Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • We think you should watch these movies or don't we?

    これらの映画を見るべきだと思うのですが、どうでしょうか?

  • Don't care.

    気にするな

  • Welcome to watch Mojo.

    ようこそ、モジョを見るために。

  • And today we're counting down our picks for the top 10 gen X movies.

    そして今日は、Gen X映画のトップ10をカウントダウンしています。

  • If you could just go ahead and make sure you do that from now on, that would be great.

    これから先もそうしてくれると助かります。

  • And, uh, I'll go ahead and make sure you get another copy of that memo.

    そのメモのコピーをもう一枚もらってくるようにしておくよ

  • Okay?

    いいですか?

  • Yeah, I have the memo.

    ああ、メモを持っている。

  • I've got it.

    私はそれを持っています。

  • It's right for this list.

    このリストには合っている。

  • We're looking at films that were important for the generation born between 1961 and 1981 otherwise known as Generation X.

    1961年から1981年の間に生まれた世代、つまり「ジェネレーションX」と呼ばれる世代にとって重要な映画を見ています。

  • Although this generation is often stereotyped as apathetic, thes films speak to what many were thinking and feeling at the time.

    この世代は無気力という固定観念を持たれがちですが、この映画は当時の多くの人が何を考え、何を感じていたかを語っています。

  • In other words, they're more than just popular.

    つまり、人気があるだけではないのです。

  • They helped capture the spirit of a generation.

    彼らは一世代の精神を掴むのに貢献した。

  • Hold up, Tom.

    待ってくれ トム

  • Out damn out!

    外に出ろ!

  • Y'all take a chill, you need toe cool that shit out.

    冷静になってくれよ

  • And that's the double truth.

    そして、それが二重の真実です。

  • Ruth, please note we won't be including Spike Lee's Do the Right thing or Quentin Tarantino's Pulp Fiction.

    ルース、スパイク・リーの「正しいことをする」やクエンティン・タランティーノの「パルプ・フィクション」は入れないことに注意してください。

  • However, as their appeal is something that's transcended generations.

    しかし、彼らの魅力は世代を超えたものであるように。

  • What what country?

    どこの国の話?

  • You from what Watch what ain't no country.

    お前は何から来たんだ?何を見てるんだ?

  • I've ever heard of.

    聞いたことがあります。

  • They speak English.

    彼らは英語を話します。

  • And what if you like what you're hearing?

    あなたが聞いていることを気に入ったら?

  • Be sure to check out the full song at the link below.

    フル曲は以下のリンクからぜひチェックしてみてください。

  • Let me start.

    始めさせてください。

  • Uh oh.

    おやおや

  • Number 10 kids.

    10番の子供たち。

  • Filmmakers Larry Clark and Harmony Corinne are no strangers to controversy.

    映画製作者のラリー・クラークとハーモニー・コリンヌは、論争の的になることはありません。

  • And it was this 1995 film that first brought their unique and challenging ideas and visuals to the big screen.

    そして、彼らのユニークで挑戦的なアイデアとビジュアルを初めて大画面で見せてくれたのが、この1995年の映画でした。

  • Kids tells a very simple story about inner city kids and their experiences with sex, drugs and boredom.

    子供たちは、市内の子供たちと、セックス、ドラッグ、退屈した経験についての非常にシンプルな話をしています。

  • This ties into the overarching apathy that many Gen Xers were feeling around this time, while also serving as a dramatic shift from the feel good kids films of the 19 eighties.

    これは、多くのGen Xersがこの時期に感じていた無関心に結びつき、また、19 80年代の気分の良い子供の映画から劇的なシフトとして提供している間。

  • Tell me says What's up?

    Tell me says What's up?

  • Do you want to speak to me?

    私と話したい?

  • That dick?

    そのチンポ?

  • You still mad at him?

    まだ怒ってるの?

  • Off course I am.

    もちろんそうだ

  • How am I gonna get him after what he did?

    彼がしたことの後、どうやって彼を捕まえるの?

  • Well, what did he dio he still have virginity.

    彼は何をしたんだ?まだ童貞だぞ

  • Corinne Screenplay is harsh and unforgiving, while Clark directs the film with a lurid I that raised critical eyebrows then and continues to do so today.

    コリーヌ脚本は過酷で容赦がないが、クラーク監督は当時批判的な眉をひそめ、現在もそうしている。

  • I thought you had a brother.

    兄弟がいるんじゃないの?

  • No, I ain't nobody.

    いや、俺は誰でもない

  • What about you?

    あなたはどうなの?

  • No, I can't My mom will let me have with number nine boys in the hood.

    いいえ できない ママはフードの9番の男の子と 一緒にさせてくれるわ

  • Realistic depictions of inner city life weren't exactly commonplace on the big screen in 1991.

    都会の内側の生活をリアルに描いたものは、1991年の大画面では決して一般的なものではありませんでした。

  • Did you hear the shooting last night?

    昨夜の銃声を聞いたか?

  • Yeah, I heard it.

    ああ、聞いたよ。

  • I got on my base.

    基地に着いた。

  • Manu was scary Cat, My momma say a bullet don't have no name on it.

    マヌは怖かったよ キャット ママが言うには 弾丸には名前がないって

  • And perhaps that's why Generation X responded so intensely to writer director John Singleton's feature directorial debut, Boys in the Hood.

    そのためか、ジェネレーションXは脚本家ジョン・シングルトン監督の長編監督デビュー作『ボーイズ・イン・ザ・フッド』に激しく反応しています。

  • It's a coming of age tale but told from a fresh and honest perspective while covering thematic ground that was long overdue.

    青春物語でありながら、新鮮で正直な視点で語られ、長い間の課題であったテーマをカバーしている。

  • That photo photo We got a problem here.

    その写真 問題がある

  • Boys in the hood doesn't sugarcoat or apologize for the life choices of its characters, and it makes us care about the story being told, even if there is a whole lot of gray area in between right and wrong.

    フードを被った少年たちは、登場人物の人生の選択に糖質を塗ったり、謝ったりすることはなく、たとえ善悪の間にグレーな部分がたくさんあったとしても、私たちに語られる物語を気にさせてくれます。

  • Moreover, Singleton's film introduced actors like Angela Bassett, Cuba Gooding Jr and Ice Cube audiences that were ready to embrace them as the future stars.

    さらに、シングルトンの映画は、アンジェラ・バセット、キューバ・グッディングJr、アイス・キューブの観客のような俳優を紹介し、将来のスターとして彼らを受け入れる準備ができていた。

  • They would become Man, pick Chris Up, pump my start trip.

    彼らはマンになるだろう、クリスを拾って、私の出発旅行をポンプで汲み上げる。

  • That's the food pressure Hey e even got my gap number eight office space.

    これが食圧だよ

  • Mike Judge had already endeared himself big time to Gen Xers with his hit animated series Beavis and Butthead before jumping to the big screen.

    マイク-ジャッジはすでに大画面にジャンプする前に、彼のヒットアニメシリーズビービスとバットヘッドでGen Xersに大きな時間を自分自身を慕っていた。

  • So it makes sense that his first live action feature film also resonated with, um, Office space came at the right place in the right time, capturing the desire of Generation X to break away from the dreary 95 doldrums.

    だから、彼の初の実写長編映画が、「オフィス・スペース」が適切なタイミングで適切な場所に来て、退屈な95年の低迷から抜け出したいというジェネレーションXの願望を捉えたことは理にかなっています。

  • Uh, we have sort of a problem here.

    ちょっと問題があります

  • Yeah, you apparently didn't put one of the new cover sheets on your TPS reports.

    ああ、どうやらTPSの報告書に新しいカバーシートの1つを貼っていないようだな。

  • Oh, yeah.

    ああ、そうなんだ。

  • I'm sorry about that.

    それは残念だったな。

  • I forgot.

    忘れてた

  • Sure.

    そうだな

  • The film achieves this end with a whole bunch of great satire and quotable humor.

    この映画は、偉大な風刺と引用可能なユーモアの全体の束で、この目的を達成しています。

  • But office space, like many Mike judge projects, is a lot smarter than it might seem at first glance.

    しかし、オフィススペースは、多くのマイク・ジャッジメント・プロジェクトのように、一見しただけではわからないほどスマートな空間になっています。

  • Tell me about it, man.

    教えてくれよ

  • Oh, Oh, I gotta wake my ass up at six AM every day this week, drag upto Alaska Linda's.

    今週は毎日朝6時に起きて アラスカのリンダの家に行くのよ

  • Yeah, I'm doing the drywall up there at the new McDonald's.

    新しいマクドナルドの壁工事をしてるんだ

  • Many comedies seem dated right after they hit theaters, but office space continues to strike nerves and funny bones.

    多くのコメディは、彼らが劇場でヒットした直後に日付が付けられているように見えるが、オフィススペースは神経を打ち、面白い骨を打ち続けている。

  • Years later, it looks like you've been missing a lot of work lately, I wouldn't say I've been missing it.

    何年か経って、最近仕事が減っているように見えるが、減っているとは言わないな。

  • Bob Good one.

    ボブ いいね。

  • That's number seven Singles Singles was another hit for former Rolling Stone writer and fast times at Ridgemont High screenwriter Cameron Crowe and an example of just how adept the director was at connecting with young people across generations.

    ナンバー7の『シングルス・シングルス』は、元ローリングストーンのライターであり、リッジモント高校の脚本家でもあるキャメロン・クロウ氏のもう一つのヒット作であり、この監督が世代を超えて若者との結びつきにいかに長けていたかを示す一例となった。

  • I'm 23.

    私は23歳です。

  • Remember how old 23 seemed when you were little?

    23歳の頃のことを覚えているか?

  • I mean, I thought people were gonna be traveling in airlocks and I would have five kids.

    みんなエアロックで旅行するんじゃないかと思ったら子供が5人もいて

  • Generation X was the intended target this time, and with grunge rock at an all time high, singles hit a bullseye by setting it's romantic comedy story in Seattle.

    今回はジェネレーションXをターゲットにしていたが、グランジ・ロックが全盛期を迎える中、シングルズはシアトルを舞台にしたロマンチック・コメディ・ストーリーを展開した。

  • Steve, you just follow your instincts.

    スティーブ 直感に従えばいいんだ

  • I mean, don't treat this like casual sex.

    カジュアルセックスみたいな扱いはやめろよ

  • Casual sex doesn't even exist anymore.

    カジュアルセックスはもう存在しない

  • It's lethal.

    致命的だ

  • It's over.

    終わったんだ

  • There are few movies Mawr, quintessential e nineties than this one, right down to members of Sound Garden and Pearl Jam appearing as supporting characters.

    サウンド・ガーデンやパール・ジャムのメンバーが脇役として登場するなど、90年代を代表する映画の中で、この作品ほどマウルの映画は少ない。

  • Okay, okay, so the haircuts and fashion choices and singles probably haven't aged all that well.

    髪型やファッションの選択や独身の人は、たぶん年を取っていないんだろうな

  • But for viewers of a certain age, Cameron Crowe's story just hits all the right wistful buttons.

    しかし、特定の年齢の視聴者のために、キャメロン-クロウの物語はちょうどすべての右の切ないボタンを打つ。

  • Number six Empire Records so is working in a record store Really, like living out Empire Records?

    ナンバー6エンパイアレコードなので、レコード店で働いています 本当に、エンパイアレコードを生き抜くような?

  • Well, no, no, it's not.

    いやいや、そんなことないですよ。

  • But that didn't stop in entire generation of people, from daydreaming about the kinds of adventures and lives drama and all that these very cool and very pretty people enjoyed on a daily basis.

    しかし、それは人々の世代全体で停止しませんでした、冒険や生活のドラマやすべてのこれらの非常にクールで非常にきれいな人々が日常的に楽しんだことの種類について白昼夢を見てから。

  • Oh, I've decided I'm going to start a band.

    あ、バンドを始めることにしました。

  • Really?

    そうなんですか?

  • Yeah.

    そうだな

  • First thing you need is a name.

    まず必要なのは名前です。

  • Empire Records stood out from the often cynical portrayal of Gen X Youth and film by presenting a group of friends who seemed to genuinely enjoy each other's company.

    エンパイア・レコードは、お互いを純粋に楽しんでいるように見える友人たちのグループを紹介することで、しばしばシニカルに描かれるGen Xの青春と映画から目立っていました。

  • The fact that the film boasted a killer soundtracks certainly didn't hurt matters any four viewers today, Empire Records is just pure nostalgia.

    映画は確かにキラーサウンドトラックを誇っていたという事実は、今日の任意の4つの視聴者の問題を傷つけることはありませんでしたが、エンパイアレコードはちょうど純粋な郷愁です。

  • Ah, look back at a time when we could all pretend that slinging CDs and tapes could actually pay the bills.

    ああ、昔を振り返ってみると、CDやテープをばら撒いても、実際にお金が払えるようなふりをすることができたんですね。

  • Why did you do that?

    なぜそんなことをしたの?

  • Mr.

    旦那

  • Typical Nutty Teenager in America Number five Before Sunrise Before Sunrise is a unique film on this list and that it seems to have more in common with the slow burn cinema of the 19 seventies.

    Typical Nutty Teenager in America Number 5 Before Sunrise Before Sunriseは、このリストではユニークな映画であり、それは19 70年代のスローバーン映画とより多くの共通点を持っているようだということです。

  • Director and co writer Richard Linklater capitalized on the success of his 1993 hit Dazed and Confused to create this sweet, smart and touching love story.

    監督と共同脚本家のリチャード・リンクレイターは、1993年の大ヒット作『Dazed and Confused』の成功を活かして、この甘く、スマートで感動的なラブストーリーを作り上げた。

  • A single night affair between an American and French tourist that asks more questions than it answers.

    答えよりも多くの疑問を投げかけるアメリカ人とフランス人観光客の一夜の情事。

  • How do you speak such good English?

    どうやったらこんなにいい英語が話せるの?

  • Me?

    私が?

  • I'm American.

    私はアメリカ人です。

  • You're American?

    アメリカ人なの?

  • Yeah.

    そうだな

  • Are you sure?

    本当ですか?

  • Yeah.

    そうだな

  • Hey, No, I'm Turkey.

    おい、いや、俺はトルコ人だ。

  • I knew you were American before sunrise is dialogue heavy and character driven.

    日の出の前にアメリカ人だと知っていましたが...台詞が重くて性格が悪いです。

  • The kind of film that GEN X audiences were perhaps more open to is the decade rolled on.

    GEN Xの観客がおそらくもっとオープンにしていた映画のようなものは、10年が転がりました。

  • Today the film is considered a cult classic, proving that link leaders output continues to win over audiences across generations.

    今日、この映画はカルト的な名作とみなされており、世代を超えて観客を魅了し続けていることを証明している。

  • I don't think I'm going to be able to make it for lunch today.

    今日のお昼には間に合いそうにありません。

  • I'm sorry.

    済みませんでした。

  • I I met a guy in the train and I got off with him in Vienna.

    電車の中で知り合った男の人とウィーンで一緒に降りました。

  • Were still there.

    まだそこにいた

  • Are you crazy?

    気でも狂ったのか?

  • Probably Number four.

    たぶん4番だな

  • The Breakfast Club.

    ブレックファスト・クラブ

  • Consider this next entry on our list, the sort of Gen X movie that just fits into our criteria.

    この次の項目は、私たちの基準に当てはまる「Gen X」の映画だと考えてみてください。

  • Sure, the sweet spot for many Gen X movie watchers was arguably the nineties, but those born in the seventies probably have a fund memory of watching.

    確かに、多くのX世代の映画鑑賞者にとってのスイートスポットは間違いなく90年代でしたが、70年代生まれの人たちは、おそらく映画を見た記憶があるのでしょう。

  • The Breakfast Club is a kid on naked blonde.

    ブレックファストクラブは裸の金髪の上の子供。

  • What's going to a bar with a poodle under one arm on a 2 ft salami.

    2フィートのサラミの上に片腕の下にプードルを乗せたバーに何が行くのか。

  • Under the other, writer director John Hughes managed to capture the zeitgeist of how compartmentalized many young Gen Xers felt and how they wish to break out from the expectations of both their parents and the previous generation.

    脚本家のジョン・ヒューズ監督は、多くの若い世代のジェン・Xerがどのように閉じ込められていると感じているのか、そして彼らが両親や前世代の期待から脱却したいと願っているのか、という時代の流れを掴むことに成功しました。

  • Why is that door closed?

    なぜドアが閉まっているの?

  • Why is that door closed?

    なぜドアが閉まっているの?

  • How are we supposed to know we're not supposed to move right?

    右に動いてはいけないってどうやってわかるんだろう?

  • Jock, prep, geek, outcast and weirdo.

    ジョック、プリップ、オタク、アウトキャスト、変人。

  • I'll spend a few hours of detention together, but wind up learning Ah, whole lot more about themselves and each other by the time the day is done.

    数時間の居残り時間を一緒に過ごすが、その日が終わる頃には、自分たちのこと、そしてお互いのことをもっとたくさん学ぶことになる。

  • But what we found out is that each one of us is a brain and an athlete and a basket case, a princess and a criminal.

    でもわかったのは、一人一人が頭脳であり、スポーツ選手であり、籠池事件であり、お姫様であり、犯罪者であるということ。

  • Does that answer your question?

    質問の答えになっているのかな?

  • Sincerely, yours.

    敬具、あなたのものです。

  • Breakfast Club number three Clerks Clerks A true cult classic from writer director Kevin Smith was one of the little underground flicks that really resonated with audiences in the Indy obsessed nineties.

    ブレックファストクラブ ナンバー3 クラークス クラークス 脚本家ケビン・スミス監督による真のカルト的名作で、インディに取り付かれた90年代の観客に本当に共鳴した小さなアンダーグラウンド・フリックの一つでした。

  • Sir, what are either one of these any good?

    閣下、この中のどちらかが良いのでしょうか?

  • I don't watch movies.

    映画は見ない

  • Well, have you heard anything about either one of them?

    えーと、どっちも何か聞いたことはありますか?

  • I find it's best to stay out of other people's affairs.

    他人の問題には関わらないのが一番だと思います。

  • Just as the 19 seventies New Hollywood movement put the power in the hands of writers and directors, so, too, did the floodgates open for Generation X filmmakers to tell their own stories.

    70年代のニューハリウッド運動が作家や監督の手に権力を与えたように、ジェネレーションXの映画製作者たちも自分たちの物語を語ることができるようになりました。

  • Clerks was shot in black and white for a meager initial budget of 27 grand, but earned a cult following thanks to the wit and charm of the script.

    白黒で撮影された『クラークス』は当初2万7千ドルという低予算で撮影されたが、脚本のウィットと魅力でカルト的な支持を得た。

  • I love women.

    私は女性が大好きです。

  • Did you want Grizzly Adams?

    グリズリー・アダムスが欲しかったのか?

  • Moreover, Clerks represents the generation's desire for more relatable storytelling, as opposed to the bloated Hollywood epics of old.

    さらに、『クラークス』は、昔の肥大化したハリウッドの叙事詩とは対照的に、より親しみやすいストーリーテリングを求める世代の欲求を表しています。

  • You know there's a million fine looking women in the world do, but they don't all bring you lasagna at work.

    あなたは世界で100万人の素敵な女性がいることを知っていますが、彼らはすべての仕事であなたにラザニアを持って来ていません。

  • Most I'm just cheat on you.

    大抵は浮気してるだけだよ。

  • It also proved that the average Joe could make his own movie, get it distributed and actually succeed.

    また、平均的なジョーが自分で映画を作り、配給を受け、実際に成功することができることを証明しました。

  • Number to Fight Club.

    ファイトクラブへの番号

  • If Office Space was a comedic satire of the white collar misery machine, then considered David Fincher's fight club to be, it's bad boy alter ego.

    オフィススペースは、ホワイトカラーの悲惨なマシンの喜劇風刺であった場合は、その後、デビッド-フィンチャーのファイトクラブは、それが悪い少年の分身であると考えられています。

  • The first rule of Fight club is you do not talk about Fight club.

    ファイトクラブの第一のルールは、ファイトクラブの話をしないことです。

  • The second rule of Fight club is you do not talk about Fight Club, the film possesses similar themes of Generation X versus the status quo, but inserts sequences of sweaty macho violence and throbbing electron ICS to drive its point home.

    ファイトクラブの第二のルールは、あなたがファイトクラブについて話していないということです。この映画は、ジェネレーションX対現状維持という似たようなテーマを持っていますが、汗だくのマッチョな暴力とドキドキする電子ICSのシーケンスを挿入して、そのポイントをホームに駆動します。

  • David Fincher and screenwriter Jim Pools adapt Chuck Politics novel with a hefty helping of dark comedy while at the same time adopting a visual style that's dirty and grimy.

    デヴィッド・フィンチャーと脚本家のジム・プールズは、暗いコメディの多量の助けを借りてチャック・ポリティクスの小説を適応させると同時に、汚いと不気味なビジュアルスタイルを採用しています。

  • Sometimes Tyler spoke for me, fell down some stairs, fell down some stairs.

    時々タイラーが代弁してくれて、階段を転げ落ちて、階段を転げ落ちた。

  • Add to that inventive jump cuts and intentional fourth wall breaks, and you get a film that really stands out.

    工夫を凝らしたジャンプカットや意図的な第四の壁の破壊に加えて、本当に目立つ映画を手に入れることができます。

  • Fight Club is a movie that probably couldn't have been made in any other decade, but that Timestamp is also part of its charm.

    ファイトクラブ』は、おそらく他の10年では作れなかったであろう映画ですが、そのタイムスタンプも魅力の一つです。

  • Wow!

    うわー!

  • Okay, you are now firing a gun at your imaginary friend near 400 gallons of like a restaurant.

    さて、あなたは今、レストランのような400ガロンの近くの空想上の友人に銃を発射しています。

  • When I think of Generation X stereotypes, I think of cynicism, plaid and the movie.

    ジェネレーションXのステレオタイプといえば、シニシズム、格子縞、映画を思い浮かべる。

  • We haven't number one on this list, so let's look through the time capsule.

    1位にはなっていないので、タイムカプセルに目を通してみましょう。

  • That is our honorable mentions.

    それが私たちの名誉ある言及です。