Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hi. Welcome to engVid.

    engVidへようこそ。

  • I'm Adam.

    アダムだ

  • Today's lesson is an IELTS lesson, so as usual, I'll be speaking a little bit faster than

    今日のレッスンはIELTSのレッスンなので、いつものように少し早口で

  • normal, give you a little bit of listening practice.

    普通に、少しだけリスニングの練習をします。

  • And today we're going to look at specifically the essay types, the types of essays you're

    今日は具体的に小論文の種類を見ていきましょう。

  • going to have to come across for those of you taking the IELTS test in the writing section

    IELTSのテストを受けている人のために、ライティングセクションで出くわす必要があります。

  • task two, the independent essay.

    タスク2 独立した小論文

  • I'm going to talk about the types of essays, and a very general idea, a very general discussion

    小論文の種類の話をしますが、非常に一般的な考え方、非常に一般的な議論の

  • about how to approach, generally again, the essay.

    アプローチの仕方について、一般的には、再び、エッセイ。

  • I want to make...

    私が作りたいのは...

  • Talk about templates, but I'll do that a little bit later.

    テンプレの話は、あとで少し。

  • So first of all, the main thing to remember, you have essentially three types of essays

    まず最初に覚えておいていただきたいのは、小論文には基本的に3つのタイプがあるということです。

  • that you're going to come across on the IELTS writing test.

    IELTSのライティングテストで出てくること。

  • You're going to have an essay that asks for an opinion, you're going to have an essay

    意見を求める小論文があるだろうが、小論文があるだろうが

  • that does not ask for an opinion, and then you're going to have a hybrid, you're going

    意見を聞かないでハイブリッドにしてしまうと

  • to have a combination of the two.

    の組み合わせを持つようにしましょう。

  • Okay?

    いいですか?

  • So first let's go over the types of questions you might see that ask for an opinion.

    そこでまず、あなたが意見を求める質問の種類を見てみましょう。

  • Now, it's very important to recognize that not all of you...

    さて、全員が全員ではないことを認識することはとても重要ですが...

  • Sorry, not all of the questions are going to be specifically mentioning the word: "opinion",

    申し訳ありませんが、全ての質問で「意見」という言葉を具体的に言及しているわけではありません。

  • or "think", or "believe", but you still have to recognize.

    とか「考える」とか「信じる」とか言っていても、やっぱり認識しないといけない。

  • So: "Do you agree or disagree with whatever has been mentioned before?" or whatever is

    ということで"これまでに述べられたことに賛成ですか、反対ですか?"とか、何でもいいですが

  • written there.

    そこに書かれています。

  • "Do you agree or disagree?"

    "同意するか反対するか?"

  • Take a side.

    横になってください。

  • "I agree with this because", reasons.

    "私はこれに同意するから"、理由。

  • "I disagree because", reasons.

    "私は同意しないから"、理由。

  • And similarly: "To what extent do you agree or disagree?"

    同様に"どの程度同意しますか?反対ですか?"

  • A quick word about "to what extent", I personally recommend completely, totally, fully agree

    どの程度まで」について一言、私は個人的に完全に、完全に、完全に同意することをお勧めします。

  • with whatever you agree with because it's a much easier essay to write.

    あなたが同意したものは何でも使ってください。

  • If you say: "I somewhat agree", then you have to look at both sides and tell me what you

    もしあなたが「なんとなく同意する」と言うなら"私はなんとなく同意する」と言うのであれば、両方の面を見て、あなたが

  • agree with, what you disagree with.

    賛成する、反対することに賛成する

  • If you say: "I completely agree with this idea", then you only have to focus on that

    もしあなたが言うなら"私はこの考えに完全に同意します」と言った場合、あなたはそのことだけに焦点を当てる必要があります。

  • idea.

    という考えを持っています。

  • It's much easier.

    だいぶ楽になりました。

  • "Do you think" something, so this is a very direct question about your opinion.

    "何かを「思うか」ということなので、これはあなたの意見についての非常に直接的な質問になります。

  • "What do you think about this?" or "What do you think are the causes of", "What do you

    "この原因は何だと思いますか?"とか "この原因は何だと思いますか?"とか "この原因は何だと思いますか?"とか "この原因は何だと思いますか?

  • think are the main issues or problems?"

    "主な問題点や問題点は何だと思う?"

  • Now: "Do the benefits outweigh the drawbacks", or: "Do the advantages outweigh the disadvantages?"

    今のうちに。"利点は欠点を上回るか"、または。"長所は短所を上回るか?"

  • As soon as you see, here, the word: "Do", it's a yes/no question, you have to say yes

    すぐにあなたが見るように、ここでは、単語: "行う"、それはイエス/ノーの質問だ、あなたはイエスと言う必要があります。

  • or no, and we're going to talk about yes/no questions.

    とか、YES/NOの質問の話をします。

  • But this word: "outweigh"...

    しかし、この言葉:"outweigh "は

  • "Are there more drawbacks or are there more benefits?"

    "欠点が多いのか、メリットが多いのか"

  • This is an opinion question.

    これは意見の質問です。

  • You decide if there are more drawbacks or opinions.

    欠点が多いか、意見が多いかはあなたが決めることです。

  • "Which is better: This situation or this situation?"

    "どっちがいいの?"この状況とこの状況、どっちがいい?"

  • Okay?

    いいですか?

  • "Is it more important to do this or to do that?"

    "これをやるのと、あれをやるのとどっちが大事?"

  • So, again, these are all yes/no...

    だから、またしても、これらは全部イエスかノーか...。

  • This is a choice question because you have the "better", you have the comparative.

    これは、あなたが「より良い」を持っているから、あなたが「比較」を持っているから、選択問題です。

  • And, again, you have this, plus the yes/no.

    そして、もう一度言うが、これに加えて、イエス/ノーがある。

  • So as soon as it's a yes/no question, it's an opinion question.

    だから、イエスかノーかの質問になった途端、意見の質問になってしまう。

  • Make sure that you answer very specifically yes or no, this side or this side, and say

    非常に具体的にイエスかノーか、こちら側かこちら側か、と答えていることを確認してください。

  • why you think so.

    なぜそう思うのか

  • Support your opinion.

    自分の意見を支持する。

  • And yes/no, if a question begins with: "Should some...

    そして、質問が始まると、イエスかノーか。"いくつかの...

  • Should somebody do something?", "Should this be done?", "Do...

    誰かが何かをすべきか」「これをすべきか」「...

  • Do people need to do this?" for example.

    人はこれをしないといけないのか」など。

  • Excuse me.

    失礼します。

  • Any yes/no question is asking for an opinion.

    イエス/ノーの質問は意見を求めているのです。

  • Okay?

    いいですか?

  • Make sure that you give an opinion, make sure that you support that opinion.

    必ず意見を出して、その意見を裏付けるようにしましょう。

  • Okay, now, let's go on to the non-opinion questions.

    さて、次はオピニオン以外の質問に移りましょう。

  • "Discuss", so they're going to give you two attitudes, or two views, or two approaches

    "議論する "ということは、2つの態度、2つの見解、2つのアプローチを与えようとしているということです。

  • to something.

    を何かに変えてみましょう。

  • They say: "Discuss both views.

    彼らは言う。"両方の意見を話し合おう。

  • Discuss both attitudes."

    両方の態度について話し合え"

  • This is not asking for your opinion.

    これはあなたの意見を求めているのではありません。

  • So, one thing, it's a general rule of thumb, don't always apply it because some of you

    だから、一つは、一般的な経験則だが、いつもそれを適用してはいけない。

  • don't like to use the word "I", but if the question has a "you", the answer can, and

    私」という言葉を使うのは好きではありませんが、質問に「あなた」が含まれている場合は、答えは可能です。

  • in most cases should, have an "I".

    ほとんどの場合、"I "が必要です。

  • Okay?

    いいですか?

  • You don't have to use the personal pronoun.

    人称代名詞は使わなくていいよ。

  • It's not wrong to.

    間違ってはいません。

  • A lot of people are afraid, they think academic essays shouldn't use "I".

    多くの人が恐れているのは、アカデミックエッセイは「私」を使うべきではないと考えていることです。

  • Totally okay, recommended for a lot of people.

    全く問題なく、多くの人にお勧めです。

  • If you can't make your views clear without using the "I", then use the "I".

    を使わずに自分の意見を明確にできないのであれば、「私」を使いましょう。

  • Here, don't use the "I".

    ここでは、「私」は使わないようにしましょう。

  • They're not asking for your opinion, don't give them your opinion.

    彼らはあなたの意見を求めているのではなく、あなたの意見を聞かせてはいけません。

  • This is a descriptive essay: "Discuss both sides", so this is one side, this is the other

    これは記述式エッセイです。"双方を論じなさい」ということなので、これは片方、これはもう片方

  • side, end of story.

    サイド、物語の終わり。

  • I'm going to show you how to begin your essay in the introduction for these.

    これらのための導入部で小論文の始め方を紹介しますね。

  • "Compare and contrast these two things", that's it.

    "この2つを比較対照する"、それだけです。

  • Body paragraph one, this one; body paragraph two, this one.

    本文第1段落、この1段落、本文第2段落、この1段落。

  • "What are the advantages and disadvantages?"

    "メリットとデメリットは?"

  • Body paragraph one, advantages; body paragraph two, disadvantages.

    本文の段落1、長所、本文の段落2、短所。

  • That's it.

    それだけだ

  • Problem/solution: "What are the causes" or "What are the problems", so you have cause

    問題・解決策。"原因は何か"、"問題は何か "なので、原因がある

  • and solution, you have problem and solution.

    と解決策があれば、問題と解決策があります。

  • "What might be some possible causes for this situation?", "What do you think are the problems

    "このような状況になった原因として考えられることは何かありますか?"、"何か問題があると思いますか?

  • with this approach?"

    "この方法で?"

  • That's it.

    それだけだ

  • What solutions might actually work to help it?

    実際にはどのような解決策があるのでしょうか?

  • They're not asking: What solution would you recommend?

    聞かれていない。どのような解決策をお勧めしますか?

  • If they put a "you", you're going to put an "I", an opinion.

    あなた」を入れられたら、「私」を入れようとしているのではないでしょうか。

  • If they don't put a "you", and they don't ask for an opinion, don't give one.

    あなた」を入れず、意見を求められないなら、意見を言うな。

  • Now: "Why", "What", "How", these are very direct questions.

    今すぐに"なぜ"、"何を"、"どのように"、これらは非常に直接的な質問です。

  • "Why are...?", "Why does this thing happen?", "How can the government help fix this problem?"

    "なぜ......" "なぜこんなことが起こるのか" "政府はこの問題を解決するためにどうすればいいのか"

  • etc.

  • "What are some solutions to this situation?"

    "この状況の解決策は?"

  • Now, these are more commonly going to be found in the two-part question.

    さて、これらはより一般的には2つの部分の質問で見つけるつもりです。

  • All of these are very straightforward question, this is mostly in the two-part.

    これらのすべては非常に素直な質問であり、これはほとんどの場合、2つの部分にあります。

  • So, some essays will give you two questions and you have to answer both questions within

    小論文の中には2つの質問が出てくるものもあり、その両方の質問に答えなければならないものもあります。

  • the essay.

    エッセイのことです。

  • Okay?

    いいですか?

  • Now, you can also have a hybrid, which is basically taking the non-opinion and asking

    これでハイブリッドも可能になりました。

  • for an opinion.

    意見を求めて

  • "Discuss both views and give your opinion."

    "両方の意見を話し合って意見を述べろ"

  • Make sure that you do both, but the approach is very different.

    両方やるようにしますが、アプローチの仕方が大きく異なります。

  • "Discuss both without opinion" and "Discuss both with opinion", very different approach

    "意見のない議論」と「意見のある議論」、全く異なるアプローチ

  • to the essay.

    をエッセイに。

  • Now, this is usually the one that's most difficult for people to do because they don't know how

    さて、これは通常、方法を知らないために、人々が最も困難なものです。

  • to break up their essays.

    を使って小論文をバラバラにしています。

  • But if you want to see how I work through both types of essays, go to my writing channel:

    しかし、もし私がどのように両方のタイプのエッセイを通して仕事をしているかを見たいなら、私のライティングチャンネルに行ってください。

  • www.writetotop.com or YouTube "Write To Top", the link is in the description and you can

    www.writetotop.com または YouTube "トップに書き込む"、リンクは説明にあり、あなたがすることができます。

  • watch me work through both types of essays, hopefully help you out.

    私は両方のタイプのエッセイを見て、うまくいけばあなたを助けることができます。

  • Okay?

    いいですか?

  • Same thing with "compare".

    比べる」と同じこと。

  • "Compare both sides and say which you agree with.", "What are the advantages and disadvantages,

    "双方を比較して、どちらに同意するかを言う"、"長所と短所は?

  • and which do you think is more?" for example.

    とか「どっちが多いと思いますか?

  • Problems and solutions: "What are some possible problems to this situation, and what do you

    問題点と解決策。"この状況に対して考えられる問題点は何か、あなたは何をしますか?

  • think are ways to fix it?"

    解決する方法があると思うか?

  • So, all of these can be...

    だから、これらはすべて...

  • Have the opinion part added to it.

    意見の部分を追加してもらう。

  • Okay?

    いいですか?

  • So be very careful.

    だから気をつけてね。

  • If you're asked for an opinion, give one; if you're not asked for one, don't give one.

    意見を求められたら意見を言い、意見を求められなかったら意見を言わない。

  • If you're asked for a descriptive essay and an opinion, make sure you do both.

    記述式小論文と意見を求められたら、必ず両方やるようにしましょう。

  • Okay?

    いいですか?

  • So we're going to look at a little bit...

    ということで、少しだけ見てみると...。

  • How to begin your essays, how to introduce...

    小論文の始め方、紹介の仕方...

  • Introduce both sides in a very general set up of your ideas and how to organize.

    双方の考え方や整理の仕方を非常に大雑把に設定して紹介します。

  • Okay?

    いいですか?

  • Okay, so we're going to look at basic things to keep in mind when you're writing these

    さて、ここでは、これらを書くときに心に留めておくべき基本的なことを見ていきましょう。

  • essays, but the main thing I want to make very clear to everybody: Don't look for a

    小論文ですが 皆さんに明確にしておきたいことがありますを探してはいけません。

  • template for the essay.

    小論文のテンプレート。

  • Every question will require its own approach, its own way of looking at the topic, at the

    すべての質問には、独自のアプローチ、トピックに対する独自の見方が必要になります。

  • question and the issue, debate, whatever it is, and you have to approach each essay on

    疑問や問題、議論、それが何であれ、あなたはそれぞれのエッセイにアプローチしなければなりません。

  • its own.

    自分自身のことです。

  • Don't look for a template that you can try to apply to every question because you can't.

    できないからといって、すべての質問に当てはめようとするテンプレートを探してはいけません。

  • Every type of question has its own approach, every type of...

    すべてのタイプの質問は、独自のアプローチを持っています、すべてのタイプの...

  • Every hybrid, for example, has different ways to do it.

    例えば、どのハイブリッドもやり方が違います。

  • There's no one right way to write an essay.

    小論文の正しい書き方は一つではありません。

  • There's only one right way to express your ideas,

    正しい表現方法は一つしかありません。

  • that's what you try to figure out how to do. Right?

    どうすればいいのか考えてみるのねだろ?

  • But the more you practice, the better feel you get for these essays, and you're able

    しかし、練習すればするほど、これらの小論文の感触が良くなり

  • to approach any question with the right things.

    どんな質問にも正しいものでアプローチするために

  • But having said all of that, a few things to keep in mind.

    しかし、すべてのことを言った後、いくつかの注意点があります。

  • If you're asked for an opinion, make sure you give an opinion in the introduction: "I

    意見を求められたら、必ず紹介文で意見を述べるようにしましょう。"I

  • agree that" or "I agree with", "I believe that", "In my opinion this is the right way".

    それに同意する」「そう思う」「私の考えではこれが正しい道だと思う」などのように

  • Make sure you do this.

    必ずこれを実行してください。

  • Now, you don't have to use "I", again, I mentioned this before, but if you're not sure how to

    さて、"I "を使わなくてもいいのですが、また前にも書きましたが、もしも

  • make your opinion very clear to the reader, just tell it to them very directly.

    あなたの意見を非常に明確に読者に伝える、ただそれを非常に直接的に彼らに伝えます。

  • "I agree", "I believe", "In my opinion", etc.

    "そう思う」「そう思う」「私はそう思う」など

  • Now, how are you going to build your argument basically in your body paragraphs?

    さて、基本的には本文の段落でどのように自分の主張を組み立てていくのでしょうか?

  • Start with your strong argument first in the body paragraph, try to focus only on the side

    本文の段落では、最初にあなたの強い引数で開始し、側面だけに焦点を当ててみてください。

  • you're arguing for.

    あなたが主張しているのは

  • So if you agree with side A, spend the time and the words in body paragraph one to convince

    だから、もしあなたがA面に同意するのであれば、納得させるために第一段落に時間と言葉を費やしてください。

  • the reader that side A is a good side to choose.

    A面が良い面であることを読み手に伝えます。

  • In side B, in body paragraph two when you're looking at side B, start with a concession.

    B面を見ているときの本文2段落では、まず譲歩から始めてください。

  • What this means...

    これは何を意味するのか...

  • And talk about side B. What are some good points about the other side?

    そして、B面の話をしますが、相手の良いところは何かありますか?

  • But make sure it's short, and make sure you turn it right back around and continue to

    しかし、短いことを確認して、すぐに折り返して、次のように続けます。

  • arguing...

    口論

  • To argue for your side.

    自分の味方を主張するために

  • By the end of it, by the time you get to the conclusion it should be very clear what your

    それの最後には、あなたが結論を出すまでに、それは非常に明確でなければなりませんあなたの

  • opinion is and why you had it.

    意見は何か、そしてなぜそれを持っていたのか。

  • Right?

    だろ?

  • Now, a lot of ways to play with this, but this is the general approach you're going

    さて、これで遊ぶ方法はたくさんありますが、これが一般的なアプローチです。

  • to be taking: If they're not asking you for an opinion, don't give one.

    取るべきです。意見を求められていないなら意見を言うな

  • Again, you can say: "This essay will look at", "discuss" whatever topic you're looking

    もう一度言います。"このエッセイでは、あなたが探しているトピックを「考察する」、「議論する」と言うことができます。

  • at or discussing.

    で、または議論しています。

  • "There are several ways to fix pollution, as this essay will demonstrate."

    "この小論文が示すように、公害を解決する方法はいくつかあります"

  • So basically you're telling the reader: "What is the objective?

    基本的には読者に伝えているわけですね。"目的は何か?

  • What is the purpose of the essay?"

    小論文の目的は何ですか?"

  • It's to deliver information or to describe something, or to outline a process, etc.

    情報を伝えたり、何かを説明したり、プロセスの概要を説明したりすることです。

  • Now, you don't have to be very obvious either. Right?

    今は、あなたもあまり目立たなくてもいいですよ。だろ?

  • You don't have to say: "This essay will discuss".

    言う必要はありません。"このエッセイでは議論します」と言う必要はありません。

  • If you know how to write a sentence that makes it very clear to the reader that this is what

    読み手に「これはこういうことだ」と明確に伝わる文章の書き方を知っていれば

  • the objective of the essay is, do that.

    小論文の目的は、それを実行することです。

  • Okay?

    いいですか?

  • "Though there are several reasons for the high-crime rate in the inner cities, the...

    "都心部の犯罪率の高さにはいくつかの理由がありますが、...

  • This particular situation seems to be the most pertinent", or "the most obvious", or

    この特定の状況は、「最も適切な」、または「最も明白な」ように思われます。

  • "the most common".

    "最も一般的な"

  • As soon as you say that, I understand that this

    そう言われるとすぐに理解できるのですが、これは

  • is what you're going to be talking about. Right?

    っていう話になるんですよね。だろ?

  • "There are several reasons, but this is the most important one."

    "理由はいくつかありますが、これが一番重要です"

  • It doesn't mean I think so, it's obvious, it's clear.

    そう思っているわけではなく、明らかにそう思っている、明らかにそう思っているということです。

  • "Here, I'm going to give you some information or some reasons to support this observation."

    "ここでは、この観察を裏付けるいくつかの情報や理由をお伝えします。"

  • Not opinion, observation.

    意見ではなく、観察。

  • Body paragraph one, reason one; body paragraph two, reason two.

    本文第1段落、理由第1、本文第2段落、理由第2。

  • Body paragraph one, advantage one; body paragraph two, disadvantage one.

    本文の段落1、有利な段落1、本文の段落2、不利な段落1。

  • Benefit, drawback, compare, contrast.

    メリット、欠点、比較、対照。

  • Okay?

    いいですか?

  • All of these things are very straightforward.

    どれもこれも、とてもわかりやすいものばかりです。

  • Paragraph one, one thing; paragraph two, the second thing; conclusion, therefore all of

    第一項、一つのこと、第二項、第二のこと、結論、したがって、すべてのこと

  • these things support the idea that this is the more important aspect, or reason, or whatever

    此方の方が重要であるという考えを裏付けるものである

  • you're discussing.

    あなたが議論している

  • Now, these are not templates.

    さて、これらはテンプレートではありません。

  • Don't think of this as a template.

    これをテンプレートだと思ってはいけません。

  • Don't do this every time you have an essay about...

    小論文のたびにこんなことするなよ...

  • That's not an opinion.

    それは意見ではありません。

  • Okay?

    いいですか?

  • Sometimes you'll have to do it in different ways.

    たまには違う方法でやってみてください。

  • Okay?

    いいですか?

  • Compare, contrast.

    比較する、対照する。

  • You can compare and contrast one aspect in body paragraph two, you can compare and contrast

    あなたは、ボディの段落2で1つの側面を比較対照することができます、あなたは比較対照することができます。

  • another aspect in body paragraph two.

    本文の第二段落にある別の側面。

  • Paragraph one, paragraph two.

    第1段落、第2段落。

  • You can do both and both, you can do one and one.

    両方やってもいいし、両方やってもいいし、片方だけやってもいいし、片方だけやってもいい。

  • Lots of ways to do it.

    沢山の方法があります。

  • The main thing is: Don't give an opinion, make sure the reader understands the objective

    肝心なことは意見を言わず、客観的に読者に理解してもらうこと

  • of the essay, and then organize your ideas in a very clear way to support that.

    の部分を見て、それを裏付けるように非常にわかりやすく自分の考えを整理してください。

  • Give your opinion, make sure that the reader understands why you have this opinion, and

    自分の意見を述べ、なぜこの意見を持っているのかを読者に理解してもらい

  • that they believe...

    彼らが信じているのは...

  • That you believe this opinion. Okay?

    あなたはこの意見を信じているいいですか?

  • We're going to look a little bit at the hybrid ones because they're a little bit different.

    ハイブリッドのものは少し違うので、少し見ていきます。

  • Lots of ways to approach it.

    アプローチの方法はたくさんあります。

  • Let's look at some ideas.

    いくつかのアイデアを見てみましょう。

  • Okay, let's look at the last one, the hybrid.

    さて、最後の1つ、ハイブリッドを見てみましょう。

  • "Discuss both opinions" or "Discuss both things, and give your own opinion".

    "両方の意見を話し合う "か、"両方のことを話し合って、自分の意見を言う "か。

  • Right?

    だろ?

  • So, now, what you have to do, you have to...

    それで、今、あなたがしなければならないことは、あなたがしなければならないことは、あなたがしなければならない...

  • In your thesis, in your introduction you have to make it clear to me that there are two

    卒論では、序論では、次の2つがあることを明確にしなければなりません。

  • sides and that you choose one over the other.

    辺と、あなたが他の人よりもどちらかを選ぶということ。

  • So, actually I'm going to...

    だから、実際に私は...

  • "There are pros and cons to wearing uniforms in school."

    "学校で制服を着ることには賛否両論ある"

  • If the essay is: "Should students wear uniforms in school?"

    小論文であれば"生徒は学校で制服を着るべきか?"

  • So: "There are pros and cons to wearing a uniform, though I believe that students should

    ということで"制服を着ることには賛否両論ありますが、私は学生が着るべきだと考えています。

  • wear them every day."

    "毎日履いている"

  • Okay, just as an example.

    よし、一例として。

  • So as soon as you tell me there are pros and cons, remember you put it in the introduction.

    だから、長所と短所があると言ったらすぐに紹介文に入れることを忘れないでね。

  • As a reader I'm expecting to see the pros and cons in the body.

    読者としては、身体の中の賛否を期待しています。