Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • I will be attending the University of Memphis.

    メンフィス大学に通うことになりました。

  • You're looking at the number one player in the country when he goes to the basket.

    バスケットに行った時に国内ナンバーワンの選手を見てるんだよね。

  • He's unstoppable.

    彼は止められない

  • A transcendent player for this program.

    この番組のための超越した選手。

  • James Wiseman ruled ineligible by the CIA.

    ジェームズ・ワイズマンはCIAに不適格とされた。

  • If there's a lot more to come with this story, no one's best interest to serve that James Wiseman is going to spend a year without anyone seeing him play basketball.

    この話の続きがあるとすれば、ジェームズ・ワイズマンがバスケをしているところを誰にも見られずに1年を過ごすことになるのは、誰の利益にもならないでしょう。

  • GM to pass up on him won't be around very long.

    彼を見送るGMは、あまり長くはないでしょう。

  • You're talking about a physical specimen.

    物理的な標本のことを言っているのか

  • He's ready for the NBA right now.

    彼は今すぐにでもNBAの準備ができている。

  • Four.

    4つだ

  • Mark I'm James Watson.

    マーク ジェームズ・ワトソンだ

  • Okay?

    いいですか?

  • James Wiseman, a potential number one pick and arguably the most physically impressive center prospect I've ever evaluated.

    ジェームス・ワイズマン、潜在的なナンバーワンピックであり、私がこれまでに評価した中で最も身体的に印象的なセンターのプロスペクトであることは間違いありません。

  • Its Wiseman's combination of rare, superhuman physical gifts and his potential as a ball handler and shooter that gives him, or upside than any big man in the entire draft us.

    そのワイズマンの珍しい、超人的な物理的な贈り物と彼を与えるボール ハンドラーとシューティング ゲームとしての彼の可能性の組み合わせ、または全体のドラフトで任意の大きな男よりもアップサイド私たち。

  • It's Wiseman's agility and coordination close to 71 £250 with a 75 wingspan that makes him so tantalized.

    ワイズマンの敏捷性と調整力が71ポンド250に近いのは、75の翼幅を持っているからだ。

  • Wiseman shares some dimension similarities to a young Joel Embiid, DeAndre Jordan and JaVale McGee.

    ワイズマンは、若いジョエル・エンビード、デアンドレ・ジョーダン、ジャベール・マクギーとある次元の類似性を共有している。

  • Yet he is far more fluid as a runner more in the mold of a Jarron Jackson Jr type.

    しかし、彼ははるかに流動的なランナーとして、ジャロン ・ ジャクソン Jr のタイプの型の中でより多くの。

  • From the mobility standpoint, Wiseman is gonna make his money around the rim in the half court and has a chance to be one of the league's most lethal vertical spacers.

    機動性の観点から言えば、ワイズマンはハーフコートのリム周りでお金を稼ぐことになるだろうし、リーグで最も致命的な垂直方向のスペーサーの1つになるチャンスがある。

  • From the moment he steps foot on an MBA floor, he has a huge catch radius.

    彼がMBAのフロアに足を踏み入れた瞬間から、彼は巨大なキャッチ半径を持っています。

  • He's extremely agile, getting into ball screens, and he's explosive with a head of steam.

    非常に機敏にボールスクリーンに乗り込み、頭から蒸気を上げて爆発的な攻撃を繰り出す。

  • Throw it up near the rim.

    縁の近くで投げ上げて

  • He's gonna go get it.

    彼はそれを取りに行くつもりだ

  • Wiseman should be a point.

    ワイズマンはポイントになるはずです。

  • Guards dream.

    衛兵は夢を見る。

  • That's a lot of catcher, but it's not just the bounce and the go go gadget arms, either.

    キャッチャーもそうだけど、バウンドやゴーゴーガジェットの腕だけじゃないんだよね。

  • Yes, soft touch with his left hand around the rim and a fair amount of finesse and deception for a seven footer.

    そう、彼の左手でリムの周りに柔らかいタッチと、7フッターのためのかなりの量のフィネスと欺瞞。

  • Now he does have his shortcomings inside the paint, however, sometimes playing much smaller than his tools suggest by shying away from contact and relying too much on touch shots when he could simply go rip the rim off or go through help side defenders.

    今、彼はペイントの内側に彼の欠点がある、しかし、時々 彼のツールよりもはるかに小さいプレーを示唆している接触から離れて恥ずかしがって、彼は単にリムをリッピングに行くか、またはヘルプ サイドのディフェンダーを介して行くことができるときにタッチ ショットにあまりにも多くを依存しています。

  • His tendency to avoid crowds and contact is most pronounced on this possession.

    彼の人ごみや接触を避ける傾向は、この持ち物に最も顕著に表れている。

  • Against Oregon, Wiseman turns what should be a power dribble finish against 65 guard Will Richardson into a 15 ft following.

    オレゴンに対して、ワイズマンは65ガードのウィル・リチャードソンに対してパワードリブルでフィニッシュすべきものを15フィートのフォローに変えている。

  • He has considerable shooting potential but still has to become much more consistent with his jumper to justify how often he'll settle Waas when he's fully engaged.

    彼はかなりのシュートの可能性を持っていますが、まだ彼が完全に従事しているときに彼はどのくらいの頻度でワアスを解決することを正当化するために、彼のジャンパーではるかに一貫性のあるものになる必要があります。

  • James Wiseman has a chance to be an absolute force on the offensive glass.

    ジェームズ・ワイズマンは、オフェンシブグラスの絶対的な力になるチャンスがあります。

  • His motor has really improved over the course of these last few years, and his length and quickness figure to make him a major factor in these situations, where Wiseman has a chance to be truly elite, maybe even special someday is at the rim defensively now, while his instincts still coming along, his discipline still has room to improve.

    彼の運動神経はここ数年の間に本当に改善され、彼の長さとクイックネスの図は、これらの状況で彼を主要な要因にするために、ワイズマンは本当にエリートになるチャンスがある、多分いつか特別なことでも今リムでは、彼の本能がまだ来ている間、彼の規律はまだ改善する余地があります。

  • Wiseman shares a lot of the same qualities that you will see from some of the MBA's top Rim protectors.

    ワイズマンは、MBAのトップリムプロテクターの何人かと同じ資質を共有しています。

  • He has a huge standing reach.

    彼は巨大な立ち回りリーチを持っています。

  • He's fairly quick off the floor, and he already showcases pretty sound timing, rotating from the weak side, especially on these baseline drives, erasing shots with relative ease.

    フロアからの立ち上がりはかなり速いし、特にベースラインのドライブでは、比較的簡単にショットを消すことができるように、弱いサイドから回転しながら、すでにかなりの音のタイミングを見せている。

  • Now Wiseman is still a little bit green in terms of his discipline.

    今のワイズマンは躾の面ではまだ少し緑が多いですね。

  • Like I said, as you'll see here against already, he could do a much better job of being active with his hands to take away drop offs in the paint and then is a little bit jumpy on ball fakes, negating his huge standing reach and quickness.

    私が言ったように、あなたはすでにに対してここで見ることができるように、彼はペイントでドロップオフを奪うために彼の手でアクティブであることのはるかに良い仕事をすることができますし、彼の巨大な立ち位置のリーチとクイックネスを否定し、ボールのフェイクに少しびくびくしています。

  • But when Wiseman does stay down, he changes so many shots in the paint.

    でもワイズマンがダウンしている時には、ペイントの中で多くのショットを変更しています。

  • He will, however, get put on an occasional poster and can stand to improve his verticality technique at the rim like you'll see from an Anthony Davis and some of the league's top defensive anchor.

    彼は、しかし、時折ポスターに置かれ、アンソニー-デイビスとリーグのトップディフェンスアンカーのいくつかから表示されますようにリムで彼の垂直性のテクニックを向上させるために立つことができます。

  • His tools are certainly there, but he's still learning how to play that cat and mouse game as the back line defender, plucking at guards before recovering to his own man.

    彼のツールは確かにそこにあるが、彼はまだバックラインのディフェンダーとして、自分の部下に回復する前にガードを摘み取る猫とネズミのゲームをプレイする方法を学んでいる。

  • Another key quality in the MBA's best shot, where Wiseman has by far the most room to improve, is as a pick and roll defender.

    MBAのベストショットの中で、ワイズマンが最も改善の余地があるもう一つの鍵となる品質は、ピック&ロールのディフェンダーとしての能力です。

  • Now, it's not a matter of sheer ability, okay, he's light on his feet.

    今は能力の問題じゃないわ 彼は足が軽いのよ

  • Very agile, long arms, super rangy should actually be an asset in pick and roll situations down the road.

    非常に俊敏で、長い腕、スーパーランジーは、実際にピックアンドロールの状況では、道路を下に資産である必要があります。

  • It's more a matter of his lack of high level experience.

    それよりも、彼のレベルの高い経験がないことの方が問題なのです。

  • He hasn't played all that many games against elite competition, and that showed both in his film at Memphis and his high school tape now here against Oregon, Memphis guard Damian Ball should be forcing Pritchard to his left hand as it seems, based on where Wiseman is standing, that Memphis wants the week, the ball screen here.

    彼はエリート競争に対してすべてのその多くのゲームをプレイしていないし、それは両方の彼のフィルムで示したメンフィスと彼の高校のテープで今ここオレゴン州に対して、メンフィス ガード ダミアン ボールプリチャードに彼の左手を強制する必要があります、それはどこにワイズマンが立っている、メンフィスは週、ここのボール スクリーンを望んでいるに基づいて、ようだ。

  • Even so, Wiseman needs to put himself in position to contain the ball handler and react to Pritchard.

    それでも、ワイズマンはボールハンドラーを封じ込めてプリチャードに反応するために、自分の体勢を整える必要がある。

  • Then, when he isn't able to recover and contain the Valentine, he could have still broken this play up by simply hustling inside of Shakur, Houston, with Precious actually helping up the link.

    その後、彼は回復し、バレンタインを封じ込められていないとき、彼はまだ彼が実際にプレシャスがリンクを支援して、ヒューストン、シャックルの内側にハッスルするだけで、このプレーを破っていた可能性があります。

  • He doesn't and Oregon gets a wide opened up here during the Nike Hoops Summit game, just looking out flat footed.

    彼はしていないし、オレゴンはここでナイキフープスサミットの試合中にワイドオープンを取得し、ちょうどフラットフットアウトを見ています。

  • He is not in the stands or in position to contain the ball.

    彼はスタンドにいないし、ボールを封じ込める位置にもいない。

  • Instead, he's late reacting and gives precious a wide open lane to the rim.

    その代わり、彼は反応が遅く、貴重なリムへの広いレーンを提供します。

  • It's gonna take him some time, but he has the foot, speed and length to be a factor in pick and roll situations.

    時間はかかるだろうが、彼には足とスピードと長さがあり、ピック&ロールの状況では、要因となるだろう。

  • Here in the Jordan Brand Classic game, you can see he's more than capable of sitting down, squaring up the ball, jabbing at it with his left hand to make coal Anthony feel uncomfortable and then forcing him into a contested pull up three.

    ここでは、ジョーダンブランドのクラシックゲームでは、あなたは彼が座って、ボールを四角く、石炭アンソニーが不快に感じるように彼の左手でそれをジャブして、その後、彼はコンテストのプルアップ3に彼を強制的にすることができるよりも多くのことを見ることができます。

  • He's still very much learning on the job, though, and can do a much better job of staying with the ball handler until the guard defender gets back in front.

    しかし、彼はまだ仕事で非常に多くのことを学んでおり、守備のディフェンダーが前に戻るまでボールハンドラーと一緒にいることで、より良い仕事ができるようになっている。

  • He doesn't always take the best angles, either, as Nico Mannion exposes here with the pick and roll split, attacking Wiseman's top foot because he doesn't always square up the ball like he could.

    彼は常にベストアングルを取れるわけではないが、ニコ・マニオンがピックアンドロールのスプリットで明らかにしているように、ワイズマンのトップフットを攻撃しているのは、いつも彼ができるようにボールをスクエアアップしていないからだ。

  • That hinders his ability to play that cat and mouse game deterring penetration, yet also retreating back to the roller at the guard, throws a pocket pass when he is fully locked in, focused on staying disciplined.

    その猫とネズミのゲームの抑止浸透を再生する彼の能力を妨げている、まだまたローラーに戻ってガードで退却、彼は完全にロックされているときにポケット パスをスローします。

  • He could be an asset in these drop situations here against Peyton Pritchard.

    彼はペイトン・プリチャードに対して、このようなドロップの状況では資産となる可能性があります。

  • He does an excellent job of giving himself the necessary room to stay in front, yet also being close enough to contest that Pritchard pulls up because of his length.

    彼は前に出るために必要なスペースを与えながらも、その長さのためにプリチャードが引き上げるほどの接近戦をしていた。

  • He's able to drop deep into the paint yet still contest pull up tubes, which every end the A team wants to more or less conceived.

    彼はペイントに深くドロップすることができますが、まだコンテストプルアップチューブは、すべての終わりのAチームが多かれ少なかれ考案したいと考えています。

  • He also covers a ton of ground when he's fully motivated, as you'll see here with Memphis icing the screen in the sideline alley, he has Mawr defensive range than any big in this draft class, Wiseman does have the foot speed to step out and switch, pick and roll, forcing guards into tough shots over length.

    彼はまた、彼が完全にやる気があるときに、あなたがここでメンフィスのアイシングスクリーンをサイドラインの路地で見ることができるように、彼はこのドラフトクラスのどのビッグよりもMawr守備範囲を持っている、ワイズマンは、ステップアウトし、スイッチ、ピックアンドロール、長さ以上のタフなショットにガードを強制的にするための足の速度を持っています。

  • Now he could be a little bit handy at times.

    今の彼は時々少し便利になるかもしれません。

  • But his reach, combined with his mobility, will eventually give his future head coach the luxury of shifting him all over the floor on defense.

    しかし、彼のリーチは、彼の機動性と組み合わせて、彼の将来のヘッドコーチは、最終的には、彼の将来のヘッドコーチは、ディフェンス上のすべての床の上に彼をシフトする贅沢を与えることになるでしょう。

  • His technique isn't always perfect, however, as he gets into turn and chase mode rather quickly instead of simply squaring up the ball and keeping it contain.

    しかし、彼のテクニックは常に完璧とは言えない。

  • Wiseman is still very much developing as a scouting report defender, not always perfectly understanding the strengths and weaknesses of his opponent here.

    ワイズマンはまだスカウトレポートのディフェンダーとして非常に成長しており、ここで相手の長所と短所を完全に理解しているわけではない。

  • Oregon intentionally gets him on an island against Shakur, juiced in ah, strong right hand driver who rarely looks at the rim from the perimeter rather than gapping juiced in giving him some space and forcing him into a contested jumper.

    オレゴンは意図的に彼を取得 Shakur に対して島で彼を取得します、ああでジュース、強い右手ドライバーはほとんど彼にいくつかのスペースを与えて、彼をコンテストのジャンパーに強制的にジュースでガッピングよりもむしろ境界からリムを見ています。

  • Wiseman allows him to rip right, get a step to the rim and finished.

    ワイズマンは右のリップを許し、リムへのステップを得て終了。

  • But with more experience in Polish, Wiseman should become a weapon in one on one situations, given his agility range and never ending arms.

    しかし、ポーランドでの経験を積めば、ワイズマンは1対1の状況で武器になるはずだ。

  • Even against fellow projected first round pick Isaiah Stuart, Wiseman had some bright spots staying down, walling up in utilizing that 75 wingspan toe four Stewart into tough shots.

    仲間の予測された最初のラウンド ピック アイザイア スチュアートに対しても、ワイズマンはいくつかの明るいスポットを持っていたダウン、タフなショットに 75 の翼幅つま先 4 スチュワートを利用して壁を越えて滞在します。

  • The pain, Of course.

    痛みはもちろん

  • The discipline is still coming along, given his sometimes jumpy nature, but when he's second off the floor, his length usually does the rest.

    飛び跳ねることもある彼の性格を考えれば、規律はまだついてきているが、2番手になったときには、彼の長さがあとを引き受けるのが普通だ。

  • That fluidity is clearly most apparent in the open court, where Wiseman glides across the floor with his long strides, putting constant pressure on the rim before finishing emphatically in space.

    その流動性はオープンコートで最も明らかで、ワイズマンは彼の長いストライドでフロアを滑空し、スペースで強調して仕上げる前にリムに一定の圧力をかけています。

  • Now, when Wiseman's fully revved up, he has the speed to be the first big down the floor, almost every possession, and he's big enough to catch 2 ft in the paint, even against the physical defender like Isaiah Stewart.

    今、ワイズマンが完全に復活したとき、彼にはフロアダウンの最初のビッグになるためのスピードがあり、ほぼすべてのポゼッションで、アイザイア・スチュワートのようなフィジカルなディフェンダーに対しても、ペイント内で2フィートをキャッチするのに十分な大きさがあります。

  • What makes Wiseman different than your typical Rim to Rim big is that he also has the handle tow.

    ワイズマンが典型的なリムtoリムのビッグと違うのは、ハンドルトウも持っていることです。

  • Push it off the brake himself, weaving through traffic like a guard before finishing the goofy foot layup with soft touch.

    自分でブレーキを外し、ガードのようにトラフィックを織り交ぜてから、ソフトタッチでグーフィーフットレイアップを完成させた。

  • Now, coaches will want to keep it simple with Wiseman early in his career, but there's certainly a considerable amount of untapped potential as a ball handler that could make Wiseman a mismatch, problems both in transition and the half court.

    今、コーチはそれをシンプルなワイズマンと彼のキャリアの初期に維持したいと思いますが、確かにかなりの量のワイズマンはミスマッチ、トランジションとハーフコートの両方の問題を作ることができるボール ハンドラーとしての未開発の可能性があります。

  • While he projects more as a diver offensive rebounder elite finish early on in his n B A career.

    彼はダイバーのオフェンシブなリバウンダーのエリートとしてより多くを投影している間、彼のn B Aのキャリアの早い段階で終了します。

  • Wiseman does have a little bit more offensive upside than your traditional run and jump big, and that starts with his face up game in the mid post.

    ワイズマンは伝統的なランやジャンプビッグよりも少しだけ攻撃的なアップサイドを持っているし、それは彼のフェイスアップゲームをミッドポストで開始します。

  • Now he's most comfortable in mid range areas, where he shows sharp footwork in tremendous touch on either side of the floor.

    今や彼はミッドレンジエリアで最も快適で、フロアの両側で途方もないタッチで鋭いフットワークを見せている。

  • He loves Thio inside, pivot size up his defender and then get to his bread and butter, even mixing in step backs on occasion.

    彼はティオのインサイドが好きで、ディフェンダーをピボットサイズにしてから、彼のパンとバターになり、時折ステップバックを混ぜることもある。

  • Then, because he's a threat as a shooter, defenders try to crowd his airspace, opening the door for ripped through attacks.

    そして、彼はシューターとしての脅威であるため、守備側は彼の空域に群がって攻撃のドアを開けようとします。

  • Now we don't see those confident drives quite as much as we like.

    今ではその自信に満ちたドライブはあまり見られなくなりました。

  • However, as Wiseman likes toe live off.

    しかし、ワイズマンが好きなように、トウ・ライブ・オフ。

  • These LaMarcus Aldridge esque follow weighs a bit too often, especially considering the success rate.

    これらのラマーカス・オルドリッジ風のフォローは、特に成功率を考慮すると、少し頻繁に重さを量っています。

  • On top of that, he can still stand to shore up his right hand in these situations, as he's extremely left hand, dominant as a ball handler, finisher and passer.

    その上で、極左であり、ボールハンドラー、フィニッシャー、パサーとしても支配的な彼は、このような状況でも右手を支えることができる。

  • At this stage of his career, he prefers toe face the basket, but Wiseman does have the natural size to do some damage on these hard ducats, especially if teams try to switch a small until with that said, he's not the most naturally physical player, not always holding position like he could in the pain.

    彼のキャリアのこの段階では、彼はつま先の顔バスケット ボールを好むが、ワイズマンは、特にチームが小さなスイッチをしようとする場合は、これらのハード ducats にいくつかのダメージを与えるために自然なサイズを持っている、彼は最も自然に物理的なプレーヤーではなく、常に彼は痛みの中で可能性があるような位置を保持していません。

  • But even if he does get moved off this spot, his reach and touch still make him a threat on long range jump hook.

    しかし、彼がこの場所から移動したとしても、彼のリーチとタッチは長距離ジャンプフックの脅威となっている。

  • As you'll see here against both Stewart and long arm trend in Watford, Wiseman's left hand jump hook is nearly impossible to block once he gets full extension, then he's starting to become automatic with his left and right shoulder tournament, especially when he's this decisive with his moves.

    スチュワートとワトフォードのロングアーム傾向の両方に対してここで見られるように、ワイズマンの左手のジャンプフックは、彼が完全に伸展したらブロックすることはほぼ不可能であり、その後は彼の左右の肩のトーナメントで自動化され始めている、特に彼が彼の動きでこれだけ決定的な場合。

  • While the game has certainly trended more toward threes and dunks from Big Man, having such a smooth turnaround will allow Wiseman to punish switches, which he figures to see a fair amount of in the NBA.

    ゲームは確かにスリープとビッグマンからのダンクに向かってより多くの傾向があるが、このようなスムーズなターンアラウンドを持つことは、ワイズマンは、彼はNBAでのかなりの量を参照してくださいに図のスイッチを懲らしめることができます。

  • He relies a little too much on the dirt, one leg follow ways.

    彼は少しダートに頼りすぎていて、片足で追走しています。

  • But the simple fact that he could get to these shots with ease speaks to his footwork and potential in these areas.

    しかし、簡単にこれらのショットにたどり着くことができたという単純な事実は、彼のフットワークとこれらの領域での可能性を物語っている。

  • What could really make wise when the best player to come out of this draft is his chute?

    このドラフトで出てくる最高の選手が彼のシュートなのに、何が本当に賢くなれるのだろうか?

  • If he can evolve into a legitimate NBA caliber three point shooter.

    彼が正当なNBAの口径の3ポイントシューターに進化できるならば。

  • He's gonna join a very short list of supersized NBA centers who can space it to three of the shooter, can space it vertically as a lot catcher and put a lid on the rim defensively.

    彼はシューターの3人にスペースを空けることができ、ロットキャッチャーとして縦にスペースを空けることができ、ディフェンス的にリムに蓋をすることができる超大型NBAセンターの非常に短いリストに加わることになるだろう。

  • Now, if you look at his shooting mechanics, there aren't a lot of things to suggest that he won't eventually at least become a threat as a three point shooter.

    今、彼のシュートのメカニズムを見てみると、彼は最終的には少なくとも3ポイントシューターとしての脅威にならないことを示唆する多くのものはありません。

  • Now, maybe some spotty free throw numbers in high school, but has a very smooth, repeatable stroke, as you'll see here during his high school days.

    さて、高校時代のフリースローの数字は、多分いくつかの斑点がありますが、彼の高校時代にここで見るように、非常に滑らかで、再現性の高いストロークを持っています。

  • Once he start making enough threes to force harder close outs to at least a hand contest, he'll be able to fully utilize his fluidity and incredibly long strides as a driver, like you'll see here against potential 2021 Topic.

    彼は少なくとも手のコンテストに厳しいクローズアウトを強制するのに十分なスリーを作り始めると、彼は完全に彼の流動性と信じられないほど長いストライドをドライバーとして活用することができるでしょう、あなたが潜在的な2021トピックに対してここに表示されますように。

  • Evan Mobile.

    エバン・モバイル

  • You won't see many seven footers in the world with this type of coordination and grace with the hard jab spin move back to his left before stretching out into the nifty right handed finish.

    このようなコーディネーションと優美なジャブ・スピンの動きを左に戻してから、右足を伸ばして仕上げるというスタイルは、世界でもあまり見られないでしょう。

  • Wiseman's potential as a ball handler and as a shooter will carry much more weight if he's able to develop into an above average past like we've seen from modern MBA centers like Bam!

    もしワイズマンがボールハンドラーとして、そしてシューターとしての可能性があるならば、もし彼がバムのような現代のMBAセンターから見てきたような平均以上の過去を持つように成長することができれば、より大きな重みを持つことになるだろう。

  • Out of Bio now passing still definitely an area where Wiseman has room to improve.

    今はまだワイズマンが改善の余地がある分野であることは間違いありません。

  • As you'll see here against Oregon, Wiseman has one of Memphis's best shooters wide open in the corner from one more pass, but instead tries to step back into a mid range pull up.

    ここでのオレゴン戦を見ての通り、ワイズマンはもう一つのパスからメンフィスの最高のシューターの一人をコーナーに大きく開いていたが、代わりにミドルレンジのプルアップにステップバックしようとした。

  • Then, here in the McDonald's All American game, he does a nice job of establishing position and aggressively calling for both.

    そして、ここでマクドナルドのオールアメリカンの試合では、ポジションを確立して積極的に両方をコールするというナイスな仕事をしています。

  • Yet he misses Jeremiah Robinson Earl cutting along the baseline for a handoff.

    ジェレミア・ロビンソン・アールがベースラインに沿ってカットしてハンドオフしているのを見逃しています。

  • But the flashes are there for Wiseman when he has time on his side and is able to collect his thoughts and scan the floor here, finding shooter Matt Hurt open on the wing.

    しかし、フラッシュは、彼は彼の側に時間を持っているし、彼の考えを収集し、シューティング マット ハルト翼の上に開いているを見つける、ここで床をスキャンすることができるときにワイズマンのためにそこにあります。

  • Then, here in the Jordan game, he feels the double team coming from the baseline side attacks to his left and drops off the nifty bounce pass to Khalida Whitney.

    そして、ここでジョーダンの試合では、ベースラインのサイドアタックから左に来るダブルチームを感じて、カリダ・ホイットニーへの気の利いたバウンドパスを落とします。

  • Becoming a better passer in the short roll situations is gonna be huge for Wiseman moving forward as you'll see the MBA's best.

    ショートロールの状況でより良いパサーになることは、MBAのベストを見ることができるように、ワイズマンが前進するためには大きな意味があります。

  • Biggs started to become Mawr and more adept at picking defense's apart in these four on three situations here with two committed to the ball.

    ビッグスは、モーアになり始め、ディフェンスの離れた場所を選ぶのが上手になってきました。この4対3の状況では、2人がボールにコミットしています。

  • Wiseman has plenty of options, with Boogie Ellis on the left wing and another shooter in the right corner.

    ワイズマンは左ウイングにブギー・エリス、右コーナーにもう一人シューターを配置しており、オプションは豊富だ。

  • Wiseman does draw the foul, but he's still becoming more and more comfortable at making those quick automatic reads, as opposed to putting the ball down in traffic.

    ワイズマンはファウルを引いているが、トラフィックにボールを置くのではなく、自動で素早く読み取ることができるようになってきている。

  • But the flashes are often enough to generate some optimism.

    しかし、その閃光は楽観的な考えを生み出すのに十分なものであることが多い。

  • James Wiseman is arguably one of the most difficult prospects toe project in the entire 2020 MBA draft, largely because of his limited sample size playing only the three collegiate games at Memphis.

  • Now we've been evaluating Wiseman for what seems like forever, since he was a 15 year old at USA Basketball Camps on the Feed A circuit Nike, you IBL, McDonald's All American Jordan brand classic Nike Hoops Summit and then during his brief Memphis career.

    今、私たちは、彼がフィードA回路ナイキでUSAバスケットボールキャンプで15歳だったので、永遠のように思えるもののためにワイズマンを評価してきました、あなたはIBL、マクドナルドのオールアメリカンジョーダンブランドの古典的なナイキフープスサミットとその後、彼の短いメンフィスのキャリアの間に。

  • But your average MBA executive, I'm talking president.

    しかし、あなたの平均的なMBAの幹部は、私は社長の話をしています。

  • I'm talking general manager.

    総支配人の話をしています。

  • Maybe they caught a little bit of the Hoop Summit week.

    フープサミットの週に少し釣られたのかもしれません。

  • Maybe they were at Memphis Pro Day or the Oregon game, but they're simply not as big of a resume to go off of as compared to an Anthony Edwards or maybe a collegiate upperclassmen so a little bit more uncertainty there surrounding Wiseman.

    メンフィスのプロデーやオレゴンの試合に出ていたかもしれませんが、アンソニー・エドワーズや大学の上級生に比べて、彼らの履歴書はそれほど大きくないので、ワイズマンの周りにはもう少し不確実性があります。

  • There have always been some questions about the toughness that resolve the feel for the game.

    ゲームの感触を解決するタフさには、以前から疑問がありました。

  • But when you strip away all the drama at Memphis, okay, you still have a kid who's near 7 ft one and is a physical Marvel runs as well as any big man prospect I've ever seen.

    しかし、メンフィスですべてのドラマを取り除くとき、大丈夫、あなたはまだ7フィート1の近くにあり、物理的なマーベルは、私が今まで見てきた任意の大男の見通しと同様に実行されている子供を持っています。

  • On top of that has potential to space the floor as a shooter, shows you glimpses as a ball handler and could be a nice bit in today's game defensively, with his ability to protect the rim of the high level and maybe even step out and switch ball screens eventually.

    その上で、シューターとして床を空ける可能性があります、ボール ハンドラーとしての垣間見ることができますし、高レベルのリムを保護する彼の能力と守備的に今日のゲームでは良いビットになる可能性がありますし、多分もステップアウトし、最終的にボール スクリーンを切り替える。

  • So I do think there's been a level of nit picking going on with him, both from NBA teams and from media members.

    だから、NBAのチームからもメディアからも、彼のことを気にしている人がいると思います。

  • So as long as he lands in the right situation, an NBA team that's gonna force him to focus on the little things first rebounding, protecting the rim, guarding, picking role and finishing, then he's got a chance to down the road continue to add those skill pieces and eventually being all star someday if he completely buys in.

    だから、彼が適切な状況にある限り、NBAのチームが彼に最初の小さなことに集中することを強制するだろうリバウンド、リムの保護、ガード、ピッキングの役割と仕上げ、その後、彼は将来的にこれらのスキルピースを追加し続けるチャンスを持っているし、彼が完全に納得すれば、最終的にはいつかオールスターになることができます。

  • Thanks for watching ESPN on YouTube for live streaming sports and premium content.

    スポーツとプレミアムコンテンツのライブストリーミングをYouTubeでESPNをご覧いただきありがとうございます。

I will be attending the University of Memphis.

メンフィス大学に通うことになりました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ワイズマン メンフィス ボール ハンドラー シューター ディフェンダー

ジェームズ・ワイズマンのジョエル・エンビードのような資質で2020年のNBAドラフト1位になる可能性も|ESPN (James Wiseman’s Joel Embiid-like qualities could make him the #1 pick in the 2020 NBA Draft | ESPN)

  • 3 0
    林宜悉 に公開 2020 年 11 月 16 日
動画の中の単語