Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Food delivery.

    食品の配達。

  • It's the thing that saves millennials from starvation.

    ミレニアル世代を飢餓から救うものだ。

  • By my calculations,

    私の計算では

  • Americans order over 20 million restaurant deliveries

    アメリカ人は2000万件以上のレストランの配達を注文している

  • every single day.

    毎日毎日

  • Over half of these deliveries are actually within walking distance.

    これらの配達の半分以上は、実際には徒歩圏内にあります。

  • But nine out of 10 are delivered in cars.

    しかし、10台中9台は車で納車されています。

  • So basically,

    だから基本的には

  • we are moving a two-pound burrito

    2ポンドブリトーを移動しています

  • in a two-ton car

    二トン車に乗って

  • 20 million times a day.

    1日に2000万回。

  • The energy to bring you that burrito

    そのブリトーを持ってくるエネルギー

  • is actually bringing you a two-ton metal cage

    は、実際に2トンの金属製のケージを持ってきています。

  • with heated seats.

    シートヒーター付き。

  • Let's be honest.

    素直になりましょう。

  • We are addicted to our cars.

    車にはまっています。

  • Did you know that in America,

    アメリカでは知っていましたか?

  • for every car, there are four parking spots?

    車1台につき、駐車場は4台分?

  • In some downtowns,

    いくつかのダウンタウンでは

  • over half of the real estate is for cars.

    不動産の半分以上は車のためのものです。

  • We have designed our cities around our cars,

    私たちは車を中心に街をデザインしてきました。

  • because we drive whether we're going two miles

    2マイルであろうとなかろうと運転するからだ

  • or 200 miles.

    または200マイル。

  • Solo, or with our whole family.

    単独でも、家族全員でも。

  • We get into the same SUV to go buy coffee or a coffee table.

    コーヒーやコーヒーテーブルを買いに行くために同じSUVに乗り込む。

  • If we could free up some of these streets and parking lots,

    これらの道路や駐車場を解放できれば

  • we could build more housing,

    より多くの住宅を建設することができました。

  • more social spaces, more parks.

    より多くのソーシャルスペース、より多くの公園。

  • But to do that,

    でも、それをするために

  • first, we need to rethink how we are using cars today.

    まず、今の車の使い方を見直す必要があります。

  • In the city of the future,

    未来の街で

  • if you want to go five blocks, you summon a bike or a scooter.

    5 ブロックを移動したい場合は、自転車やスクーターを召喚します。

  • If you're in a rush, a passenger drone would pick you up.

    急いでいるときは乗用ドローンが迎えに来てくれます。

  • And if you need food, no need to have someone drive over --

    食べ物が必要な時は、車で来てもらう必要はありません。

  • the food will make its way to you.

    食べ物はあなたの元へと運ばれます。

  • Let's go back to those 20 million a day restaurant deliveries.

    1日2000万の外食配達の話に戻ろうぜ

  • If we could get these deliveries off the road,

    これらの配達物が道路に出ないようにできれば

  • we could reduce the need

    必要性を減らせる

  • for as many as one and a half million cars just in the US.

    アメリカだけで150万台もの車があるのに

  • That's twice the size of San Francisco.

    サンフランシスコの2倍の大きさですね。

  • Now, think of the impact this could have on cities like Delhi,

    デリーのような都市への影響を考えてみてください。

  • or my birth city of Tehran,

    私の生まれ故郷のテヘランでも

  • where car pollution is killing thousands of people every year.

    自動車公害が毎年何千人もの人を殺しているところで

  • So how do we get some of these deliveries off the road?

    で、どうやってそのうちのいくつかの納品物をどうやって出すのかな?

  • Well, that's the question

    まあ、それが問題なんですが

  • that my team and I have been obsessed with over the last three years.

    私と私のチームがこの3年間に夢中になっていること。

  • And the solution is actually one of the building blocks

    そして、その解決策は、実はビルディングブロックの一つです。

  • of the city of the future.

    未来の街の

  • We've been creating small, self-driving robots

    小型の自走式ロボットを作ってきました。

  • that navigate quiet alleys and sidewalks

    閑散とした路地と歩道を駆け抜ける

  • on a walking pace

    歩き足で

  • and have a secured cargo to deliver you food and supplies.

    とあなたの食料や物資を提供するために確保された貨物を持っています。

  • Now, before I tell you more about the robots,

    さて、ロボットの話をする前に

  • let's do a quick thought experiment.

    ちょっとした思考実験をしてみましょう。

  • In your mind, picture a city with thousands of robots.

    頭の中で、何千ものロボットがいる街を思い浮かべてみてください。

  • Is it this one?

    これかな?

  • This Hollywood dystopia is what a lot of people expect.

    このハリウッドのディストピアは、多くの人が期待しているものです。

  • But our job is to create a friendly future that's designed for people.

    しかし、私たちの仕事は、人のために設計された優しい未来を作ることです。

  • So instead of making aliens,

    だから、宇宙人を作る代わりに

  • we set out to create robots that are familiar.

    身近なロボットを作ることを目指しました。

  • Robots that would belong in our communities.

    私たちのコミュニティに属するであろうロボット。

  • But we also wanted a little surprise.

    でも、ちょっとしたサプライズも欲しかった。

  • Something unexpectedly delightful.

    意外と嬉しいことがある。

  • Think about it.

    考えてみてください。

  • You're walking down the street,

    通りを歩いていると

  • and you see your very first robot.

    最初のロボットを見て

  • That's the moment when you're going to decide

    その時に決まるのが

  • if this is a future you love or fear.

    これがあなたの愛する未来か 恐れている未来ならば

  • And with a lot of people having these dystopian ideas,

    多くの人がディストピア的な考えを持っていて

  • we need to open their minds.

    彼らの心を開く必要がある

  • We want to surprise and delight them,

    驚きと喜びを与えたい。

  • so that we can win them over on first impression.

    第一印象で勝てるように

  • This is what we came up with.

    こんな感じで出てきました。

  • It's familiar, but it's also surprising.

    身近なものですが、これもまた驚きです。

  • It's just a shopping cart,

    ただのショッピングカートです。

  • but it also looks like we crossbred WALL-E with Minions.

    ウォーリーとミニオンズを交配させたようですね。

  • If you live in San Francisco or Los Angeles,

    サンフランシスコやロサンゼルスにお住まいの方は

  • chances are one of these has already delivered your food.

    これらのうちの一つがすでにあなたの食べ物を届けている可能性があります。

  • As soon as we put robots out on the street,

    ロボットを外に出すとすぐに

  • we learned some really interesting problems.

    本当に面白い問題を学びました。

  • Like, how should robots cross the road?

    ロボットはどうやって道路を渡ればいいのか、みたいな。

  • Or how should robots interact with people with visual or mobility impairments?

    あるいは、ロボットは視覚障害や移動障害のある人とどのように対話するべきなのでしょうか?

  • We quickly realized that we need to teach our robots

    私たちはすぐに、ロボットに教える必要があることに気付きました。

  • how to communicate with people.

    人とのコミュニケーションの取り方

  • People on the sidewalk come from every walk of life,

    歩道にいる人たちは、あらゆる場所から来ています。

  • so we needed to create a new language,

    ということで、新しい言語を作る必要がありました。

  • kind of a universal language

    普遍語

  • so people and robots can understand each other

    人とロボットがお互いに理解し合えるように

  • right off the bat.

    すぐに

  • Because no one is going to be reading user manuals.

    誰もユーザーマニュアルを読もうとしないからだ。

  • We started with eyes, because eyes are universal.

    目は普遍的なものなので、目から始めました。

  • They can show where the robot is going

    ロボットの行き先を示すことができる

  • or if it's confused.

    とか、混乱していたら

  • Plus, eyes make robots more human.

    さらに、目はロボットをより人間らしくします。

  • We also used sounds.

    音も使いました。

  • For example, we created this running sound

    例えば、次のようなランニングサウンドを作成しました。

  • with frequent gaps

    隙間なく

  • so that people with visual impairments could locate their robots

    視覚障害者がロボットの位置を特定できるように

  • using the Doppler effect.

    ドップラー効果を利用して

  • But it turned out these were not enough.

    しかし、これだけでは足りないことが判明した。

  • At intersections,

    交差点で

  • cars would cut in front of our robots.

    車が我々のロボットの前に割り込んでくる。

  • Drivers were getting confused sometimes,

    ドライバーは時々混乱していました。

  • because robots would take too long before they started crossing.

    なぜなら、ロボットは交差する前に時間がかかりすぎるからです。

  • Even ordinary pedestrians were getting confused.

    普通の歩行者でも混乱していました。

  • Sometimes, they couldn't figure out on which side to pass the robots,

    時にはロボットを追い越す側が分からなくなることもありました。

  • because robots make a lot of small adjustments to their direction

    なぜなら、ロボットは自分の方向を細かく調整することが多いからです。

  • as they move.

    彼らの動きに合わせて

  • This actually sparked a new idea.

    これが実際に新しいアイデアに火をつけました。

  • What if we used movement to create a universal language?

    ムーブメントを使って世界共通語にしたら?

  • Like, at intersections,

    交差点とか

  • robots would gently move forward before they start crossing,

    ロボットは横切り始める前にそっと前に進むだろう。

  • to signal to drivers that it's their turn.

    ドライバーに自分の番だと合図するためのものです。

  • If they see someone in a wheelchair,

    車椅子に乗っている人を見かけたら

  • they yield by pointing themselves away from the sidewalk,

    歩道から離れたところを指差して降参します。

  • to signal that they're not going to move.

    動かないことを合図に

  • Some of you may remember this.

    覚えている方もいるかもしれません。

  • In 2015, Canadian researchers sent a robot hitchhiking across the US.

    2015年、カナダの研究者たちは、ロボットのヒッチハイクをアメリカ全土に送り込んだ。

  • It didn't get very far.

    遠くには行けませんでした。

  • It turns out that robots can also use some social skills.

    ロボットもある程度のソーシャルスキルを使うことができることが判明しました。

  • Like, if they're being tampered with,

    改ざんされていたらとか。

  • Carnegie Mellon researchers have shown that small toy robots should play dead,

    カーネギーメロン大学の研究者は、小さなおもちゃのロボットは死んだふりをするべきであることを示しています。

  • because people feel bad when they think they broke it.

    自分が壊したと思うと人は嫌な気分になるから。

  • But delivery robots aren't toys,

    しかし、配達ロボットはおもちゃではありません。

  • they're not small, they are out there in public.

    彼らは小さくない、人前に出ている。

  • We found that with delivery robots,

    宅配ロボットで発見しました。

  • to get people to stop tampering,

    改ざんをやめさせるために

  • robots need to show awareness.

    ロボットは意識を示す必要があります。

  • It's kind of the opposite of playing dead.

    死んだふりをするのとは真逆のようなものだ。

  • In this case,

    この場合は

  • robots need to acknowledge the situation

    ロボットは状況を認識しなければならない

  • to get people to step away.

    人を遠ざけるために

  • Also, a word of advice.

    また、一言アドバイス。

  • If you are a robot and you see small kids,

    ロボットで小さい子供を見たら

  • run towards the closest adult.

    一番近い大人に向かって走る。

  • It turns out that some kids just love harassing robots.

    ロボットの嫌がらせが好きなだけの子もいることがわかった。

  • So besides dystopia,

    だからディストピアの他に

  • Hollywood also promised us some really cool robots

    ハリウッドは、本当にクールなロボットも約束してくれました。

  • that would run our errands or keep us company.

    私たちの用事をこなしてくれるか、私たちと一緒にいてくれるか。

  • So far, we've really focused on food delivery,

    今のところ、本当に食材の宅配に力を入れています。

  • but in the future,

    が、将来的には

  • these robots can do more.

    これらのロボットは、より多くのことをすることができます。

  • Like, they could gather excess food and bring it to shelters every night.

    余分な食料を集めて毎晩避難所に持っていくような。

  • Because in America, we waste 30 percent of our food,

    アメリカでは食料の30%を無駄にしているからです。

  • while 10 percent of our people experience food insecurity.

    一方、私たちの国民の10%は食料不安を経験しています。

  • These robots could be part of the solution.

    これらのロボットが解決策の一部になるかもしれません。

  • Or when we have hundreds of robots running around cities,

    あるいは、何百ものロボットが街中を走り回っているとき。

  • we could have robots carry emergency medications at all times,

    ロボットに緊急時の薬を持たせることができます。

  • just in case someone nearby has an allergic reaction

    万が一に備えて

  • or an asthma attack.

    または喘息の発作。

  • These robots could be on-site within a minute or two,

    これらのロボットは、1~2分で現場に到着する可能性があります。

  • faster than anyone else.

    誰よりも早く

  • And during pandemics,

    パンデミックの時も

  • robots can be a key part of our infrastructure.

    ロボットは私たちのインフラの重要な部分を担うことができます。

  • They can ensure

    彼らは保証することができます。

  • that we can provide our communities with the essential needs

    地域社会に必要なものを提供できるように

  • even during emergencies.

    緊急時にも

  • Let me leave you with one last thought.

    最後に一つだけ言わせてください。

  • Today, objects can't get from A to B without human help,

    今日では、物は人の手を借りずにAからBへと移動することはできません。

  • because our three-dimensional world is quite complex.

    なぜなら、私たちの三次元の世界はかなり複雑だからです。

  • But new sensors and AI can change that.

    しかし、新しいセンサーやAIはそれを変えることができます。

  • In a way, technology is like a baby

    ある意味、テクノロジーは赤ちゃんのようなもの

  • that has just learned to recognize objects and understand words,

    物体を認識し、言葉を理解することを学んだばかりの

  • and maybe even hold a basic conversation,

    基本的な会話もできるかもしれません。

  • but it hasn't learned to walk yet.

    しかし、まだ歩くことを覚えていません。

  • Now, we are teaching technology

    今、技術指導をしているのは

  • how to navigate the three-dimensional world

    立体世界の巡り方

  • without our help.

    私たちの助けがなければ

  • We are entering this new era

    新しい時代に突入しています

  • where insentient objects are going to get up and move freely.

    感覚のないものが立ち上がって自由に動こうとしているところ。

  • And when they do,

    そして、その時には

  • we've got to make sure they don't look like aliens.

    宇宙人に見えないようにしないと。

  • My vision for the future is that when things come to life,

    私の将来のビジョンは、物事が現実になった時のことです。

  • they do so with joy.

    彼らは喜びをもってそうしています。

  • You know, less like the movie "Terminator"

    ターミネーターのような映画ではないな

  • and more like "Toy Story."

    "トイ・ストーリー "のように

  • Thank you.

    ありがとうございます。

Food delivery.

食品の配達。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ロボット 配達 ディストピア 食料 未来 歩道

食べ物を配達してくれるフレンドリーな自律型ロボット|アリ・カシャニ (A friendly, autonomous robot that delivers your food | Ali Kashani)

  • 1 0
    林宜悉 に公開 2020 年 10 月 26 日
動画の中の単語