Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • THE ADVENTURES OF HUCKLEBERRY FINN By Mark Twain

    マークトウェインハックルベリーフィンの冒険

  • NOTICE: PERSONS attempting to find a motive in this narrative will be prosecuted;

    注意:この物語の動機を見つけることを試みる人が起訴される。

  • persons attempting to find a moral in it will be banished; persons attempting to

    その中に道徳を検索しようとする者は追放され、人々がしようとし

  • find a plot in it will be shot.

    それが撮影されるのプロットを見つける。

  • BY ORDER OF THE AUTHOR, Per G.G., Chief of Ordnance.

    武器のチーフAUTHOR、GG、パーOF ORDER BY。

  • EXPLANATORY: IN this book a number of dialects are used, to wit: the Missouri

    説明:この本では方言の数は、ウィットに、使用されています:ミズーリ州

  • negro dialect; the extremest form of the backwoods Southwestern dialect; the

    黒人の方言、へき地の南西部の方言のextremest形;

  • ordinary "Pike County" dialect; and four modified varieties of this last.

    普通の"パイク郡"方言、そしてこの最後の4つの修正された品種。

  • The shadings have not been done in a haphazard fashion, or by guesswork; but

    陰影は、でたらめな方法で、または推測することによって行われていない、しかし

  • painstakingly, and with the trustworthy guidance and support of personal

    苦労して、および個人の信頼の指導と支援を

  • familiarity with these several forms of speech.

    スピーチのこれらのいくつかの形式に精通。

  • I make this explanation for the reason that without it many readers would suppose that

    私はそれなしで多くの読者がそれを仮定するという理由でこの説明をする

  • all these characters were trying to talk alike and not succeeding.

    これらすべての文字が似た話をしようと後続されていない。

  • THE AUTHOR.

    著者。

  • ADVENTURES OF HUCKLEBERRY FINN Scene: The Mississippi Valley Time: Forty

    ハックルベリーフィンのシーンの冒険:ミシシッピーバレー時間:40

  • to fifty years ago

    五十年前まで

  • Chapter I. YOU don't know about me without you have

    章I.あなたが持っていることなく、あなたは私のことは知らない

  • read a book by the name of The Adventures of Tom Sawyer; but that ain't no matter.

    トムソーヤーの冒険の名前で本を読んで、それは問題ではありません。

  • That book was made by Mr.

    その本は氏に​​よって作られた

  • Mark Twain, and he told the truth, mainly. There was things which he stretched, but

    マークトウェイン、と彼は主に、真実を語った。そこに彼が伸びた事があったが、

  • mainly he told the truth. That is nothing.

    主に彼は真実を語った。それは何もない。

  • I never seen anybody but lied one time or another, without it was Aunt Polly, or the

    私はそれが叔母ポリー、またはWSなしで、誰にも見られないが、1つの時間または別の嘘をついたこと

  • widow, or maybe Mary.

    未亡人、または多分メアリー。

  • Aunt Polly--Tom's Aunt Polly, she is--and Mary, and the Widow Douglas is all told

    叔母ポリ​​ー - トムのおばさんポリーは、彼女は - とメアリー、そして寡婦ダグラスは、すべて言われている

  • about in that book, which is mostly a true book, with some stretchers, as I said

    約私が言ったように、いくつかのストレッチャーで、ほとんどが真の本ですその本、で

  • before.

    前。

  • Now the way that the book winds up is this: Tom and me found the money that the robbers

    今この本が、最大巻きする方法はこれです:トムと私はお金を発見した強盗

  • hid in the cave, and it made us rich. We got six thousand dollars apiece--all

    洞窟に隠れ、そしてそれは私たちが豊かなもの。すべての - 私たちは、個々に6000ドルを得た

  • gold.

    ゴールド。

  • It was an awful sight of money when it was piled up.

    それは積み上げたされたときにそれがお金の恐ろしい光景だった。

  • Well, Judge Thatcher he took it and put it out at interest, and it fetched us a dollar

    まあ、裁判官サッチャーは、彼はそれを取り、興味でそれを消し、そしてそれが私たちにドルをフェッチ

  • a day apiece all the year round --more than a body could tell what to do with.

    一年中個々に日が - より多くの体より何と関係を言うことができる。

  • The Widow Douglas she took me for her son, and allowed she would sivilize me; but it

    ウィドウダグラスは彼女が彼女の息子を私、彼女は私をsivilizeなる許可、それ

  • was rough living in the house all the time, considering how dismal regular and decent

    家の中で大まかな生活はどのように悲惨な定期的に、まともに考えると、すべての時間でした

  • the widow was in all her ways; and so when I couldn't stand it no longer I lit out.

    未亡人は、彼女のすべての道にいた、そして私はもはや我慢できませんでしたので、ときに私が出点灯。

  • I got into my old rags and my sugar- hogshead again, and was free and satisfied.

    私は再び私の古い雑巾および私の砂糖、大だるに入っていたので、自由で満たされた。

  • But Tom Sawyer he hunted me up and said he was going to start a band of robbers, and I

    Butトムソーヤーは、彼が私を狩り、彼は強盗のバンドを開始する予定と述べた、と私

  • might join if I would go back to the widow and be respectable.

    私は未亡人に戻って、立派なものならば参加するかもしれない。

  • So I went back.

    だから私は戻った。

  • The widow she cried over me, and called me a poor lost lamb, and she called me a lot

    未亡人は、彼女が私を叫んだ、と私の悪い失われた子羊と呼ばれ、彼女はたくさん私を呼ん

  • of other names, too, but she never meant no harm by it.

    あまりにも、他の名前の、彼女はそれによって害を意味したことはない。

  • She put me in them new clothes again, and I couldn't do nothing but sweat and sweat,

    、彼女は再びそれらの新しい服に私を入れて、と私は何も汗と汗をしないことができなかった

  • and feel all cramped up. Well, then, the old thing commenced again.

    およびすべての上窮屈な思いを。じゃあ、古いものが再び始まった。

  • The widow rung a bell for supper, and you had to come to time.

    未亡人は、夕食ベルを鳴らさ、あなたは時間に来ていた。

  • When you got to the table you couldn't go right to eating, but you had to wait for

    あなたが食べることに右の行くことができなかったのテーブルに着いたが、するときは待たなければならなかった

  • the widow to tuck down her head and grumble a little over the victuals, though there

    未亡人は、彼女の頭を下に押し込むand備蓄食糧を少し超えるぼやくにもある

  • warn't really anything the matter with

    何が問題に本当にwarn't

  • them,--that is, nothing only everything was cooked by itself.

    それらは、 - つまり、何ものみすべては自分自身で調理した。

  • In a barrel of odds and ends it is different; things get mixed up, and the

    オッズのバレルおよびそれが異なる終わり、物事が混ざってしまいますし、

  • juice kind of swaps around, and the things go better.

    ジュースの周りのスワップの種類、および状況は良く行く。

  • After supper she got out her book and learned me about Moses and the Bulrushers,

    、夕食後、彼女は彼女の本を出て、モーセとBulrushersについて教えを学んだ

  • and I was in a sweat to find out all about him; but by and by she let it out that

    私は彼についてのすべてを調べるために汗していた、しかししばらくして彼女はそれをことをしましょう

  • Moses had been dead a considerable long

    モーセはかなり長いが死んでされていた

  • time; so then I didn't care no more about him, because I don't take no stock in dead

    時間、私は死ん内に株式を取らないしていないためこのようにして私は、彼についてこれ以上気にしないしていない

  • people. Pretty soon I wanted to smoke, and asked

    人。もうすぐ私は喫煙をしたかった、と尋ねた

  • the widow to let me.

    私をできるようにする未亡人。

  • But she wouldn't. She said it was a mean practice and wasn't

    しかし、彼女は帰しません。彼女はそれが平均値が慣例であったと述べ、ではなかった

  • clean, and I must try to not do it any more.

    クリーニング後、私はそれ以上をしないことを試みなければならない。

  • That is just the way with some people.

    それはちょうど何人かの人々との方法です。

  • They get down on a thing when they don't know nothing about it.

    彼らはそれについて何も知ることがないとき、彼らはものを下になる。

  • Here she was a-bothering about Moses, which was no kin to her, and no use to anybody,

    ここで彼女は誰に彼女のためには血縁なかったモーゼ、、無使用について-悩ませていた

  • being gone, you see, yet finding a power of fault with me for doing a thing that had

    まだ持っていたことをするために、私と一緒に障害の力を見つける、あなたが見る、消えている

  • some good in it.

    その中のいくつかの良い。

  • And she took snuff, too; of course that was all right, because she done it herself.

    と彼女はあまりにも、嗅ぎ取った、彼女はそれを彼女自身が行っているため、もちろん、すべて右だったこと。

  • Her sister, Miss Watson, a tolerable slim old maid, with goggles on, had just come to

    彼女の妹、ミスワトソン、許容スリム古い女中は、オンゴーグルで、ちょうどに来ていた

  • live with her, and took a set at me now with a spelling-book.

    彼女と一緒に住んでいる、と綴り、本で、今私にセットを取った。

  • She worked me middling hard for about an hour, and then the widow made her ease up.

    彼女は約1時間のハード私は良くもなく悪くもない仕事をし、その後、未亡人は、彼女のを緩和しました。

  • I couldn't stood it much longer. Then for an hour it was deadly dull, and I

    私ははるかに長い、それを立っていたことができなかった。て時間のためにそれは致命的な退屈であり、私

  • was fidgety.

    そわそわした。

  • Miss Watson would say, "Don't put your feet up there, Huckleberry;" and "Don't scrunch

    "、そこにハックルベリーをあなたのフィートを設置しないでください。"ミスワトソンは、言うでしょうし、"うずくまるしないでください

  • up like that, Huckleberry--set up straight;" and pretty soon she would say,

    "とかなりすぐに彼女が言う、、ストレートを設定する - アップハックルベリー、そのような

  • "Don't gap and stretch like that, Huckleberry--why don't you try to behave?"

    "そのようなギャップやストレッチ、ハックルベリーしないでください - なぜあなたは動作するようにしようとしないのですか?"

  • Then she told me all about the bad place, and I said I wished I was there.

    それから彼女はすべての悪い場所について話してくれた、と私は私があると望んでいる。

  • She got mad then, but I didn't mean no harm.

    彼女はその後怒ったが、私は悪気はないていませんでした。

  • All I wanted was to go somewheres; all I wanted was a change, I warn't particular.

    私が望んでいたすべてはsomewheres行っていた、私が望むすべてが変化だった、私は特定のwarn't。

  • She said it was wicked to say what I said; said she wouldn't say it for the whole

    彼女はそれが私が言ったことを言って悪いと言った、彼女は全体のためにそれを言っていないと述べた

  • world; she was going to live so as to go to the good place.

    世界、彼女は良い場所に移動するように生きるつもりだった。

  • Well, I couldn't see no advantage in going where she was going, so I made up my mind I

    よく、私は彼女が行っていたところ行くには利点を見ることができなかったので、私は決心した

  • wouldn't try for it. But I never said so, because it would only

    それをしようとしないだろう。それが唯一になるため私は、そう言ったことがない

  • make trouble, and wouldn't do no good.

    トラブルを作る、とは良いもしないだろう。

  • Now she had got a start, and she went on and told me all about the good place.

    今、彼女はスタートを切っていた、と彼女はで行き、すべての良い場所について教えてくれました。

  • She said all a body would have to do there was to go around all day long with a harp

    彼女はすべてのボディがハープで長い一日の周りに行くことがあったしなければならないと述べた

  • and sing, forever and ever.

    て歌う、永遠に。

  • So I didn't think much of it. But I never said so.

    だから私はそれの多くを考えていませんでした。しかし、私はそう言ったことはない。

  • I asked her if she reckoned Tom Sawyer would go there, and she said not by a

    彼女はトムソーヤーが行くと侮れない場合、私は彼女に尋ねた、と彼女はではないという

  • considerable sight.

    かなりの光景。

  • I was glad about that, because I wanted him and me to be together.

    私は彼と私が一緒になりたかったので、私は、それについては嬉しかった。

  • Miss Watson she kept pecking at me, and it got tiresome and lonesome.

    ミスワトソンは、彼女が私をつつき続け、それが退屈and寂しいん。

  • By and by they fetched the niggers in and had prayers, and then everybody was off to

    しばらくして彼らがニガーのでフェッチと祈りを持っていたし、みんながオフドルでした

  • bed. I went up to my room with a piece of

    ベッド。私はの作品と私の部屋まで行きました

  • candle, and put it on the table.

    ろうそく、、テーブルの上に置く。

  • Then I set down in a chair by the window and tried to think of something cheerful,

    それから私は、ウィンドウで椅子に設定し、明るい何かを考えてみた

  • but it warn't no use. I felt so lonesome I most wished I was

    それは無駄をwarn'tない。私はほとんど私がいた望んだso寂しい感じ

  • dead.

    死んだ。

  • The stars were shining, and the leaves rustled in the woods ever so mournful; and

    星が輝いていたし、実に悲しげな森の中にrustled葉、そして

  • I heard an owl, away off, who-whooing about somebody that was dead, and a whippowill

    私は死んでいた誰かについて - whooing人、オフ離れて、フクロウを聞いた、とwhippowill

  • and a dog crying about somebody that was

    とWs誰かについて叫ぶ犬

  • going to die; and the wind was trying to whisper something to me, and I couldn't

    死ぬだろう、と風が私に何かをささやくとしていた、と私はできなかった

  • make out what it was, and so it made the cold shivers run over me.

    それが何であったか理解するので、それは私を介して実行される冷たい寒気がしました。

  • Then away out in the woods I heard that kind of a sound that a ghost makes when it

    から離して、森の中で私はそれ幽霊が行う音のようなものを聞いた

  • wants to tell about something that's on its mind and can't make itself understood, and

    その心の上にある、それ自体が理解することができない事柄について伝えるために望んでおり、

  • so can't rest easy in its grave, and has to go about that way every night grieving.

    ので、その墓に安心する、と毎晩が悲しんでその方法については行かなければならないことはできない。

  • I got so down-hearted and scared I did wish I had some company.

    私はダウンな心だと私はいくつかの会社を持っていた希望でした怖い。

  • Pretty soon a spider went crawling up my shoulder, and I flipped it off and it lit

    かなりすぐにクモが私の肩をクロール行き、私はそれを反転させ、それが点灯

  • in the candle; and before I could budge it was all shriveled up.

    キャンドルで、と前に私はそれがすべてのアップしなびたwas変えなかったことができます。

  • I didn't need anybody to tell me that that was an awful bad sign and would fetch me

    私はそれはひどい悪い兆候だと私を取得することを私に教えて誰を必要としなかった

  • some bad luck, so I was scared and most shook the clothes off of me.

    いくつかの不運は、私は怖がっていた、最も私の服を脱いで横に振った。

  • I got up and turned around in my tracks three times and crossed my breast every

    私が立ち上がると、私のトラックに転じ三回、すべての私の胸を越えて

  • time; and then I tied up a little lock of my hair with a thread to keep witches away.

    時間、そして私は離れて魔女を維持するためのスレッドで私の髪の小さなロックを縛り。

  • But I hadn't no confidence.

    しかし、私は確信していないなかった。

  • You do that when you've lost a horseshoe that you've found, instead of nailing it up

    あなたは、あなたが発見したと蹄鉄を失ってしまったときに、代わりにそれを釘付けです

  • over the door, but I hadn't ever heard anybody say it was any way to keep off bad

    ドアを介して、しかし私が今まで聞いたことがなかった誰もがそれが悪いをオフにしておくどのような方法であったと言う

  • luck when you'd killed a spider.

    あなたが蜘蛛を殺しただろう運。

  • I set down again, a-shaking all over, and got out my pipe for a smoke; for the house

    家のために、私はすべてのオーバー揺れ、および煙のための私のパイプを持って、再びダウンに設定

  • was all as still as death now, and so the widow wouldn't know.

    今でも、死などのすべてだったので、未亡人は知っているだろう。

  • Well, after a long time I heard the clock away off in the town go boom--boom--boom--

    よく、長い時間の後、私は町に行くブームに離れてクロックをオフに聞いた - ブーム - ブームを -

  • twelve licks; and all still again--stiller than ever.

    twelveなめ、そしてすべてはまだ、再び - スティラこれまで以上に。

  • Pretty soon I heard a twig snap down in the dark amongst the trees --something was a

    もうすぐ私は木々の間で暗闇の中でダウンスナップ小枝聞いた - 何かだった

  • stirring. I set still and listened.

    攪拌。私はまだ設定して耳を傾けた。

  • Directly I could just barely hear a "me- yow! me-yow!" down there.

    直接私は辛うじて"私、ワァーッを聞くことができた! ME -ワァーッ!"ダウンがある。

  • That was good!

    それは良かった!

  • Says I, "me-yow! me-yow!" as soft as I could, and then I put out the light and

    私の言う、"私、ワァーッ! ME -ワァーッ!"私はできる限りのソフトとして、そしてその後、私はライトを消すと

  • scrambled out of the window on to the shed.

    小屋の上のウィンドウの外スクランブル。

  • Then I slipped down to the ground and crawled in among the trees, and, sure

    それから私は必ず、地面に滑り落ちたと木々の間でクロールされた、と

  • enough, there was Tom Sawyer waiting for me.

    十分に、トムソーヤーが私を待っていた。

  • >

    >

  • Chapter II. WE went tiptoeing along a path amongst the

    第二章。 WEは、間のパスに沿ってtiptoeing行きました

  • trees back towards the end of the widow's garden, stooping down so as the branches

    未亡人の庭の端に向かって戻って木は、枝とその下に体を曲げた

  • wouldn't scrape our heads.

    私たちの頭をこすり落とすことはありません。

  • When we was passing by the kitchen I fell over a root and made a noise.

    我々は台所渡ししたとき、私はルート上に落ちたとノイズを行った。

  • We scrouched down and laid still.

    我々は、ダウンscrouched、まだ敷設。

  • Miss Watson's big nigger, named Jim, was setting in the kitchen door; we could see

    ジムという名前のミスワトソンの大きな黒人は、、台所のドアに設定していた、我々が見ることができた

  • him pretty clear, because there was a light behind him.

    彼の彼の後ろのライトがあったので、かなり明確。

  • He got up and stretched his neck out about a minute, listening.

    彼は立ち上がると、分についての彼の首を伸ばし、リスニング。

  • Then he says: "Who dah?"

    それから彼は言う:"誰DAH?"

  • He listened some more; then he come tiptoeing down and stood right between us;

    彼はいくつかの詳細を聞き、それから彼はダウンtiptoeing是非、私たちの間で右の立っていた。

  • we could a touched him, nearly.

    我々はほぼ、彼に触れたことができます。

  • Well, likely it was minutes and minutes that there warn't a sound, and we all there

    よく、おそらくそれは、音がwarn'taいる分、分であり、我々はすべてそこに

  • so close together.

    そう一緒に閉じてください。

  • There was a place on my ankle that got to itching, but I dasn't scratch it; and then

    その後と、そこにかゆみになった私の足首の所があったが、私はそれを傷つけるdasn't

  • my ear begun to itch; and next my back, right between my shoulders.

    私の耳には、かゆみを始め、そして私の背中の横、右の私の肩の間。

  • Seemed like I'd die if I couldn't scratch.

    私は傷つけることができなかった場合、私は死ぬだろうように思えた。

  • Well, I've noticed that thing plenty times since.

    よく、私は以来、そのことをたくさんの時間を気づいた。

  • If you are with the quality, or at a funeral, or trying to go to sleep when you

    あなたが品質、または葬式にいる場合、またはときにスリープ状態にしようとし

  • ain't sleepy--if you are anywheres where it won't do for you to scratch, why you will

    眠くないです - あなたがスクラッチするのはしないだろうanywheres場合、なぜあなたは意志

  • itch all over in upwards of a thousand places.

    千箇所の上方にあるすべての上に痒い。

  • Pretty soon Jim says: "Say, who is you?

    もうすぐジムは言う:"コメント、誰がするか?

  • Whar is you?

    Wharはあなたです?

  • Dog my cats ef I didn' hear sumf'n. Well, I know what I's gwyne to do: I's

    私の猫EF私didn'はsumf'nを聞く犬。まあ、私は私が何をgwyne何を知っている:私はです

  • gwyne to set down here and listen tell I hears it agin."

    ここで下に置くと私はaginそれを聞く伝える聞くことgwyne。"

  • So he set down on the ground betwixt me and Tom.

    そこで彼は、地面どっちつかず私とトムを下に設定します。

  • He leaned his back up against a tree, and stretched his legs out till one of them

    彼は木に対して彼のバックアップを頼って、そのうちのひとつまで足を伸ばし

  • most touched one of mine.

    ほとんどの鉱山の一つに触れた。

  • My nose begun to itch. It itched till the tears come into my eyes.

    私の鼻は、かゆみを始めて。涙が私の目に来るまでそれがitched。

  • But I dasn't scratch. Then it begun to itch on the inside.

    しかし、私はスクラッチdasn't。それは内側にかゆみを始めた。

  • Next I got to itching underneath.

    次に私は、かゆみの下にようになった。

  • I didn't know how I was going to set still. This miserableness went on as much as six

    私はまだ設定して起こっていた方法を知りませんでした。このmiserablenessは限り6つのに行きました

  • or seven minutes; but it seemed a sight longer than that.

    または7分、それはそれより長い目に見えた。

  • I was itching in eleven different places now.

    私は現在11種類の場所で痒みられた。

  • I reckoned I couldn't stand it more'n a minute longer, but I set my teeth hard and

    私はmore'naの分長く、それを立つことができなかったが、私はハード私の歯を設定し、起算