムを破壊しようとしている。

  • -I want to show everyone a clip.

    -(達也)みんなに見せたいんだよね

  • Here's Amy Poehler in her new movie, "Moxie."

    エイミー・ポーラーの新作映画 "モクシー "です。

  • Take a look at this.

    これを見てください。

  • -Me and my friends, we protested everything.

    -私と私の友人たちは、すべてに抗議しました。

  • One time, someone told our friend Sarah

    ある時、ある人が友人のサラに言った

  • that she smelled, and none of us showered for two weeks.

    彼女の匂いを嗅いで、2週間は誰もシャワーを浴びていませんでした。

  • [ Both laugh ]

    [ Both laugh ]

  • Yeah.

    そうだな

  • -But how do you know what to do,

    -でも、どうすればいいか分かるの?

  • like, how to protest something?

    どうやって抗議するの?

  • -We didn't.

    -(徳井)やってないよ

  • You know, we made a ton of mistakes.

    沢山のミスをしたんだよ

  • We argued with each other.

    お互いに口論になってしまいました。

  • We weren't intersectional enough.

    交差点が足りなかった

  • We called our meetings pow-wows.

    私たちは会議をパウワウと呼んでいました。

  • -Oh, no. -Mm-hmm.

    -(徳井)うわあ (YOU)うーん

  • -But you're glad you did it all, right?

    -(美咲)でもやってよかったんじゃない?

  • -Of course.

    -もちろん

  • What are you going to do? Nothing?

    どうするんだ?何もしないのか?

  • -Amy Poehler, everybody!

    -エイミー・ポエラー みんな!

  • "Moxie" is streaming now on Netflix.

    "Moxie "はNetflixでストリーミング配信中。

  • By the way, congrats on it being

    ところで、おめでとうございます。

  • the number-1 movie on Netflix, bud.

    Netflixで1位の映画だよ、相棒。

  • That's the way to do it. -How cool?

    (徳井)それがいいんですよ (馬場園)カッコいい-(達也)カッコいい?

  • -That is the way to do it, Amy Poehler!

    -それがいいのよ エイミー・ポエラー!

-My first guest tonight is

-今夜の最初のゲストは

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 TheTonightShow 高校 徳井 ラック 美咲 映画

エイミー・ポエラー、ゴールデングローブ賞のホストについて悪夢を見た|The Tonight Show Starring Jimmy Fallon (Amy Poehler Had Nightmares About Hosting the Golden Globes | The Tonight Show Starring Jimmy Fallon)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 09 日
動画の中の単語