Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • - You're hiding

    - あなたは隠れている

  • freakin' van Goghs in a coal mine?

    炭鉱でファン・ゴッホ?

  • That's disrespectful.

    それは失礼だ

  • And Rose would be like, "I'm gonna memorize this.

    ローズは「これを暗記する」って感じで

  • I'm memorinizing all of it."

    "全部暗記している"

  • (bold dramatic music)

    劇曲

  • Hi!

    はーい

  • Hello.

    こんにちは。

  • (giggles)

    (笑)

  • I'm Tiffany Haddish,

    私はティファニー ハディッシュ

  • and today, we're gonna talk about Rose Valland.

    今日はローズ・ヴァランドの話をしましょう

  • (Tiffany slurping)

    (ティファニーのスラスラ)

  • She ready.

    彼女は準備ができています。

  • (soft accordion music) So, it's France.

    (柔らかいアコーディオンの音楽) フランスなんですね。

  • October 1940

    昭和15年10月

  • Rose Valland's Assistant Curator

    ローズ・ヴァランドのアシスタント・キュレーター

  • at the Jeu de Paume Museum.

    Jeu de Paume Museumにて。

  • So she's like, "You know what I know? Art!"

    だから彼女は「私が何を知ってるか知ってる?アート!"

  • Then, all of a sudden, there are boom!

    そして、突然のブーム!?

  • Nazis everywhere!

    ナチスだらけ!

  • They took over the museum like, "This our spot!

    ここは俺たちの場所だ!」という感じで館内を占拠してくれました。

  • This where we gonna be at! Ah!"

    ここが俺たちの居場所だ!ああ!"

  • (chuckling) Right?

    笑)でしょ?

  • She like, "Oh shoot, it's Germans everywhere."

    "ドイツ人だらけだ "って言ってたわ

  • And what they doing is robbing the French Jews.

    そして、彼らがやっていることは、フランスのユダヤ人から奪うことです。

  • And now they storing all this stolen art up in there.

    盗まれた美術品を保管しているんだ

  • And you know why? You know why?

    なぜだか知ってるのか?理由を知ってるのか?

  • Do you know why?

    なぜか知ってますか?

  • Let me tell you why.

    理由を教えてあげよう

  • Because Hitler was, like, a proclaimed artist,

    ヒトラーは芸術家を自称していたからな

  • and he tried to get into this school.

    と言って、この学校に入ろうとしました。

  • He was denied because he couldn't stay in the lines.

    行列に残れないからと否定された。

  • - [Derek] Uh-uh.

    - そうだな

  • - He told his boys, "Y'all go out there,

    - 彼は息子たちに「お前たちは外に出ろ」と言った。

  • and y'all get all the artwork.

    そして、すべてのアートワークを手に入れる。

  • Now, if it's German art, it's good.

    さて、ドイツの芸術ならいいですね。

  • But if it ain't German art, burn that shit up!"

    ドイツの芸術じゃないなら燃やしてしまえ!"

  • 'Cause Hitler was mad

    ヒトラーは狂っていたから

  • 'cause he didn't get to get into the university.

    大学に入れなかったからだよ

  • 'Cause you mad you didn't get to get into school,

    学校に入れなかったことに 腹を立てているからだ

  • my (beep) wet, don't worry about it.

    私の(ビープ音)濡れてます、気にしないでください。

  • (laughing)

    (笑)

  • But, Rose is like the dopest spy.

    でも、ローズはドープなスパイのようなものだ。

  • They up there talking (imitates speaking German).

    彼らは上で話している(ドイツ語を話す真似をしている)。

  • They didn't know she spoke German.

    彼女がドイツ語を話すとは知らなかった

  • She like this.

    彼女はこれが好きなんだ

  • Taking notes, taking notes, taking notes. Okay?

    メモを取る、メモを取る、メモを取る、メモを取る。いいですか?

  • So, different people that worked

    だから、働いていた別の人たちは

  • under Hitler would show up to the museum often.

    ヒトラーの下では、博物館にはよく顔を出していました。

  • Like his main man, his name was Hermann Goring, right?

    彼のメインの人もそうだけど、名前はヘルマン・ゴーリングだったよね?

  • Now, Hermie, you know, he's so ratchet.

    さて、ハーミーさんは、ガタガタになってしまいました。

  • He like, "Give me! That's the best!

    彼は「俺にくれ!最高だよ!

  • Run me that. Run me that right there.

    走らせてくれそこを走ってくれ

  • Ooh, that's nice!

    おー、いいですねー。

  • Hey, hey, give me something to drink.

    おいおい、何か飲ませてくれよ。

  • Bring me some champagne up in here

    シャンパンを持ってきてくれ

  • while I'm in here picking the best art."

    私がここで最高の芸術を選んでいる間に。"

  • And Rose would be like,

    そして、ローズはこうなる。

  • "I don't know why these (beep) are here. He's so lazy.

    "なぜこれ(ビープ音)がここにあるのかわからない。怠け者なんだよ。

  • Why you even want to tell me where you stole it from?

    どこから盗んだのか教えてくれないか?

  • Do you know who I am?

    私が誰か知ってる?

  • I'm gonna tell everybody."

    "みんなに言うよ"

  • She'd go get the wine, and Hermann be like,

    彼女はワインを取りに行って、 ハーマンはこう言ってた。

  • (drink slurping) "Ah, magnifique! This is,"

    (飲み物をすすりながら) 「あー、マグニフィーク!」と言っています。これは、"

  • oh no, wait, no, he was German, he'd be like,

    あ、いや、ちょっと待って、ドイツ人だったんだ、みたいな。

  • (imitates speaking German) (ice rattles)

    (ドイツ語を話す真似をする) (アイスガラガラ)

  • "That was delicious!"

    "美味しかった!"

  • (Derek laughing)

    (デレクの笑い声)

  • Wait, hold up, I'm toasted.

    待って、待って、私はトーストされています。

  • I'm sorry.

    済みませんでした。

  • - How you feel?

    - 気分はどうですか?

  • - I feel fantastic.

    - 幻想的な気分になりました。

  • (Derek chuckling)

    (デレクの笑い声)

  • Anyways.

    とにかく

  • They would load these pieces of art up on the train.

    こういう作品を電車の中に積むんだろうな

  • The Nazis was putting a lot of stuff

    ナチスが色々入れていた

  • down in these deep, dark caves.

    この深くて暗い洞窟の中で

  • You're hiding stuff in caves?

    洞窟に物を隠しているのか?

  • You're hiding

    あなたは隠れている

  • freaking van Goghs in a coal mine?

    炭鉱でフリーキング・ヴァン・ゴッホ?

  • That's disrespectful.

    それは失礼だ

  • And Rose would be like, "I'm gonna memorize this.

    ローズは「これを暗記する」って感じで

  • I'm memorinizing all of it!"

    全部暗記してます!"

  • Sounding ghetto was hell.

    ゲットーの音は地獄だった

  • (both laughing)

    (二人とも笑)

  • Did you know I was Jewish?

    私がユダヤ人だって知ってたの?

  • - I didn't until tonight.

    - 今夜まで知らなかった

  • - 'Cause my father is Jewish,

    - 父がユダヤ人だから

  • but my mom was a Jehovah Witness, so I'm a Jujo.

    でも母がエホバの証人だったから十条なんだよね。

  • (both laughing)

    (二人とも笑)

  • So,

    だから

  • it's December 1944.

    1944年12月だ

  • James Rorimer shows up trying to holler at Rose.

    ジェームズ・ローリマーがローズに声をかけようとしているところに現れます。

  • "Rose, I know you know everything.

    "ローズ、あなたは何でも知っていると思うわ。

  • I need you to give me all the information that you have.

    持っているすべての情報を教えてほしい。

  • Where are all the treasures?"

    "お宝はどこにあるの?"

  • She's like, "I don't know you like that.

    彼女「そんなの知らないよ。

  • Who is you?"

    "あなたは誰?"

  • He's like, "I'm James Rorimer.

    彼は「俺はジェームズ・ローリマーだ。

  • I'm with The Monuments Men."

    "モニュメント・メンと一緒だ"

  • Now, these was a collection of men and womens

    さて、これらはメンズとレディースのコレクションでした。

  • who went out to save the existence of their culture.

    自分たちの文化の存在を救うために出て行った人たち。

  • Rose, she was dope.

    ローズ 彼女はバカだった

  • She was like, "Boom! I got these addresses right here.

    彼女は「ドカン!」と言っていました。ここにアドレスがある

  • Check this out."

    "これを見てくれ"

  • They would stop trains.

    彼らは電車を止めるだろう。

  • They would go to salt mines.

    彼らは塩鉱山に行くだろう。

  • They was knocking, knocking people out.

    彼らは人々をノックしていました。

  • Some people died, some people lived, but the art was saved.

    死んだ人もいれば、生きている人もいたが、芸術は救われた。

  • She saved, like, over 60,000 pieces of culture.

    彼女は6万以上の文化を救った

  • She's a heroine! (soft patriotic music)

    彼女はヒロインだ!(柔らかな愛国音楽)

  • And then, finally, Rose is like,

    そして、最後にローズが

  • "Go to Hermann Goring's house."

    "ヘルマン・ゴーリングの家に行け"

  • Sent them over there. Boom!

    あそこに送ったブーム!

  • $200 million worth of treasures!

    2億ドル相当のお宝!?

  • Culture!

    文化だ!

  • Art!

    アート!

  • She hooked that up.

    彼女はそれを接続した

  • And Hermann Goring was pissed as hell at her.

    ヘルマン・ゴーリングは彼女を怒らせていた。

  • Like, "I can't believe she snitched on me.

    密告されるなんて...」みたいな。

  • And when she was bringing me

    彼女が私を連れてきた時

  • all these glasses of champagne."

    "シャンパンのグラスを全部"

  • And then Rose does the Nae Nae.

    そしてローズがナエナエをする。

  • Hey! (laughing) (deep hip hop music)

    おい!(笑)(ディープなヒップホップミュージック

  • But he couldn't do nothing about it

    でも彼は何もできなかった

  • 'cause now he a prisoner of war.

    彼は捕虜になったからだ

  • And Hitler killed himself.

    そしてヒトラーは自殺した。

  • They say.

    彼らが言うには

  • I think he hanging out with Tupac.

    彼はトゥパックと一緒にいると思う

  • (hip hop music deepens) (both laughing)

    ヒップホップ音楽が深まる)(二人とも笑

  • - Hello.

    - こんにちは。

  • Today, we're gonna talk about Waties Waring.

    今日はワティスワリングについて。

  • Waties Waring was an eighth-generation Charleston guy.

    ワティス・ウォーリングはチャールストンの8代目だ

  • He was a judge.

    彼は裁判官だった

  • This was this guy's life.

    この人の人生だったんですね。

  • "I'm in Charleston. I love it.

    "チャールストンにいます。大好きなんです。

  • I make money. I have my beautiful wife.

    私はお金を稼いでいます。美しい妻がいる

  • We're rich people. Look at all our rich friends."

    俺たちは金持ちだ金持ちの友達を見てみろ"

  • But he lived in this place

    しかし、彼はこの場所に住んでいた

  • where segregation was the way that it was.

    隔離されていた場所では、そのようになっていました。

  • "I mean, we're fine with each other,

    "お互い様 "でいいんじゃない?

  • but black people go over there.

    でも黒人は向こうに行く

  • Right? That makes sense."

    (山里)そうですよね?"そうだよね?"

  • He and his wife started playing bridge

    夫婦でブリッジを始めた

  • with this couple, the Hoffmans.

    ホフマン夫妻と一緒だ

  • Elizabeth Hoffman, she was from Detroit.

    エリザベス・ホフマン デトロイト出身だ

  • She was incredibly smart,

    彼女は信じられないほど頭が良かった。

  • and she was the life of the party.

    彼女はパーティーの命でした

  • He's never known a woman like this before

    彼は今までこんな女を知らなかった

  • in his entire life,

    彼の全人生の中で

  • and he's like, "What are you about?"

    彼は "何のことだ?"と言っていた

  • There's this thing that starts happening

    こんなことが起こり始めるんだ

  • where they're just flirting between bridge hands.

    ブリッジの手の間でイチャイチャしているだけのところで

  • Like, "Elizabeth, it's your hand. You know what I mean?"

    "エリザベス それは君の手だ "みたいに"意味がわかるか?"

  • "Oh, Waties, you're so funny."

    "ワティーズ 面白いわね"

  • He realized he was in love with Elizabeth,

    彼は自分がエリザベスに恋をしていることに気づいた。

  • and he confronted his wife, Annie,

    と妻のアニーと対峙した。

  • and he was like, "Hey, remember Elizabeth?

    とか言って、「ねえ、エリザベス覚えてる?

  • I'm sleeping with Elizabeth."

    エリザベスと寝てるんだ

  • (belches)

    (息を吐く)

  • Sorry, I'm getting, like, drunk now.

    ごめん 酔っ払ってきたから

  • So, he married Elizabeth,

    そこで、エリザベスと結婚。

  • and they were ostracized from Charleston society.

    彼らはチャールストン社会から 追い出された

  • "You're not Charleston anymore.

    "もうチャールストンじゃない

  • You're a Yankee.

    ヤンキーのくせに

  • You're an (beep). No one likes you."

    あなたは(ビープ音)。誰にも好かれない"

  • And all they have left is each other.

    そして、彼らに残されたのは、お互いのことだけです。

  • And so Elizabeth starts going to Waties' court cases.

    そしてエリザベスはワティスの裁判に通い始める。

  • She starts going, "Oh (beep).

    彼女は「おー(ビープ音)」と行き始める。

  • Maybe all these cases where the white people won,

    白人が勝ったケースばかりなのかもしれませんね。

  • some of the black people got screwed over, you know?"

    "黒人の中には騙された奴もいる"

  • And Waties was like, "Yeah,

    ワティスは「うん。

  • but that's the way it always has been."

    "でもそれが今までのやり方だ"

  • And she was like, "Yeah,

    彼女は「うん。

  • but black people are people, though.

    でも、黒人は人間だけどね。

  • And he was like, "Yeah, black people are people,

    彼は「そう、黒人は人間なんだ。

  • but, like, in like a different way."

    "でも、違う意味で"

  • And she said, "That's gross.

    そして、「キモい。

  • We're going to get dinner with some black people."

    "黒人と食事に行くんだ"

  • And he said,

    と言っていました。

  • "White people don't get dinner with black people.

    "白人は黒人と食事に行かない

  • And she was like, "No, but we do.

    彼女は「いや、でも私たちはそうなんですよ。

  • We're those kind of white people."

    "俺たちはそういう白人だ"

  • And he was like, "All right.

    そして、「わかったよ。

  • I love you, but I'm telling you right now,

    愛してるけど、今すぐにでも言っておきます。

  • it's really not normal

    尋常じゃない

  • for white people to get dinner with black people."

    "白人が黒人と食事をするために"

  • I feel like (beep). (Derek chuckles)

    (ビープ音)のような気がします。(デレク・チャックルズ)

  • - [Derek] Yeah, I know. - I feel like

    - そうだな- 私は何となく

  • want to throw up.

    吐き気がする

  • - [Derek] If you want to go throw up, you can.

    - 吐きたきゃ吐けばいいんだよ

  • We're very open-minded here.

    ここはとても開放的です。

  • Do you want to just get some fresh air,

    新鮮な空気を吸いたいのか?

  • take a little walk?

    散歩してくるか?

  • - Yeah, sure.

    - ああ そうだな

  • - [Derek] Okay, just a little bit,

    - 少しだけだよ

  • and then we'll walk back up.

    と言って、歩いて上に戻る。

  • - [Dave] Sure. - [Derek] That sound good?

    - デレク、どうだ?

  • - [Dave] So she made her husband get dinner

    - 彼女は夫に夕食を取らせた

  • with a black couple,

    黒人カップルと

  • and it was awkward as hell.

    地獄のように気まずかった

  • Just like, "Hey, what'd you do today?"

    "今日は何してたの?"みたいな感じで

  • And they're like, "I don't know.

    とか言われて、「知らない。

  • Several people threatened my life."

    "何人かの人に命を狙われた"

  • And they were like, "Oh, that's interesting."

    "それは面白い "って言われて

  • But then Elizabeth made Waties keep doing it.

    しかし、エリザベスはワティスにそれを続けさせた。

  • After the second time and the third time,

    2回目、3回目を経て

  • it became more regular.

    規則性が出てきました。

  • And it was like, "Oh, right.

    で、「あ、そうだったんだ」って感じでした。

  • We're all people, you know?"

    私たちはみんな人間なんだよ。"

  • He started to understand

    彼は理解し始めた

  • that black people were incredibly subjugated.

    黒人が信じられないほど服従させられていたことを

  • "Maybe we need to do something

    "何かしないといけないかもしれない

  • about this segregation thing, you know?"

    "この隔離のことで"

  • - [Derek] This is a really good area.

    - ここは本当に良いエリアだな

  • - [Dave] I moved here because the last place I lived,

    - 前に住んでいた場所から引っ越してきた。

  • my friend got stabbed

    友達が刺された

  • while he was getting a hand job.

    手コキを受けている間に

  • - [Derek] No!

    - ダメだ

  • - [Dave] Yeah, that happened.

    - そうだな

  • - Did he (beep)?

    - 彼は(ビープ音)したのか?

  • - (sighs) I don't know. I didn't ask.

    - (ため息)わからない。聞かなかった。

  • First thing he did was he integrated his courtroom.

    彼が最初にしたことは、法廷を統合したことです。

  • And he was like, "No, no, no. Everybody sits together.

    とか「いやいやいや。みんな一緒に座るんだよ。

  • Black person there, white person there.

    そこにいるのは黒人、そこにいるのは白人。

  • Then black person there. Then white person there.

    そこに黒人が。そこに白人が。

  • Be friends. Quit being an (beep).

    友達になること。(ビープ音)であることを辞めてください。

  • Just be friends."

    "友達でいよう"

  • Then he ruled that black teachers have to be paid

    黒人教師には給料が支払われるべきだと判決を下した

  • the same as white teachers.

    白人教師と同じ。

  • Which is, uh, crazy.

    それは...おかしな話だ

  • The next really big one,

    次の本当に大きいのは

  • he ruled black people are now allowed to vote in primaries.

    彼は黒人が選挙で投票できるようになったと裁定した。

  • And that just, like, set Charleston on fire.

    チャールストンが火事になった

  • Someone threw a brick through their window one night.

    ある夜 誰かが窓からレンガを投げたんだ

  • The KKK burned a cross on their lawn.

    KKKは芝生に十字架を燃やした。

  • It got so bad, there was a petition

    あまりにもひどくなって、請願書が出ていました。

  • that 21,000 people signed that said,

    21,000人が署名したと

  • "Hey, Warings,

    "やあ、ワリングス。

  • here's $10,000.

    1万ドルです

  • Take this and move anywhere."

    これを持ってどこへでも移動してください。"

  • They're like, "No, we still have work to do here. You know?"

    "いや、ここでやるべきことがあるんだ "って。"わかるか?"

  • "(beep) you!"

    "(ビープ音)お前!"

  • And then, Briggs vs. Elliott happened.

    そして、ブリッグス対エリオットが起こった。

  • And Thurgood Marshall trying to prove

    サーグッド・マーシャルが証明しようとしている

  • black kids are not getting the same education as white kids.

    黒人の子供は白人の子供と同じ教育を受けていない。

  • And there were three judges.

    そして、審査員は3人でした。

  • One of them was Waties Waring.

    その中の一人がワティスワリングでした。

  • The other two were like, "Yeah, segregation is great.

    他の2人は「そうだね、隔離ってすごいね。

  • Everything about this is amazing,

    これについては、すべてが素晴らしい。

  • so who cares if they're equal?"

    "誰が対等かなんて気にする?"

  • So they lost, and schools were not integrated in the South.

    それで負けてしまい、南部では学校が統合されなかった。

  • Waties is like, "Well, I'm not going down without a fight."

    ワティスは "戦わずして倒れるわけにはいかない "と

  • And he writes this 20-page dissent.

    そして、彼はこの20ページの反対意見を書いています。