Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • this video was made possible by skill share.

    この動画はスキルシェアによって実現しました。

  • Start learning new skills for free for two months by being one of the 1st 1000 to sign up at S K L s H slash Real life floor 31.

    S K L s H スラッシュ リアルライフフロア31に登録すると、2ヶ月間無料で新しいスキルを学ぶことができます。

  • Constructing big things is hard.

    大きなものを構築するのは難しい。

  • You have to excavate a lot of land.

    たくさんの土地を掘削しなければなりません。

  • You have to ship in materials, and you need to pay a lot of workers to actually do all of the excavating and building.

    材料を出荷しなければならないし、実際に掘削や建築をすべて行うには多くの労働者にお金を払わなければならない。

  • But what if I told you that there was a massive shortcut that you could take in the building process that would dramatically speed up your construction time like a great engineer doesn't sieve.

    しかし、偉大な技術者がふるいにかけないように、工事時間を劇的に短縮する大掛かりな近道があると言ったらどうでしょうか。

  • This is basically what happened back in the 19 fifties for Alaska when they were thinking about building a giant new harbor.

    これは基本的には、アラスカが巨大な新港を建設しようと考えていた1950年代に起こったことです。

  • Except the shortcut that people were trying to sell them on wasn't a great engineer, but quite the opposite nuclear bombs.

    周りが売り込もうとしていた近道が技術者として優れていたのではなく、全く逆の核爆弾だったことを除けばね。

  • Instead of spending all that time and money using workers and trucks to painstakingly excavate the land for the harbor like a responsible group of people might, a group of mad men initially planned to just various Siris of atomic bombs underneath the ground and just blow all of the land up like some riel life Minecraft, TNT shit.

    労働者やトラックを使って港のための土地を丹念に掘り起こすために時間とお金を費やす代わりに、責任ある人々のグループのように、狂人のグループが当初計画していたのは、地面の下に原爆の様々なシリスを敷き詰めて、マインクラフトやTNTのクソのように土地を全部吹き飛ばすというものでした。

  • Unfortunately, in reality, what works well in Minecraft for digging doesn't usually work out very well in real life.

    残念ながら、現実には、Minecraftで掘ってうまくいくものは、実際の生活ではあまりうまくいかないのが普通です。

  • You see, back in 1957 atomic bombs weren't really a scary to everybody.

    1957年当時、原爆は誰にとっても怖くないものだった。

  • Yet as they are to us today, they had only just been invented a little over a decade ago.

    しかし、今日の私たちにとっては、それらが発明されたのは10年ちょっと前のことでした。

  • And the U.

    そして、U.

  • S government was actively searching for potential peaceful uses of the bomb for construction purposes in a project that was code named Operation Plow Share.

    S政府は、建設目的での爆弾の平和利用の可能性を積極的に探していました。

  • As part of that operation, the U.

    その作戦の一環として、U.

  • S.

    S.

  • Government did detonate a powerful atomic bomb underground in the desert of Nevada as part of the sedan nuclear weapons test.

    政府はセダン核実験の一環として、ネバダ州の砂漠の地下で強力な原子爆弾を爆発させた。

  • In an instant, the bomb displaced over 11 million tons of soil and created a crater.

    一瞬にして1100万トン以上の土がはみ出し、クレーターができた。

  • There was 100 m deep by 390 m wide.

    奥行100m×幅390mありました。

  • The only problem with it was all the bad nuclear fallout down at the bottom, which meant that it wasn't actually safe to send anybody unprotected down there until seven months later, after the test had already been performed.

    唯一の問題は、下の方にある核の放射性降下物が悪かったことで、実験が終わって7ヶ月後まで無防備な人を下に送ることは実際には安全ではなかったということです。

  • The test proved that in theory yes, you could cheaply and efficiently remove a lot of soil for excavation purposes by just bearing an atomic bomb and blowing it up.

    理論的にはそうですが、原爆を背負って吹き飛ばすだけで、掘削目的で大量の土を安く効率的に除去できることが証明されました。

  • The problems were the consequences that came after that, but consequences didn't really seem to matter very much to the team that was a part of Operation Plow share up in Alaska who wanted to demonstrate the peaceful power of nuclear weapons by building Alaska's newest harbor.

    問題はその後の結末だったが、アラスカでのプラウシェア作戦に参加していたチームは、アラスカの最新の港を建設して核兵器の平和的な力を証明しようとしていたため、結末はあまり重要ではなかったようだ。

  • With, UM, the year was 1957 and the plan was called Project Chariot.

    UMとは1957年のことで、計画は「プロジェクト・チャリオット」と呼ばれていました。

  • Alaska was in the process of being admitted into the union as America's newest state, and there was a general sense of optimism and ambition circulating in the air as a mostly underdeveloped and under populated territory.

    アラスカはアメリカで最も新しい州として連合に加盟したばかりで、ほとんどが未開発で人口の少ない領土として、楽観主義と野心に満ちた雰囲気が漂っていました。

  • Alaskans wanted to have a big and bold new project that would not only impress the rest of the country and celebrate their newfound status and entry into statehood, but would also encourage more economic development and immigration.

    アラスカの人々は、他の国の人々に感動を与え、彼らの新たな地位と州への進出を祝うだけでなく、より多くの経済発展と移民を奨励するような、大きくて大胆な新しいプロジェクトを望んでいました。

  • So enter the man of the hour, who had exactly the plan that Alaskans at the time we're looking for Edward Teller tellers proposal was quite simple, really.

    だから、時の人を入力してください、正確に計画を持っていたアラスカ人は、我々がエドワード・テラーのテラーの提案を探している時点で、本当に、非常に単純なものでした。

  • The biggest cities in Alaska were, and still are Anchorage here, and Fairbanks over here.

    アラスカ最大の都市はここアンカレッジとフェアバンクスです。

  • But the northern slope of the state has almost always been mostly uninhabitable, and there's a lot of reasons for why that's the case, most notably because it's frozen with ice for nine months out of the year.

    しかし、州の北側の斜面はほとんどが人が住んでいない場所であり、その理由はたくさんあります。

  • But Teller and Co.

    しかし、テラー社は

  • Argued that they could increase the economic and population potential of the area by constructing a brand new state of the art 20th century harbor that ships could actually bring supplies and people into.

    彼らは船が実際に物資や人々をもたらすことができる20世紀の港の芸術のブランドの新しい状態を構築することによって、地域の経済と人口の潜在的な可能性を高めることができると主張した。

  • The only problem with that was that there really aren't any good natural harbors on the North Slope of Alaska.

    唯一の問題は、アラスカの北斜面には本当に良い天然の港がないことでした。

  • So Project Chariot intended to solve that geographic problem by building a man made harbor here at Cape Thompson, basically in the middle of nowhere on the Chuck CeeCee, and they were going to do it by blowing up a bunch of nukes.

    チャリオット計画は、地理的な問題を解決するために、ここトンプソン岬に人工の港を作ることを目的としていました。

  • The plan was to drill a syriza five holes into the bedrock right by the coast, place three small nuclear bombs in the front three and two big nuclear bombs in the back to then change the detonations together to generate five massive craters all in a row, like the sedan nuclear test produced that would then hopefully flood with water from the Arctic Ocean boom.

    計画は、海岸のすぐそばの岩盤にs syriza 5つの穴をドリルで掘削し、フロント3つの小さな核爆弾を配置し、バックに2つの大きな核爆弾は、その後、一緒に5つの巨大なクレーターを生成するために一緒に爆発を変更することだった、セダンの核実験のように、すべての行に5つの巨大なクレーターを生成し、うまくいけば、北極海のブームからの水であふれているだろう生成された。

  • You've now created harbor and just like 10 seconds, and it only cost the price of whatever five nuclear bombs cost.

    あなたは今、港を作り、ちょうど10秒のように、それは5つの核爆弾のコストが何であろうとコストがかかっただけです。

  • Sounds pretty simple, right?

    簡単そうだな

  • Wrong.

    違った

  • On paper, this seems to make some kind of crazy sense because getting an entire construction crew with all of their supplies out to the middle of B F E Alaska, where there aren't any existing roads, would cost a ton of money and effort.

    紙の上では、これはある種の狂気の理にかなっているように見える。なぜなら、既存の道路がないアラスカのB F Eの真ん中に、すべての物資を持った建設作業員全員を連れて行くには、膨大なお金と労力がかかるからだ。

  • Simply transporting and using five nukes would save a lot of money.

    単純に輸送して5つの核を使うだけで、かなりの節約になると思います。

  • But then again, why would you even really want to build a harbor here in the middle of nowhere in the first place?

    しかし、それにしても、そもそもなぜこんな辺ぴな場所に港を作りたいと思うのか?

  • Even if you succeeded with it, the harbor would be frozen over and completely unusable for nine months every year or 75% of the time.

    仮に成功したとしても、毎年9ヶ月間、あるいは75%の確率で港が凍りついて完全に使えなくなってしまう。

  • Secondly, there were actually two inhabited native Alaskan settlements located close by within 40 miles of the blast site, and they probably wouldn't be very pleased seeing a Siris of freaking mushroom clouds so close by to their homes, the nukes would leave behind a lot of fall out that would not only transformed the harbor into a radioactive icy, slushy But it would also likely contaminate the local natives food supply with fallout by poisoning the nearby animals and fish they rely upon to hunt for survival.

    第二に、アラスカの原住民の居住地が爆心地から40マイル以内の近くに2つあり、彼らの家のすぐ近くにキノコ雲のシリスがあるのを見て喜んでいないだろう。核兵器は多くの降下物を残し、港を放射性の氷のようなスベスベした場所に変えてしまうだけでなく、近くの動物や魚を毒殺することで、地元の原住民の食糧供給を降下物で汚染する可能性が高い。

  • No native Alaskan groups were ever consulted or asked for their opinion, while Project Chariot was on the drawing board.

    チャリオット計画が立案されている間、アラスカの先住民グループに相談されたり、意見を求められたりすることはありませんでした。

  • Third problem.

    第三の問題。

  • Detonating five nuclear bombs just 180 miles away across the sea from the Soviet Union at the height of the Cold War era was probably not going to be a very good look internationally.

    冷戦時代の最盛期にソ連から海を隔ててわずか180マイルのところで5発の核爆弾を爆発させても、国際的にはあまりいい目で見られることはなかっただろう。

  • So in 1962 the economic petit Henschel of such a harbor in the middle of nowhere was in doubt, and the public opinion inside of Alaska had sharply turned against the idea of blowing up nuclear bombs in the state to build a worthless harbor project.

    だから1962年には、人里離れた場所にこのような港を作ることの経済的なプチ・ヘンシェルが疑われていたし、アラスカ国内の世論は、無価値な港を作るために州内で核爆弾を爆発させるという考えに鋭く反発していたのである。

  • Chariot was put indefinitely on hold, but technically, to this day it has still never been officially canceled.

    Chariotは無期限に保留されたが、技術的には今日に至るまで正式にキャンセルされたことはない。

  • Sometimes it shouldn't take a lot of effort to learn that blowing up a nuclear bomb near an inhabited city to dig a hole in the ground is probably not a very good idea.

    人が住んでいる街の近くで核爆弾を爆破して地面に穴を掘るのは、たぶんあまり良い考えではないことを学ぶのには、あまり労力がかからないこともあるはずです。

  • Other things in life, though, take a lot more effort to learn, like how to stay more organized and productive with Workers School, which you could actually do right now by taking this class called riel Productivity.

    しかし、生活の中で他のことを学ぶにはもっと多くの努力が必要です。例えば、ワーカーズスクールでより整理された生産性の高い生活を送る方法などです。

  • How to Build Habits The Last, which has taught on skill share by my real friend Thomas Frank.

    私の本当の友人トーマス・フランクがスキルシェアで教えてくれたHow to Build Habits The Last。

  • He runs a YouTube channel that's called Thomas Frank, But even if you're already outrageously productive, skill share will definitely have something else for you.

    彼はトーマス・フランクというYouTubeチャンネルを運営していますが、すでにとんでもない生産性を持っている人でも、スキルシェアは間違いなくあなたのために何かを提供してくれるでしょう。

  • It's got thousands of classes for creative people to improve their skills in every subject, from animation to coating to painting, to music to marketing and so much more.

    アニメ、塗装、絵画、音楽、マーケティングなど、あらゆる分野でクリエイティブな人たちのスキルアップのための何千ものクラスがあります。

  • There's plenty of options for you to take at any skill level, and the classes have short lessons that can fit into any schedule that you might have.

    どんなスキルレベルでも受講できるオプションが豊富で、どんなスケジュールにも対応できるような短いレッスンが用意されています。

  • So to get two months of taking any class on skill share you want for free, they'll teach you how to be better at anything.

    だから、無料で欲しいスキルシェアのクラスを2ヶ月間受けるために、何でも上手になる方法を教えてくれます。

this video was made possible by skill share.

この動画はスキルシェアによって実現しました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 爆弾 スキル 掘削 シェア クレーター テラー

核兵器でアラスカに港を作るという非常識な計画 (The Insane Plan to Build a Harbor in Alaska With Nukes)

  • 3 1
    林宜悉 に公開 2020 年 12 月 19 日
動画の中の単語