Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hi, everybody.

    皆さん、こんにちは。

  • My name is Esther.

    私の名前はエスター

  • I'm so excited to teach you the present simple tense in today's video.

    今日の動画では現在単純時制を教えてくれるのが楽しみです。

  • Now this lesson can be a little difficult,

    さて、このレッスンは少し難しいかもしれません。

  • so I'll do my best to keep it easy and fun for you.

    ということで、皆さんに楽しんでもらえるように頑張ります。

  • My goal is for you to understand how and when to use this grammar by the end of the video.

    私の目標は、この文法をいつどのように使うかを動画の最後までに理解してもらうことです。

  • Let's get started.

    始めよう

  • Let's start with the first usage for the present simple tense.

    まずは、現在単純時制の最初の用法から見ていきましょう。

  • The first usage is pretty easy.

    最初の使い方はかなり簡単です。

  • We use it to talk about facts, truths, and generalizations.

    事実や真実、一般化について語るときに使います。

  • Let's look at some examples.

    いくつかの例を見てみましょう。

  • 'The Sun is bright.'

    "太陽は明るい

  • Now that's a fact.

    これは事実だ

  • It doesn't change.

    変わらないんですよ。

  • Everybody knows that the Sun is bright.

    太陽が明るいことは誰もが知っています。

  • It was bright yesterday.

    昨日は明るかった。

  • It's bright today.

    今日は明るいですね。

  • And it will be bright tomorrow.

    そして、明日は明るくなります。

  • That makes it a fact.

    それが事実になります。

  • 'Pigs don't fly.'

    豚は飛ばない

  • That's also a fact.

    それも事実です。

  • Everybody knows that pigs don't fly.

    豚が飛ばないことは誰でも知っている。

  • 'Cats are better than dogs.'

    犬より猫の方がいい

  • Now this you may not agree with.

    これには同意できないかもしれませんが

  • This is my truth.

    これが私の真実です。

  • I'm making a generalization about cats and dogs in this example.

    この例では猫と犬について一般化しています。

  • And finally, 'It's cold in winter.'

    そして最後に『冬は寒い』。

  • This really depends on where you live, but for a lot of people, or let's say for

    これは本当にどこに住んでいるかにもよりますが、多くの人にとっては、あるいは

  • most people, it is cold in the winter,

    ほとんどの人は、冬になると寒いですよね。

  • so that's the truth for some people.

    それが一部の人にとっての真実なんですね。

  • Now let's look back and see what verb I used in the present simple tense.

    さて、ここで振り返って、現在の単純時制でどんな動詞を使ったかを見てみましょう。

  • For the first sentence, we have 'is'.

    最初の文には「is」があります。

  • I use the 'be' verb 'is' to talk about the Sun.

    太陽の話をするときには「be」という動詞「is」を使います。

  • In the next sentence, I use the negative of do - 'do not'

    次の文では、do の否定形である「しない」を使っています。

  • And you'll notice I use the contraction and put these two words together to make it 'don't'.

    短縮形を使って、この2つの単語を組み合わせて「しない」にしていることに気づくでしょう。

  • 'Cats are better than dogs.'

    犬より猫の方がいい

  • I use the 'be' verb "are" to talk about cats because 'cats' is plural.

    猫」は複数形なので、猫の話をするときは「be」という動詞「are」を使います。

  • And finally, it's cold and winter.

    そして、いよいよ寒くて冬ですね。

  • Here I use the 'be' verb "is" again,

    ここでは再び「be」動詞「is」を使っています。

  • but I use the contraction to combine 'it' and 'is'

    である」と「である」を合わせて「である」とする

  • and made 'it's'.

    を作りました。

  • Let's move on to the next usage.

    次の使い方に移りましょう。

  • We also use the present simple tense to talk about habits and routines.

    また、習慣や日課の話をするときには、現在の単純時制を使います。

  • So things and actions that happen regularly.

    だから、定期的に起こる物事や行動。

  • Let's look at the examples.

    例を見てみましょう。

  • 'I always eat lunch at noon.'

    "私はいつもお昼にお弁当を食べています

  • You'll notice I use the adverb 'always' because I'm talking about something that I

    私が副詞の「いつも」を使っていることに気づくでしょう。

  • do regularly.

    を定期的に行うようにしましょう。

  • What is that?

    それは何ですか?

  • 'Eat lunch at noon.'

    お昼にお弁当を食べて

  • So I use the present simple tense.

    なので、私は現在単純時制を使っています。

  • And here I use the verb 'eat'.

    そしてここでは「食べる」という動詞を使っています。

  • 'I eat…'

    食べてる...

  • The second example says you play games every day.

    2つ目の例では、毎日ゲームをしていると言っています。

  • Do you see the clue that helps you know that this is something that happens regularly?

    定期的に起こっていることを知る手がかりが見えているのでしょうか?

  • It's 'every day'.

    それは「毎日」です。

  • So it's something that happens as a routine or a habit,

    だから、日課や習慣として起こることなんですね。

  • so you play games.

    ゲームをするんだな

  • The verb here is 'play'.

    ここでの動詞は「遊ぶ」です。

  • 'You play…'

    あなたは...

  • The next example says 'Seth starts work at 9:00 a.m. daily.'

    次の例では、『セスは毎日午前9時に仕事を始める』としています。

  • Again this is something that happens regularly.

    繰り返しになりますが、これは定期的に起こることです。

  • 'Seth goes to work at 9:00 a.m.' every day.

    セスは毎日「朝9時に出勤」。

  • Now you'll notice I put a blue line under the 's' in 'starts'.

    今、私が'start'の's'の下に青い線を入れたことに気づくでしょう。

  • Can you figure out why?

    理由が分かるか?

  • Well remember that when the subject of a sentence is 'he', 'she', or 'it',

    文章の主語が「彼」「彼女」「それ」の場合は覚えておきましょう。

  • we need to add an 's' or 'es' to the end of the verb in the present simple tense.

    現在の単純時制では、動詞の最後に's'か'es'をつける必要があります。

  • Seth is a 'he', so we need to add an 's'.

    セスは'he'なので's'を追加する必要があります。

  • 'Seth starts work at 9:00 a.m. daily.'

    "セスは毎日9時から仕事を始める

  • And the last example: 'They study English every Monday.'

    そして最後の例は「毎週月曜日に英語を勉強している」というものです。

  • Again, 'every Monday' means that they do it regularly,

    繰り返しになりますが、「毎週月曜日」というのは、定期的にやっているということです。

  • and that's why we use the present simple tense.

    ということで、現在単純時制を使っています。

  • 'They study…'.

    '彼らは勉強している...'

  • So as a review, remember we use the present simple tense

    だから、復習として、私たちは現在の単純時制を使用していることを覚えておいてください。

  • to talk about habits and routines that happen regularly.

    を使って、定期的に起こる習慣や日課について話してみましょう。

  • Let's move on.

    先に進みましょう。

  • We also use the present simple tense with non-continuous verbs.

    連続しない動詞でも現在単純時制を使います。

  • These are verbs that we don't use in the continuous form,

    これらは連続形では使わない動詞です。

  • even if they're happening right now.

    たとえ今起きていることであっても

  • They're also called stative verbs.

    定格動詞とも呼ばれています。

  • These are connected with thoughts, opinions, feelings, emotions, and our five senses.

    これらは、思考、意見、感情、感情、そして私たちの五感とつながっています。

  • Let's look at these examples.

    これらの例を見てみましょう。

  • 'I love my mom.'

    "ママを愛してる

  • The verb here is 'love'.

    ここでの動詞は「愛」です。

  • That's an emotion, so I use the present simple tense.

    それは感情なので、現在単純時制を使っています。

  • 'It smells good.'

    "いい匂いがする

  • 'Smell' is one of the five senses, so I use the present simple tense.

    匂い」は五感の一つなので、現在形の単純時制を使います。

  • You'll notice I underlined the 's' because remember the subject is 'it'.

    主語が「それ」であることを覚えているので、「s」に下線を引いたことに気づくでしょう。

  • 'Kelly feels happy.'

    ケリーは幸せを感じてる

  • This is talking about a feeling.

    これは気持ちの話です。

  • Again the subject here is 'Kelly' which is a 'she',

    ここでも主語は「ケリー」で、「彼女」です。

  • so I added an 's' to the verb.

    だから動詞に'sを付けてみました。

  • And finally, 'They need help.'

    そして最後に、「彼らには助けが必要だ」ということです。

  • We don't say, 'they are needing help' even though it's happening right now.

    今起きていることなのに、『助けを必要としている』とは言いません。

  • 'Need' is non-continuous, so we say, 'they need help',

    'need'は連続性がないので、'彼らは助けを必要としている'と言います。

  • so remember you also use the present simple tense with non-continuous verbs,

    現在進行形ではない動詞にも現在単純時制を使うことを覚えておいてください。

  • connected with thoughts, opinions, feelings, emotions, and our five senses.

    思考、意見、感情、感情、五感とつながっています。

  • Let's move on.

    先に進みましょう。

  • Speakers occasionally use the present simple tense to talk about something that will happen

    話す人は、現在の単純な時制を使って、これから起こることについて話すことがあります。

  • in the near future.

    近いうちに

  • Now this can be a little confusing, but we're not using the future tense,

    ちょっと混乱しますが、未来時制は使っていません。

  • we're using the present simple tense.

    現在の単純時制を使っています。

  • It's possible to do that and it's actually common for people to do that.

    それは可能ですし、実際にはよくあることです。

  • Again, for something that will happen in the near future.

    またしても、近い将来に起こるであろう何かのために。

  • Let's look at the examples.

    例を見てみましょう。

  • 'I have class at 6 p.m.'

    "午後6時から授業がある

  • '6 p.m.' that's pretty soon, so I can say,

    "午後6時 "って結構早いから言えるんだよね

  • 'I have class.'

    "私には階級がある

  • - the present simple tense.

    - 現在の単純時制です。

  • 'Lisa arrives on Sunday.'

    "リサは日曜日に到着

  • Again the near future, 'Sunday'.

    またしても近未来、「日曜日」。

  • So I use the present simple tense.

    なので、私は現在単純時制を使っています。

  • I added an 's' at the end of arrive, because Lisa, the subject, is a 'she'.

    arriveの最後に「s」を付けたのは、主語のLisaが「彼女」だからです。

  • 'We start work soon.'

    "もうすぐ仕事が始まる

  • Again, the near future, 'soon',

    またしても、近未来、「もうすぐ」。

  • so I use the present simple verb 'start'.

    ということで、現在の単純動詞「始める」を使っています。

  • And finally, 'My students come tomorrow.'

    そして最後に『生徒たちが明日来る』。

  • This is something that will happen in the near future,

    これは近い将来に起こるであろうことです。

  • so I use the verb 'come'.

    ということで、「来る」という動詞を使っています。

  • So remember it is possible, and it is common to use the present simple tense

    可能であり、現在の単純時制を使うのが一般的であることを覚えておいてください。

  • to talk about something that will happen in the near future.

    を使って、近い将来に起こるであろうことを話してみましょう。

  • Let's go to the next usage.

    次の使い方に行きましょう。

  • Let's talk about a possible negative usage for the present simple tense,

    現在の単純時制で考えられる否定的な用法についてお話しましょう。

  • and that is 'do not' and 'does not'.

    であり、それは「しない」「しない」ということです。

  • The first example says, 'Mike eats bread.'

    最初の例では「マイクがパンを食べる」と言っています。

  • I put an 's' at the end of 'eat' because the subject is Mike which is a 'he'.

    eat'の最後に's'をつけたのは、主語がマイクで'he'なので、's'をつけました。

  • Now that's not a negative statement.

    今は否定的な発言ではありません。

  • What happens when I want to turn it into a negative statement?

    ネガティブな発言に変えたいときは?

  • Well I change it like this - 'Mike doesn't eat bread.'

    "マイクはパンを食べない "に変えよう

  • So you'll notice that I didn't move the 's' here, okay.

    ここでは'sを動かしていないことに 気づくだろう

  • Instead I added 'doesn't'.

    代わりに「しない」を追加しました。

  • I took 'does' and 'not' and I turned it into a contraction by combining the two

    する」と「しない」を組み合わせて縮約にしてみた

  • and making it 'doesn't'.

    にして『しない』ようにする。

  • So if the subject is 'he', 'she', or 'it',

    ですから、主語が「彼」「彼女」「それ」の場合は、「彼」「彼女」「それ」となります。

  • we use 'does not' or 'doesn't' to make it negative.

    'does not'や'don't'を使って否定的にしています。

  • 'You swim well.'

    泳ぎが上手なんだね

  • In this case, I don't need to put an 's' at the end of 'swim' because the subject

    この場合、'swim'の最後に's'をつける必要はありません。

  • is 'you'.

    は「あなた」です。

  • If I want to make this sentence negative, I use 'don't'.

    この文章をネガティブにしたいときは「don't」を使います。

  • 'You don't swim well.'

    "泳ぎが下手なんだな

  • I use the contraction for 'do' and 'not'.

    する」と「しない」の短縮形を使っています。

  • I combine them to make 'don't',

    それらを組み合わせて「don't」を作ります。

  • so if the subject is 'I', 'you', 'we', or 'they',

    なので、主語が「私」「あなた」「私たち」「彼ら」の場合は、「私」「あなた」「あなた」「私たち」「私たち」「彼ら」のいずれかになります。

  • we use 'do not' or 'don't'.

    しない」「しない」を使います。

  • So to review 'do not' and 'does not' or 'don't' and 'doesn't'

    なので、「しない」と「しない」を見直すには

  • is a possible usage for the negative for present simple

    は、現在の単純な否定のための可能性のある用法です。

  • tense.

    時制になっています。

  • Let's continue on.

    続けていきましょう。

  • Now I'll talk about one possible question form for the present simple tense

    では、現在の単純時制で考えられる疑問形の一つについてお話しします。

  • and that is by using 'do' or 'does'.

    であり、それは'do'や'does'を使うことである。

  • So let's look at the example, 'They live here.'

    では、例の『彼らはここに住んでいる』を見てみましょう。

  • That's not a question, right?

    それは質問ではありませんよね?

  • 'They live here'

    彼らはここに住んでいる

  • In order to turn it into a question, it's really simple.

    質問に変えるためには、本当に簡単なことです。

  • All I have to do is add 'do' to the beginning and add a question mark at the end.

    冒頭に「する」を付けて、最後にクエスチョンマークを付ければいいだけなんです。

  • 'Do they live here?'

    ここに住んでるの?

  • So if the subject is 'I', 'you', 'we', or 'they',

    ですから、主語が「私」「あなた」「私たち」「彼ら」の場合は、「私」「あなた」「あなた」「私たち」「彼ら」のいずれかになります。

  • simply add 'do' to the beginning of the question.

    質問の最初に'do'をつけるだけです。

  • How about this one, 'He plays soccer.'

    これはどうですか?「彼はサッカーをしています」。

  • In this statement, the subject is 'he' and that's why you should know by now,

    この文では、主語は「彼」であり、だからこそ、今までに知っておいた方がいいと思います。

  • I have an 's' at the end of 'play'.

    play」の最後に「s」がついています。

  • However, to turn this into a question, I add 'does' at the beginning.

    しかし、これを質問に変えるために、最初に'does'を付け加えます。

  • 'Does he play soccer?'

    "彼はサッカーをするのか?

  • What you'll notice here is that I no longer have the 's' at the end of play.

    ここで気づくのは、プレイ終了時の「S」がなくなったことです。

  • Instead I just used 'does' at the beginning,

    代わりに、私は最初に'does'を使っただけです。

  • so for 'he', 'she', or 'it', put 'does' at the beginning,

    彼」「彼女」「それ」の場合は「する」を先頭につけます。

  • and don't worry about putting an 's' or 'es' at the end of the verb.

    と、動詞の最後に's'や'es'をつけても気にしないでください。

  • So to review, one possible way of forming a question for the present simple tense is

    そこでおさらいですが、現在単純時制の疑問文の形として考えられるのは

  • using 'do' or 'does' at the beginning.

    冒頭に「する」「する」を使用します。

  • Alright let's move on.

    よし、先に進もう。

  • Let's start with the first checkup.

    まずは初診から始めてみましょう。

  • In this checkup, I want you to focus on the 'be' verbs.

    今回のチェックでは、「なる」動詞に注目してほしい。

  • Remember 'be' verbs, in the present simple tense, can be 'is', 'am', or 'are'.

    現在の単純時制のbe動詞は、'is'、'am'、'are'のいずれかになることを覚えておきましょう。

  • Take a look at the first sentence.

    最初の一文を見てみましょう。

  • It says, 'She _ blank _ at school.'

    "彼女は学校でブランクがある "と書いてある

  • The subject of this sentence is 'she'.

    この文の主語は「彼女」です。

  • What 'be' verb do we use for 'she'?

    彼女」にはどのような「be」動詞を使うのでしょうか?

  • The correct answer is 'is'.

    正解は「です」です。

  • Now if you were thinking of the negative, the

    今、ネガティブなことを考えていたら

  • correct answer would be 'she isn't'

    しないが正解

  • or 'she is not'.

    とか「彼女は違う」とか。

  • That's correct as well.

    それも正解です。

  • And if we want to use a contraction for 'she is', we can say 'she's at school'

    彼女は」の短縮形を使いたい場合は「彼女は学校にいる」と言えます

  • For the next one, it says, 'They _ blank _ twenty years old.'

    次は "20歳の空白 "と書いてある

  • The subject of this sentence is 'they'.

    この文の主語は「彼ら」です。

  • What 'be' verb do we use for 'they'?

    彼ら」にはどのような「be」動詞を使うのでしょうか?

  • The correct answer is 'are'.

    正解は「ある」です。

  • For the negative, you can also use 'aren't' or 'are not'.

    否定形の場合は、're aren'や'are not'を使うこともできます。

  • Also if you want to use the contraction for 'they are', you can say,

    また、「彼らは」の短縮形を使いたい場合は、「彼らは」と言います。

  • 'They're 20 years old.'

    "20歳だから

  • The next sentence says, 'His father _ blank_ busy.'

    次の文では「彼の父親は_ブランク_忙しい」と書いてある。

  • The subject of this sentence is 'his father'.

    この文の主語は「彼の父親」です。

  • What subject pronoun do we use for 'his father'?

    彼の父親」にはどんな主語代名詞を使うのでしょうか?

  • The correct answer is 'he'.

    正解は「彼」です。

  • Remember for 'he', 'she', 'it', the 'be' verb is 'is'.

    he」「she」「it」は、「be」動詞が「is」であることを覚えておきましょう。

  • For the negative, we can say 'isn't' or 'is not'.

    否定的なものについては、「ない」「ない」と言います。

  • And for a contraction, for 'father' and 'is', we can say, 'His father's busy.'

    短縮形では'父'と'ある'は'彼の父は忙しい'と言えます

  • Now I want you to try to find the mistakes in this sentence.

    では、この文章の間違いを探してみてください。

  • 'We isn't good friends.'

    "私たちは良い友達ではありません

  • Did you find the mistake?

    間違いは見つかりましたか?

  • This is the mistake.

    これは間違いです。

  • The subject is 'we' and the 'be' verb is 'are'.

    主語は「we」、動詞は「be」です。

  • Therefore, the correct answer is 'we are not',

    したがって、正解は「私たちは違う」です。

  • or the contraction, 'we aren't good friends.'

    短縮形で「私たちは仲が良くない」と言う意味だ

  • The next sentence.

    次の文章です。

  • Can you find the mistake?

    間違いを見つけられるか?

  • 'Are John a teacher?'

    ジョンは教師なの?

  • Think about the subject of this sentence.

    この文章の主語を考えてみてください。

  • The subject is 'John'.

    主語は「ジョン」です。

  • And 'John', the subject pronoun is 'he'.

    そして「ジョン」、主語代名詞は「彼」です。

  • Therefore, we don't use 'are', we use 'is'.

    そのため、「are」ではなく「is」を使います。

  • 'Is John a teacher?'

    ジョンは教師か?

  • 'Is John a teacher?'

    ジョンは教師か?

  • And finally, 'It am a puppy.'

    そして最後に「子犬です」。

  • hmm This one is a big mistake.

    うーん......これは大失敗だな。

  • The subject here is 'it'.

    ここでの主語は「それ」です。

  • What 'be' verb do we use for 'it'?

    'it'にはどのような'be'動詞を使うのでしょうか?

  • The correct answer is 'is'.

    正解は「です」です。

  • So we don't say, 'It am a puppy,' we say, 'It is a puppy.'

    だから、『子犬です』とは言わず、『子犬です』と言う。

  • Great job guys.

    いい仕事をしてくれた

  • Let's move on to the next checkup.

    次の検診に移りましょう。

  • For the next checkup, I want you to think of some other verbs in the present simple

    次回のチェックでは、他の動詞を考えてほしい。

  • tense.

    時制になっています。

  • Take a look at the first sentence.

    最初の一文を見てみましょう。

  • 'He __ blank __ …', I want you to think of the verb, 'like his dinner'.

    'He __ blank __ ...'は、'彼の夕食のように'という動詞を考えてほしい。

  • What do we do to the verb when the subject is 'he', 'she', or 'it'?

    主語が「彼」「彼女」「それ」の場合、動詞をどうするか?

  • Remember we add an 's'.

    's'を付けたことを覚えておいてください。

  • 'He likes his dinner.'

    "彼は夕食が好きなんだ

  • For the negative, you can also say, 'He doesn't like his dinner.'

    ネガティブには、"彼は彼の夕食が好きじゃない "と言うこともできます。

  • The next sentence says, 'My students __ blank __…', I want you to think of 'need',

    次の文では、「私の生徒は__ブランク__...」と書いてありますが、「必要性」を考えて欲しいですね。

  • '…books'.

    '...本'.

  • What is the subject pronoun for 'my students'?

    私の生徒」の主語代名詞は?

  • The correct answer is 'they'.

    正解は「彼ら」です。

  • If the subject is 'I', 'you', 'we', or 'they', in the present simple tense,

    主語が「私」「あなた」「私たち」「彼ら」の場合は、現在の単純時制で。

  • we don't change the verb, we keep it as is.

    動詞を変えるのではなく、そのままにしておきます。

  • So the correct answer is, 'My students need books.'

    だから正解は「生徒には本が必要」なんです。

  • Now for the negative, you can say, 'My students don't need books.'

    ネガティブには、「うちの生徒には本は必要ない」と言えばいい。

  • The next sentence says, 'I __ blank __…', think of the verb,

    次の文で「私は__ブランク__...」と書いてありますが、動詞を考えてみてください。

  • '…live in London.'

    ロンドンに住んでいる

  • What do we do here?

    ここで何をすればいいの?

  • Again the subject is 'I', therefore we don't change the verb.

    ここでも主語は「私」なので、動詞は変えません。

  • The correct answer is, 'I live in London.'

    正解は「ロンドンに住んでいる」です。

  • What's the negative?

    何がネガティブなの?