Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Transcriber: Ivana Korom Reviewer: Joanna Pietrulewicz

    転記者:イヴァナ・コロム レビュアー。ジョアンナ・ピエトルウィッツ

  • In the early months of the pandemic,

    パンデミックの初期の数ヶ月間。

  • chef José Andrés circulated two photos

    シェフのホセ・アンドレス氏は、2枚の写真を配布しました。

  • that have come to symbolize a modern American food crisis.

    現代アメリカの食糧危機を象徴するようになってきました。

  • The first shows mountains of potatoes

    1つ目はジャガイモの山

  • that have been left to rot in a field in Idaho.

    アイダホの畑に放置されていた

  • The restaurants and cafeterias and stadiums that had consumed them

    それらを消費していたレストランや食堂、スタジアムなどの

  • were shuttered during the pandemic.

    はパンデミックの時にシャッターを切った。

  • The second shows a devastating scene outside of the San Antonio food bank.

    2つ目は、サンアントニオのフードバンクの外での壊滅的な光景。

  • Thousands of carloads of people lined up,

    何千台もの車が並んでいます。

  • waiting for food with not enough supply to go around.

    周りに十分な供給がない状態で食料を待っている。

  • "How is it possible these two photos exist at the same time,

    "この2枚の写真が同時に存在するなんてありえない

  • in the most prosperous

    盛況のうちに

  • and technologically advanced moment in our history," tweeted Andrés.

    と私たちの歴史の中で技術的に進んだ瞬間」とアンドレスはつぶやいた。

  • In the months after the photos were published,

    写真が公開されてから数ヶ月で

  • the crisis got worse.

    危機は悪化した。

  • Billions of pounds of potatoes and other fresh produce

    数十億ポンドのジャガイモなどの生鮮食品

  • were chucked by American farmers.

    はアメリカの農家にチャックされていました。

  • At the same time,

    同時に。

  • food banks all over the country were reporting demand increases

    全国のフードバンクが需要の増加を報告していた

  • and 40 percent were facing critical shortfalls.

    と40%が危機的な不足に直面していました。

  • Outside the US,

    アメリカ以外で。

  • especially in the Middle East and throughout Southeastern Africa,

    特に中東とアフリカ南東部の全域では、このような問題が発生しています。

  • COVID-19 was paralyzing food systems that were already vulnerable.

    COVID-19はすでに脆弱な食品システムを麻痺させていた。

  • Oxfam has predicted that by the end of 2020

    オックスファムは2020年末までに

  • 12,000 people per day could die of hunger related to COVID.

    1日1万2000人がCOVIDに関連した飢餓で死ぬ可能性がある。

  • That's more than the highest daily mortality rate

    毎日の最高死亡率を上回る

  • recorded so far.

    これまでに記録された

  • But what's worse

    しかし、何が悪いのかというと

  • and what's much more concerning to all of us

    そして何よりも私たち全員に関係のある

  • is that COVID is just one of many major disruptions

    COVIDは多くの大きな混乱の一つに過ぎないということです。

  • that have been predicted

    予見された

  • in the years and decades ahead.

    この先の数年、数十年の間に

  • More chronic and complex than the pressures of COVID

    COVIDの圧力よりも慢性的で複雑なもの

  • are the pressures of climate change.

    は気候変動の圧力である。

  • And those of you who live in California have seen this on your farms.

    そして、カリフォルニアに住んでいる人は、農場でこれを見たことがあります。

  • You've seen withering heat and drought and fires

    枯れた暑さと干ばつと火事を見たことがあるだろう

  • disrupt avocado and almond and citrus and strawberry farms.

    アボカドとアーモンドと柑橘類とイチゴの農園を混乱させる

  • This summer, we saw the devastating impacts of storms

    今年の夏、私たちは嵐の壊滅的な影響を見ました。

  • on corn and soy farms.

    トウモロコシと大豆の農場で

  • I've seen the various pressures of drought,

    干ばつの様々な圧力を見てきました。

  • heat, flooding, superstorms,

    暑さ、洪水、スーパーストーム。

  • invasive insects, bacterial blight,

    侵略的な昆虫、細菌性病害。

  • shifting seasons and weather volatility

    季節の移り変わりと天候の変化

  • from Washington to Florida,

    ワシントンからフロリダへ。

  • and from Guatemala to Australia.

    とグアテマラからオーストラリアへ。

  • The upshot is this.

    アップショットはこれです。

  • Climate change is becoming something we can taste.

    気候変動は味わえるものになりつつあります。

  • This is a kitchen-table issue in the literal sense.

    これは文字通りの意味でのキッチンテーブルの問題です。

  • The International Panel on Climate Change

    気候変動に関する国際パネル

  • has predicted that by mid-century

    は、100年の半ばまでに

  • the world may reach a threshold of global warming

    地球温暖化の敷居が高くなるかもしれない

  • beyond which current agricultural practices

    越えた先にあるもの

  • can no longer support large human civilizations.

    もはや大規模な人類の文明を支えることはできない。

  • The USDA scientist Jerry Hatfield put it to me this way:

    米国農務省の科学者ジェリー・ハットフィールド氏はこう言った。

  • the single biggest threat of climate change

    気候変動の最大の脅威

  • is the collapse of food systems.

    は食糧システムの崩壊である。

  • The reality we face,

    私たちが直面している現実。

  • one that was exposed by those mountains of potatoes

    芋の山にはみ出したもの

  • and the cars lined up during the pandemic,

    とパンデミック中の車が並んでいました。

  • is that our supply chains are antiquated.

    サプライチェーンが時代遅れになっているということです。

  • Our food systems have not been designed

    私たちの食糧システムは設計されていません

  • to adapt to major disruptions or preempt them.

    大きな混乱に適応するために、またはそれらを先取りするために。

  • Addressing this challenge as much as any other

    この課題への取り組みは、他の課題と同様に

  • is going to define our progress in the coming century.

    は来世紀の我々の進歩を定義することになるでしょう。

  • But there's good news.

    しかし、良いニュースがあります。

  • And the good news is that farmers and entrepreneurs and academics

    そして、良いニュースは、農家や起業家、学者が

  • are radically rethinking national and global food systems.

    は、国や世界の食糧システムを根本的に考え直しています。

  • They are marrying principles of old-world agroecology

    彼らは旧世界の農業生態学の原理を融合させています。

  • and state-of-the-art technologies

    と最先端の技術

  • to create what I call a third way to our food future.

    私たちの食の未来への第三の道と呼んでいるものを作るために。

  • We're going to see radical changes

    抜本的な変化が見られる

  • in what we grow and how we eat in the coming decades,

    今後数十年の間に、私たちが何を育て、どのように食べているかについて。

  • as these environmental and population

    これらの環境や人口に応じて

  • and public health pressures intensify.

    と公衆衛生上の圧力が強まる。

  • I studied these changes for my book "The Fate of Food:

    拙著「食の宿命」のために、これらの変化を研究しました。

  • What We'll Eat in a Bigger, Hotter, Smarter World."

    "より大きく、より熱く、よりスマートな世界で何を食べるか"

  • I traveled for five years into the lands and the minds

    私は5年間旅をしてきました。

  • and the machines that are shaping the future of food.

    そして、食の未来を形作っている機械たち。

  • My travels took me through 15 countries and 18 states,

    私の旅は15の国と18の州を旅しました。

  • from apple orchards in Wisconsin to tiny cornfields in Kenya,

    ウィスコンシン州のリンゴ園からケニアの小さなトウモロコシ畑まで。

  • to massive Norwegian fish farms

    ノルウェーの大規模な養魚場に

  • and computerized foodscapes in Shanghai.

    とコンピュータ化された上海のフードスケープ。

  • I investigated new ideas,

    新しいアイデアを調べてみました。

  • like robotics and CRISPR and vertical farms.

    ロボットやCRISPR、垂直農園のように。

  • And old ideas, like edible insects and permaculture and ancient plants.

    そして、食用昆虫やパーマカルチャー、古代植物などの古い考えも。

  • I began to see the emergence of this third way to food production.

    この第三の食品生産への道が見えてきました。

  • A synthesis of the traditional and the radically new.

    伝統的なものと根本的に新しいものの合成。

  • There's a growing controversy

    賛否両論が高まっている

  • about the best path to future food security in the US.

    アメリカの将来の食料安全保障への最善の道について

  • Food is ripe for reinvention, Bill Gates has proclaimed.

    食品は再発明のために熟しているとビル・ゲイツは宣言しています。

  • Huge flows of investment

    膨大な投資の流れ

  • are funding new methods of climate-smart and high-tech agriculture.

    は、気候に配慮したハイテク農業の新しい方法に資金を提供しています。

  • But many sustainable food advocates bristle at this idea of reinvention.

    しかし、多くの持続可能な食の擁護者は、この再発明という考えに憤慨しています。

  • They want food deinvented.

    彼らは食品のデインベントを望んでいます。

  • They argue for a return to preindustrial

    彼らは、産業革命以前の状態に戻ることを主張しています。

  • and pre-green revolution,

    とプレ緑の革命。

  • biodynamic and organic farming.

    バイオダイナミック農法と有機農法。

  • To which skeptics inevitably respond,

    懐疑論者は必然的にそれに反応する。

  • "Nice, but does it scale?

    "いいね!でも、スケールするのかな?

  • Sure, a return to traditional farming methods

    確かに、伝統的な農法への回帰

  • could produce better food,

    より良い食品を生産することができます。

  • but can it produce enough food that's affordable?"

    しかし、それは手頃な価格で十分な食料を生産することができますか?"

  • The rift between the reinvention camp and the deinvention camp

    再発明陣営と脱発明陣営の溝

  • has existed for decades.

    は何十年も前から存在しています。

  • But now it's a raging battle.

    しかし、今は荒れ狂うような戦いになっている。

  • One side covets the past,

    片方は過去を欲しがる。

  • the other side covets the future

    あっちのほうが先を見越している

  • and as someone observing this from the outside,

    と外から観察している者としては

  • I began to wonder, why must it be so binary?

    なぜ二進法でなければならないのか、と考え始めました。

  • Can't there be a synthesis of the two approaches?

    2つのアプローチの合成はありえないのでしょうか?

  • Our challenge is to borrow from the wisdom of the ages,

    私たちの課題は、時代の知恵を借りることです。

  • and from our most advanced science,

    と私たちの最先端の科学から

  • to forge this third way.

    この第三の道を切り開くために

  • One that allows us to improve and scale our harvests,

    収穫量の向上とスケールアップを可能にしてくれるもの。

  • while restoring rather than degrading

    劣化させるのではなく、復元しながら

  • the underlying web of life.

    生命の根底にあるウェブ。

  • I belong to neither camp.

    私はどちらの陣営にも属さない

  • I'm a failed vegan and a lapsed vegetarian,

    私は失敗した菜食主義者でベジタリアンの末路です。

  • and a terrible backyard farmer.

    と恐ろしい裏庭の農夫。

  • If I'm honest,

    正直に言えば

  • I will keep trying at this, but I may fail.

    これからも挑戦していきますが、失敗するかもしれません。

  • But I'm hell-bent on hope,

    しかし、私は希望に燃えています。

  • and if my travels have taught me anything,

    私の旅が何かを教えてくれたのならば

  • it's that there's good reason for hope.

    それは、希望に満ちた理由があるということです。

  • Plenty of solutions are merging

    多くのソリューションが融合している

  • that can help build sustainable, resilient food systems.

    持続可能で回復力のある食糧システムの構築を支援することができます。

  • Even if we can't rely on a critical mass

    クリティカルマスに頼れなくても

  • of backyard-farming vegetarians to do this on their own,

    裏庭で農作業をするベジタリアンが自力でこれをやるのは

  • from the ground up.

    からの

  • Let's start with artificial intelligence and robotics.

    まずは人工知能とロボットから始めましょう。

  • Jorge Heraud is a Peruvian-born engineer

    Jorge Heraudはペルー生まれのエンジニアです。

  • who now lives in Silicon Valley,

    今はシリコンバレーに住んでいる

  • and his company developed a robotic weeder named See and Spray,

    と彼の会社はSee and Sprayと名付けられたロボット式の草取り機を開発しました。

  • and I went to Arkansas to see the maiden voyage of See and Spray.

    私はアーカンソーにシーアンドスプレーの処女航海を見に行きました。

  • And I was half expecting a battalion of C3PO-style robots

    そしてC3PO風ロボットの大隊を半ば期待していたのですが

  • to march into the fields with pincer hands to pluck the weeds.

    挟み手で畑に進入して雑草をむしり取る。

  • And instead, I found this.

    その代わりに、これを見つけました。

  • A tractor with a big, white hoop skirt off the back of it.

    白い大きなフープスカートを背負ったトラクター。

  • And inside that hoop skirt are 24 cameras

    そして、そのフープスカートの中には24台のカメラがあります。

  • that use computer vision to see the ground beneath

    視姦

  • and to distinguish between the plants and the weeds.

    と、植物と雑草を見分けることができます。

  • And to deploy with sniper-like precision

    狙撃手のような精度で展開するために

  • these tiny jets of concentrated fertilizer,

    これらの小さな噴流が凝縮された肥料です。

  • or herbicide,

    または除草剤。

  • that incinerate the baby weeds.

    雑草の赤ちゃんを焼却する

  • I learned how robotics can end the practice

    ロボット工学が実践を終わらせる方法を学びました

  • of broadcast spraying chemicals across millions of acres of land

    薬品散布のブロードキャスト

  • and how we can reduce the use of herbicides

    と除草剤の使用を減らすにはどうしたらいいか

  • by up to 90 percent.

    最大90%までの値になります。

  • But the bigger picture is even more exciting.

    しかし、大局的なことを考えると、さらにワクワクしてきます。

  • Intelligent machines can treat plants individually,

    インテリジェントな機械は、植物を個別に処理することができます。

  • applying not just herbicides

    除草剤散布

  • but fungicides and insecticides

    しかし、殺菌剤や殺虫剤

  • and fertilizers on a plant-by-plant, rather than field-by-field basis.

    畑ごとではなく、植物ごとに肥料を与えています。

  • So that eventually,

    結局はそうなんですね。

  • this kind of hyperspecific farming

    超特化型農法

  • can allow for more diversity and intercropping on fields.

    は、フィールド上でより多様性とインタークロップを可能にします。

  • And big farms can begin to mimic natural systems

    そして、大規模農場は自然のシステムを模倣し始めることができます。

  • and improve soil health.

    と土壌の健康を改善します。

  • Heraud is the embodiment of third-way thinking, right?

    ヘラウドは第三の思考の体現者だよね?

  • Robots, he told me,

    ロボットが言ってた

  • don't have to remove us from nature,

    自然界から排除する必要はありません。

  • they can bring us closer to it, they can restore it.

    彼らは私たちをそれに近づけることができ、それを復元することができます。

  • Increasing crop diversity will be crucial

    作物の多様性を高めることが重要

  • to building resilient food systems.

    復元力のある食糧システムを構築するために

  • And so will decentralizing agriculture

    農業の分散化もそうですが

  • so that when farmers in one region are disrupted,

    ある地域の農家が乱立したときに

  • the others around, they can keep growing.

    周りの人は成長し続けることができます。

  • The rise of vertical farms,

    縦型農場の台頭。

  • like this farm, built inside a former steel mill in Newark, New Jersey,

    ニュージャージー州ニューアークの元製鉄所内に建てられたこの農場のようなものです。

  • can play a key role in decentralizing agriculture.

    は農業の分散化に重要な役割を果たすことができる。

  • Aeroponic farms use a tiny fraction

    エアロポニック農場の使用量はごくわずか

  • of the water that is used in in-ground farms.

    地中農園で使用されている水のうち

  • And they can grow food much faster, about 40 percent faster.

    そして、彼らは食べ物を育てるのがはるかに速く、約40パーセント速くなります。

  • And when located in and near cities,

    そして、都市部や近郊に位置する場合。

  • where the food is consumed,

    が消費されるところ。

  • they eliminate a huge amount of trucking and food waste.

    膨大な量のトラック輸送や生ゴミを排除してくれます。

  • It struck me at first as creepy

    最初は不気味だと思った

  • in kind of a "Silent Running" way

    サイレントランニング的に

  • that we'd be growing our future fruits and vegetables

    未来の野菜や果物を育てることになると

  • inside, without soil or sun.

    土も太陽もない中で

  • And after weeks of spending time in these plant factories,

    そして、これらの工場で何週間も過ごした後に

  • I began to see it as oddly, almost perfectly natural

    私はそれを奇妙に、ほとんど完全に自然に見えるようになりました。

  • to deliver the plants only and exactly what they need,

    植物だけでなく、必要なものを正確に届けることができます。

  • with zero herbicides and radical efficiency.

    除草剤とラジカルの効率をゼロにした

  • Here again, we see innovators borrowing from,

    ここでもまた、イノベーターが借りているのがわかります。

  • and perhaps even elevating the wisdom of natural ecosystems.

    そして、おそらく自然生態系の知恵を高めているのでしょう。

  • Developments in plant-based and alternative meats

    植物をベースとした代替食肉の開発

  • are also profoundly hopeful.

    はまた、深い希望に満ちています。

  • And they follow a similar trend

    そして、彼らは似たような傾向をたどっています。

  • toward local, resilient, low-carbon protein production.

    地域に根ざした弾力性のある低炭素タンパク質生産に向けて

  • Consumers are excited about this,

    消費者はこれに興奮しています。

  • and during the pandemic,

    とパンデミック中に

  • we've seen a 250 percent increase

    250パーセントの増加を見てきました

  • in demand for alternative meats.

    代替食肉の需要が

  • A study by the Journal of Clinical Nutrition

    臨床栄養学雑誌の研究

  • found that the participants who were eating the plant-based proteins

    植物性タンパク質を食べていた参加者は

  • saw a drop in their cholesterol levels,

    はコレステロール値の低下を見ました。

  • in their weight

    体重の割に

  • and eventually, a drop in their risk of heart disease.

    そして最終的には心臓病のリスクが低下します。

  • The potential environmental benefits of plant-based meats are astounding.

    植物性の肉の潜在的な環境への恩恵は驚くべきものです。

  • And there's even potential in lab-grown or cell-based meats.

    研究室で育てた肉や細胞を使った肉にも可能性があります。

  • Uma Valeti fed me my first plate of lab-grown duck breast,

    ウマ・ヴァレティは私に実験室で育てたアヒルの胸肉を初めて食べさせてくれた。

  • harvested fresh from a bioreactor.

    バイオリアクターから新鮮なものを収穫。

  • It had been grown from a small sampling of cells

    それは少量の細胞のサンプリングから成長していました。

  • taken from muscle tissue and fat and connective tissues,

    筋肉組織や脂肪、結合組織から採取したもの。

  • which is exactly what we eat when we eat meat.

    それはまさに肉を食べるときに食べるものです。

  • This lab-grown or cell-based duck meat

    このラボグロウンまたはセルベースの鴨肉

  • has very little threat of bacterial contamination,

    細菌汚染の脅威はほとんどありません。

  • it's about 85 percent lower CO2 emissions associated with it.

    それに伴うCO2排出量は約85%削減されています。

  • Eventually it can be grown

    最終的には、それは成長することができます。

  • like those crops inside vertical farms in decentralized facilities

    分散型施設の垂直農園内の作物のように

  • that aren't vulnerable to supply-chain disruptions.

    サプライチェーンの混乱に対して脆弱ではない

  • Valeti started out as a cardiologist,

    ヴァレティは循環器内科医としてスタートしました。

  • who understood that doctors have been developing

    を理解した医師が開発した

  • human and animal tissues in laboratories for decades.

    何十年にもわたって実験室でヒトや動物の組織を研究してきました。

  • He was inspired as much by that

    彼はそれに触発されたように

  • as he was by a 1931 quote from Winston Churchill that says,

    というウィンストン・チャーチルの1931年の名言によって、彼はそうであった。

  • "We shall escape the absurdity of growing the whole chicken

    "鶏を丸ごと育てるという不条理から逃れよう

  • in order to eat the breast or the wing,

    胸肉や手羽先を食べるために

  • by growing them separately in suitable mediums."

    適当な培地で別々に育てることで"

  • Like Heraud, Valeti is a quintessential third-way thinker.

    ヘローのように、ヴァレティは真の第三の道の思想家である。

  • He's reimagined an old idea using new technology,

    彼は新しい技術を使って古い考えを再構築しています。

  • to usher in a solution whose time has come.

    その時が来た解決策を導くために

  • I've met with dozens of farmers and entrepreneurs and engineers

    何十人もの農家さんや起業家、エンジニアの方とお会いして

  • who emulate third-way thinking, all over the world.

    第三の思考を真似る人、世界中で。

  • They're using modern breeding tools like CRISPR

    彼らはCRISPRのような現代の育種ツールを使っています

  • to develop nutritious heirloom crops that can withstand drought and heat.

    干ばつや暑さにも耐えられる栄養価の高い家宝作物を開発するために。

  • They're using AI to make aquaculture sustainable.

    AIを使って養殖を持続可能なものにしているそうです。

  • They're finding ways to eliminate food waste.

    生ごみをなくす方法を模索している。

  • They are scaling up

    彼らはスケールアップしています

  • conservation agriculture and managed grazing.

    保全農業と管理放牧。

  • And they're reviving ancient plants,

    そして、古代の植物を復活させている。

  • and they're recycling sewage and gray water

    汚水と白水をリサイクルしている

  • to develop a drought-proof water supply.

    干ばつに強い水道を開発するために

  • The upshot is this:

    アップショットはこれです。

  • Human innovation that marries old and new approaches to food production

    新旧の食品生産アプローチを融合させたヒューマンイノベーション

  • can, and I believe, will usher in this third way

    この第三の道を切り開いてくれると信じています。

  • and redefine sustainable food on a grand scale.

    持続可能な食を壮大なスケールで再定義します。

Transcriber: Ivana Korom Reviewer: Joanna Pietrulewicz

転記者:イヴァナ・コロム レビュアー。ジョアンナ・ピエトルウィッツ

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 植物 食品 農業 ロボット 農場 干ばつ

気候変動はあなたが味わうことができる問題になりつつある|アマンダ・リトル (Climate change is becoming a problem you can taste | Amanda Little)

  • 10