Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hmm-hmm-hmm-hmm-hmm-hmm-hmm-hmm-hmm.

    ふむふむふむふむふむふむふむふむふむふむふむふむふむふむふむふむふむふむふむ。

  • Ooo, look at the board.

    おー、板を見てみろよ。

  • It seems E and Mini E are having a problem.

    EとミニEが問題になっているようです。

  • Let's listen in.

    聴いてみましょう。

  • By the way, today's lesson is...

    ちなみに今日のレッスンは

  • It's about names that people have in English that are actually used as verbs, nouns, and

    英語で実際に動詞や名詞として使われている人が持っている名前についてです。

  • adjectives; or they have a grammar function.

    形容詞;または文法的な機能を持っています。

  • And we're going to look at the board, see their conversation, and try to figure it out,

    掲示板を見て、彼らの会話を見て、それを理解しようとしています。

  • and I'll explain the names to you.

    と、名前の説明をします。

  • And by the way, you'll get to meet my family here, because a lot of my family names are

    ちなみに、ここで私の家族に会うことになるのですが、私の苗字の多くは

  • on the board.

    板の上で。

  • Let's go to the board.

    掲示板に行きましょう。

  • So, E says: "Let's be frank.

    だから、Eは「率直に言いましょう。

  • You can't sue me."

    "訴えられない"

  • And Mini E says: "Yes I will.

    そしてミニEは「はい、そうします。

  • Don't dick me around!"

    "ふざけるな!"

  • Oo, that's a strong statement.

    おっと、強気の発言ですね。

  • And why I say it's in my family, because my family's names: I have an Auntie Susan, I

    なぜ私がそれを家族の名前だと言うかというと 私の家族の名前だからです私にはスーザンおばさんがいて、私は

  • have an Uncle Donald, my dad's name is Frank, my brother's name is Nicholas.

    ドナルド叔父さんがいる 父の名前はフランク 弟の名前はニコラス

  • Yeah, seems...

    ああ、そうだな...

  • Oh, and my grandfather's name was John.

    ああ、それと祖父の名前はジョンです。

  • They're all here.

    全員揃っています。

  • Okay, anyway, let's go to the board.

    よし、とにかく掲示板に行こう。

  • So, let's start off at the beginning.

    ということで、まずは最初からやってみましょう。

  • Let's look at names.

    名前を見てみましょう。

  • "Sue"... "Susan"...

    "スー..."スーザン...

  • Short form of "Susan" is "Sue".

    スーザン」の短縮形は「スー」です。

  • Okay?

    いいですか?

  • And what "sue" means is to take someone to court.

    そして、「訴える」とは、誰かを法廷に連れて行くことです。

  • So, when you sue someone, you can take them to court for money or to get something back.

    だから、誰かを訴えるときには、裁判に持ち込んでお金をもらったり、何かを取り返してもらったりすることができます。

  • But "to sue" means to go to court, to take...

    しかし、「訴える」というのは、裁判所に行って...

  • And make a legal argument that something belongs to you or should come back to you, or you

    そして、何かが自分のものであるとか、自分に返ってくるべきものであるとか、法的な主張をする。

  • want money; compensation for, and it's a verb.

    お金が欲しい、代償が欲しい、という動詞です。

  • Let's look at: "Pat"/"Patrick".

    見てみましょう。"パット"/"パトリック"

  • "Patrick", the short form of "Patrick" is "Pat".

    "PATRICK "の短縮形である "パトリック "は "パット "です。

  • And "to pat" somebody is like this, like you do with a dog.

    そして、「誰かを撫でる」というのは、犬と一緒にするように、こんな感じです。

  • You know when you have a cat, and you're like: "Here, what a nice dog, what a nice cat"?

    猫を飼っている時には"ここでは、素敵な犬、素敵な猫"?

  • And sometimes people do it to irritate you, they're like: "That was a really good job

    時にはイライラさせるために人がやってくれることもありますが"あれは本当にいい仕事だった

  • you did!"

    お前がやったんだ

  • They pat you on the back, and you're like: "I'm not a dog.

    背中をパタパタされると"犬じゃないんだから」と

  • Don't pat me."

    "触らないで"

  • Okay?

    いいですか?

  • But "a pat" is like that: "Good job.

    でも "パット "はそんな感じです。"グッジョブ。

  • Good job.

    よくやった

  • Good boy."

    いい子だ

  • The next one is "Richard".

    次は「リチャード」です。

  • Now, I don't know why this is, but the short form for "Richard" is "Dick".

    さて、なぜかわかりませんが、「リチャード」の短縮形は「ディック」です。

  • Okay?

    いいですか?

  • And "dick", if you watch...

    とか「ちんこ」とか見てたら

  • Well, if you like Batman-some of you do-the first Robin's name was Dick Grayson.

    バットマンが好きなら...そうだろうけど...最初のロビンの名前はディック・グレイソンだった。

  • His real name was Richard Grayson, and the short name was Dick Grayson.

    本名はリチャード・グレイソン、略称はディック・グレイソン。

  • And when we say: "to dick", it means to play around; not to be serious, to act like an

    私たちが言うときには"to dick "と言うときは、遊びをすることを意味しています。

  • amateur or in a childish way.

    素人っぽくても、子供っぽくても

  • So, if you're dicking around at work, it means you're not doing your job.

    仕事でふざけているということは、仕事をしていないということなんですね。

  • And if you're dicking around, you're playing.

    そして、ふざけているなら遊んでいることになる。

  • I'd say: "Stop dicking around."

    私ならこう言う"ふざけるな"

  • It means: "Stop fooling around.

    それは意味があります。"ふざけるのはやめろ "という意味です。

  • Stop playing around."

    "ふざけるのはやめろ"

  • "Nick".

    "ニック"

  • "Nick" means to make a small cut.

    "ニック "とは、小さく切るという意味です。

  • You go: "What is 'small cut'?"

    君は行くんだ"スモールカットって何?"

  • Well, you can do a small cut two ways.

    まあ、小出しにするには2通りの方法があります。

  • I'm going to give you my favourite example, which is the rose.

    私の好きな例を挙げるとすれば、薔薇です。

  • When you have a rose, it has what's called a 'thorn'.

    薔薇の場合は「とげ」と呼ばれるものを持っています。

  • When you put your finger here, you get cut.

    ここに指を入れると切られる。

  • You get a small cut, which is a nick.

    小さくカットされているので、ニックネームになってしまいます。

  • But also when you shave, you know, when you've got your little shaver, and you get a little

    でも、剃るときにも、小さなシェーバーを持っていると

  • cut, you nick yourself.

    カット、あなたは自分自身を傷つける。

  • So, "a nick" is a small cut or a scratch.

    なので、「あかぎれ」とは、ちょっとした切り傷や傷のことです。

  • All right?

    いいですか?

  • "Bill, B-B-B-B-B-Bill".

    "ビル、B-B-B-B-B-B-B-B-B-B-B-B-B-B-B-B-B"

  • Well, "Bill" can be either "Bill" or "Will".

    まあ、"ビル "は "ビル "でも "ウィル "でもどちらでもいいんですけどね。

  • Okay?

    いいですか?

  • And I should have said, in this case, it's a verb, so we're looking here.

    この場合は動詞だからここを見ている、と言うべきだったのですが

  • So, "William", you can make it either "Bill" or "Will".

    だから "ウィリアム "は "ビル "か "ウィル "のどちらかにしてください。

  • Once again, "Will" makes sense; I don't know why "Bill".

    もう一度言うが、"Will "は意味がある、なぜ "Bill "なのかはわからない。

  • Maybe because if you take the "B"...

    多分、「B」を取ると...

  • I have no idea.

    私にはさっぱりわかりません。

  • I'm just making this up; it's not real.

    作り話であって、現実ではありません。

  • But if you take the "B" here and you make it like that, maybe.

    でも、ここで「B」を取って、そうやって作っていくと、たぶん。

  • I don't know; I didn't make it up.

    わからない、作り話ではない。

  • But "bill", in one case, is to give a paper asking for money.

    しかし、「お札」とは、ある場合、お金を要求する紙を渡すことです。

  • So, when somebody says: "Bill me", it means: "Send me the amount...

    誰かが「請求書を出して」と言うときは、つまり"金額を送ってくれ...

  • A paper with the amount that I should give to you."

    贈るべき金額が書かれた紙"

  • Maybe I had dinner and I bought some things, so you're going to send the bill with a dinner,

    たぶん夕飯食べて買ってきたものがあるから、夕飯と一緒に請求書を送るんじゃないかな?

  • the book, the coffee, and it will say how much money I must give to you.

    本とコーヒーを持ってきて あなたにいくら渡すか書いてあるわ

  • So, people say: "Bill me for this."

    みんなが言うには"これを請求してくれ "と

  • In fact, many of you get bills when you're billed by your cell phone company.

    実際、携帯電話会社から請求された時に請求書が届くことが多いですよね。

  • They bill you, right?

    請求されるんだろ?

  • At the end of the month, they say: "You've done this, this, this, and this.

    月末になると、彼らは言う。"これもこれも、これも、これも、これもやりましたね」と言われます。

  • Please pay this much money."

    これだけのお金を払ってください。"

  • That's a bill; you've been billed.

    それは請求書です。

  • "Will"...

    "「ウィル」...

  • Well, you've studied grammar, I'm sure.

    まあ、文法を勉強してきたんでしょうね。

  • It's a modal verb for intention or future, so: "I will go" or "I will do it"-my intent-"but

    意図や未来を表す動詞なので"I will go" や "I will do it" - my intention- "but "など。

  • I will be going to the movie in five hours".

    5時間後に映画を見に行く」と言っていました。

  • Future tense.

    未来形。

  • Okay?

    いいですか?

  • Modal verb.

    変格動詞です。

  • "Don" is short for "Donald".

    "ドン "は "ドナルド "の略。

  • "Don", "d-o-n" means to put on or wear.

    "Don" "d-o-n "は、着る、身につけるという意味です。

  • If he donned an angry face, he put an angry face.

    怒った顔をしたら、怒った顔をした。

  • He donned his jacket; he wore - put the jacket on his body.

    彼は上着を着ていた;彼は着ていた;彼の体に上着を着せた。

  • Right?

    だろ?

  • She donned makeup in the morning; she put the makeup on her face.

    朝は化粧をして、顔に化粧をしていました。

  • To wear.

    着ること。

  • Okay?

    いいですか?

  • "Don".

    "ドン"

  • "Frank" in this case is just "Frank"; there's no change.

    この場合の "Frank "はただの "Frank "であり、変化はありません。

  • It means to...

    それは...

  • It means to be open and honest in speech and in writing, especially in difficult situations.

    スピーチや文章では、特に困難な状況では、オープンで正直であることを意味します。

  • Many people can be open and honest in situations which are easy.

    安易な状況でも素直になれる人は多いです。

  • "You look nice today.

    "今日はいい顔してますね。

  • I really like that television program."

    "あのテレビ番組が本当に好きなんだ"

  • But when somebody has to say: "Okay, your work is horrible and you have bad breath",

    でも誰かに言われたら"オーケー、あなたの仕事はひどいし、口臭がする "と。

  • it's very difficult to be open and honest in these situations.

    このような状況で素直になるのは非常に難しいことです。

  • So, when someone says: "I need to be frank", they literally mean: "I need to be open and

    だから誰かが言うとき、「率直になる必要がある」というのは、文字通り「率直になる必要がある」という意味です。"I need to be open and

  • honest, and sincere in what I'm about to say", and usually it will be written down or said.

    素直に、言いたいことに誠実に」と、普通は書き留めたり、言ったりするものです。

  • Okay?

    いいですか?

  • And usually in a difficult situation.

    そして大抵は困難な状況で

  • Now, finally, we have "John".

    さて、いよいよ「ジョン」です。

  • Now, "John" in this case...

    さて、この場合の "ジョン "は...

  • Oh, please forgive me.

    ああ、許してください。

  • I forgot to mention that when we said: "frank", "frank" is not a verb like the other ones;

    言い忘れていましたが"frank "は他のもののように動詞ではありません。

  • it's actually an adjective.

    実は形容詞なんです。

  • "He had a frank manner", "They had a frank conversation."

    "彼は率直な態度をとっていた" "彼らは率直な会話をしていた"

  • Okay?

    いいですか?

  • So, unlike a verb, it's an adjective; it describes it.

    動詞と違って形容詞なんですね。

  • And finally, let's go to "John".

    そして最後に「ジョン」へ。

  • "John" equals, well, "John".

    "ジョン "は "ジョン "に等しい

  • And "john" is a noun.

    そして「ジョン」は名詞です。

  • And in this case...

    そして、この場合は...

  • We talk about "john".

    私たちは「ジョン」の話をしています。

  • "John" is a toilet.

    "ジョン "はトイレです。

  • You'll often watch movies where guys are at the bar and they've been drinking, usually

    男がバーで飲んでいる映画をよく見ると思いますが、大抵は

  • the university movies, you know, everyone's got their university jacket and they're like:

    大学の映画ではみんな大学の上着を着ていて

  • "Hey, man, I'm going to hit the john and then we can go to the Pizza Hut."

    "ジョンを殴ってピザハットに行こう"

  • All right?

    いいですか?

  • So it means to go to the toilet.

    トイレに行くという意味ですね。

  • Now, if you watch police shows, if there's a prostitute-a lady of the evening-they might

    警察の番組を見ていると 売春婦の女性がいたら

  • talk about "a john".

    "ジョン "の話をする

  • "A john" is the client of the prostitute; the man or woman who is paying for sex.

    "ジョン "とは売春婦の顧客であり、セックスのためにお金を払っている男女のことです。

  • So, if they said: "We found this john hiding in the john", you got some serious problems

    もし彼らが言ったとしたら"ジョンの中に隠れていたジョンを見つけた "と言ったら 深刻な問題が発生します

  • there.

    そこに

  • But they might say: "The john paid the prostitute $200 for an evening with her."

    でも彼らはこう言うかもしれない"ジョンは娼婦に200ドル払った "と言うかもしれない

  • Cool?

    かっこいい?

  • Good.

    よかった

  • So, now we've met my family.

    それで、今、私たちは私の家族に会ってきました。

  • Meet the family.

    家族に会う。

  • We've looked at some verbs, we've looked at an adjective and a noun from using people's

    動詞をいくつか見てきましたが、人の使い方から形容詞と名詞を見てきました。

  • actual names.

    実際の名前です。

  • You'll hear people say: "Pat, Sue...

    あなたは人々が言うのを聞くでしょう"パット、スー...

  • Meet my broth-... my... my friend Sue.

    私のブロス...私の...友人のスーに会ってください

  • I've got a friend named Pat.

    パットという名前の友人がいます。

  • This is Dick.

    ディックだ

  • Here's Nick.

    ニックです

  • This is Bill from the office.

    オフィスのビルです。

  • This is Will from school.

    学校のウィルです。

  • Don I met at...

    ドンに会ったのは...

  • In the hospital.

    病院で

  • Frank's a good buddy of mine.

    フランクは私の良き相棒です。

  • And John's one of my favourite people."

    ジョンは私の好きな人の一人です。"

  • Okay?

    いいですか?

  • Real names with real grammar uses.

    実際の文法で使われている実名。

  • Now, I hope you found that interesting because we're going to have some fun and see if we

    さて、興味を持ってもらえたでしょうか。

  • can make some sentences make sense with your new-found knowledge.

    あなたの新しい知識で、いくつかの文章を意味のあるものにすることができます。

  • I'll also give you a bit of a bonus and show you what else you can do with them.

    ちょっとしたおまけもつけて、他にもできることを紹介しますね。

  • Are you ready?

    準備はいいか?

  • [Snaps]

    スナップ]

  • Okay, so let's go to the board and see...

    さて、それでは掲示板を見てみましょう。

  • We've played: Meet my family.

    遊びました。私の家族に会って

  • Now let's see if we can go to the board and fix it up properly.

    あとは掲示板に行ってちゃんと直せるかどうかですね。

  • I'm going to get my trusty red marker.

    信頼できる赤いマーカーを持ってくるわ

  • Dunh-dunh-dunh.

    ダーン、ダーン、ダーン、ダーン

  • And then you guys will help me.

    そして、あなたたちは私を助けてくれます。

  • Okay?

    いいですか?

  • So, what...

    それで...

  • The first thing we want...

    最初に欲しいのは...

  • We want to do is we want to identify what we can fix.

    私たちがやりたいのは、何を修正できるのかを見極めたいということです。

  • Not that it's wrong, but what we can fix to use these new words to make it better.

    間違っているのではなく、これらの新しい言葉を使うために修正できることは

  • So, let's read through the story first.

    ということで、まずはストーリーを一通り読んでみましょう。

  • "Mr. E repeatedly touched James on the back as he put on his baseball hat.

    "E氏は野球帽をかぶりながら、ジェームズの背中を何度も触った。

  • 'I have to go to the bathroom before we leave', he said.

    '帰る前にトイレに行きたい'と言っていました。

  • 'I want to be honest with you, I don't have enough money to pay for the food.'"

    "正直に言うと、食費が足りないんです。"

  • This is not a good story because he's going to the washroom and leaving me with the bill.

    洗面所に行って請求書を置いていくから話にならない。

  • Let's continue.

    続けましょう。

  • Did I say "bill"?

    私は「手形」と言ったかな?

  • I don't know.

    知る由もありません。

  • "'I don't have enough money to pay for the food.

    "食費が足りない。

  • Let's say that the waiter gave me a small cut with my stea-...

    ウェイターが私のステアを小さく切ってくれたとしよう...

  • With my steak knife.

    ステーキナイフで

  • We can threaten to take them to court'", and I guess he's talking about the restaurant,

    法廷に連れて行くと脅せばいい」と、レストランのことを言っているのだろう。

  • right? "'...if they don't give us a free meal.'

    ≪(渡真利)うん、そうだよね?"タダで食べさせてくれなければ

  • I told..."

    私は...

  • And then: "I told Mr. E: Stop playing around and pay for the food!"

    そして、その後"E氏に言った:ふざけるのはやめて金を払え!"

  • Okay, so, horrible story.

    そうか、だから、恐ろしい話だ。

  • Let's try making it a little bit better.

    少しづつ工夫してみましょう。

  • First let's identify.

    まずは特定してみましょう。

  • I'm going to say: "Mr. E repeatedly touched James on the back as he put on his baseball

    と言いたいところですが"E氏は野球を着ているジェームズの背中を何度も触っていた

  • hat", so that would be like that.

    帽子」だから、そういうことになるのでしょう。

  • Okay, yeah, I got a word.

    分かったわ

  • I bet you know the word I'm thinking.

    私が考えている言葉を知っているに違いない。

  • We'll look at all that.

    それを全部見てみましょう。

  • We can replace all of this with one word; that'll be good.

    このすべてを一つの言葉に置き換えることができます。

  • "I have to go to the", I think this is a word we can replace as well.

    "に行かなければならない」というのは、これも置き換えられる言葉だと思います。

  • We've got a slang word that people will say.

    人に言われるようなスラングワードを

  • I think I said that, you know, when you're out at the university or you're at the bar,

    そういえば、大学に出ている時とか、バーに出ている時に

  • you might use this word.

    この言葉を使うかもしれません。

  • "'...before we leave', he said.

    "...出発する前に "と言っていました。

  • 'I want to be honest with you'".

    '素直になりたい'と思っています。

  • Hmm.

    うーん。

  • Well, here's something funny.

    さて、ここで面白いことがあります。

  • I was reading a book the other day, and when someone says: "I need to be honest with you",

    先日、本を読んでいて、誰かに言われた時に、「正直に言う必要がある」と。

  • you have to ask a question: Aren't you always honest with me?

    質問しないといけないんだよあなたはいつも私に正直じゃないの?

  • But sometimes there's a better word because it's not just to be honest; they want to be

    しかし、時にはもっと良い言葉があるのは、単に素直になるだけではなく、彼らが望んでいるからです。

  • open with you as well, so I think we might have to look here.

    あなたともオープンにしているので、ここを見る必要があるかもしれません。

  • Okay.

    いいわよ

  • "I don't have enough money to..."

    "お金がないんだ..."

  • Hmm.

    うーん。

  • Hmm.

    うーん。

  • We pay for the food, so you got to pay.

    食費は払ってるんだから払えよ。

  • And this is, like, food.

    そして、これは、食べ物のようなものです。

  • This is a...

    これは...

  • It's a good or a service, and you have to give money for it.

    良いものやサービスなんだから、そのためにはお金を出さないといけない。

  • Can change that, I think.

    変えられると思います。

  • Okay, so: "...gave me a small cut with my steak knife".

    わかったわ"ステーキナイフで小さく切ってくれた"

  • Could we use one word that would be "a small cut" so we don't have to say so many words?

    そんなにたくさんの言葉を言わなくてもいいように、「小さな切り口」になるような言葉を一つ使ってもらえないでしょうか?

  • We have to cut some of that, so we'll look at that.

    一部をカットしないといけないので、それを見ていきます。

  • Okay, good.

    よし、いいぞ

  • And then: "We can threaten to take them to court", yeah, that's good, but yes, you're

    それから"法廷に連れて行くと脅すことができる"、ええ、それは良いことですが、はい、あなたは

  • right, we can probably change that one, here.

    そうだな、これは変えられるだろう

  • "'...if they don't give us a free meal.'

    "...タダで食べさせてくれなければ...

  • I told Mr. E to stop playing around.

    Eさんには、ふざけるのはやめてくれと言っておいた。

  • Stop playing around and pay for the food."

    ふざけるのはやめて、食費を払え。"

  • So, we could probably go here.

    だから、ここでいいんじゃないかな?

  • And then this looks the same as this one up here, so I'm going to take a guess we can

    そして、これはこの上にあるのと同じように見えるので、推測してみることにします。

  • do that.

    そうしてください。

  • Did you get the same?

    同じものを手に入れたのか?

  • So, what I'd like you to do is take five seconds...

    だから、あなたにしてもらいたいのは、5秒で...

  • And hopefully you did it before I did because you could see it; and if not, check.

    そして、うまくいけば私より先にやってくれていたことを願っています。

  • But I'll tell you right now: If you got this, this, this, this, this, this, this, and this

    でも、今から言っておきます。これとこれとこれとこれとこれとこれとこれとこれとこれを手に入れたら

  • on your own