Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Elon Musk has a giant new addition to his plans for colonizing Mars.

    エロン・ムスクは、火星の植民地化計画に巨大な新機能を追加した。

  • The Starship Rocket.

    宇宙船ロケット。

  • For years, this rocket was merely a concept on paper, but not anymore.

    何年もの間、このロケットは紙の上の概念に過ぎなかったが、今はそうではない。

  • On Saturday, September 28th, Musk stood in front of a fully assembled prototype of the rocket as he unveiled Space IX's Future Plans.

    9月28日(土)、ムスクはスペースIXの将来計画を発表する際に、完全に組み立てられたロケットのプロトタイプの前に立った。

  • Which future do you want, Do you want?

    あなたはどの未来を望んでいますか?

  • The future will become a space faring civilization and are in many worlds and now out there among the stars or one where we are forever confined to earth.

    未来は宇宙を飛ぶ文明になり、多くの世界であり、今では星や我々は永遠に地球に閉じ込められている1つの間でそこにあります。

  • And I say it is the first.

    そして、私はそれが最初だと言います。

  • If all goes according to plan, when Starship is complete, it will tower 387 ft tall, measure 30 ft in diameter and be capable of transporting people to Mars.

    すべてが計画通りに進めば、スターシップが完成したとき、それは高さ387フィートのタワーになり、直径30フィートを測定し、火星に人々を輸送することができるようになります。

  • For comparison, it will be about 5.5 times taller than Space six.

    比較のため、スペース6の約5.5倍の高さになります。

  • His first successful rocket, The Falcon One Starship, is the rocket that Musk has aspired to build ever since he founded Space six in 2000 and two, and after years of modeling, multiple changes to the rockets design and a substantial investment from Japanese billionaire Yusaku Miyazawa, it has come out looking unlike anything space six has ever built before.

    彼の最初の成功したロケット、ファルコン・ワン・スターシップは、2000年と2年にスペース・シックスを設立して以来、ムスクはこれまでに造ることを熱望してきたロケットであり、何年ものモデリング、ロケットのデザインへの何度もの変更、そして日本の億万長者である宮沢雄策氏からの多額の投資の後に、それはスペース・シックスがこれまでに造ったものとは全く違った外観を持って出てきたのです。

  • For example, Space X's Falcon nine rockets are covered by an aluminum lithium alloy.

    例えば、スペースXのファルコン9ロケットはアルミリチウム合金で覆われています。

  • But as you can see, Starship is covered with something different, which must call the best design decision of the entire project.

    しかし、ご覧のように、スターシップは、プロジェクト全体の最高のデザイン決定を呼び出す必要があります別の何かで覆われています。

  • Steel is the best design decision on this whole thing is a three on one stainless steel because at cryogenic temperatures, a 31 stainless actually has about the same effective strength as an advanced composite or aluminum lithium.

    スチールは、この全体で最高の設計決定は、極低温では、31ステンレスは、実際には高度な複合材料やアルミリチウムと同じくらいの有効強度を持っているので、1つのステンレス鋼に3つです。

  • Unlike most steals, which get brittle at low temperature 31 stainless gets much stronger.

    低温で脆くなるほとんどのスチールとは異なり、31ステンレスははるかに強くなります。

  • And unlike the nine engines on Space X's Falcon nine Rockets Starship will fly on six more powerful wrapped ER engines.

    そして、スペースXのファルコン9ロケッツ・スターシップに搭載されている9つのエンジンとは異なり、6つのより強力なラッピングされたERエンジンで飛行することになります。

  • The ship will have a total of six engines.

    船には合計6基のエンジンが搭載されます。

  • Three of the sea level variety of of rapture on those were actually on the rocket right now.

    歓喜の海面変化の3つは、実際にロケットに乗っていました。

  • In fact, that's a picture of just inside.

    実はこれ、ちょうど中の写真なんです。

  • That's good.

    それは良いことです。

  • That's what it looks like.

    そんな感じになっています。

  • And they gimbal, which, which means that the whole engine moves so the way to rocket steers is by moving the entire engine.

    そして、彼らはジンバル、つまりエンジン全体を動かすことでロケットの舵を取る方法です。

  • So whereas an aircraft engine is static and you you move by moving like the control surfaces like the, uh, ailerons and rudder and elevator flaps with rocket.

    航空機のエンジンが静止しているのに対し、ロケットではエルロンやラダー、エレベーターのフラップなどの制御面を動かして移動します。

  • When the when the engines of power you moved the entire engine to steer it, the starship will have three, uh, sea level uh, engines that move up to about 15 degrees angle and three vacuum engines that have optimized for efficiency that will not move.

    あなたがそれを操縦するために全体のエンジンを移動させたときに電力のエンジンは、宇宙船は、3つの、ええと、海面ええと、約15度の角度まで移動するエンジンと、移動しない効率のために最適化された3つの真空エンジンを持っています。

  • They will be just fixed in place.

    その場で固定されているだけでしょう。

  • Musk said that within the next 1 to 2 months, basics will launch the Starship prototype, called Mach 1 to 12.5 miles in the air and then landed back home in Boca Chica, Texas.

    Musk氏は、今後1~2ヶ月以内に、Basicsはマッハ1と呼ばれるスターシップの試作機を12.5マイル上空に打ち上げて、テキサス州ボカチカの自宅に着陸させると述べています。

  • After that, are next flight after that might actually just be all the way to orbit with a booster.

    その後、次のフライトは、実際にはブースターで軌道に乗るためのすべての方法かもしれません。

  • And the ship, the prototype shown here will probably never reach orbit.

    そして、この船は、ここに示されているプロトタイプは、おそらく軌道に到達することはありません。

  • That mission will go to an upgraded version of the rocket called Mach three, which Space six could start constructing as soon as next month.

    このミッションはマッハ3と呼ばれるロケットのアップグレード版に搭載され、スペースシックスは早ければ来月にも建設を開始する可能性があります。

  • And by next year, Musk says, Space six could be launching people to space on this thing.

    そして、来年までには、スペース6は、これに乗って宇宙に人を打ち上げることができると、ムスクは言っています。

  • Whether that's actually the case, we'll just have to wait and see.

    実際にそうなのかどうかは、あとは様子を見るのみ。

Elon Musk has a giant new addition to his plans for colonizing Mars.

エロン・ムスクは、火星の植民地化計画に巨大な新機能を追加した。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ロケット エンジン スペース ムスク ファルコン スター

エロン・ムスクが火星征服の最新計画を公開 (Watch Elon Musk Unveil His Latest Plan For Conquering Mars)

  • 7 0
    林宜悉 に公開 2020 年 10 月 25 日
動画の中の単語