Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Joe and Bella.

    ジョーとベラ

  • Stories number nine Exam time.

    物語番号9 試験時間

  • It was exam time, Ajo School.

    試験時間になってしまいました、阿城校。

  • Every day there, Teacher gave him loads of homework and told them they should be working hard so as to do well in their tests.

    そこに毎日、先生は彼に宿題の負荷を与え、彼らは彼らのテストでうまくやるように一生懸命働いている必要がありますそれらを言った。

  • Joe didn't take any notice.

    ジョーは気づかなかった

  • He reckoned he would rather be playing football.

    彼はサッカーをしている方がいいと思っていた。

  • He didn't care if he came bottom in the exams.

    試験で底辺になっても気にしなかったらしい。

  • His mom and dad told him that he should be working harder.

    お母さんとお父さんに「もっと頑張れよ」と言われたそうです。

  • But the weather was sunny and Joe had better things to do.

    しかし、天気は晴れていて、ジョーにはもっといいことがあった。

  • Shall we go to the park?

    公園に行こうか?

  • He said to his friend Finn one afternoon.

    ある日の午後、彼は友人のフィンに言った。

  • We could take a football and have a kick around.

    サッカーでも蹴りまくってればいいんじゃない?

  • Finn shook his head.

    フィンは首を振った。

  • I need to revise, he said.

    訂正しないといけないと言っていました。

  • I'm going home to do some maths.

    家に帰って数学をしてくる。

  • Joe was amazed.

    ジョーは驚いた。

  • You'd rather do maths than football.

    サッカーより数学の方がいいんじゃない?

  • Maths is important.

    数学は重要です。

  • Besides, my mom says she'll buy me a mountain bike.

    それに、母がマウンテンバイクを買ってくれると言っています。

  • If I do well, that's crazy, said Joe.

    うまくやれば、それはクレイジーなことだ、とジョーは言った。

  • Finn shrugged.

    フィンは肩をすくめた。

  • Wait until I beat you in the test and you watch me riding past on my mountain bike.

    テストでお前に勝って、マウンテンバイクで通り過ぎるのを見てからにしてくれ。

  • You won't beat me, said Joe.

    お前は俺には勝てない、とジョーは言った。

  • Oh yes, I will.

    そうですね、そうします。

  • Oh, no, you won't just you wait and see.

    ああ、いや、あなたはただ待っているだけではないでしょう。

  • For the first time ever Joe wanted to do well.

    ジョーは初めて、うまくやりたいと思った。

  • He couldn't bear it.

    彼は耐えられなかった

  • A fin came top and he did badly.

    フィンがトップになってひどいことをした。

  • So when he got home, he opened his maths book.

    で、家に帰ってから数学の本を開いた。

  • There was so much to do.

    やることがたくさんありました。

  • Suddenly he felt like he'd for gotten everything he'd learned that year.

    突然、彼はその年に学んだことのすべてを得たような気がした。

  • He couldn't think where to start.

    どこから手をつけていいかわからなかったそうです。

  • He was still sitting there when Bella came in chasing Casper the Kitten.

    ベラが子猫のキャスパーを追いかけて入ってきた時、彼はまだそこに座っていた。

  • You don't look happy, she said.

    嬉しそうには見えない、と彼女は言った。

  • Your mouth is also bad.

    お口も悪いですね。

  • You wouldn't be happy either if you had to learn all this maths, said Joe.

    こんな数学を勉強しなければならないとしたら、君も幸せではないだろう、とジョーは言った。

  • I would just use my magic pencil.

    私なら魔法の鉛筆を使うわ

  • It always gets the right answer.

    いつも正解を導き出してくれます。

  • That's silly.

    馬鹿げている。

  • There's no such thing as a magic pencil.

    魔法の鉛筆なんてものはありません。

  • Yes, there is.

    はい、あります。

  • Look, I'll show you.

    見ろよ、見せてやる

  • Bella ran out of the room and came back carrying a shiny silver pencil with a fluffy unicorn stuck toe.

    ベラは部屋を飛び出し、ふわふわのユニコーンの爪先が刺さった光る銀色の鉛筆を持って戻ってきた。

  • One end.

    片方の端。

  • What a silly thing, thought Joe.

    なんて馬鹿げたことをしているのだろう、とジョーは思った。

  • But Bella was beaming on.

    でも、ベラがドヤ顔をしていました。

  • He didn't want to hurt her feelings, so he picked up the pencil and looked at the maths question.

    彼女の気持ちを傷つけたくなかった彼は、鉛筆を手に取り、数学の問題に目を向けた。

  • To his surprise, he saw the answer straight away.

    驚いたことに、彼はすぐに答えを見た。

  • After that, Joe worked hard every evening On the day of the maths test, Bella said, You can use my magic pencil if you like.

    その後、ジョーは毎晩頑張っていました。 数学のテストの日、ベラは「私の魔法の鉛筆を使ってもいいよ」と言いました。

  • No way I don't need your pencil, said Joe Rudely.

    まさかお前の鉛筆がいらないわけがない、とジョー・ルードリーは言った。

  • He was thinking about how much his friends would laugh if he came to school with a fluffy unicorn pencil.

    ふわふわのユニコーンの鉛筆を持って学校に来たら友達にどれだけ笑われるかを考えていたそうです。

  • Bella was cross all right, then.

    ベラは十字架だった

  • I'm not lending it to you.

    貸すわけではありません。

  • Fine by me.

    私には構わないわ

  • When Joe arrived at school, everyone was talking about how much work they had done.

    ジョーが学校に到着すると、みんながどれだけの仕事をしたかを話していました。

  • Finn kept grinning at him.

    フィンはニヤニヤし続けた。

  • The look that said, I'm coming top just you wait and see.

    私はトップになると言った表情は、ちょうどあなたが待っていると見てください。

  • Joe began to panic.

    ジョーはパニックになり始めた。

  • He sat down at his desk, opened the test paper on, felt like he couldn't do a single question.

    机に座って試験紙を開いて、一問もできないような気がしたそうです。

  • There was a knock at the door.

    ドアをノックする音がした。

  • What is it?

    それは何ですか?

  • Bella asked.

    いい質問だ

  • Joe's teacher were busy.

    ジョーの先生は忙しかった。

  • Now, just something Joe forgot, said Bella.

    さて、ジョーが忘れていたことがあるんだけど、とベラが言った。

  • Before anyone could stop her, she skipped over and put her magic pencil on Joe's desk.

    誰にも止められないうちに、彼女はスキップして魔法の鉛筆をジョーの机の上に置いた。

  • She grinned at Joe.

    彼女はジョーにニヤリとした。

  • As she left, Joe picked up the pencil.

    彼女が出て行くと、ジョーは鉛筆を手に取った。

  • He looked at the fluffy unicorn on, could feel himself calming down.

    彼はふわふわのユニコーンを見て、自分自身が落ち着くのを感じることができました。

  • He knew it wasn't really magic, but somehow he could dual the maths questions.

    本当は魔法ではないことを知っていたが、なぜか数学の問題を二重にすることができた。

  • After all, when the results came out, Joe had done even better than thin.

    結局、結果が出てきたときには、ジョーは薄っぺらいよりももっといいことをしていた。

  • Well, John said, Mom, I knew you could do well.

    ジョンが言ってたよ、ママ、あなたなら大丈夫って。

  • If you tried, we could go to a movie to celebrate, and you can choose which one I think Bella should choose.

    試しに行ってみたら、お祝いに映画を見に行って、ベラが選ぶべきだと思うものを選べるようになっていました。

  • Joe said I'd never have done it without her magic pencil.

    ジョーは彼女の魔法の鉛筆なしでは絶対にできなかったと言っていました。

  • Oh!

    うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

Joe and Bella.

ジョーとベラ

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 ジョー 鉛筆 ベラ 数学 フィン 魔法

試験時間 - 語り部 (Exam time - The Storytellers)

  • 47 2
    林宜悉 に公開 2020 年 12 月 27 日
動画の中の単語