Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • You've seen a chicken nugget before.

    チキンナゲットを見たことがあるんですね。

  • Crispy on the outside, juicy in the middle.

    外はカリッと、中はジューシー。

  • Like every chicken nugget should be.

    全てのチキンナゲットがそうでなければならないように

  • But this is no ordinary chicken nugget.

    しかし、これは普通のチキンナゲットではありません。

  • This is a chicken nugget grown from a single cell, with no animals harmed in the process.

    これは、1つの細胞から育てられたチキンナゲットで、その過程で動物に害を与えることはありません。

  • There's a little bit of irony in the fact that we took such a complex process, right.

    こんなに複雑なプロセスを踏んでしまったのは、ちょっとした皮肉がありますよね。

  • Moment of truth!

    真実の瞬間!

  • Creating cultured chicken, and the first product we created was such a simple chicken bite.

    培養鶏を作る、最初に作った商品は、そんなシンプルなチキンバイト。

  • And now, in a world-first, it's available on menus in Singapore after authorities approved

    そして今、世界初の試みとして、シンガポールでは当局が承認した後、メニューで利用できるようになりました。

  • the sale of the cultured meat at the end of 2020.

    2020年末の培養肉の販売は

  • We have the freedom to sell across Singapore, whether retail, food service, hawker centers, you name it.

    私たちは、小売、フードサービス、ホーカーセンターなど、シンガポール全土で販売する自由を持っています。

  • Eat Just is the Californian food start-up responsible for bringing the world's first

    Eat Justは、世界初の食品を提供するカリフォルニアのスタートアップです。

  • lab-grown chicken meat to tables.

    研究室で育てた鶏肉をテーブルに

  • Its landmark approval for human consumption may potentially disrupt industrial livestock farms.

    人間の消費を目的としたその画期的な承認は、工業的な畜産農場を混乱させる可能性があります。

  • But when CEO Josh Tetrick started out in 2011, that notion was a pipe dream.

    しかし、2011年にCEOのジョシュ・テトリック氏がスタートしたときには、その構想は夢のようなものでした。

  • I had less than $3,000 in my bank account, and the idea was we're going to start a

    私の銀行口座には3,000ドル以下の残高がありました。

  • food company that takes the animal, the live animal, out of the equation of the food system.

    生き物である動物を食の方程式から外す食品会社

  • Josh, who started his career working for non-profit organizations in Sub-Saharan Africa, wanted

    サハラ以南のアフリカの非営利団体でキャリアをスタートさせたジョシュは、次のようなことを望んでいました。

  • to fix what he saw as one of the world's biggest problems: Food sustainability.

    彼は世界最大の問題の一つとして見ていたことを解決するために食の持続可能性です

  • And for him, the egg came first.

    そして、彼にとっては卵が先だった。

  • We decided the place that we're going to start is figuring out a way to make an egg,

    これから始める場所は、卵の作り方を考えているところだと決めました。

  • a chicken egg, from a plant.

    ニワトリの卵を植物から

  • All I knew at the time is there were 375,000 species of plants all over the world, and

    当時知っていたのは、世界中に37万5千種の植物があったことと

  • I bet that one of them could scramble like an egg.

    一人は卵のようにスクランブルするんだろうな

  • Investors liked his vision.

    投資家は彼のビジョンを気に入った。

  • Shortly after he founded the company, billionaire tech investor Vinod Khosla was on board, investing

    彼が会社を設立して間もなく、億万長者のハイテク投資家であるVinod Khoslaが取締役会に参加し、投資を行いました。

  • $500,000 in the idea.

    アイデアで50万ドル。

  • That was at least enough to get me off the couch.

    ソファーから降りるには十分だったわ

  • I started hiring food scientists and biochemists and molecular biologists, analytical chemists, chefs.

    食品科学者や生化学者、分子生物学者、分析化学者、シェフを雇い始めました。

  • Years of experimentation later, the team struck on mung bean, a protein-rich legume commonly

    その後、何年もの実験を経て、チームはタンパク質を豊富に含むマメ科植物である緑豆にたどり着きました。

  • used in cuisines across Asia.

    アジア各国の料理に使用されています。

  • And in 2018, Eat Just's first product, Just Egg, was born.

    そして2018年、イートジャストの第一弾商品「ジャストエッグ」が誕生しました。

  • To date, the company has sold the equivalent of 100 million eggs made from plants

    これまでに、植物から作られた卵1億個分を販売しています。

  • from major retailers, including Walmart, Whole Foods and Alibaba.

    ウォルマート、ホールフーズ、アリババなどの大手小売店から

  • But the egg was just the beginning.

    しかし、卵は始まりに過ぎなかった。

  • What we wanted to do next was real chicken and beef, but not from plants.

    次にやりたかったのは、植物からではなく、本物の鶏肉や牛肉でした。

  • Real chicken and real beef that didn't require killing an animal, that didn't require using

    動物を殺す必要のない、使う必要のない本物の鶏肉や本物の牛肉は

  • a single drop of antibiotic; and that's broadly a process called cellular agriculture.

    抗生物質の一滴、それは大まかには細胞農業と呼ばれるプロセスです。

  • The process of creating cultured meat starts with a cell.

    培養肉を作る工程は細胞から始まります。

  • In this case, from a chicken.

    この場合、ニワトリから。

  • It can be taken either from a live bird through a biopsy, a fresh piece of meat, a cell bank

    生きた鳥から生検、新鮮な肉片、細胞バンクのいずれかを採取することができます。

  • or the root of a feather.

    または羽の根っこの部分。

  • That cell is then fed nutrients, like those found in soy and corn, before being left to

    その細胞は、大豆やトウモロコシに含まれるような栄養素を供給されます。

  • mature in a large-scale steel vessel.

    大型の鉄器で成熟した

  • The process takes around 14 days from start to finish, and the end product is raw, minced meat.

    最初から最後まで約14日間の工程を経て、最終的には生のひき肉になります。

  • This is manufacturing chicken at scale, without the animal, without the antibiotics,

    これは、動物を使わず、抗生物質を使わず、鶏肉を規模で製造することです。

  • without all the issues.

    すべての問題を抜きにして

  • And the end product is not plant-based chicken, it's not some different form, it is literally chicken.

    そして、最終製品は植物性のチキンではなく、何か違う形のものではなく、文字通りチキンです。

  • Creating the cell-cultured meat product was the easy part.

    細胞培養肉製品を作るのは簡単なことでした。

  • Next came the regulatory approvals, which took two years.

    次に規制当局の承認がありましたが、これには2年かかりました。

  • Towards the end of 2020, Singapore became the first country to approve Eat Just's

    2020年末に向けて、シンガポールはEat Justの承認国として初めて

  • flagship cultured chicken nuggets for sale nationwide under the Good Meat brand.

    グッドミート」ブランドで全国に販売しているフラッグシップの培養チキンナゲット。

  • The nugget is now available at restaurant 1880, retailing at around $17 for a set meal.

    ナゲットは現在レストラン1880で販売されており、定食で17ドル前後で販売されています。

  • More restaurants in the city-state are expected to come on board in the coming months.

    今後数ヶ月の間に、シティステートのレストランがさらに増えてくることが予想されています。

  • Chef Kaimana, Eat Just's in-house chef, worked with 1880 to create the novel menu.

    イートジャストのカイマナシェフが1880と組んで作った斬新なメニュー。

  • We wanted to create two dishes that really spoke to the iconic producers, the largest

    象徴的な生産者である最大の生産者に語りかけるような2つの料理を作りたいと思いました。

  • producers of chicken in the world, both the United States and China.

    世界の鶏肉の生産者、アメリカと中国の両方。

  • How does it compare working with this cell-cultured chicken nugget?

    この細胞培養チキンナゲットを使った作業と比較してどうなのか?

  • It is exactly the same.

    全く同じです。

  • Really?

    そうなんですか?

  • The same cook time, you can handle it like you would a normal chicken bite.

    調理時間は同じで、普通の鶏肉をかじるのと同じように扱えます。

  • No magic there, just really typical chicken.

    そこに魔法はなく、ただの典型的なチキンです。

  • Singapore is home to Eat Just's Asia Pacific headquarters and its first factory in Asia.

    シンガポールには、イートジャストのアジア太平洋地域本社とアジア初の工場があります。

  • We're strongly considering making it the global manufacturing headquarters for Good Meat.

    グッドミートのグローバル製造本部にしようと強く考えています。

  • While the island, which is slightly smaller than New York City, may seem an unlikely

    ニューヨークよりもわずかに小さい島でありながら、このような場所には

  • location for a global meat production facility, Aileen Supriyadi, senior research analyst

    グローバルな食肉生産施設のロケーション、アイリーン・スプリヤディ シニアリサーチアナリスト

  • at Euromonitor International, says several factors are at play.

    ユーロモニター・インターナショナル社の担当者は、いくつかの要因が関係していると述べています。

  • Singapore has the 30 by 30 initiative, so the country wants to have 30 percent of the

    シンガポールには30 by 30構想があるので、国としては30パーセントの

  • food to be produced locally.

    食材を地元で生産すること。

  • That's one of the reasons why they let Eat Just to firstly commercialize in Singapore.

    それがEat Justをシンガポールで最初に商業化させた理由の一つです。

  • Singapore can also utilize the scientific knowledge, especially the stem cell research.

    シンガポールもまた、科学的知識、特に幹細胞研究を活用することができます。

  • And Singapore, being the hub in Asia, actually helps those companies export and sell their

    そして、アジアのハブであるシンガポールは、実際にそれらの企業の輸出や販売を支援しています。

  • products to other countries as well.

    製品を他の国にも提供しています。

  • The rise of food start-ups comes amid the scrutiny on industrial farming over its unethical

    食品スタートアップの上昇は、その非倫理的な上に工業的農業の精査の中で来る

  • practices and effects on the environment.

    慣行と環境への影響。

  • The livestock industry, which supports the livelihoods of at least 1.3 billion people

    少なくとも13億人の生活を支える畜産業

  • worldwide, has been racing to keep up with the demand for meat.

    世界的には、肉の需要に追いつこうと競争しています。

  • Every year, an estimated 50 billion chickens are slaughtered for food.

    毎年、推定500億羽のニワトリが食用として屠殺されています。

  • Meanwhile, the wider agriculture industry is responsible for 10-12% of greenhouse gas emissions

    一方、温室効果ガス排出量の10~12%を占めるのは、より広範な農業産業である。

  • a major contributor to climate change.

    気候変動の主な原因となっている。

  • Not everyone is behind the cultured meat craze, though.

    培養肉ブームの背景にあるのは誰もがそうとは限らないけどね。

  • Some are still skeptical of its nutritional value and suitability for human consumption,

    その栄養価や人間の消費に適しているかどうかについては、いまだに懐疑的な意見もあります。

  • while its environmental and social impact remains to be seen. However, Josh claims the process is cleaner

    環境や社会への影響はまだわかりませんがしかし、ジョシュは、このプロセスはよりクリーンだと主張しています

  • and more ethical than traditional agriculture. Then there are those who just find the concept odd.

    伝統的な農業よりも倫理的ですそして、その概念がおかしいと思う人たちがいます。

  • It just seems weird and strange, and you can't quite place what the issue is, right?

    なんか変な感じがして、何が問題なのかよくわからないんですよね?

  • Meat comes from killing an animal, right, and doing it in any other way just doesn't

    肉は動物を殺すことから生まれるものであり、それ以外の方法でそれをすることはありません。

  • seem like something we should be messing around with.

    私たちがふざけているように見えます。

  • I say to them that industrialized animal production is probably the strangest and most bizarre

    私は彼らに、工業化された動物生産は、おそらく最も奇妙で奇妙なものだと言います。

  • thing happening, you're just not aware of it.

    起こっていることに気づいていないだけです。

  • And if you did look at it, you'd realize it's not the way you actually want to eat.

    それを見ていたら、実際に食べたいものではないことに気づくはずです。

  • And if there's a way that we can do it better, let's get after it.

    そして、より良い方法があるならば、それを追いかけよう。

  • In fact, demand for alternative meat products, such as cultured or plant-based meat, appears to be growing.

    実際には、培養肉や植物性肉などの代替食肉製品の需要が高まっているようです。

  • A report estimated that the alternative meat market could be worth $140 billion,

    報告書によると、代替食肉市場は1400億ドルの価値があると推定されている。

  • or 10% of the global meat industry, within a decade.

    または10年以内に世界の食肉産業の10%を占める。

  • In Asia Pacific, it's actually quite big.

    アジア太平洋地域では、実はかなり大きいのです。

  • In 2020 itself, the market size has reached about $800 million.

    2020年自体には、市場規模は約8億ドルに達している。

  • Companies have started to produce more Asian-based cuisines.

    企業がアジアを中心とした料理を作るようになりました。

  • So potentially with lower price, with greater knowledge, consumers will be more interested

    だから、潜在的には低価格で、知識があれば、消費者はより多くの関心を持つことになります。

  • to purchase meat alternative products.

    を利用して、食肉代替品を購入します。

  • Beyond Meat and Impossible Foods are among the names making waves in the plant-based

    ビヨンド・ミートとインポッシブル・フーズは、植物をベースとした食品の分野で波紋を呼んでいます。

  • meat space, while brands like Memphis Meats are tapping cultured products.

    メンフィス・ミーツのようなブランドが培養品を活用している間に、食肉分野では、肉の分野では、肉を使った製品を提供しています。

  • Josh said he welcomes the competition.

    ジョシュは大会を歓迎すると言っていました。

  • I want companies to come in and be a part of solving the problem.

    企業が入ってきて、問題解決の一端を担ってほしい。

  • I hope someone hears this interview, watches this interview, and decides I think I can

    誰かがこのインタビューを聞いて、このインタビューを見て、私ができると判断することを願っています。

  • do it better than this dude who didn't have any experience of food technology before he started this.

    これを始める前に食の技術を知らなかったこの男よりもうまくやれよ

  • I, of course, have an ego in wanting to be the first that does it.

    もちろん、最初にやってくれる人になりたいというエゴはあります。

  • But there's too much that needs to be done for only a handful of companies to try and get at it.

    しかし、ほんの一握りの会社だけに手を出してみると、必要なことが多すぎます。

  • However, disrupting the dominance of the established animal agriculture industry won't happen overnight.

    しかし、既成の畜産業の支配を崩すことは一朝一夕には起こらない。

  • One challenge that may come from cell-based chicken is actually consumers' perception

    細胞ベースの鶏肉から来るかもしれない一つの課題は、実際には消費者の認識です。

  • about the product being cell-based itself.

    製品自体が細胞ベースであることについて

  • The limiting steps to ultimately making this ubiquitous are regulatory approval,

    このユビキタス化を最終的に実現するための限界的なステップは、規制当局の承認です。

  • scale and consumer education.

    規模と消費者教育。

  • We can't just focus on one, we've got to focus on all three.

    1つだけに集中するのではなく、3つ全てに集中する必要があります。

  • Josh says Eat Just has raised over $400 million from investors, including Khosla Ventures,

    Joshによると、Eat JustはKhosla Venturesを含む投資家から4億ドル以上の資金を調達したという。

  • Founders Fund, Bill Gates' Gate Ventures and Singapore's Temasek.

    ファウンダーズファンド、ビル・ゲイツのゲートベンチャーズ、シンガポールのテマセック。

  • We'll continue to raise more capital.

    今後も増資を続けていきます。

  • At some point, we'll decide to go public; we want to hit operating profitability first.

    いつかは株式公開を決めて、まずは営業利益率を上げたいと考えています。

  • This won't happen without a lot of capital, there's no getting around it.

    これはよほどの資本がないと実現しないだろう、どうしようもない。

  • As Eat Just sets its sights on getting regulatory approval in other countries, Josh is certain

    Eat Justは、他の国での規制当局の承認を得ることに照準を合わせるように、ジョシュは確信しています。

  • the bet will pay off.

    賭けは報われる

  • You have to take leaps of faith every day.

    毎日のように飛躍していかないといけません。

  • We're acting as if the U.S. will eventually approve it.

    最終的にはアメリカが承認するかのように振る舞っている。

  • We're acting as if Europe will eventually approve it.

    いずれ欧州が認めるかのように振る舞っている。

  • That, I think, ability for us to invest in today and realize that there's going to

    それは、私が思うに、今日、私たちが投資して、そこに行くことを実現するための能力だと思います。

  • be an opportunity going forward put us in a place where we could take advantage of the

    機会があれば、私たちが利用できる場所に私たちを置くことができます。

  • regulatory approval from Singapore.

    シンガポールからの規制当局の承認。

  • And that's how we're going to be operating everywhere.

    そうやってどこもかしこも運営していくんだよ。

You've seen a chicken nugget before.

チキンナゲットを見たことがあるんですね。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 培養 シンガポール 細胞 チキン 食肉 ナゲット

この数十億ドルの会社は、世界初の実験室で育てた鶏肉を販売しています|CNBC Make It (This multibillion-dollar company is selling lab-grown chicken meat in a world-first | CNBC Make It)

  • 6 2
    Summer に公開 2021 年 03 月 02 日
動画の中の単語