Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • This is a solving yotel, which is essentially fried bread in bread.

    本質的にはパンの中に揚げパンが入っている解答ヨーテルです。

  • A bread sandwich, if you will.

    パンのサンドイッチだ

  • It's a common breakfast item in northern China and shows just how much people here love their wheat.

    中国北部では一般的な朝食の一品で、ここの人々がいかに小麦を愛しているかを物語っています。

  • Other dishes in this region include black bean noodles, gin being and fluffy pork buns.

    この地方では他にも黒豆麺やジンビーイング、ふわふわの豚まんなどがあります。

  • Today we're heading to northeastern China and focusing on the food of Beijing, Tianjing and Sandal.

    今日は中国東北部に向かい、北京、天井、サンダルの食を中心に。

  • The region's cuisine is known in Chinese as Lutai, and it's the food of old Chinese royalty.

    この地方の料理は中国語で「ルタイ」と呼ばれ、中国の古い王族が食べていた料理です。

  • Chinese food is more than just stir fry noodles and dumplings.

    中華料理は麺類や餃子を炒めるだけではありません。

  • I'm Claressa and I'm taking you on a journey through China to try authentic Chinese food region by region.

    私はクラレッサと申しますが、今回は中国で本格的な中華料理を地域別に食べてみる旅にご案内したいと思います。

  • Liu Tai, or blue cuisine, is the last of our four main regions of Chinese cuisine.

    劉泰は、中国料理の四大産地の中で最後に登場する青料理です。

  • Technically speaking, Lutai refers to the food of Shandong Province.

    厳密に言うと、ルタイとは山東省の食べ物のことを指します。

  • It's a cooking style that eventually spread to the neighboring cities of Beijing, and Tianjing.

    やがて北京の隣町、天井にも広まっていった料理スタイルです。

  • Wheat is a dominant carb in this part of China because it doesn't get all that much rain.

    中国のこの地域では小麦は雨が降らないので、炭水化物を支配しています。

  • Ah, popular breakfast item here is Yotel, a deep fried wheat crueler that can actually now be found everywhere in China.

    あ、ここの朝食の人気アイテムは、実は今では中国のどこにでもある揚げ小麦のクルーラー「ヨテル」です。

  • Another big breakfast item here is the gin being a crepe made with among being flower funds and noodles or other staples.

    ここのもう一つの大きな朝食は、花札や麺類などの定番中の定番であるジンを使ったクレープです。

  • Here, the buns are usually leavened with yeast so that they're fluffy and soft.

    ここでは、饅頭に酵母を入れてふっくらやわらかくするために、通常は酵母を入れています。

  • For the noodles.

    麺類には

  • There's dot Jiang mian noodles topped with sweet and salty black bean sauce, ground meat, sliced cucumbers and bean sprouts.

    甘辛い黒豆ソース、ひき肉、スライスしたきゅうり、もやしがトッピングされたドット江面麺があります。

  • Then there's fresh handmade noodles, which can be served in beef or lamb noodle soup.

    あとは手打ちの生麺があり、牛肉やラム麺のスープに入れて食べることができます。

  • This region is close to Inner Mongolia, so there's a huge supply of beef and sheep.

    この地域は内モンゴルに近いので、牛肉や羊の供給量が多いんです。

  • That's why you'll find a lot of meat in northern Chinese cuisine.

    そのため、北国の中華料理には肉が多く出てきます。

  • But the emblematic meat dish of this region is Beijing roast duck, sometimes called Peking duck.

    しかし、この地域の象徴的な肉料理は北京ダックと呼ばれることもある北京ダックのローストです。

  • But did you know it actually came from the south?

    でも実際に南から来たって知ってた?

  • Here's the story.

    ここからが本題です。

  • Rostock was a popular dish in handle, which is the capital of China over 800 years ago.

    ロストックは800年以上前に中国の首都であるハンドルで人気の料理でした。

  • Handle and the south is surrounded by lakes and rivers, making it a natural breeding ground for ducks.

    ハンドルと南は湖や川に囲まれており、カモの自然繁殖地となっています。

  • When the country's capital moved north to Beijing during the 13th century, Rose stuff went with it and quickly became a favorite among Royals.

    13世紀に国の首都が北京に北上したとき、バラのものはそれと一緒に行き、すぐに王家の間で好まれるようになりました。

  • It's remained a palace staple ever since.

    それはそれ以来、宮殿の定番であり続けています。

  • Northern Chinese food is also known for its love for wild game during the Qing Dynasty.

    中国の北方料理は、清朝時代に野生の獲物を好んで食べたことでも知られています。

  • It became popular because the Manchu rulers loved hunting.

    満州の支配者が狩猟を好んでいたことから人気が出た。

  • They would hunt for deer, mutton, rabbits and pheasants.

    彼らは鹿、羊肉、ウサギ、キジなどを狩っていました。

  • Deer in particular, was so prized that herds of them were rounded up from across the country and brought within the perimeters of the emperor's hunting grounds south of Beijing.

    特に鹿は非常に珍重されていたため、全国から鹿の群れを集め、北京以南の皇帝の狩猟場の周囲に連れてきた。

  • Imperial cuisine source ingredients from all over the country, such as leaky from Guangxi and tofu noodles and ham from Jiangsu regions.

    皇室料理のソースは広西チワン族自治区のリーキー、江蘇地方の豆腐麺やハムなど全国各地の食材を使用しています。

  • Proximity to the ocean also means lots of seafood.

    海が近いということは、海の幸が多いということでもあります。

  • You'll find Bracy, cucumber and deep fried yellow croker on the dinner table.

    食卓にはブレイシー、きゅうり、揚げ黄色のクロッカーが並んでいます。

  • There's also Spanish mackerel, which is minced and wrapped into dumplings.

    鰆をミンチにして餃子に包んだものもあります。

  • Proximity to the sea also means lots of salt, and this region's cuisine is probably the saltiest in the country.

    海が近いということは塩分が多いということでもあり、この地域の料理はおそらくこの国で最も塩分が多いと思われます。

  • This just tend to be seasoned with lots of salt, garlic and green onions.

    これは、塩、ニンニク、ネギをたくさん使って味付けをしているだけの傾向があります。

  • As for dessert, there's a deep love for maltose.

    デザートとしては、麦芽糖への深い愛情があります。

  • A sugar derived from grains, which the north has plenty of sugar, is used to caramelize things like sweet potatoes and apples.

    北の大地にたっぷりある穀物由来の砂糖で、サツマイモやリンゴなどのものをキャラメリゼするのに使われています。

  • Blue cuisine is comfort food at its finest, greasy, salty and very hardy up.

    青物料理は、脂っこくて、塩辛くて、とてもハードなアップで、最高のコンフォートフードです。

This is a solving yotel, which is essentially fried bread in bread.

本質的にはパンの中に揚げパンが入っている解答ヨーテルです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 料理 北京 中華 麺類 小麦 酵母

北国の中華料理が最高のコンフォートフードである理由-中国を食べる(E11 (Why Northern Chinese Food Is the Best Comfort Food - Eat China (E11))

  • 19 1
    林宜悉 に公開 2020 年 12 月 08 日
動画の中の単語