Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Chulainn, hero of Ulster, stood at the ford at Cooley,

    翻訳: Chiaki Arai 校正: Tomoyuki Suzuki

  • ready to face an entire army singlehandedly

    アルスターの英雄クー・フーリンは クーリーの浅瀬に立ち

  • all for the sake of a single bull.

    いまや たった1人で 全軍隊を相手にするところでした―

  • The army in question belonged to Queen Meadhbh of Connaught.

    それも1頭の雄牛のために

  • Enraged at her husband's possession of a white bull of awesome strength,

    軍隊を率いていたのは コノートの女王メイヴ

  • she had set out to capture the fabled brown bull of Ulster

    すさまじい力を持つ白い雄牛を 夫が所有していることに憤怒して

  • at any cost.

    名高い アルスターの褐色の雄牛を なんとしてでも我がものにしようと

  • Unfortunately, the King of Ulster had chosen this moment

    遠征に乗り出したのです

  • to force the goddess Macha to race her chariot while pregnant.

    アルスターの王は この時 折り悪く決断を下し

  • In retaliation, she struck down him and his entire army with stomach cramps

    妊娠中の女神マッハに命じ 無理やり戦車競争に参加させました

  • that eerily resembled childbirthall exceptChulainn.

    その報復に マッハは呪いをかけ 王とその軍隊全員に腹痛を―

  • Though he was the best warrior in Ulster,

    陣痛に似た腹痛を 皆に与えたのです クー・フーリンだけが無事でした

  • Chulainn knew he could not take on Queen Meadhbh's whole army at once.

    クー・フーリンは アルスター最強の戦士ではありましたが

  • He invoked the sacred rite of single combat

    メイヴ女王の軍隊を一度に相手にすることは できないと分かっていました

  • in order to fight the intruders one by one.

    彼は一騎打ちという聖なる習わしを求め

  • But as Queen Meadhbh's army approached,

    侵入者と1人ずつ戦えるようにしました

  • one thing worried him more than the grueling ordeal ahead.

    ところが メイヴ女王の軍隊が 迫るにつれて

  • Years before, Cú Chulainn had travelled to Scotland

    待ち構える大仕事よりも あることが彼の心にかかっていました

  • to train with the renowned warrior Scáthach.

    何年も前のこと クー・フーリンは スコットランドに出向き

  • There, he met a young warrior from Connaught named Ferdiad.

    名声轟かせる戦士スカアハのもとで 修行をしていました

  • They lived and trained side-by-side, and soon became close friends.

    そこで 彼はある若い戦士に出会いました コノート出身のフェル・ディアドです

  • When they returned to their respective homes,

    2人は共に暮らし 共に修行に励み やがて親友になりました

  • Chulainn and Ferdiad found themselves on opposite sides of a war.

    それぞれの故郷に帰ってみれば

  • Chulainn knew Ferdiad was marching in Meadhbh's army,

    クー・フーリンとフェル・ディアドは 敵対する陣営に属することとなりました

  • and that if he succeeded in fending off her troops,

    彼には分っていました フェル・ディアドが メイヴ軍の一味として進軍を続けていて

  • they would eventually meet.

    自分が相手を倒し続ければ

  • Day after day, Cú Chulainn defended Ulster alone.

    いずれはフェル・ディアドに 出会うということを

  • He sent the heads of some of his adversaries back to Meadhbh's camp,

    来る日も来る日もクー・フーリンは アルスターを1人で守り続けました

  • while the rushing waters of the ford carried others away.

    とった敵の首は メイヴ女王の陣営に送ることもあれば

  • At times, he slipped into a trance and slayed hundreds of soldiers in a row.

    浅瀬の流れに 運ばれていくこともありました

  • Whenever he saw the queen in the distance, he hurled stones at her

    時にはトランス状態に入り 何百もの兵を次々斬り伏せました

  • never quite hitting her,

    女王の姿が遠くに見えれば 毎回 石を投げつけました

  • but once coming close enough to knock a squirrel off her shoulder.

    命中することはありませんでしたが

  • Back at the Connaught camp, Ferdiad was laying low,

    1回だけ 女王の肩にいたリスに当たり はたき落としおおせました

  • doing everything he could to avoid the moment

    コノートの陣営では フェル・ディアドが身を潜めていました

  • when he'd have to face his best friend in combat.

    親友を相手取って戦う羽目から逃れようと あらゆる手を尽くしていたのです

  • But the Queen was impatient to get her hands on the prize bull,

    しかし女王のほうでは 雄牛を早く手に入れたい思いが募り

  • and she knew Ferdiad was her best chance to defeatChulainn.

    クー・フーリンへの勝ち目が一番大きい戦士が フェル・ディアドであることを知っていました

  • So she goaded him and questioned his honor

    そこで彼をしきりに駆り立て 彼の名誉を問うて

  • until he had no choice but to fight.

    戦わざるを得ないところまで 追い込みました

  • The two faced off at the ford, matching each other exactly in strength and skill

    2人は浅瀬で対決しました 力も技も互角の関係―

  • no matter what weapons they used.

    どんな武器を手にしても 拮抗状態でした

  • Then, on the third day of their fight, Ferdiad began to gain the upper hand

    3日目に入ると フェル・ディアドが 優勢になりつつありました

  • over the exhausted Cu Chulainn.

    クー・フーリンは疲れきっていたのです

  • ButChulainn had one last trick up his sleeve:

    ところがクー・フーリンには あと1枚 切り札が残されていました

  • their teacher had shared a secret with him alone.

    彼らの師スカアハが クー・フーリンにだけ伝授した秘伝の奥義です

  • She told him how to summon the Gáe Bulg,

    彼女が教えたのは 「ゲイ・ボルグ」の召喚―

  • a magical spear fashioned from the bones of sea monsters

    海底に横たわる海獣の骨から作られた 魔法の槍を召喚する技でした

  • that lay at the bottom of the ocean.

    クー・フーリンは槍を召喚し フェル・ディアドを刺し殺し 彼も倒れました

  • Cu Chulainn called the spear, stabbed Ferdiad to death, and collapsed.

    その機会を捉えたメイヴ女王は 残りの軍隊もろともに

  • Meadhbh seized her chance and swooped in with the rest of her army

    褐色の雄牛を捕まえようと 攻め入りました

  • to capture the brown bull.

    その時ようやく アルスターの軍隊は 呪術による病気から回復しつつあり

  • At last, the men of Ulster were recovering from their magical illness,

    女王の軍に殺到し 追撃しました

  • and they surged out in pursuit.

    しかし時はすでに遅く メイヴ女王は傷ひとつ負わず

  • But they were too late: Queen Meadhbh crossed the border unscathed,

    褐色の雄牛を引きずって 国境を越えていました

  • dragging the brown bull with her.

    帰還したメイヴ女王は 改めて戦いを挑みました

  • Once home, Meadhbh demanded another battle,

    今度は彼女の褐色の雄牛と 夫の白い雄牛との対決です

  • this time between the brown bull and her husband's white bull.

    雄牛2頭の力は伯仲 戦いは夜までもつれ込み

  • The bulls were well matched, and struggled into the night,

    アイルランド全土にわたって 互いを引きずり合いました

  • dragging each other all over Ireland.

    ついに褐色の雄牛は白い雄牛を殺し

  • At long last, the brown bull killed the white bull,

    メイヴ女王はようやく満足を得ました

  • and Queen Meadhbh was finally satisfied.

    しかし褐色の雄牛にとって 勝利はなんの意味もありませんでした

  • But the brown bull's victory meant nothing to him.

    疲れ 傷つき 絶望していました

  • He was tired, injured, and devastated.

    ほどなくして彼も失意のうちに死に 後に残されたのは

  • Soon after, he died of a broken heart, leaving behind a land

    メイヴの戦争のために 長い間 荒廃したままとなる地でした

  • that would remain ravaged by Meadhbh's war for years to come.

Chulainn, hero of Ulster, stood at the ford at Cooley,

翻訳: Chiaki Arai 校正: Tomoyuki Suzuki

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 女王 軍隊 浅瀬 戦士 召喚 白い

The myth of Ireland's two greatest warriors - Iseult Gillespie

  • 1 0
    林宜悉 に公開 2020 年 10 月 24 日
動画の中の単語