Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • Hello. This is 6 Minute English from

    こんにちは。からの6分間英語です。

  • BBC Learning English. I'm Neil.

    BBCの英語学習。私はニールです

  • And I'm Sam.

    私はサムだ

  • Are you a saver or a spender, Sam?

    あなたは節約家なのか 浪費家なのか、サム?

  • Well, I'm trying to limit my spending

    支出を制限しようとしています

  • right now because I'm saving up

    今は貯金してるから

  • for a deposit to

    預けるために

  • buy a house.

    家を買う

  • Saving money is not always easy - as we'll

    お金を節約するのは簡単なことではありません。

  • find out in today's programme, which is all

    今日のプログラムでは、すべてのことを知ることができます。

  • about 'thrift'. 'Thrift' is not a simple idea

    '倹約'について'倹約'は単純な考えではありません

  • to define. It's to do with living a simple

    定義するためにそれは、シンプルに生きることに関係しています。

  • life free from the need to constantly

    飽くなき人生

  • buy the latest products.

    最新の商品を購入します。

  • Today's consumer culture encourages us

    今日の消費文化は、私たちを励ます

  • to 'spend, spend, spend', but

    使う、使う、使う」にしても

  • it hasn't always

    ばかりではない

  • been that way. The Victorians for example

    そうだったのです。例えばヴィクトリア朝は

  • told people to 'save up for a rainy day',

    雨の日のために貯金しておけ』と言われたそうです。

  • meaning to keep some money back

    懐に入れる

  • in case of unforeseen emergencies.

    不測の事態に備えて。

  • But before we discover more about that,

    しかし、それについての詳細を発見する前に

  • it's time for today's quiz question. If you're

    今日のクイズ問題の時間ですもしあなたが

  • trying to save money you probably

    節約のために

  • know how hard it can be. So my

    それがどれほど難しいか知っています。だから私の

  • question is: what percentage

    何割

  • of people in the UK, do you think, have

    英国の人々のうち、あなたが思うに、あなたは、持っていますか?

  • less than £1000 in savings? Is it:

    貯蓄の£1000未満?そうなんですか?

  • a) 5%, b) 15 %, or c) 30%?

    a) 5%、b) 15%、c) 30%?

  • Well, if I'm anything to go by

    まあ、私に言わせれば

  • I'd say c) 30%.

    ハ)30%と言ってもいいと思います。

  • OK. Well, we'll find the correct answer out

    いいだろう。正解を見つけよう

  • later. I mentioned before that 'thrift' is

    のちに前にも書きましたが、「倹約」は

  • a difficult idea to define, so here's

    難しい考えだからこそ

  • Alison Hulme, a lecturer at

    の講師を務めるアリソン・ハルムさん

  • the University of Northampton,

    ノーサンプトン大学の

  • explaining more to BBC Radio 4's

    BBCラジオ4の

  • programme Thinking Allowed:

    思考が許されるプログラム。

  • There are two dictionary definitions

    辞書には2つの定義があります。

  • of thrift. The older of the two comes

    倹約の2人のうちの年配の方が

  • from the word 'thrive'

    繁るという言葉から

  • etymologically, and described thrift

    倹約

  • as the ability to live well

    生きる力として

  • and to flourish, so it's

    と栄えるため、それは

  • that sense of human flourishing.

    その人間的な豊かさの感覚を

  • The more recent definition is

    より最近の定義は

  • the one we're probably

    だろう

  • more familiar with which is about

    馴れ馴れしい

  • frugality. All of that said, it's

    倹約家すべては、それは

  • been used historically

    古くから使われてきた

  • of course by various people in various

    勿論、様々な人の手によって

  • moments in various different

    刻々と

  • places in very different

    別々の場所

  • ways and they've often had

    を持っていることが多いです。

  • a social or religious agenda.

    社会的または宗教的な課題。

  • It seems the oldest definition of 'thrift'

    倹約の定義は古いようですが

  • has nothing to do with

    関係ない

  • saving money and is

    節約して

  • connected to the verbs 'thrive' and

    繋げて

  • 'flourish' - meaning to grow

    はつらつ

  • or develop successfully.

    または開発に成功した。

  • It was only later with the Puritans - 16th

    それは、ピューリタンと一緒に後になっていた - 16日

  • century English Christians

    世紀イギリスキリスト教徒

  • with a reputation

    評判の良い

  • for strict discipline - that the meaning

    厳格な規律のために-その意味

  • of thrift changed and became

    倹約の変化となって

  • associated with

    に付随して

  • frugality - being careful not to spend too

    倹約-使いすぎないように気をつけること

  • much money or eat too much food.

    お金をたくさん払ったり、食べ物を食べ過ぎたり

  • The Puritans believed that being

    清教徒は

  • frugal was a religious virtue and

    質素は宗教的な美徳であり

  • that people ought to

    ざるを得ない

  • save money in order to give

    かねをためる

  • to others in need.

    困っている人に

  • Later on the meaning of 'thrift' changed

    後に「倹約」の意味が変わった

  • again. During the Victorian era,

    をもう一度見てみましょう。ヴィクトリア朝時代に

  • it was connected

    繋がっていた

  • to the idea of managing your own money

    自分のお金は自分で管理しようという考えに

  • in order to be a responsible citizen.

    責任ある市民になるために

  • Throughout history then, there have been

    それからの歴史の中で

  • different versions of 'thrift',

    スリフト」の異なるバージョン。

  • and this may be because

    ということもあってか

  • different religions or social groups

    異宗

  • had their own agenda - a specific

    彼らは自分たちのアジェンダを持っていた - 特定の

  • aim or reason for

    趣旨

  • a particular group to do something.

    をするために、特定のグループが何かをするために

  • For example, the Victorian

    例えば、ヴィクトリア朝の

  • definition of thrift was based

    倹約の定義

  • on a social agenda about being

    社会的課題として

  • a respectable member of society.

    立派な社会人。

  • Ideas about frugality and thrift changed

    倹約・倹約に対する考え方が変わる

  • again during the Second World War

    第二次世界大戦中に再び

  • when the public

    衆人の時

  • was encouraged to avoid waste

    駄々をこねないように

  • so that every material resource

    すべての物質的資源が

  • could go into the war effort.

    戦争のための努力をすることができました。

  • And in the post-war period, it changed

    そして、戦後の時代になると、それは

  • again as people's wealth

    人の富に応じて再び

  • and standard of living

    と生活水準

  • increased. Here's Alison Hulme again:

    が増えました。ここでまたアリソン・ハルムが

  • It's the idea that once people had enough

    それは、人々が一度は十分に持っていたという考えです。

  • to meet their kind of

    彼らの種類を満たすために

  • basic needs there was

    なくてはならないものがあった

  • this kind of moral slide into consumerism.

    この手のモラルの低下は、消費者主義への道理です。

  • It's not a view that I subscribe

    購読するような見解ではない

  • to in a simplistic

    にしては

  • sense myself - I think there's a very fine

    自分自身の感覚では、非常に細かいことだと思います。

  • line to tread here.

    ここでは一線を画している

  • There's no point denying

    否定しても仕方がない

  • that, certainly in the developed world,

    それは確かに先進国では

  • there's been a rise

    増えてきた

  • in consumer capitalism, that's

    消費者資本主義の中では

  • just a truism, but thrift hasn't declined.

    ただの事実だが、倹約は衰えていない。

  • In modern times, people's motivation

    現代では、人々のモチベーション

  • to save up and be thrifty

    節約倹約

  • declined once they had enough

    飽き足らずで辞退

  • to meet their basic needs - the

    基本的なニーズを満たすために

  • basic necessities needed to survive,

    生きていくために必要な基本的なもの

  • like food, clothes and

    衣食住のように

  • shelter and nothing extra.

    避難所と余計なものは何もありません。

  • Alison mentions that once these

    アリソンが言うには、これらの

  • basic needs were satisfied,

    基本的なニーズが満たされた。

  • people moved away from thrift

    倹約家離れ

  • into consumerism, the desire to buy

    買いたいという欲求を消費主義に

  • 'luxury' products which

    嗜好品

  • were not absolutely necessary.

    は絶対に必要なものではありませんでした。

  • According to some, this created

    ある人によると、これは

  • a moral slide - a decrease in the

    モラルの低下

  • standards of behaving

    立ち居振る舞い

  • in good, fair and honest ways.

    善良で公正で誠実な方法で

  • The rise in consumer capitalism

    消費者資本主義の台頭

  • we have seen around the world

    世界各地で見た

  • is an example of a truism

    は真理の一例です。

  • - something that is so obviously true

    - ほんとうのことをいう

  • it is not worth repeating.

    繰り返す価値はありません。

  • What is worth repeating

    リピートする価値のあるもの

  • is the quiz question, Neil.

    はクイズ問題だよ、ニール

  • Yes, I asked you how many British people

    はい、何人のイギリス人がいるのか聞いてみました。

  • had savings of under £1000.

    1000ポンド以下の貯蓄があった。

  • And I said, c) 30%

    と言ったら、C)30%と言った。

  • In fact, Sam, it's b) 15%.

    実際には、サム、それはb)15%です。

  • So I guess I'm not such a bad saver

    だから、私はそんなに悪い節約家ではないと思います。

  • after all!

    挙句の果てに

  • OK. Well, today we've been talking about

    いいですよ。さて、今日は

  • the changing meanings of 'thrift',

    倹約」の意味の変化

  • an idea connected

    縁故観念

  • to frugality - being careful

    倹約に

  • not to spend too much money.

    お金を使いすぎないように

  • The original meaning of 'thrift' was

    倹約」の本来の意味は

  • to flourish - grow or develop

    栄える

  • successfully - but that

    上手くいった

  • definition changed as different religious

    宗教の違いで定義が変わる

  • groups, like the Puritans, promoted their

    ピュリタンのようなグループは、彼らの

  • own agenda - aim or reason for a

    じこしゅぎ

  • particular group to do something.

    をするために特定のグループに何かをさせる。

  • In recent times, people's ability

    最近の時代は、人の能力

  • to meet their basic needs - the

    基本的なニーズを満たすために

  • necessities for survival

    生存必需品

  • like food and shelter, have reduced the

    衣食住のように

  • importance of 'thrift', which

    倹約の重要性

  • some believe has created

    を生んだとも言われている

  • a moral slide - a reduction

    モラルの低下

  • in standards of moral behaviour.

    道徳的行動の基準に

  • And the associated rise of consumer

    そして、それに伴う消費者の増加

  • capitalism is an example of a truism -

    資本主義は真理の一例である。

  • something that

  • is obviously true and

    は明らかに真実であり

  • generally accepted by all.

    一般的に万人に受け入れられています。

  • That's all for now. Join us again

    今のところはここまでです。また参加しましょう。

  • next time for more topical discussion

    話題は次回

  • and vocabulary. Bye for now!

    とボキャブラリー。さようなら!

  • Bye bye!

    バイバイ!

Hello. This is 6 Minute English from

こんにちは。からの6分間英語です。

字幕と単語
AI 自動生成字幕

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B1 中級 日本語 倹約 節約 定義 消費 ヴィクトリア 主義

倹約することは美徳ですか?- 6分間の英語 (Is being thrifty a virtue? - 6 Minute English)

  • 20 1
    林宜悉 に公開 2020 年 10 月 27 日