Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • NASA decided to kick off the year in a major way,

    NASAは今年のキックオフを大々的に決定しました。

  • by performing the latest test on the core stage engines of the Space Launch System

    宇宙ロケットのコアステージエンジンの最新試験を実施して

  • destined to put the first woman and next man on the moon.

    最初の女性と次の男性を月に乗せる運命にあります。

  • But things didn't go quite as expected.

    しかし、事態は予想通りにはいきませんでした。

  • In fact, the unsuccessful completion of this test actually warrants a re-do,

    実際、この試験の不合格は再試験の正当性を保証するものである。

  • before we're ready to take one small step or even a giant leap again.

    小さな一歩を踏み出す前に、あるいは再び大きな飛躍をする前に。

  • So it comes as no surprise, that after almost 50 years

    だから、約50年後には

  • NASA is sending the first crewed mission back to the lunar surface since Apollo 17.

    NASAは、アポロ17号以来、初の月面への帰還を目指して、クルーによるミッションを実施しています。

  • This time utilizing the Artemis Program, which is a series of lunar missions

    今回は、一連の月面ミッションであるアルテミス計画を利用しています。

  • that will be the catalyst for future explorations beyond the Moon.

    月を越えた将来の探査の起爆剤となるでしょう。

  • But how will we get back to the moon, or even further out into our own solar system?

    しかし、私たちはどうやって月に戻ってくるのでしょうか、あるいは太陽系の奥深くまで行ってしまうのでしょうか?

  • NASA has been prepping its new SLS rocket,

    NASAは新しいSLSロケットの準備をしています。

  • and working with partners to build a new crew capsule known as Orion.

    オリオン」と呼ばれる新しいクルーカプセルの開発に向けて、パートナーと協力しています。

  • In addition to the capsule, SLS can also carry astronauts and cargo to the Moon in a single mission.

    SLSはカプセルだけでなく、1回のミッションで宇宙飛行士や物資を月に運ぶことも可能です。

  • But the rocket wasn't just designed to get humans back to the Moon.

    しかし、ロケットは人類を月に戻すためだけに設計されたわけではありません。

  • In fact, it's the first deep space rocket developed for crewed missions by NASA

    実際には、NASAが有人ミッションのために開発した初の深宇宙ロケットです。

  • since the famous Saturn V rocket, which was used for the Apollo Program.

    アポロ計画で使用された有名なサターンVロケット以来。

  • NASA defines the design of SLS as flexible and evolvable,

    NASAは、SLSのデザインを柔軟で進化可能なものと定義しています。

  • which will allow for longer scientific robotics missions deeper into space.

    これにより、より長い科学的なロボットミッションを宇宙の奥深くまで進めることができるようになります。

  • This is possible because of the multiple configurations of SLS

    これは、SLSの複数の構成があるからこそ可能なことです。

  • that can achieve not only various payload capacities, but also maximum thrust.

    様々なペイロード容量だけでなく、最大推力を実現することができます。

  • Making it adaptable for crewed and cargo missions to the Moon as well as other planets.

    月や他の惑星へのクルーや貨物のミッションにも適応できるようにしています。

  • Standing at roughly 64 meters tall,

    身長は約64メートル。

  • the Core Stage of the SLS contains more than 2.7 million liters of propellant.

    SLSのコアステージには270万リットル以上の推進剤が入っています。

  • Broken down into five major sections, each plays a critical part in the success of the mission.

    5つの主要なセクションに分割され、それぞれがミッションの成功に重要な役割を果たしています。

  • The top of the Core Stage or the Forward Skirt

    コアステージのトップやフォワードスカートの

  • holds the on-board flight computers and avionics,

    は、機内のフライトコンピューターとアビオニクスを保持しています。

  • which is basically theBrainsof the rocket.

    これは基本的にロケットの「脳みそ」です。

  • The Liquid Oxygen and Liquid Hydrogen tanks each contain cooled propellant,

    液体酸素タンクと液体水素タンクには、それぞれ冷却された推進剤が入っています。

  • clocking in at roughly 2 million liters of liquid hydrogen

    液化水素二百万リットル

  • and about 742,000 liters of liquid oxygen.

    と約74万2千リットルの液体酸素。

  • Joining the two tanks together is the Intertank,

    2つのタンクを結合するのがインタータンクです。

  • which also functions as an attachment point for the forward booster,

    前方ブースターのアタッチメントポイントとしても機能します。

  • and holds some onboard electronics for the Core Stage.

    と、コアステージ用のオンボードエレクトロニクスを搭載しています。

  • Finally, channeling the propellant from the tanks into the 4 RS-25 Engines

    最後に、タンクからの推進剤を4基のRS-25エンジンにチャネリングします。

  • is the Engine Section, which also functions as the avionics needed to steer the engines.

    はエンジンセクションで、エンジンを操舵するために必要なアビオニクスとしても機能します。

  • Together, this system produces a total of about 8.9 Meganewtons of thrust,

    このシステムは、合計で約8.9メガニュートンの推力を生み出します。

  • accelerating SLS to a speed of Mach 23!

    SLSをマッハ23に加速!

  • The real engineering genius behind SLS is that NASA has incorporated technology

    SLSの背後にある本当のエンジニアリングの天才は、NASAが技術を取り入れたことです。

  • and lessons from past crewed missions into the different configurations for SLS.

    と過去の乗組員ミッションからの教訓をSLSの様々な構成に反映させています。

  • Most noticeably, is the famous orange foam-covered external tank,

    最も注目すべきは、有名なオレンジ色の泡で覆われた外槽です。

  • which was seen on Shuttle launches and is used in the core stage of the SLS.

    シャトルの打ち上げで見られ、SLSのコアステージに使用されている。

  • And as for power, when compared to the Saturn V's 34.5 meganewtons of thrust,

    そしてパワーに関しては、サターンVの34.5メガニュートンの推力と比較すると

  • the smallest configuration of SLS puts out a hefty 15% more thrust.

    SLS の最小の構成では、15% の大規模な推力を出力します。

  • Which leads us to the partially successful test of these retro engines.

    これは、これらのレトロエンジンのテストが部分的に成功したことを示しています。

  • Just recently NASA conducted the eighth Green Run series test on the RS-25 engines of SLS.

    つい先日、NASAはSLSのRS-25エンジンを使った第8回グリーンランシリーズのテストを実施しました。

  • Which is basically a series of evaluations to guarantee the completed system is primed for flight.

    これは、基本的には完成したシステムが飛行のために準備されていることを保証するための一連の評価です。

  • This specific test requires the engines to fire for a little over eight minutes,

    この特定のテストでは、8分強の間、エンジンを始動させる必要があります。

  • which mimics the amount of time it would take to launch SLS into space.

    これは、SLSを宇宙に打ち上げるのにかかる時間を模倣しています。

  • And this test is known as theHot Fire Test” … for obvious reasons.

    そして、このテストは "ホットファイアテスト "として知られています...明らかな理由のために。

  • However, just 67 seconds into the 8-minute test,

    しかし、8分間のテストにわずか67秒。

  • there was an automatic shut down because one of the engine's hydraulic systems exceeded the preset parameters,

    エンジンの油圧システムの1つがプリセットパラメータを超えたために自動停止していました。

  • which were kind of low to begin with.

    もともと低かったのですが

  • Despite completing several operations,

    いくつかの作業を終えたにもかかわらず

  • the Green Run team has decided that an approximately four-minute test

    グリーンランチームは、約4分間のテストを行うことにしました。

  • would give them all the necessary data to confirm the core stage and engines are fully prepared for a real flight.

    これは、コアステージとエンジンが実際の飛行に向けて完全に準備されていることを確認するために必要なすべてのデータを提供することになります。

  • And before the next test can happen,

    そして、次のテストが起こる前に

  • the team is refurbishing the engines,

    チームはエンジンを改装しています。

  • while also tweaking the thermal protective system

    熱保護システムを微調整しながら

  • and adjusting the logic parameters that engaged the automatic shutdown from the previous test.

    と、前回のテストから自動シャットダウンを有効にしたロジックパラメータを調整しています。

  • All and all once these preparations are made,

    これらの準備が終われば、すべてのすべてのことが。

  • the re-run of the test will be executed and then if all goes well,

    テストの再実行が実行され、すべてがうまくいくと

  • it should only take about one month to prepare the core stage for transport to NASA's Kennedy Space Center.

    NASAのケネディ宇宙センターへの輸送のためのコアステージを準備するのに1ヶ月程度で済むはずです。

  • And hopefully, we'll be using SLS to get to the moon and beyond.

    うまくいけば、SLSを使って月やその先に行くことができます。

  • To learn more about the Artemis program, check out this countdown to Launch episode here.

    アルテミスの番組について詳しく知りたい方は、こちらのカウントダウンで打ち上げエピソードをチェックしてみてください。

  • Make sure to subscribe and thanks so much for watching.

    見てくれてありがとうございます。

  • I'll see you next time.

    また次の機会にお会いしましょう。

NASA decided to kick off the year in a major way,

NASAは今年のキックオフを大々的に決定しました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 nasa エンジン テスト ミッション ロケット 推力

NASAの最も強力なロケットが打ち上げに一歩近づくかもしれない (NASA’s Most Powerful Rocket May Be One Step Closer to Launch)

  • 2 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 24 日
動画の中の単語