Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • China is no stranger to lunar missions. Over the years, the country has sent a number of

    中国は、月面探査を知らない国ではありません。何年にもわたって、中国は多くの

  • increasingly challenging missions to our natural satellite. The most famous of which, was the

    自然衛星への挑戦的なミッションが増えてきていますその中でも最も有名なのは

  • historic landing of the Chang'e 4 spacecraft on the moon's far side in 2019. But this

    2019年に月の裏側にある嫦娥4号宇宙船の歴史的な着陸。しかし、これは

  • next launch is about to push the limits even further as Chang'e 5 is headed off to a

    次のローンチは、Chang'e 5がさらに限界を押し広げようとしています。

  • previously unexplored lunar region. And this time, it's bringing back a souvenir.

    秘境とされていた月面地域に行ってきました今回はお土産を持って帰ってきました

  • This is all super exciting because the last time lunar samples were brought back to Earth

    月のサンプルが地球に持ち帰られたのが最後だから、これはとてもエキサイティングなことだ。

  • was during the U.S. and Soviet missions in the 1960s and 1970s. And it's perfect timing,

    は1960年代から1970年代にかけての 米ソの任務の間のことでしたそして完璧なタイミングです

  • because there's now a renewed push for countries to focus on better understanding the moon's

    月の理解を深めることに焦点を当てるための国のための新たなプッシュが今あるからです。

  • evolution and even look for potential lunar activities such as mining or human colonies.

    進化し、鉱山や人間のコロニーのような潜在的な月面活動を探すこともできます。

  • And China is well prepared since it's been developing two spacecraft for each of the

    そして中国は、それぞれのために2つの宇宙船を開発しているので、よく準備されています。

  • three phases of its robotic lunar exploration program: orbiting, landing and finally, sample

    ロボットによる月探査プログラムは、周回、着陸、そして最終的にサンプルを採取するという3つのフェーズに分かれています。

  • return.

    を返します。

  • And that's where Chang'e 5 comes in. It's China's first lunar sample return mission

    そこで「嫦娥5号」の出番です。これは中国初の月面サンプルリターンミッションです

  • and the spacecraft will contain four parts that make up the whole mission: an orbiter,

    と宇宙船には、ミッション全体を構成する4つの部分が含まれています:オービター。

  • an ascender, a lander, and an Earth re-entry module. The orbiter will help place the spacecraft

    昇降機、着陸機、地球再突入モジュールです軌道装置は宇宙船を

  • into the lunar... orbit. Once there, the lander and ascender will separate from the orbiter

    月の...軌道に入る月の軌道に入ると着陸船とアセンダーは 軌道上の探査機から分離されます

  • and land on the near side of the moon, an unexplored and vast, dark lava plain called

    と呼ばれる未踏の広大で暗い溶岩平原に着地します。

  • Monsmker. After touching down, the lander will drill two meters below the surface, and

    モンス・リュムカー着陸後、着陸機は地表から2メートル下を掘削し

  • using a robotic arm, extract roughly two kilograms of lunar material. The sample will then be

    ロボットアームを使って約2キロの月面物質を採取しますサンプルはその後

  • stored in the ascent module, which it will lift off to autonomously dock with the orbiter

    上昇モジュールに格納されており、これを持ち上げてオービターと自律的にドッキングさせます。

  • and transfer its sample to the return vehicle. From there, the return module will then separate

    とそのサンプルをリターン車両に転送します。そこから、リターンモジュールは

  • to make the 5,000 km journey back to Earth, where it will re-enter the atmosphere for

    地球に戻るまでの5,000kmの旅をするために、大気圏に再突入します。

  • a parachute assisted landing.

    パラシュートでの着地を支援する

  • Soooooo that's a lot of steps. Which means there's a lot that could go wrong. But again,

    スースー、それは多くの手順がある。つまり、うまくいかないことがたくさんあるということだ。でも、また。

  • that's what makes this mission so exciting because it's all so very ambitious. And

    それがこのミッションを盛り上げているのです 全てが非常に野心的なものだからですそして

  • as if there wasn't enough pressure already, time is of the essence.

    プレッシャーが足りないかのように、時間が肝心なのです。

  • Unlike Chang'e 4 which is an ongoing mission, this latest endeavour is expected to complete

    現在進行形のミッションである嫦娥4号とは異なり、この最新の試みは

  • its mission within one lunar day, or roughly 14 Earth days. That's because come nightfall,

    月の一日、つまり地球14日以内に 任務を遂行しますそれは日暮れになるからだ

  • the extreme temperature shift could jeopardize the spacecraft.

    極端な温度変化は宇宙船を危険にさらす可能性があります。

  • Originally scheduled to launch back in 2017, Chang'e 5 is now expected to take off on

    もともと2017年に発売予定だったChang'e 5は、今では

  • a Long March-5 rocket at the end of November 2020. And the team won't have to wait long

    2020年11月末にロングマーチ5号ロケットチームは長く待つ必要はありません

  • for the sample, since it's expected to arrive back on Earth by early to mid-December.

    12月の初めから中旬までに地球に戻ってくると予想されているので、サンプルのために。

  • But why exactly do we want these lunar samples? I mean we already have some from the Apollo

    しかし、なぜ月のサンプルが必要なのでしょうか?つまり、すでにアポロからのサンプルが

  • era, why do we need any more? Well, it's all about the moon's evolutionary history.

    の時代、なぜこれ以上必要なのか?まあ、月の進化の歴史の話なんですけどね。

  • The previous samples were taken from regions where the moon was believed to have stopped

    以前のサンプルは、月が止まったと思われる地域から採取されたものです。

  • its volcanic activity some 3.5 billion years ago. But new theories believe that there could

    約35億年前に火山活動を行っていましたがしかし、新しい理論では

  • be some areas where lava could have formed more recently, like one to two billion years

    溶岩ができたと思われる場所がある

  • ago. And if the sample that Chang'e 5 collects proves that the moon was still geologically

    と言っています。そして、もし嫦娥5号が採取したサンプルが、月がまだ地質学的に

  • active at that time, it could change everything we know about the moon's history. So no

    その時に活動していれば、月の歴史について知っていることを全て変えてしまう可能性があります。だからノー

  • pressure, Chang'e 5.

    圧力、長江5。

  • And if it doesn't succeed, even more complicated backup missions are already in the works with

    そして、もし成功しなかった場合、さらに複雑なバックアップミッションはすでに

  • Chang'e 6 and 7 planned for launch in 2023 or 2024. So with all these missions lined

    チャンイー6と7は2023年か2024年に 打ち上げられる予定ですこれだけのミッションが並んでいると

  • up, it's just good practice for the biggest challenge of them all: sending humans to the moon.

    月に人類を送り出すという最大の挑戦のための良い練習になります。

  • Now, for that momentous occasion, China is looking towards the 2030s to accomplish

    さて、その記念すべき日に向けて、中国は2030年代に向けて、次のことを成し遂げようとしています。

  • that feat, so in the meantime, a couple of practice runs will hopefully help get ready

    その偉業を成し遂げたので、その間にも数回の練習走行が準備の助けになることを期待しています。

  • for the big day. For more Countdown to Launch, check out our

    のために。発売までのカウントダウンについては

  • playlist here. And if there's another launch that you want to see us cover, let us know in the

    プレイリストはこちら。また、他にも何か取材したいローンチがあれば

  • comments below. Thanks for watching Seeker and I'll see you next time.

    のコメントを以下に記載します。シーカーを見てくれてありがとう、また次回。

China is no stranger to lunar missions. Over the years, the country has sent a number of

中国は、月面探査を知らない国ではありません。何年にもわたって、中国は多くの

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 サンプル ミッション 月面 着陸 採取 宇宙

中国の「嫦娥5号」が約40年ぶりに月の岩石を採取 (China’s Chang'e 5 Will Collect the First Moon Rocks in Nearly 40 Years)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2020 年 11 月 21 日
動画の中の単語