Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • A fragile ceasefire has begun between Armenia and Azerbaijan over the disputed territory of Nagorno Karabakh after nearly two weeks of fighting in which hundreds have been killed.

    アルメニアとアゼルバイジャンの間では、ナゴルノ・カラバフの紛争地域を巡って、2週間近くの戦闘の後、数百人が殺害され、脆弱な停戦が始まっています。

  • Nagorno Karabakh is internationally recognized this part of Azerbaijan, but it's populated and governed by ethnic Armenians who broke away from Azerbaijan in the 19 nineties.

    ナゴルノ・カラバフは国際的にはアゼルバイジャンのこの部分と認識されていますが、1990年代にアゼルバイジャンから脱走したアルメニア人が居住し、統治しています。

  • Our international correspondent, All A Gearan, sent this report from the Azzurri city of NAFTA land near the front line, the countdown to the ceasefire shelling till the last minute.

    我々の国際特派員、All A Gearanは、前線近くのNAFTAの土地のアズーリ市からこのレポートを送ってきました、最後の最後まで停戦砲撃へのカウントダウン。

  • Both sides have been hit hard in the past two weeks, but here in Azerbaijan many don't welcome the truce like now, Dear Carbon Off, who has been fighting on the front line.

    この2週間、双方ともに打撃を受けていますが、ここアゼルバイジャンでは、多くの人が休戦を歓迎していません、今のように、前線で戦っているディア・カーボン・オフのように。

  • He can't bear to enter his house but wants us to show what happened inside.

    彼は家に入ることに耐えられないが、中で起きたことを見せて欲しいと言っている。

  • Well, this waas, a busy family home on the table.

    さて、このワスは、テーブルの上の忙しい家族の家。

  • There still a pair of glasses on the accordion on the clock is still ticking over here on the counter.

    時計の上のアコーディオンの上に眼鏡のペアがまだありますが、カウンターの上にここでカチカチになっています。

  • The dishes are still out.

    お皿はまだ出ています。

  • The attack happened in the evening.

    襲撃は夕方に起きました。

  • Maybe the family was preparing a meal, but five lives were lost here in an instant.

    家族で食事の準備をしていたのかもしれませんが、ここでは一瞬にして5人の命が失われました。

  • Now, missing from this group matters parents, his wife, his niece Aunt Hiss son Shar er was the accordion player Onda keen footballer on all logic Unassociated They were innocent.

    今、このグループの問題から行方不明の両親、彼の妻、彼の姪の叔母ヒス息子シャアは、すべてのロジックにアコーディオンプレーヤー恩田熱心なサッカー選手だった 無関係 彼らは無実だった。

  • They had nothing to do with this.

    彼らは何の関係もない

  • I'm serving in the military would have been fine if they killed me, but not them.

    私は軍に仕えています 彼らが私を殺しても構わないが 彼らは殺さない

  • Hey believes ethnic Armenian forces will use the truth to regroup.

    ヘイはアルメニアの民族的勢力が 真実を利用して 再編成すると信じている

  • They will take advantage of the ceasefire to get more weapons and power on.

    彼らは停戦を利用して、より多くの武器とパワーを手に入れるだろう。

  • They will cause the same sorrow to our people again.

    彼らは再び我々の同胞に同じ悲しみをもたらすだろう。

  • Yeah but the sorrow, destruction and death are mirrored across the front line This was the scene in Nagorno Karabakh just before the ceasefire.

    停戦直前のナゴルノ・カラバフの光景です。

  • For ethnic Armenians here Azerbaijan is the enemy way Don't trust them, says Levon.

    民族アルメニア人のためにここでアゼルバイジャンは敵の方法です 彼らを信頼しないでください、レボンは言います。

  • They will shoot again So we're on our guard on we're not afraid of them.

    彼らはまた撃つだろう だから我々は油断していない 彼らを恐れていない

  • Project generations have been blighted by this conflict.

    プロジェクト世代は、この葛藤のせいで、その影響を受けてきました。

  • The folk memory on both sides is of hate and mistrust.

    双方の民族の記憶は、憎しみと不信のものである。

A fragile ceasefire has begun between Armenia and Azerbaijan over the disputed territory of Nagorno Karabakh after nearly two weeks of fighting in which hundreds have been killed.

アルメニアとアゼルバイジャンの間では、ナゴルノ・カラバフの紛争地域を巡って、2週間近くの戦闘の後、数百人が殺害され、脆弱な停戦が始まっています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 アゼルバイジャン 停戦 アルメニア カラバフ ナゴルノ 民族

ナゴルノ・カラバフの脆弱な停戦、戦闘後に数百人が死亡 - BBC ニュース (Fragile ceasefire in Nagorno-Karabakh after fighting leaves hundreds dead - BBC News)

  • 4 1
    林宜悉 に公開 2020 年 10 月 26 日
動画の中の単語