Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • On a clear day, Philippe Cosette can see the famed cliffs of Dover from his hometown of Calais, France.

    晴れた日には、フィリップ・コゼットの故郷であるフランスのカレーからドーバーの有名な崖を見ることができます。

  • He muses how the water in between used to be a wall.

    間にある水が壁になっていたことを考えている。

  • The sea separated us until the human drive to unite outmaneuvered Mother Nature That historic day December 1st, 1990 the last barrier between the two sides crumbled.

    海が私たちを隔てていたのは、人間の力が母なる自然を操り、その歴史的な日、1990年12月1日に、両者の間の最後の障壁が崩壊したからです。

  • Philip Cosette and his British counterpart, Graeme Fag, linked hands and lands.

    フィリップ・コゼットとイギリス人のグレーム・ファグは手と土地を繋いだ。

  • Yeah, the two ton Alors had been chosen by lottery for the honor.

    そう、2トンのアローが抽選で選ばれていたのだ。

  • Cosette remembers the moment vividly.

    コゼットはその時のことを鮮明に覚えている。

  • E was there way were on hold until 12 o'clock.

    Eは12時まで待機していました。

  • Exactly 12 hours 12 minutes 12 seconds.

    正確には12時間12分12秒

  • Way saw each other villa on Ivan.

    ウェイはイワンの別荘を見た

  • Six years in construction.

    建設業で6年。

  • The tunnel under the English Channel was a feat of engineering and partnership, cementing the UK European Union bond personified by the two happy men in hard hats.

    英仏海峡の下のトンネルは、エンジニアリングとパートナーシップの偉業であり、ハードハットを被った2人の幸せな男性に象徴されるように、英国と欧州連合の絆を確固たるものにしました。

  • Mark, this is a remarkable image of Graham and me enlarging the whole We just made a yes, the memories, memories and a memorial in Calais to the workers who forged this connection physically and created one emotionally to weigh, learned to work together to live together.

    マークは、これはグラハムと私の顕著な画像であり、全体を拡大 我々はちょうど物理的にこの接続を鍛造し、重量を量るために感情的に1つを作成した労働者にはい、思い出、思い出とカレーの記念碑を作った、一緒に生活するために一緒に働くことを学んだ。

  • We don't have the same way off looking at things the French and the English.

    私たちはフランス人とイギリス人のように、物事を見て見ぬふりをしているわけではありません。

  • But we learned on love after so much effort to come together, work together and live together.

    でも、一緒に来て、一緒に仕事をして、一緒に生きていくための努力の末に、私たちは恋に学んだのです。

  • Who could have imagined just three decades later the breach that is Brexit Now, 4.5 years after that vote, even many of those who actively campaigned to remain are ready to move on people like Paul Bartlett, deputy council leader in the city of Ashford, just half a Knauer inland from Dover.

    誰がちょうど30年後にBrexitは今、その投票後4.5年後の違反を想像していたかもしれませんが、積極的に残るようにキャンペーンを展開している人の多くは、ポール-バートレット、アッシュフォード市の副議長のような人々に移動する準備ができている、ドーバーから内陸のちょうど半分のKnauer。

  • The result was a disappointment, but obviously we as politicians, local politicians have to embrace the result.

    結果は残念なものでしたが、明らかに政治家である私たち地方政治家はこの結果を受け入れなければなりません。

  • What the council has done locally is to ensure that the impact of Brexit is minimized completely or as far as possible on residents and businesses so that they can continue their lives.

    協議会が現地で行ってきたことは、Brexitの影響を完全に、あるいは可能な限り住民や企業が生活を続けられるように最小限に抑えることです。

  • As if Brexit didn't happen.

    まるでBrexitが起きなかったかのように。

  • That might be hard with the potential backup of traffic in his own neighborhood, brought on by extra bureaucracy required for delivery trucks with the UK out of the EU single market.

    それは、イギリスがEUの単一市場から撤退したことで、配送トラックに必要な余分な官僚主義がもたらした、彼の近所の交通量の潜在的なバックアップでは難しいかもしれません。

  • But Bartlett says he expects things will work out.

    しかし、バートレットは物事がうまくいくことを期待していると言っています。

  • I am sad that we've left the EU, but equally we haven't left.

    EUを離脱したことは悲しいですが、同じように離脱していません。

  • Europe will be working together both with France and with the wider EU community.

    欧州は、フランスやより広いEUのコミュニティと協力していくことになるだろう。

  • We're all in this together, but not together.

    みんなで一緒だけど、一緒じゃない。

  • Like the period Philippe Cosette calls the highlight of his career, when both sides were blasting through obstacles to meet in the middle.

    フィリップコゼットが彼のキャリアのハイライトと呼ぶ期間のように、両方の側が中央で満たすために障害物を介して爆破されたとき。

  • Cosette says he respects the British decision, but the future will tell if they were right or wrong.

    コゼットはイギリスの決断を尊重しているというが、それが正しかったのか間違っていたのかは今後わかるだろう。

  • They will certainly notice it quickly enough, and at that point maybe they'll change their minds.

    彼らは確かにすぐにそれに気づくだろうし、その時点で彼らは考えを変えるかもしれない。

  • Cosette admits he hopes UK citizens will want to rejoin the you.

    コゼットはイギリス人がユーに再加入することを望んでいることを認めている。

  • He says the path he helped build will always be there for them.

    彼が築いた道はいつまでも彼らのためにあると言う。

On a clear day, Philippe Cosette can see the famed cliffs of Dover from his hometown of Calais, France.

晴れた日には、フィリップ・コゼットの故郷であるフランスのカレーからドーバーの有名な崖を見ることができます。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 brexit eu イギリス フィリップ 一緒 カレー

Brexitの次は。ユーロトンネルはどうなる?| ヨーロッパに焦点を当てて (After Brexit: What about the Eurotunnel? | Focus on Europe)

  • 1 0
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 11 日
動画の中の単語