Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Transcriber: TED Translators Admin Reviewer: Rhonda Jacobs

    書き起こし者。TED翻訳者管理レビュアー。ロンダ・ジェイコブス

  • The air smelled smoky and sulfurous.

    空気からは硫黄臭が漂っていた。

  • I just stepped off a rickety train to Korba,

    コルバ行きのガタガタ電車を降りたところです。

  • deep in the Indian state of Chhattisgarh,

    インドのチャティスガル州の奥地。

  • and home to a dozen coal power plants

    十数基の石炭発電所を擁する

  • and India's largest open-pit coal mine.

    とインド最大の露天掘り炭鉱。

  • There it is,

    そこにあります。

  • a literal hellscape,

    文字通りの地獄絵図。

  • complete with infernal fires that burn 24/7.

    24時間365日燃え続ける地獄の火がある。

  • But, in Korba, coal is life.

    しかし、コルバでは石炭が命。

  • Most people I talked to accepted

    私が話したほとんどの人は

  • that the coal economy powers their livelihoods,

    石炭経済が彼らの生活を支えていることを。

  • but it is slowly killing them.

    しかし、それはゆっくりと彼らを殺しています。

  • Here's a community next door to a coal plant.

    ここは石炭発電所の隣にあるコミュニティです。

  • They wake every morning to homes coated in a fresh layer of ash

    毎朝目を覚ますと 灰の層に覆われた家があります

  • from the smoke that the plant belches.

    植物が吐く煙から

  • Korba is one of the most critically polluted places on the planet.

    コルバは、地球上で最も汚染された場所の一つです。

  • And it's not just coal country that's hurting,

    苦しんでいるのは石炭の国だけではない。

  • all of India has a deadly addiction to fossil fuels.

    インドのすべてが化石燃料に致命的な中毒性を持っています。

  • India's home to 22 of the world's 30 most polluted places on the planet.

    インドは世界で最も汚染されている30の場所のうち22の場所に位置しています。

  • In Delhi, the capital,

    首都デリーでは

  • residents lose 9.4 years off their life expectancy on average.

    住民は平均寿命を9.4年縮めています。

  • In 2020, the skies briefly cleared during the coronavirus lockdown,

    2020年には、コロナウイルスのロックダウンの間、空は一時的に晴れた。

  • as cars stayed off the roads, factories shuttered

    車離れ、工場閉鎖

  • and power plants ramped down.

    と発電所が暴走した。

  • But the economic dislocation

    しかし、経済的な混乱は

  • has put 400 million Indians at risk of falling deeper into poverty.

    は4億人のインド人を貧困に陥る危険にさらしている。

  • India should not have to sacrifice development for breathable air.

    インドは通気性の良い空気のために開発を犠牲にしてはいけない。

  • There is a better way.

    もっと良い方法があります。

  • For India has a historic opportunity to industrialize using clean energy.

    インドにはクリーンエネルギーを使った産業化の歴史的なチャンスがあります。

  • That opportunity is why I moved halfway around the world

    それがきっかけで、世界の半分を移動しました。

  • from the US to India to join ReNew Power,

    アメリカからインドへ、ReNew Powerに参加するために。

  • India's largest renewable energy company, as CTO.

    インド最大の再生可能エネルギー企業、CTOに就任。

  • After two years of crisscrossing the country,

    2年後には全国各地でクリスマスイブ。

  • I've seen green shoots everywhere,

    緑の新芽をあちこちで見かけるようになりました。

  • of a budding clean energy boom,

    クリーンエネルギーブームの芽が出てきています。

  • daring me to hope

    願ったりかなったり

  • that India can pull off the world's most important energy transition.

    インドは世界で最も重要なエネルギー転換を成功させることができるのです。

  • Its choices will make or break the world's fight against climate change,

    その選択が、気候変動に対する世界の戦いを左右する。

  • for if India chooses fossil fuels to power its growing economy,

    もしインドが化石燃料を選択して成長する経済を支えているのであれば

  • its carbon emissions could explode,

    その炭素排出量は爆発的に増加する可能性があります。

  • making it the world's number one emitter later this century.

    今世紀後半には世界第1位の排出量を誇るようになりました。

  • Still, for most Indians fossil fuels are a luxury.

    それでも、ほとんどのインド人にとって化石燃料は贅沢品である。

  • Most live in rural areas,

    ほとんどが地方に住んでいます。

  • and wood, cow dung and bioenergy sources

    と木材、牛糞、バイオエネルギー源

  • account for two-thirds of household energy use.

    家庭のエネルギー使用量の3分の2を占めています。

  • Just six percent of Indians own cars,

    インド人のわずか6%が車を所有している。

  • and two percent have air conditioning.

    と2%がエアコンをつけています。

  • Indians will need far more energy

    インド人ははるかに多くのエネルギーを必要とするだろう

  • to escape poverty and live modern, dignified lifestyles.

    貧困を脱し、現代的で尊厳のある生活を送るために。

  • By 2050 most will live in cities,

    2050年までには、ほとんどの人が都市部に住むことになるでしょう。

  • and they'll want to drive to work and cool their homes.

    と、車で通勤して家を冷やしたくなる。

  • Along the way, India will become the world's most populous country,

    そうしているうちに、インドは世界で最も人口の多い国になります。

  • home to 1.6 billion people by mid-century.

    世紀半ばまでに16億人が住んでいます。

  • Its economy could multiply tenfold;

    その経済は10倍になるかもしれない。

  • its energy needs could quadruple.

    そのエネルギー必要量は4倍になる可能性があります。

  • Today, coal, oil and gas supply three-quarters of India's energy,

    現在、石炭、石油、ガスはインドのエネルギーの4分の3を供給しています。

  • producing electricity, fueling vehicles and powering India's factories.

    電気を生産し、自動車に燃料を供給し、インドの工場に電力を供給しています。

  • If, by 2050, India still gets the same proportion from fossil fuels,

    2050年までにインドが化石燃料から得られる割合が変わらないとしたら

  • it'll be a disaster for everyone,

    みんなに災難が降りかかる

  • not least local populations,

    少なくとも地域住民ではない。

  • vulnerable to pollution, climate change or rapacious new coal mining.

    公害、気候変動、または強引な新炭鉱の採掘に脆弱である。

  • Instead, India can make renewable energy the beating heart of a reimagined economy

    その代わりに、インドは再生可能エネルギーを再生可能な経済の心臓部にすることができます。

  • by achieving three audacious goals all at the same time.

    3つの大胆な目標を同時に達成することで

  • It's a route no country in history has ever taken,

    歴史上どこの国も通ったことのないルートだからな。

  • but it is possible,

    しかし、それは可能です。

  • and this moment demands it.

    この瞬間にそれを要求している

  • First, India will need to build solar and wind power

    まず、インドは太陽光発電と風力発電を構築する必要がある

  • at an unprecedented scale and speed,

    前代未聞の規模とスピードで

  • replacing coal-fired power plants.

    石炭火力発電所に代わる

  • Second, India will need to extend the reach of that renewable energy

    第二に、インドは再生可能エネルギーの利用範囲を拡大する必要がある。

  • to power sectors of the economy like industry and transportation

    産業や輸送などの経済部門に電力を供給するために

  • that haven't traditionally used electricity.

    伝統的に電気を使ってこなかった

  • And third, India must become radically more energy-efficient.

    そして第三に、インドはエネルギー効率を抜本的に高めなければなりません。

  • Here's my plan to achieve all three goals.

    3つの目標をすべて達成するための私の計画がここにあります。

  • First, India must build thousands of gigawatts of solar and wind power.

    まず、インドは数千ギガワットの太陽光発電と風力発電を建設しなければならない。

  • To put this in context,

    これを文脈に当てはめると

  • it will be more than enough renewable energy to power all of America.

    全米の電力を賄うのに十分な再生可能エネルギー以上のものになるでしょう。

  • Fortunately, India is blessed with abundant sunshine.

    幸いなことに、インドは豊富な太陽に恵まれています。

  • In theory, you could supply all of its energy needs

    理論的には、必要なエネルギーをすべて供給することができます。

  • by tapping the sunlight

    日光を叩いて

  • that shines on less than 10 percent of India's wastelands.

    インドの荒地の10%以下に輝く

  • India also has substantial untapped wind potential

    また、インドには未開発の風力発電の可能性があります。

  • on land and offshore.

    陸上と海上で。

  • Wind and solar complement each other

    風と太陽はお互いを補完し合う

  • because the wind often blows harder when it's less sunny,

    日当たりが悪いと風が強く吹くことが多いからです。

  • like during the monsoon rains.

    モンスーンの雨の時のように

  • Here's some even more exciting news:

    さらに嬉しいニュースをご紹介します。

  • Wind and solar power are now cheaper than coal power,

    風力発電や太陽光発電は石炭発電よりも安くなりました。

  • and it costs less to build a solar farm in India

    インドで太陽光発電所を建設する方がコストがかからない

  • than anywhere else in the world.

    世界のどこよりも

  • Batteries have also become dramatically cheaper,

    電池も劇的に安くなりました。

  • making it possible to store and deliver energy on demand.

    需要に応じてエネルギーを貯蔵し、供給することを可能にします。

  • Thanks to falling costs, renewable energy has risen rapidly,

    コストが下がったおかげで、再生可能エネルギーは急速に上昇しています。

  • but it will need to grow even more explosively

    さらなる爆発的な成長が必要になる

  • through mid-century.

    世紀半ばまで。

  • This is the critical decade to invest in solar and wind power

    太陽光発電や風力発電に投資するには、今が正念場の10年です。

  • and avoid locking in new, long-lived coal power plants.

    と、新たな長寿命の石炭発電所の固定化を避ける。

  • India must also urgently expand its grid

    インドも早急にグリッドを拡大しなければならない

  • to deliver power for massive solar and wind plants

    大規模太陽光発電所や風力発電所に電力を供給するために

  • in the sun-soaked deserts of Rajasthan or the windy coast of Gujarat,

    ラジャスタン州の日当たりの良い砂漠やグジャラート州の風の強い海岸で。

  • to energy-hungry cities like Mumbai.

    ムンバイのようなエネルギーを必要とする都市へ。

  • Not all renewables should be built at massive scale.

    すべての自然エネルギーが大規模に建設されるべきではない。

  • Distributed solar,

    分散型ソーラー。

  • on the rooftops of warehouses or the outskirts of sprawling cities,

    倉庫の屋上や広大な都市の郊外で。

  • can produce power close to where it's needed.

    必要な場所の近くで発電することができます。

  • Now, to be sure, nuclear and hydropower

    さて、確かに原発と水力発電は

  • will be essential to energy transitions around the world.

    は、世界中のエネルギー移行に欠かせないものとなるでしょう。

  • But India simply lacks the state capacity needed

    しかし、インドは単に必要とされる国家の能力が不足しているだけです。

  • to build complex pricey projects at a breakneck pace,

    複雑で高価なプロジェクトを猛スピードで構築することができます。

  • and all that push to build renewable wind and solar power

    再生可能な風力発電と太陽光発電を構築するためのすべてのプッシュと

  • best plays to India's strengths.

    インドの強みを生かした最高のプレー

  • The second audacious goal

    第二の大胆なゴール

  • is to use renewable energy across the economy,

    は、経済全体で再生可能エネルギーを利用することです。

  • including in sectors like industry and transportation

    産業・運輸業を含む

  • that don't use electricity today.

    今日は電気を使わない

  • As rising renewable energy makes the power grid cleaner,

    再生可能エネルギーの増加により、電力網がよりクリーンになります。

  • India should make all of its trains run on electricity

    インドはすべての列車を電気で走らせるべきである

  • and move more heavy freight from heavy trucks to rail.

    と、大型トラックから鉄道へと、より多くの重量貨物を移動させます。

  • India's road vehicle fleet can also go electric.

    インドの路上走行車も電気自動車になる可能性がある。

  • Now, to be clear,

    さて、はっきりさせておきます。

  • we're mostly not talking about these electric vehicles,

    この電気自動車の話はほとんどしていません。

  • but these.

    しかし、これらの

  • Two- and three-wheelers

    二輪車と三輪車

  • make up more than 80 percent of India's vehicle fleet.

    はインドの自動車の80%以上を占めています。

  • To accelerate the adoption of electric scooters and rickshaws,

    電動スクーターや人力車の普及を加速させる。

  • India should build out charging stations

    インドは充電ステーションを建設すべき

  • and beef up local power grids

    地域の電力網を強化する

  • to handle the influx of electricity demand.

    電力需要の流入に対応するために

  • Still, electrification won't work everywhere.

    それでも電化はどこでも通用しない。

  • It may not be possible to use electricity to power some heavy industrial processes

    重工業の一部の工程を電気でまかなうことはできないかもしれません。

  • in the fast-growing steel, cement, fertilizer and petrochemical sectors.

    鉄鋼、セメント、肥料、石油化学の各分野で急成長を遂げています。

  • Plants may need to add equipment

    工場では設備の追加が必要な場合があります

  • to capture carbon emissions from burning fossil fuels.

    化石燃料を燃やして排出される炭素を捕捉するために

  • Another solution could be clean hydrogen.

    もう一つの解決策は、クリーンな水素かもしれません。

  • Surplus renewable electricity can run machines called electrolyzers

    余った再生可能な電気は、電解槽と呼ばれる機械を動かすことができます。

  • that can split water into oxygen and green hydrogen fuel.

    水を酸素と緑の水素燃料に分けることができる

  • That hydrogen can then power applications in transportation and industry,

    その水素は、輸送や産業界での応用が可能になります。

  • such as making steel or chemicals.

    鉄鋼や化学品の製造など。

  • Hydrogen can also act as a sort of battery,

    水素は電池の一種としても機能します。

  • storing surplus wind and solar power to be used later.

    余った風や太陽光発電を蓄えて後から使えるようにする。

  • Finally, the third goal is to radically improve energy efficiency.

    最後に、3つ目の目標は、エネルギー効率を抜本的に改善することです。

  • If there's any country in the world where efficiency is all-important,

    効率が全てという国があるとしたら

  • it's India.

    インドだよ。

  • Even if India builds a massive supply of renewable energy

    インドが再生可能エネルギーの大量供給を構築しても

  • and extends the reach of that energy by stitching together its economy,

    そして、その経済を縫い合わせることで、そのエネルギーの到達範囲を広げています。

  • it won't be enough without energy efficiency.

    エネルギー効率が良くないと物足りなくなる。

  • Because if India's voracious demand for energy rises too quickly,

    インドのエネルギーに対する貪欲な需要が急上昇しすぎると

  • it'll have to fill the gap with polluting fossil fuels.

    汚染する化石燃料で埋めるしかないだろう。

  • Here's a crazy statistic:

    ここにキチガイ統計があります。

  • Just to power the insane demand for air conditioning,

    エアコンの非常識な需要をパワーにするだけ。

  • India will need to add 70 percent of the power system capacity

    インドは電力システムの70%の容量を追加する必要がある

  • of all of Europe today.

    今日のヨーロッパ全体の

  • And because much of India is hot and humid,

    そして、インドの多くは高温多湿だからです。

  • air conditioning demand will peak during sweaty nights,

    汗ばむ夜に冷房需要がピークを迎える

  • making it tough for solar to power ACs.

    太陽光発電でACを動かすのは難しい。

  • But far more efficient air conditioners could make it possible

    しかし、はるかに効率的なエアコンは、それを可能にする可能性があります。

  • to power the aspirations of a rising middle class

    中産階級の志を力にするために

  • with renewable energy.

    再生可能エネルギーで

  • India's big advantage is that it's largely a clean slate.

    インドの大きな利点は、大部分がクリーンな状態であることです。

  • An incredible 70 percent of India's infrastructure in 2030

    2030年にはインドのインフラの70%という驚異的な数字

  • hasn't been built yet.

    まだ建てられていません。

  • That presents a huge opportunity to enact stringent efficiency standards

    それは、厳格な効率基準を制定するための大きなチャンスを提供します。

  • and design energy-efficient buildings and cities.

    とエネルギー効率の高い建物や都市を設計します。

  • Still, there are warning signs

    それでも、警告のサインがあります。

  • that India's energy transition could sputter out.

    インドのエネルギー移行がスパッタリングアウトする可能性があることを

  • COVID-19 sharply slowed

    COVID-19急減速

  • the building of new renewable energy plants.

    新しい再生可能エネルギープラントの建設

  • Even larger challenges loom.

    さらに大きな課題が迫ります。

  • First, India's electricity distribution utilities

    まず、インドの配電事業者

  • are mismanaged, economically fragile

    不良経営で経済的にもろい

  • and forced by many states

    と多くの州から強制されて

  • to subsidize power to farmers and residential customers.

    農家や住宅の需要家に電力を補助するために

  • India needs reforms

    インドには改革が必要

  • to more efficiently combat energy poverty

    エネルギー貧困との戦いをより効率的にするために

  • while overhauling unprofitable utilities so they can pay for clean energy on time.

    その一方で、不採算の公益事業を分解し、クリーンエネルギーの支払いを期限内に行えるようにしています。

  • Doing so will make it possible

    そうすることで、それが可能になります。

  • to raise trillions of dollars at home and abroad

    国内外で何兆円もの資金を調達する

  • to finance India's clean energy transition.

    インドのクリーンエネルギー移行のための資金調達のために

  • Second, that transition will stall without new and improved technologies.

    第二に、新しい技術や改良された技術がなければ、その移行は停滞する。

  • Here's an economic opportunity

    ここに経済的なチャンスがある

  • for India to cultivate advanced clean energy industries.

    インドが先進的なクリーンエネルギー産業を育成するために

  • In the future, India should manufacture and export

    将来的には、インドが製造・輸出すべき

  • energy-efficient air conditioners,

    エネルギー効率の高いエアコン

  • electric two- and three-wheelers

    電動二輪車

  • and equipment to produce and use hydrogen.

    と水素を製造して使用するための機器を紹介します。

  • India's already strong in wind power manufacturing,

    インドはすでに風力発電の製造に強い。

  • and it could become a global leader in digital energy technologies.

    デジタルエネルギー技術の世界的なリーダーになる可能性があります。

  • The international community can help here

    国際社会は、ここで支援することができます。

  • by funding innovation to make India's energy transition faster

    インドのエネルギー移行を迅速化するためのイノベーションに資金を提供することで

  • and more affordable.

    と、より手頃な価格になっています。

  • Countries like the United States

    アメリカのような国

  • should help fund public procurement of advanced air conditioners

    先進的なエアコンの公共調達に資金を提供すべきである

  • and partner to build projects on the ground in India

    とパートナーを組んで、インドの地でプロジェクトを構築します。

  • that demonstrate critical technologies,

    重要な技術を示す

  • such as long-duration energy storage and carbon capture.

    長時間のエネルギー貯蔵や炭素捕獲などのような

  • Finally, coal isn't going away without a fight.

    ついに石炭は戦わずしてなくならなくなりましたね。

  • It's big business in India.

    インドではビッグビジネスです。

  • Near Korba, India's coal capital,

    インドの石炭の都コルバの近く。

  • private companies are pushing ahead to expand coal mining,

    民間企業が石炭採掘の拡大に邁進している。

  • even deforesting an elephant preserve to dig out the coal underneath.

    象の保護区を伐採して下の石炭を掘り出したりもしました。

  • I witnessed the destruction firsthand.

    私は破壊を目の当たりにしました。

  • But for every Korba there is a Kutch.

    しかし、すべてのコルバのためにクッチがあります。

  • In this wind-swept region of Gujarat, I gaped

    風が吹き荒れるグジャラート州のこの地域で、私は、あえぎました。

  • as construction crews hoisted 70-ton nacelles

    建設作業員が70トンのナセルを吊り上げました。

  • atop towers taller than a football field is long.

    サッカー場よりも高い塔の上は長い。

  • The wind turbine blades are manufactured in India,

    風車のブレードはインドで製造されています。

  • and the electricity they'll go on to generate

    そして、彼らが生み出す電気は

  • will help power economic growth.

    が経済成長を後押しする。

  • Renewable energy offers India a cleaner and more prosperous future

    再生可能エネルギーは、よりクリーンで豊かな未来をインドに提供します。

  • than coal ever can.

    石炭よりも

  • Unless we hasten the transition,

    移行を急がない限り

  • air pollution and climate change will continue to ravage the country

    大気汚染と気候変動は国を襲う

  • and endanger the planet.

    と地球を滅ぼす。

  • So, let's get to work.

    では、仕事に取り掛かろう。

  • Thank you.

    ありがとうございます。

Transcriber: TED Translators Admin Reviewer: Rhonda Jacobs

書き起こし者。TED翻訳者管理レビュアー。ロンダ・ジェイコブス

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 インド エネルギー 発電 石炭 風力 再生

クリーンエネルギーを利用した工業化はインドにとって歴史的なチャンス|Varun Sivaram (India’s historic opportunity to industrialize using clean energy | Varun Sivaram)

  • 1 0
    林宜悉 に公開 2020 年 11 月 16 日
動画の中の単語