Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • -Our next guest is a very talented actor and comedian.

    -次回のゲストは、超実力派俳優・お笑い芸人。

  • Comedian -- he's one of the best comedians.

    お笑い芸人で最高の芸人の一人です。

  • He's the host of the "WTF" podcast

    彼はポッドキャスト「WTF」のホストです。

  • and stars in the new film "Stardust,"

    新作映画「スターダスト」で主演を務める

  • which is in theaters and on demand starting November 25th.

    は11月25日から劇場公開され、オンデマンドでも公開されています。

  • Here is Marc Maron.

    マーク・マロンです。

  • Marc, look at you. -How are you, man?

    マーク 見てみろよ-元気か?

  • -You look great. -I'm outside, Jimmy.

    -元気そうだな-外にいるよ ジミー

  • I'm outside. -That's what I'm talking about.

    (達也)外にいるよ-(達也)そういうことだよ

  • You're outside. All right, all right.

    外にいるんだわかった、わかった。

  • -All right, already. What are we doing?

    -もういいよ何をするんだ?

  • -I love that you're outside. -...doing outside?

    -外にいるのが好きなんだ-外で何してるの?

  • I got the trees here. -I would do the same thing.

    ここに木がある-私も同じことをします

  • I would do the same thing.

    私も同じことをします。

  • -I'll tell you, I miss something, though,

    -(山里)何か懐かしいですけどね (トリンドル)そうですね

  • about being in this --

    この中にいることについて

  • I don't know how you're handling this,

    どうやって対応してるのかわからない。

  • but one of the things I used to enjoy about doing the show

    でも、この番組をやっていて楽しかったことの一つは

  • is in the dressing room you had the nice cookies

    楽屋でクッキーを食べたんだよ

  • and maybe a t-shirt. Now are they being sent to me?

    そしてTシャツかもしれません。今は私のところに送られてくるの?

  • Because that's one of the reasons --

    それが理由の一つだから...

  • it's not the only reason I do it,

    それだけが理由でやっているわけではありません。

  • but am I getting the cookies?

    でもクッキーは貰えるのかな?

  • -Of course you are. -Thank you.

    -(達也)そうだよね (みのり)そうだよね-(半田)ありがとうございます

  • Because I don't know how this is going to go without the cookies.

    クッキーがないとどうなるかわからないからな

  • I like to be jammed on sugar every time I talk to you

    話をするたびに砂糖をかけられているのが好き

  • so I can keep up.

    だから私はついていくことができます。

  • -Well, Marc, it's been a long week for everybody.

    -マーク みんな大変な一週間だったわね

  • But you -- -Oh my God, thank God!

    でもあなたは...

  • Right? I mean, jeez.

    だろ?つまり、うっそー。

  • I thought I was going to have to leave the country,

    と思っていました。

  • and that's not easy now. I had a big plan.

    今では簡単ではありません私には大きな計画がありました

  • But if you want to get out, you can't. You know why?

    でも、出たくても出られない。なぜかわかるか?

  • Because, we're plague-infected pig people

    疫病に感染した豚民族だから

  • who can't behave like responsible adults.

    責任ある大人のように振る舞えない人は

  • You can't even go to another country.

    他の国に行くこともできない。

  • It's like, "I'm from America,

    アメリカから来た」って感じですね。

  • I'd like to spend a year in Ireland."

    アイルランドで1年過ごしたい"

  • "Sorry, you plague-infected pig person

    "疫病に感染した豚の人「ごめんね

  • who can't act like a responsible grown-up."

    "責任ある大人の振る舞いができない人"

  • "But I have my mask." "Well, tell that to the other

    "でも私はマスクを持っている""それを他の人に言って

  • pig people that live in your country.

    お前らの国に住んでる豚民族

  • You plague ridden monster." [ Laughter ]

    You plague ridden monster.[ Laughter ]

  • "Look at you, you plague- infected pig person."

    "疫病に感染した豚野郎"

  • [ Laughter ]

    [ Laughter ]

  • So, I'm glad that I can stay in the country

    だから、田舎にいられるのが嬉しい

  • because I would've had to, like, you know, mail myself somewhere.

    自分でどこかに郵送しないといけないからね

  • Just for a little while. -But you got out.

    ちょっとだけね-でも出たんだね

  • You said, "I'm not watching this.

    見ていない」と言っていましたね。

  • I got to get away somewhere."

    "どこかに逃げないと"

  • -Oh, I did, yeah, for the actual election, I'm like,

    -実際の選挙の時はね

  • "What's the point of maps and numbers for three days

    "3日間の地図と数字の意味

  • that aren't going to go anywhere, but sit there

    留まっているだけの

  • and make you go like, 'Oh, my God!

    とか言ってみたりして。

  • Is he going to win?'" -Yeah.

    "勝つのかな?"-(山里)そうですね

  • -So, I went to up to Big Sur, and I went to a hotel

    -ビッグサーまで行って ホテルに泊まったんだ

  • where there was spotty wi-fi, spotty cell coverage,

    wi-fiや携帯電話の電波が 届かない場所で

  • just me alone with my thoughts,

    私一人で考えている

  • and it was nice to really experience

    実体験できてよかった

  • the pure existential panic and fear

    純粋な実存的パニックと恐怖

  • without being interrupted by

    抜きにして

  • televised existential panic and fear.

    テレビで見た実存的なパニックと恐怖

  • It was surprising.

    びっくりしました。

  • The small amount of information I was getting

    私が得ていた情報量の少なさは

  • was enough for me to freak out without any input whatsoever.

    は何も入力しなくてもビビってしまうほどでした。

  • So, I was there looking at the ocean,

    だから、私はそこで海を見ていました。

  • just sitting there going like, "Oh, man, we're in trouble, man.

    ただ座っているだけで 「ヤバいぞ、ヤバいぞ」と思っていた。

  • This is not going well, but it's pretty.

    これはうまくいってないけど、可愛いですね。

  • Look at the birds." -Yeah.

    "鳥を見て"-(徳井)うん

  • -So a couple of sweaty nights of panic but no TV.

    -汗だくになりながらもテレビを見ない夜を過ごしていた。

  • And I got home right in time yesterday to catch

    そして、昨日は時間通りに家に帰ってきて

  • what was the turning point, which was very exciting.

    何がターニングポイントだったのか、非常に盛り上がりました。

  • And, I guess they voted out COVID too,

    あと、COVIDも投票したんだろうな。

  • no more COVID, which is nice.

    COVIDが無くなったのはいいことです。

  • That's a relief, because I was getting tired of that.

    飽きてきていたので助かりました。

  • -Next thing they have to vote out

    -次は投票してもらわないと

  • is quarantine sourdough bread.

    は、検疫サワードパンです。

  • -Dude, I think that's over.

    -もう終わりだな

  • I saw that kind of trickle away within three months.

    3ヶ月でそういうのがトリコになっていくのを見た。

  • You got these like, hipster dads and cute young moms like,

    あなたは、これらのようなヒップスターのパパとかわいい若いお母さんのようなものを持っています。

  • "Look at the bread I made."

    "私が作ったパンを見て"

  • But now they're just like, "Where I bury my family?"

    でも今は「家族をどこに埋葬すればいいの?

  • "I couldn't -- I -- [ Laughter ]

    "I couldn't -- I -- [ Laughter ]

  • The bread didn't hold me back.

    パンは私を引き止めてくれなかった。

  • Enough with the bread, what do I do with the bodies?"

    パンはもういい、死体はどうすればいい?"

  • -That was all fake. [ Laughing ]

    -あれは全部偽物だ全部偽物だ

  • It was covering up, yeah, something deep.

    隠蔽していたんだ、ええ、何か深いものを。

  • -Yeah. Oh, yeah. Just fury.

    -(アルマン)うん(徳井)そうなんですよ怒りだ

  • Just like, "This will be fun. Look, dad's making bread."

    "楽しそうだな "みたいな"パパがパンを作ってる"

  • Three months later, "Dad's a monster."

    3ヶ月後の "パパはモンスター"

  • -Dad's getting a divorce. -"Make some more bread."

    -(山里)パパが離婚するんですよ-"もっとパンを作って"

  • "The bread's over. Give me some candy."

    "パンは終わったよお菓子をちょうだい"

  • -So, I take it you haven't done any baking, then?

    -(美咲)では パンとか焼いてないんだよね?

  • -Well, you know, I do enjoy cooking.

    -料理は好きなんだけどね

  • I'm shucking my own oysters.

    自分で牡蠣をしゃぶしゃぶしています。

  • And that's not code. Well, I guess it is,

    それはコードじゃないまあ、そうなんだろうな。

  • 'cause I'm doing that too. But I'm actually --

    私もそうしているから。でも実は...

  • [ Laughter ]

    [ Laughter ]

  • I'm actually -- -Oh, my gosh.

    実は...

  • -I'm actually -- -Are you really?

    -実は...

  • -I buy oysters and I shuck them.

    -牡蠣を買ってきて 殻をむく

  • I learned how to shuck them for the -- you know,

    殻の剥き方を習ったんだが...

  • I'm going to need to know that in the future.

    今後はそれを知っておく必要がありますね。

  • -Do you wear a chain glove?

    -チェーングローブは?

  • -No, no, no. I watched a video. I'm getting better at it.

    -(アルマン)いやいやいや...動画を見ました。上手くなってきた

  • But I like to eat the oysters.

    でも、私は牡蠣を食べるのが好きなんです。

  • I do baking. I enjoy -- like I got it

    パン作りをしています。私は楽しんでいます...

  • in my head last week -- a couple weeks ago,

    先週頭に浮かんだのは数週間前だ

  • I'm going to make this cake.

    このケーキを作ろうと思っています。

  • 'Cause I have the "New York Times" cooking app,

    料理アプリ「ニューヨークタイムズ」を持ってるから。

  • or the Instagram for "New York Times" cooking,

    またはインスタグラムで「ニューヨークタイムズ」の料理を紹介しています。

  • and cakes will come through.

    とケーキが通るようになります。

  • And one day, I'm just sort of like, "Aw, man, life sucks.

    そしてある日、私はある種、"人生は最悪だ "と思った。

  • I'm going to make that cake, and I put a lot of work into it.

    あのケーキを作ろうと思って、力を入れて作ったんです。

  • Got it -- You need a Bundt pan,

    わかったわ バンズフライパンが必要ね

  • and you've got to poke holes in it to pour the butter into.

    で、バターを入れるために穴を開けておく。

  • It was a complicated bit of business,

    ややこしいことになっていました。

  • and I screwed up the last step. And I knew it --

    最後のステップを台無しにしてしまった私はそれを知っていた...

  • -Yep. -As I did it, like,

    -(山里)そうですね (徳井)やってみましたね

  • I screwed up the cake.

    ケーキを台無しにしてしまった

  • But I'm like, it's probably still okay, I'll just --

    でも、私は、多分、まだ大丈夫だと思う、私はただ...

  • it's going to come out of the pan, and I turn over

    鍋から出てきそうでひっくり返すと

  • the Bundt pan to take the cake out,

    ケーキを取り出すための外套パン。

  • and it's stuck in the Bundt pan. So now I'm just like livid.

    バントパンにはまってしまっただから今はもう腹が立って仕方がない。

  • I'm furious, and I'm like, [bleep] it,

    激怒して、[ピッ]とした。

  • I'm throwing it away.

    捨てています。

  • So I start ripping the cake with my hands.

    そこで私は手でケーキを裂き始める。

  • Hot cake, with my hands, out of the Bundt pan

    ホットケーキを手で持って、外灘パンの外へ

  • and throw it in the garbage.

    と言ってゴミ箱に捨てる。

  • But I took a fistful of it.

    でも、こぶし一杯取った。

  • Like, it's equivalent to maybe a piece or two,

    多分1枚か2枚に相当するような。

  • and just start shoving it in my mouth,

    と口に突っ込み始める。

  • and they're throwing the rest away,

    と残りを投げ捨てている。

  • shoving the hot cake in my mouth, which was terrific.

    熱々のケーキを口に突っ込んでくるのが凄かった。

  • So -- But the problem was, I got all the food shame

    それで... だが問題は食の恥をかかされたことだ

  • without the pride.

    プライドのない

  • I screwed up the cake,

    ケーキを台無しにしてしまった

  • and was just angry at myself, and I was eating it

    と自分に腹を立てて食べていたら

  • by the handful, which made me feel like a pig.

    豚のような気分にさせてくれた一握りの手で。

  • And so there was no joy. Very little joy.

    だから喜びはなかった喜びはほとんどなかった

  • -Yeah. No. -Just shame and fury.

    -そうだな恥と怒りだけだよ

  • But, a week later, I nailed it.

    しかし、一週間後には釘付けになりました。

  • Made the cake, and it came out perfect.

    ケーキを作ってみたら、完璧に出来上がりました。

  • But then, the other problem is,

    しかし、そうなると、もう一つの問題は

  • I was like very proud of my cake, but I live alone.

    ケーキが自慢みたいな感じでしたが、一人暮らしです。

  • So, now I got to figure out how to unload the cake.

    どうやってケーキを降ろすか考えないとな

  • So, I'm out in the street with my mask on.

    だから、マスクをして外に出ている。

  • My neighbor's cleaning his car, I'm like, "Troy, you want cake?

    近所の人が車を掃除しているので、私は「トロイ、ケーキ食べる?

  • How about some cake?" And Troy's like, "Yeah."

    "ケーキはどう?"トロイは「うん」と言った。

  • So, I go in the house, I bring Troy some cake,

    家に入って トロイにケーキを持ってくる

  • and then I give it to him, and that puts you

    それを彼に渡すと、あなたは

  • in a weird situation, 'cause two hours later

    妙なことになってしまった

  • I'm kind of hanging around outside looking for Troy, like,

    トロイを探して外をウロウロしてるんだ

  • "Hey, how was the cake? Cake pretty good?"

    "ケーキはどうだった?ケーキはどうだった?"

  • And then he's like, "It's a little sweet."

    そして、"ちょっと甘い "と言っています。

  • And I'm like, "What the [bleep] do you want?

    私は「何がしたいの?

  • It was free cake." I didn't say that part out loud.

    "タダのケーキだった"そこは声に出して言ってないよ

  • But that's what I was thinking about it.

    でも、そんなことを考えていました。

  • -Don't judge. You just say it was good

    -決めつけないで"良かった "って言ってくれればいいんだよ

  • and you go back inside.

    と言って中に戻る。

  • -But then he said as I'm walking away, he goes,

    -(山里)でも "私が出て行く時に "って言ったんですよね

  • "You should open a bakery."

    "パン屋を開くべきだ"

  • So I guess this is the announcement.

    ということで、今回の発表ですね。

  • I'm opening a bakery. -This is not true.

    パン屋を開業します-(半田)そんなことないよ

  • Before we get into your bakery,

    パン屋さんに入る前に

  • I want to talk about "Stardust."

    "スターダスト "の話をしたい

  • Because I'm very excited about this.

    なぜなら、私はこれにとても興奮しているからです。

  • I'm very, very excited about this.

    これはとても、とても楽しみです。

  • I love David Bowie. -Yeah.

    デヴィッド・ボウイが大好きです-(徳井)そうですね

  • -And this is a story -- a very specific time in bowie's life.

    -これはボウイの人生の中で 非常に特殊な時期の話だ

  • -Right, this is getting --

    -これは...

  • People are going, like, "It's a biopic."

    みんな "伝記映画だ "って言うんだよ

  • It's not a biopic. Yeah, it's very --

    自伝ではないええ とても...

  • It's a -- Why am I holding a piece of paper towel

    それは...なぜ私はペーパータオルを持っているのか?

  • on national television? Because I'm outside my house!

    全国放送のテレビで?家の外にいるから!

  • [ Laughter ]

    [ Laughter ]

  • There's no mystery to this anymore, Jimmy.

    もう何の不思議もないわ ジミー

  • -No! -I saw your couch last week.

    -先週 君のソファを見たよ

  • You had to go back to the studio because your wife was like,

    奥さんがそうだったからスタジオに戻ったんだよね。

  • "Can we not do this in the house anymore?

    "もう家の中ではやってはいけないのでしょうか?

  • Does this have to be done in the house, Jimmy?

    家の中でやる必要があるのか、ジミー?

  • I can't keep the kids quiet for an hour, Jimmy."

    子供たちを1時間も黙らせておくことはできないわ、ジミー。

  • -"Get back to work."

    -"仕事に戻れ"

  • Yeah, exactly right, buddy.

    ああ、その通りだ

  • -I'm making a bread, Jimmy! -Exactly right.

    -パンを作ってるんだよ!-そうだな

  • -But this -- I like this -- -Okay, so anyways --

    -でも、これが好きなんだけど...

  • -I like this because you're the publicist for Mercury Records.

    -マーキュリーレコードの広報さんだから好きです。

  • -Right. Ron Oberman was kind of a down-and-out publicist

    -そうだなロン・オーベルマンは下手くそな広報担当だった

  • for Mercury Records.

    マーキュリーレコードのために。

  • And the time period, it's before Bowie's a star.

    時代的にはボウイがスターになる前だしな

  • He had a hit with "Space Oddity,"

    "Space Oddity "をヒットさせた。

  • But no one knew whether he was a novelty act or a one-time thing.

    しかし、彼が目新しい行為なのか、一回限りのものなのかは誰にもわからなかった。

  • And he made "The Man Who Sold the World" and it got --

    彼は「世界を売った男」を作って...

  • People didn't know what to do with it.

    人々はそれをどうすればいいのかわからなかった。

  • It was a dark record. -Yeah.

    (山里)暗いレコードでしたね (徳井)そうですね-(徳井)そうですね

  • -So they kind of send him to America.

    -彼をアメリカに送ったんだ

  • In the movie, he doesn't have the right papers.

    映画の中では、彼は適切な書類を持っていない。

  • I'm the only guy that's going to champion him.

    チャンピオンになるのは俺だけだ。

  • The label doesn't know what to do with it.

    ラベルは何をしていいのかわからない。

  • He's about to lose his deal, but I think he's a genius.

    契約が切れそうだけど、天才だと思う。

  • So it's sort of -- My part of the movie is him and I --

    映画の中では彼と私が...

  • I I'm trying to get him little gigs

    私は彼のために少しのギグを取得しようとしています。

  • to play or be on the radio without the proper paperwork

    無届でラジオに出る

  • for him to play, so we spend a lot of time driving

    彼がプレイするために、私たちは多くの時間を運転に費やしています。

  • in the car across country.

    国をまたいで車の中で

  • He sort of doesn't know who he's going to be

    彼は自分が誰になるのかを知らないんだ

  • or what he wants to be.

    または、彼がなりたいと思っているもの。

  • And there's all these conversations about music

    そして、音楽の話ばかりで

  • and about whether he believes in himself.

    と、自分を信じているかどうかについて。

  • And there's a back story about his stepbrother

    義理の兄の裏話もあるし

  • who had mental problems, and he was worried

    精神的な問題を抱えていて、心配していた

  • he was going to have mental problems.

    彼は精神的な問題を抱えていた

  • So it's a very small slice of a young Bowie's life.

    若き日のボウイの人生のほんの一部なんですね。

  • -I love that. I know you love music.

    -(美咲)いいね音楽が好きなのは知ってる

  • So I go -- -Love it.

    だから私は...

  • -Marc is perfect for this because we always discuss music.

    -いつも音楽の話をしているので、マルクはぴったりだと思います。

  • I know you're a giant Stones fan.

    ストーンズのファンなのは知ってるわ

  • Me as well. We just love --

    私もよ私たちはただ...

  • -Yeah. -I mean, just mu--

    -つまり...

  • Do you remember the first time you heard Bowie?

    ボウイを初めて聴いた時のことを覚えていますか?

  • -The first time I heard Bowie

    -ボウイを初めて聴いた時

  • I think was at a 7th grade dance.

    7年生のダンスの時だったと思います。

  • The song "Fame" was a big hit. -Whew, wow.

    フェイム」という曲が大ヒットしました。-(徳井)うわー!

  • -And I remember this because there was a local AM deejay

    -地元のAMディージェイがいたので覚えています

  • named Bobby Box, and you know, when you're a kid,

    ボビー・ボックスという名前で、子供の頃は

  • you listen to the radio all the time

    ラジオばかり聞いている

  • and Bobby Box was the guy.

    と、ボビー・ボックスが犯人だった。

  • And Bobby Box was coming to our school to host the dance,

    ボビー・ボックスがダンスのために学校に来ていました。

  • so we're all excited to see Bobby Box.

    ということで、ボビーボックスを見に行くのが楽しみです。

  • Turns out, he's basically a dwarf

    彼は基本的にドワーフだと判明した

  • and he was just like a giant head in a strange plaid suit...

    と、変な格子縞のスーツを着た巨大な頭のようになっていた......。

  • -Yep. -And we are like,

    -(山里)そうなんですよ (徳井)でも私たちは...

  • "Oh, man, this is sad."

    "ああ、これは悲しい"

  • -That was real deejays back then.

    -あの頃は本物のディージェイだった

  • -Right, real guys. But then "Fame" comes on,

    -(YOU)そうだよね リアルな男たち(徳井)でも "フェイム "が出てきて

  • and you know that part, like, "Fame, fame, fame, fame..."?

    で、「名声、名声、名声、名声......」みたいな部分を知ってる?

  • -Yeah, John Lennon. -Did you know -- Yeah.

    -ジョン・レノン-知ってる?

  • I found out John Lennon was part of that crew.

    ジョン・レノンもその一味だと分かった。

  • And it's always weird when you find that out

    それを知った時にはいつも変な気分になる

  • 'cause then you're listening for the John Lennon,

    ジョン・レノンを聴いているからだ

  • for the one John Lennon "fame."

    ジョン・レノンの "名声 "のために

  • That's John! -Yeah, or it's like this,

    ジョンだ!-そうだね、それともこんな感じかな?

  • like, "The song isn't about him 'cause he's going,

    "歌は彼が行くから彼のことじゃない "みたいな。

  • 'Is it about you?' He's harmon--

    "君のことか?" 彼は...

  • So the song is not -- Yeah, I love finding that stuff out.

    だからこの曲は... ああ、それを見つけるのが好きなんだ。