Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • being an immigrant is a constant struggle between wanting to be who you were and maintaining your roots and wanting to kind of tone down your identity in order to fit in.

    移民であることは、自分のルーツを維持しながらも、自分のアイデンティティをトーンダウンして馴染んでいきたいという気持ちとの間で、常に葛藤していることです。

  • One of the beautiful things about the Latin X list is that you have 10 writers.

    ラテンXリストの美しいところは、10人のライターがいることです。

  • All come from different experiences.

    すべては異なる経験から来ています。

  • What drives you?

    何があなたを動かしているの?

  • What's that push to me?

    私に何を押しているの?

  • My culture represents a North Star that I can kind of follow it like I'm trying to be the artist.

    私の文化は北斗星を表していて、私はアーティストになろうとしているようにそれに従うことができます。

  • Both my parents weren't allowed to be.

    両親ともに許されなかった。

  • They know how complicated it is being Latin X in this country.

    彼らはこの国のラテンXがいかに複雑かを知っている。

  • We've been here were indigenous.

    ここに来たのは先住民族だった。

  • This is our home.

    ここは私たちの家です。

  • I feel like now people are willing to pay attention.

    今の人たちは注目したいと思っているような気がします。

  • Hi, everyone.

    皆さん、こんにちは。

  • I'm Barbara Suarez.

    バーバラ・スアレスです

  • My pilot script user name was featured on the 2020 Latin X TV list, and I'm here today with my husband Griffin jury and we're going to talk about my journey, my writing, my heritage.

    私のパイロット・スクリプトのユーザー名が 2020年のラテンXテレビの リストに掲載されました 今日は夫のグリフィン審査員と一緒に ここに来ています 私の旅路、執筆、遺産について お話しましょう。

  • So when I first met you, one of the most incredible things about you was your wild story as to how you got to L.

    あなたに初めてお会いした時、信じられないことの一つは、あなたがどうやってLに来たのかについてのワイルドな話でした。

  • A.

    A.

  • And how we got to meet.

    そして、どうやって出会ったのか。

  • I was born in Brazil.

    私はブラジルで生まれました。

  • I was born and raised there until I was 13.

    13歳まではそこで生まれ育ちました。

  • Then I moved to the UK for my dad's job and kind of moved back and forth between Brazil and the U.

    その後、父の仕事でイギリスに移り、ブラジルとアメリカを行ったり来たりしていました。

  • K for a few years because I actually hated living in the UK Living in London.

    私は実際にロンドンに住んでいる英国の生活を嫌っていたので、数年間のK。

  • It's a very diverse place, but I don't feel that immigrants are treated particularly nicely there.

    非常に多様性に富んだ場所ですが、そこでは移民が特に綺麗に扱われているとは感じません。

  • I don't know if it's better in America.

    アメリカの方がいいのかな?

  • When I finished high school in the UK, that's when I decided that I wanted to study film.

    イギリスの高校を卒業した時に、映画の勉強をしたいと思ったのがきっかけです。

  • I did not have any family in the U.

    アメリカには家族がいませんでした。

  • S.

    S.

  • I had never had anyone in my family who had done film eso.

    私の家族にはフィルムエソをやったことのある人はいませんでした。

  • I really had no reference other than I just loved film and TV and I want to be a filmmaker.

    映画やテレビが好きで、映画監督になりたいと思っていた以外には、本当に何の参考にもなりませんでした。

  • So I moved to America when I was 18 on my own to go to film school at Florida State, which was another interesting experience because it was moving from London to Tallahassee.

    それで18歳の時に単身アメリカに渡り、フロリダ州立大学の映画学校に通うことになったのですが、ロンドンからタラハシーへの移動ということで、これもまた面白い経験でした。

  • They call it talla nasty for a reason on then I looked really right after that.

    彼らはそれをタルラ厄介と呼んでいます......その後、私は本当に右に見えました。

  • The journey wasn't simple because as an immigrant, there are so many limitations, so I actually had to move back to Brazil for a bit in 2014 after I was done with college and come back here a year after and go back to school, you know, for for screenwriting.

    移民としての旅は簡単なものではありませんでした。移民としての制約が多く、2014年に大学を卒業した後、少しブラジルに戻って、1年後にここに戻ってきて、脚本のために学校に戻る必要がありました。

  • And here I am today.

    そして、今日の私はここにいます。

  • Working writer.

    ワーキングライター。

  • How did you maintain your cultural identity?

    どのようにして文化的アイデンティティを維持していたのですか?

  • Living in these three vastly different.

    この3つの広大な違いの中での生活。

  • It's always a struggle between individuality and kind of being like the mainstream person that everyone else is.

    個性と、みんなが主流の人みたいな感じで、いつも葛藤しています。

  • So I mean, how did they maintain it?

    つまり、どうやって維持していたのか?

  • Keeping in touch with my childhood friends, who I still talk to almost everyday, then talking to my family, going back to Brazil every year.

    今でもほぼ毎日話している幼馴染と連絡を取り合い、家族と話したり、毎年ブラジルに帰ったりしています。

  • However, I will say When I go there nowadays, there's a lot of things I don't understand and no longer understand.

    しかし、今の時代に行くと、わからないこと、わからなくなったことがたくさんあると言います。

  • It's a weird thing because when I go there some things, they're weird.

    行くと変なものがあるから変なんだよね。

  • And then when I'm here, obviously something's air weird.

    ここにいると明らかに空気が変なんだ

  • So what happens is you don't really belong to either place, and you have to kind of accept that there is no more home.

    そうなると、どちらの場所にも所属していないことになり、もう家がないことを受け入れなければなりません。

  • That the idea of home belongs in the past belongs to.

    家という考えが過去に属していること。

  • When I was a kid and I lived with my family and that was home, and now it's kind of fluid it's wherever I am, and I bring with me all the experiences from all these places.

    子供の頃は家族と一緒に住んでいて、それが家だったんですが、今は流動的で、どこにいても同じような感じです。

  • It's kind of the way to survive and being a writer and being in the U.

    作家として生き残っていくための方法のようなものであり、U.

  • S.

    S.

  • In general, have you had to contend with people asking about your heritage or assuming you speak Spanish, for example?

    一般的には、例えばスペイン語を話すことを前提にして、あなたの遺産について聞かれたり、スペイン語を話していると思われたりしたことはありますか?

  • Yeah, a lot of people don't even know that Brazil Countess Latino because I think Latino is widely considered the same thing as Hispanic.

    ええ、多くの人々はブラジルの伯爵夫人ラティーノであることさえ知らない 私はラティーノは広くヒスパニックと同じものと考えられていると思うので。

  • However, there are very few countries that are Latino but not Hispanic, and Brazil is one of them.

    しかし、ラテン系であってもヒスパニック系ではない国は非常に少なく、ブラジルもその一つです。

  • People always assume that I speak Spanish or they just assume, for example, that we Mexican food, even though the first time that I ate a burrito was when I moved to the U.

    人々はいつも私がスペイン語を話すと思い込んでいたり、例えば私が初めてブリトーを食べたのはアメリカに移住した時だったのに、私たちはメキシコ料理を食べていると思い込んでいたりします。

  • S.

    S.

  • Had anything, I had no idea what a burrito waas.

    ブリトーが何なのか見当もつかなかった。

  • I think Latinos, the whole we are very similar were very warm people.

    ラテン系の人たちは、全体的にとても似ていて、とても温かい人たちだったと思います。

  • But it does bother me a little bit that, you know, we do have that individually that that gets a little bit erased.

    でもちょっと気になるのは、個別に持っていても、それが少し消されてしまうことです。

  • For example, um, the two biggest actors Brazilian actors who are famous here are Bagni Motta and Alice Braga.

    例えば、えーと、ここで有名なブラジルの二大俳優といえば、バグニ・モッタとアリス・ブラガですね。

  • They're both famous for roles where they play Hispanic drug dealers.

    二人ともヒスパニック系の麻薬の売人を演じる役で有名です。

  • That's how we're perceived is as the same as like a Columbia and Mexican.

    それはコロンビアやメキシカンと同じように受け止められているということです。

  • To white people.

    白人に

  • It seems like it's all kind of the same.

    なんか似たような感じがするんですよね。

  • And the way that place to my writing is that I wander, I'll do I write a Brazilian character if I'm writing a script for an American audience or do I just right?

    アメリカ人向けの脚本を書いている場合、ブラジル人のキャラクターを書くべきなのか、それとも、ブラジル人のキャラクターを書くべきなのか、迷いながら書いています。

  • You know, a Mexican character that is, um, or something that people here can understand better, and I actually have done both.

    メキシコ人のキャラクターとかこちらの人にも理解してもらえるようなものを実際に両方やったことがあります。

  • So I wanted Teoh talk to you about user name.

    ということで、ユーザー名の話をTeohさんにしてほしかったです。

  • Central character is Brazilian, but the story isn't that she's Brazilian or Latina characters.

    中央のキャラはブラジル人だけど、ブラジル人だからとかラティーナキャラだからとかいう話ではない。

  • Eso User Name is a cyber thriller about a hacker who is hired toe work at an AI talent agency, which is Impersonating a C G I instagram celebrity.

    エソユーザー名は、C G Iインスタグラムの有名人になりすましているAI人材派遣会社に雇われたハッカーを描いたサイバースリラーです。

  • So that's not a script about being Latino on the surface, anyway.

    どうせ表面上はラテン系であることの台本じゃないんだよね

  • I wanted to make her Brazilian because I am Brazilian, and I think that any story that has a little next lead can be universal.

    自分がブラジル人だからブラジル人にしたいと思ったし、ちょっとしたネクストリードがある話はどんな話でも普遍的なものになると思うんです。

  • And what was really important to me with this script in particular is that it's a genre script.

    そして、この脚本で特に重要だったのは、ジャンルの脚本であるということです。

  • It's a cyber thriller which are genres that are normally associated with like white men like The Matrix, for example, their male centric genres, for the most part, and they never really have a diverse female lead.

    これは、サイバースリラーで、通常、例えば、マトリックスのような白人男性のように関連付けられているジャンルですが、ほとんどの部分では、彼らの男性中心のジャンルであり、彼らは本当に多様な女性のリードを持っていることはありません。

  • And I really wanted to make sure that minded because I feel like women like those stories, too.

    そして、女性もそういう話が好きなような気がするので、本当に気にしてほしいと思いました。

  • And that story could easily have a Latino female lead and still be what it is.

    そして、その物語は簡単にラテン系の女性のリードを持っている可能性があり、まだそれが何であるかを持っています。

  • You know, I was so grateful and honored to get on the list with that script.

    あの台本でリストに入れてもらったのは とても感謝しているし光栄だったわ

  • For that reason, I think there is an assumption that if you are white, you can write about anything, and no one's going to say, Wait, you can't write about that But if you are Latino, everyone expects you to write about being Latino.

    そのため、白人であれば何でも書けるという思い込みがあると思いますし、誰も「待って、それは書けないよ」とは言わないと思いますが、ラティーノであれば、ラティーノであることを書くことを誰もが期待しています。

  • Is there this kind of driving responsibility that you feel for representing so Latin voice for your Latin heritage?

    あなたのラテンの声を代表して、ラテンの遺産のために、このような推進力のような責任感がありますか?

  • When I was in film school for undergrad, all of my characters were white men.

    大学時代に映画学校に通っていた時は、登場人物は全員白人の男性でした。

  • All of my leads were white men, and I never thought that there was a problem with that because I grew up watching movies about white men written by white men and nothing against white men, you know, But they are the people who get to write these things that we grew up watching.

    主演は全員白人男性で、それが問題だと思ったことはありません。白人男性が書いた白人男性を題材にした映画を見て育ったので、白人男性を恨んでいるわけではありません。

  • We who don't even grow up in America.

    アメリカですら育たない俺たち。

  • Then when I got older, I was like Wait a minute, like something's wrong here because there are plenty of people to write those movies already.

    年をとってからは、「ちょっと待ってよ、何かおかしいんじゃないか」って感じでした。

  • Who's writing the ones about people like me?

    俺みたいな奴は誰が書いてるんだ?

  • So when I came to that realization and kind of discovered more of my own identity, I decided to Onley write scripts about Latin X females.

    そのことに気づき、自分自身のアイデンティティを発見したとき、オンリーはラテン系のX女性についての脚本を書くことにしました。

  • And that's what I have done ever since without breaking out your dictionary.

    それ以来、辞書を破らずにやっています。

  • Can you tell me what it means to you to be Latin or Thio drawn Latin heritage?

    ラテン系かティオがラテン系の遺産を引いているとはどういうことか教えていただけますか?

  • This is something that you think about a lot more when you leave your country, because when you were there and you are a Brazilian person growing up in Brazil, you don't think how I am Brazilian and this is what I am.

    これは、自分がいた時にブラジルで育ったブラジル人だと、自分がどうやってブラジル人なのか、これがどうなのかを考えないので、国を離れるともっと考えることになります。

  • And this is what everyone else is.

    そして、これはみんながそうなんです。

  • Anyone can look Brazilian.

    誰でもブラジル人に見える

  • Literally.

    文字通り

  • Anyone I see on the street here could be Brazilian, because that's how diverse Brazil is.

    ここの通りで見かけた人は誰でもブラジル人かもしれません。それだけブラジルは多様性に富んでいるからです。

  • I only really started thinking about my identity when I moved here, and I started to realize that that I was different, You know that I came from a different place, and writing is such an instinctive thing that you wanna use the words that come from the soul, you know?

    自分のアイデンティティについて考え始めたのは、ここに引っ越してきてからで、自分は違うんだと気づき始めたんです。

  • And if you don't have those cultural references in your mind is very hard.

    そして、あなたの心の中にそれらの文化的な参照を持っていない場合は非常に難しいです。

  • And I try to see that as a strength because that means I'm able to see the world through different lenses.

    そして、それを強みとして捉えるようにしています。それは、異なるレンズを通して世界を見ることができるということだからです。

  • Yeah, I think that covers all the topics that I wanted to talk about.

    私が話したかったことは、これで全てカバーできたと思います。

  • Having a conversation.

    会話をすること。

  • Yeah, of course.

    ええ、もちろんです。

  • Thank you for talking to May.

    メイと話してくれてありがとう

  • This was great.

    これは良かったですね。

  • And thank you guys.

    そして、みんなに感謝しています。

  • And we're celebrating Latching Heritage Month on.

    そして、この日はラッチングヘリテージ月間を祝っています。

being an immigrant is a constant struggle between wanting to be who you were and maintaining your roots and wanting to kind of tone down your identity in order to fit in.

移民であることは、自分のルーツを維持しながらも、自分のアイデンティティをトーンダウンして馴染んでいきたいという気持ちとの間で、常に葛藤していることです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ブラジル ラテン 白人 男性 脚本 移民

バーバラ・ソアレス|ラテンクス・リスト - すべてのアクセントを歓迎します。 (Bárbara Soares | The Latinx List • All Accents Welcome)

  • 1 0
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 28 日
動画の中の単語