Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • - Hi, I'm Yeardley Smith.

    - こんにちは、私はYeardley Smithです。

  • You may know me as the voice of Lisa Simpson,

    リサ・シンプソンの声として知っているかもしれません。

  • and I'm here to improvise some voices for some cartoon

    アニメの声を即興で作りに来ました

  • characters I've never seen before.

    見たことのないキャラクター

  • Just to manage your expectations,

    期待値を管理するためだけに

  • I am actually one of the only people on The Simpsons

    私は、実はシンプソンズの中で唯一の一人なのです。

  • who really does only one voice,

    本当に一声しか出ない人。

  • once in a while I do an old lady,

    たまにはババアやってます。

  • but that gives you some idea of how this is gonna go.

    でも、これを見れば何となく分かるだろう

  • Great, all right, let's get started.

    よし、よし、始めよう。

  • Aw. [laughs]

    おやおや[笑]

  • Here we have a,

    ここには

  • a sad, orange,

    哀愁漂うオレンジ。

  • dragon-y, cyclops-y blobby.

    ドラゴン系、サイクロプス系のボビー。

  • I think maybe, you know, she sounds like this,

    もしかしたら、こんな風に聞こえるのかもしれませんね。

  • "My name is Iris.

    "私の名前はアイリス。

  • I want to play hide and seek with the other

    とかくれんぼをしたい。

  • cyclops-dragon girls in my class and they were like,

    クラスのサイクロップスドラゴンの女の子たちが

  • 'No Iris, your eye is too big, it's like cheating.'

    "アイリス 目が大きすぎる ズルしてるみたい

  • So I'm just in here, against the blue wall

    だから青い壁を背にしてここにいるんだ

  • with my little dragon spiky spikes,

    私の小さなドラゴンのトゲトゲで

  • and, [sniffs] you know, I'm kinda sad,

    そして、[鼻をすする]私は、あなたが知っている、私は少し悲しいです。

  • I'm sad today, a little sad."

    今日はちょっと悲しい"

  • I cry a lot, as Lisa Simpson.

    リサ・シンプソンのように、よく泣きます。

  • There are a few things I do a lot, as Lisa Simpson.

    リサ・シンプソンとしてよくやっていることがいくつかあります。

  • I talk to myself, quite often.

    私は独り言をよく言っています。

  • Like if you actually knew how often

    あなたが実際にどのくらいの頻度で

  • Lisa Simpson talks to herself,

    リサ・シンプソンが独り言を言っている。

  • you would think, "Somebody help that girl."

    "誰かあの子を助けて "と 思うでしょうね

  • And I sing a lot, as Lisa Simpson,

    そして、リサ・シンプソンとしてよく歌っています。

  • which is tough, because Lisa Simpson is right up here,

    リサ・シンプソンがここにいるからな

  • singing is all about opening your throat,

    歌は喉を開くことが全てです。

  • and to do Lisa Simpson I close my throat a little bit,

    とリサ・シンプソンをするために私は少し私の喉を閉じます。

  • so I have about a four note range, as Lisa Simpson,

    だから私はリサ・シンプソンのように4音程の音域を持っています。

  • but they're all like, "No Yeardley, it's great,

    と言っても、「イヤイヤドリーはダメだよ、最高だよ」という感じです。

  • you have great pitch, you're good at it, bleah."

    "お前はピッチがいいんだな、上手いんだな、ブリーア"

  • And I'm like, [groans].

    そして、私は、[うめき声]のようなものです。

  • Please knock it off.

    ノックオフしてください。

  • So to cry, and also to laugh,

    だから泣くことも、笑うことも。

  • to laugh, it's all really in the solar plexus.

    笑うには、本当に太陽神経叢の中にあります。

  • There's like a heart contraction

    心臓の収縮のようなものがある

  • that I feel when I pretend to be that sad

    そんな悲しいふりをしていると

  • that I think

    と思うほど

  • makes the crying sound really authentic.

    泣き声は本当に本格的なものになります。

  • The other thing is that, as Lisa Simpson,

    もう一つは、リサ・シンプソンのように

  • often, I would say at least 70% of the time

    よく言えば七割方

  • when Lisa is crying, I, as Yeardley, I'm actually crying.

    リサが泣いているとき、イヤードリーの私は、実は泣いています。

  • That's how much I connect to my character.

    それだけ自分のキャラクターと繋がっているということです。

  • So I can throw a little love, a little technique

    だから、ちょっとした恋、ちょっとしたテクニックを投げられる

  • toward "I'm really so sad, so..." [crying]

    "ほんとに悲しくて・・・"に向かって[泣いて]

  • Oh, hello. A very, very tall sort of crane.

    ああ、こんにちは。とても、とても、とても背の高いクレーンのようなものです。

  • I'm all covered up because I don't want

    私は、私が望んでいないので、すべてをカバーしています。

  • to have any contact with you at all.

    あなたと接触するのは

  • But I hear you ordered a drink,

    でも、飲み物を注文したそうですね。

  • so I have it right here in my syringe."

    "私の注射器の中にある"

  • I'll call you Doctor Prick,

    ドクター・プリックと呼ぶよ

  • because you carry a big stick that has a big prick on it.

    刺さった大きな棒を持ち歩いているからだ。

  • And I like to think that instead of there being

    そして、私は考えたいのですが、その代わりに

  • some sort of medicine in there, it's a martini. [laughs]

    薬のようなものが入ってる マティーニだよ[笑]

  • In a play once, I had to play all these different characters

    昔の劇では、いろいろなキャラクターを演じなければならなかった。

  • and I played like a sort of Fatty Arbuckle kind of barfly.

    ファッティ・アーバクルみたいなバーフライを演じたんだ

  • He sounded like this. "Oh hello.

    彼の声はこんな感じでした。"あ、こんにちは。

  • I brought you your martini."

    "マティーニを持ってきた"

  • Which sounds a little sort of otherworldly,

    それはちょっと異世界のようだな

  • like you've revived this poor bird from the dead,

    このかわいそうな鳥を 死から蘇らせたようなものだ

  • but you know, he/she does not look unlike

    けど、似ても似つかない

  • he/she was revived from the dead.

    死者の中から蘇った

  • "Hello, I hear you like your martini stirred, not shaken.

    "こんにちは、マティーニは振らずにかき混ぜるのがお好きだそうですね

  • So I have it right here, in this syringe."

    この注射器に入っています」

  • Really, so that's all right here in the throat.

    本当に、だから喉の中はこれでいいんだよ。

  • And I remember, again, when I was doing that play,

    で、そのお芝居をしていた時のことを改めて思い出しました。

  • I had to, it was about a five minute sketch,

    しなければならなかった、5分程度のスケッチだった。

  • and my castmates were like,

    私の仲間は

  • "Yeardly, you're gonna wreck your voice."

    "年季が入って声が荒れる"

  • And somehow I didn't.

    そして、なぜか私はそうしなかった。

  • But there's almost no actual voice to it.

    でも、実際の声はほとんど出ていません。

  • It's really guttural.

    本当にガツンとくる。

  • "You're really in there."

    "あなたは本当にそこにいる"

  • "Ummmmmm, hi. My name is, um...

    "Ummmmmm, hi.私の名前は、えーと...。

  • my name is Charlotte.

    私の名前はシャーロット

  • I'm a unicorn

    I'm a unicorn

  • with really long blue hair,

    本当に長い青い髪をしていて

  • um, here's the thing, though,

    えーと、ここからが本題なんですが

  • I have this really ugly birthmark on my tummy.

    私のお腹には本当に醜いアザがあります。

  • So I kinda thought, maybe if I grow my hair long enough,

    髪の毛を伸ばしたらどうかなと思って

  • I can, like, wear it in front and cover my, my birthmark."

    前につけて、アザを隠すことができるんだ。"

  • I don't think Charlotte would be like,

    シャルロッテは似てないと思う。

  • the big booming sort of a unicorn

    一角獣の大ブーイング

  • with a big blue birthmark on her tum.

    お腹に大きな青いアザがあって

  • I don't know, she doesn't look that way to me.

    私にはそうは見えないけど

  • And she's small, she's itty-bitty.

    そして、彼女は小さくて、ちっちゃい。

  • She could be from the South, you know,

    彼女は南の出身かもしれない

  • she could be, I'm not sure what state this accent is from,

    彼女はそうかもしれないが、この訛りはどこの州から来たのかは分からない。

  • cause I, as Yeardley, have done a lot of Southern accents

    南部の訛りをたくさん作ってきたからだ

  • and people are like, "Where are you from?"

    "どこから来たの?"って言われて

  • I'm like, "I was an Army brat. Leave me alone.

    俺「俺は陸軍の餓鬼だったんだ。ほっといてくれ。

  • All over the South!"

    南部の至る所で!"

  • But yes, maybe Charlotte is just like, "You know,

    でも、そうそう、シャーロットは、もしかしたら、「あのね。

  • I just want to get along with everybody.

    みんなと仲良くしたいだけなんです。

  • I bring cookies everywhere I go.

    私はどこに行ってもクッキーを持ってきます。

  • I like to hand them out.

    配るのが好きなんです。

  • I think it's a great way to make friends.

    友達作りにはもってこいだと思います。

  • What are you, like a rat? Are you a monkey?

    ネズミのようなあなたは?猿なの?

  • If you were shown this picture in an audition,

    オーディションでこの写真を見せられたら

  • with a guy, it would be like,

    男の人と一緒にいると、そんな感じになります。

  • [growls] "Really really rough and tough," right?

    [うなり声] 「本当に本当に荒っぽくてタフだよね?

  • But what if he's, like, you know, like Cockney,

    でも、もし彼がコックニーのような人だったら?

  • and he's like, "What? What you staring at?

    と聞くと、「え?何を見つめているの?

  • No, I'm not grimacing at you, it's how I smile!

    いや、ニヤニヤしてるんじゃなくて、こうやって笑ってるんだよ!

  • I was born this way, right?

    私はこうやって生まれてきたんだよね。

  • I don't want to eat you.

    あなたを食べたくない

  • I don't eat people anymore, I'm a vegetarian.

    私はもう人を食べない、ベジタリアンです。

  • Yeah, I'm a vegetarian."

    ええ、私はベジタリアンです。"

  • Or maybe it's sorta like a Fat Tony kind of type, right?

    それともファットトニーみたいなタイプかな?

  • Maybe his name is, uh, Skinny Sam.

    名前はスキニーサムかもしれない

  • "And uh, you know, I used to be kinda skinny,

    "それに......昔は痩せてたんだけどね

  • used to be skinny, but, uh,

    昔は痩せていたが

  • now that I don't rob so many banks anymore,

    今ではもう多くの銀行を襲わなくなった

  • uh, just, you know, I sit around a lot,

    あー、ただ、よく座っているだけなんだ。

  • I just count the money, that's what I do.

    お金を数えているだけなんです。

  • So, you know, I'm trying to stay like middle management.

    だから、中間管理職みたいな感じでいようとしているんです。

  • It's what I'm trying to do here."

    私がここでやろうとしていることです。"

  • Oh, Granny!

    おばあちゃん!

  • [groans] So, when I listen to Dan Castellaneta do Grampa,

    ダン・カステラネタを聞くと グランパのようになる

  • he kinda does this breathy, again, not much

    彼はちょっとした呼吸をしていますが、再び、あまり多くはありません。

  • actual voice to Grampa

    おじいちゃんへの生の声

  • so I say to Dan, "Dan, could you do my lines

    それでダンに言ったんだ "ダン、俺のセリフをやってくれないか?

  • as the old lady who," I think... what is her name?

    婆さんとして」確か...名前は何だっけ?

  • That's how often I do her.

    それだけ、彼女のことをよくやっています。

  • Like, literally, they've killed her off three times

    文字通り3回も殺されたんだぞ

  • and brought her back to life

    彼女を生き返らせた

  • cause I do it so badly they think it's hilarious.

    私がやってるから面白いと思われてるのよ

  • So I'll ask him to do my line,

    だから、私は彼に私のラインをしてもらいます。

  • there's usually one or two, and then he'll do it,

    普通は一人か二人でやってくれます。

  • and then I imitate him, literally.

    と、文字通り真似をしてみました。

  • So, all right, let's see.

    よし、じゃあ、見てみよう。

  • What's your name? What's your name?

    君の名前は?君の名前は?

  • "My name is, uh...

    "私の名前は...

  • My name is Mary.

    私の名前はメアリーです。

  • My name's Mary.

    私はメアリーよ

  • And, um, you know, they took away my license,

    それで、あの、免許証を取り上げられたんです。

  • so I'm like, that's okay. You can not keep me down.

    だから、私は大丈夫だと思っています。私を抑えることはできません

  • And sure I wear a helmet, but really, my hair is my helmet.

    ヘルメットを被っているのは確かだが、本当に髪の毛がヘルメットなんだ。

  • My husband died like, I dunno, 20 years ago?

    夫が死んだのは20年前かな?

  • I'm all right! I'm not lonely! Look at me go.

    大丈夫だよ!寂しくないよ!私を見て行ってください。

  • You can't stop me!"

    "私を止められないわよ!"

  • Or she could be a smoker.

    喫煙者である可能性もある

  • "My name is Mary, and, uh, they took away my license,

    "私の名前はメアリーなんですが、免許証を取り上げられてしまいました。

  • and so I was like, you know what? Up yours.

    それで、私はこう思ったの。上げろよ

  • And I got a skateboard.

    そして、スケートボードを手に入れた。

  • And you know what else? I got sneaks to match my skateboard!

    そして、他にもスケートボードに合わせたスニーカーをゲットしました!

  • And then I got a snazzy little top

    そして、お洒落なトップスを手に入れました。

  • and a little helmet to match my sneaks and my skateboard."

    スニーカーとスケートボードに合わせた小さなヘルメットも。"

  • This is, this is a worm.

    これは、これは、ミミズです。

  • "I'm a worm. And I'm green.

    "私はミミズです。そして、私は緑です。

  • And, uh, I'm a bookworm. Duh!

    そして、えーと、私は本の虫です。ダッ!

  • Cause I'm holding a book, and I'm a worm!

    だって、本を持っているのは、虫だから!

  • But do you know what the P.S is?

    でも、P.S.って何か知ってますか?

  • I can't actually read! This is a picture book! [chuckles]

    実は読めない!これは絵本だ![笑]

  • I like to turn the pages with my tongue,

    舌でページをめくるのが好きです。

  • that's what I really like, but I, you know,

    というのは、本当に好きなことなんですけどね。

  • I just do that when I think nobody's looking."

    "誰も見てないと思った時にやるだけ"

  • Maybe he would, he would sort of have a stuffy nose.

    多分、彼は鼻が詰まっているような気がする。

  • If I mean, I really was to amp up the goofiness,

    つまり、本当にグダグダを増幅させるためだったのだとしたら

  • I don't know.

    知る由もありません。

  • Now he's starting to sound like Carl on The Simpsons

    シンプソンズのカールみたいになってきた

  • that Hank Azaria does. [laughs]

    ハンク・アザリアがやってる[笑]

  • He might not appreciate that. I don't know. [laughs]

    彼はそれを理解していないかもしれない。私は知りません。[笑]

  • I always wanted to do a valley girl on The Simpsons,

    シンプソンズのバレーガールをやりたかったんだ

  • where there's a girl character named Shauna

    シャウナという女の子のキャラクターがいるところ

  • and I once got to fill in for Tress MacNeille

    トレス・マクニールの代役になったこともある

  • who does the voice of Shauna,

    シャウナの声を担当している

  • You know, like, the bee is like,

    ハチ公がそうなんだよね。

  • "My name is Bea, Beatrice, but Bea for short.

    "私の名前はベアトリス、略してベア。

  • I'm a lesbian bee, and I live in the hive

    私はレズビアンの蜂で、巣箱に住んでいます

  • with, like, my wife and my 5000 kids.

    妻と5000人の子供たちと一緒に

  • What's great about the hive is great benefits.

    ハイブの何がすごいかというと、メリットが大きいです。

  • We have, like, we have great medical.

    私たちには、素晴らしい医療があります。

  • We even have extra antenna care, which is super good

    アンテナケアのおまけまでついていて、超優秀

  • if your eyebrows are already

    眉毛がすでに

  • growing on your antenna, you know.

    アンテナに生えてるんだよ

  • Also, wing care. We have great wing care at the hive."

    翼のケアも。"巣箱では翼の世話をしています"

  • What if the mislead on this bee

    このバチバチにミスリードされたらどうしよう

  • is that she's really, or he,

    彼女が本当にそうなのか、彼がそうなのか、ということです。

  • is really, like, this teen punk prankster?

    本当にこのティーンパンクの悪ふざけか?

  • "Hey! Listen! I'm a bee!

    "おい、聞いてくれ!俺は蜂だ!

  • My name is Bud the Bee.

    私の名前はバッド・ザ・ビー

  • I'm smiling here, but I gotta tell you,

    ここでニヤニヤしてますが、言わせてください。

  • this bucket of honey? Super heavy, dude!

    この蜂蜜のバケツは?超重い!

  • It's super freaking heavy!

    めちゃくちゃ重い!

  • So, uh, if you could just take the picture,

    それで、写真を撮らせてもらえれば

  • so I could put the bucket down,

    バケツを下に置けるように

  • and then I could lay down in the flowers,

    そして、花の中に横たわることができました。

  • that would be awesome."

    "それは素晴らしいことだ"

  • [yells]

    [叫ぶ]

  • This poor little alarm clock!

    このかわいそうな目覚まし時計!

  • If I could do a good Gilbert Gottfried

    ギルバート・ゴットフリートの演技ができれば

  • or a [laughs] Bobcat Goldthwaite.

    または[笑]ボブキャットゴールドスウェイト。

  • "People! People! We have a problem!

    "人だ!人だ!問題が発生しました!

  • I'm missing some numbers!

    数字が足りない!

  • I'm missing number nine!

    9番が足りない!

  • But I think it got eaten by seven eight nine!"

    でも、7・8・9に食べられたんだと思う!"

  • Here's what's unfair.

    不公平なのはここにある。

  • So this expression, of course,

    だからこの表現はもちろん

  • wouldn't be the whole scene, right?

    とか言っても全部のシーンではないでしょう?

  • It would just be a moment, hopefully,

    願わくば、一瞬のことだ。

  • of this poor little alarm clock losing its whatever,

    目覚まし時計が何かを失ったようだ

  • because it's missing some numbers. [laughs]

    いくつかの数字が欠けているから[笑]

  • Maybe all the rest of the time,

    もしかしたらずっとそうかもしれません。

  • the alarm clock is like, um,

    目覚まし時計は...

  • "Allo! I am your alarm clock!

    "アロー!私はあなたの目覚まし時計です!

  • I know I look very analog, and you prefer the digital,

    私は非常にアナログに見えて、あなたはデジタルを好むことを知っています。

  • but I'm very useful!

    が、とても重宝しています!

  • And I can make a very big noise, like this!

    そして、こんな感じで、とても大きな音を出すことができます

  • [screams]

    [悲鳴]

  • See? That's very useful, don't you think?

    だろ?とても便利だと思いませんか?

  • Cause I know that when I go off,

    私がいなくなった時、それを知っているから。

  • you do not like to wake up, huh?

    起きるのが嫌いなんですね。

  • You just lay there like a big slug.

    お前はただ横たわっているだけだ

  • And so I can just, you know, maybe be so loud

    それで、私は、あなたが知っているように、多分とても大きな声を出すことができます。

  • that you wish you could throw me against the wall!"

    "私を壁に投げつけたいのか!"

  • Well, favorites, thanks so much for watching.

    お気に入りの方、見てくださってありがとうございます。

  • It was fun for me.

    私にとっては楽しかったです。

  • I hope it was fun for you.

    楽しかったでしょうね。

  • [laughs]

    [笑]

- Hi, I'm Yeardley Smith.

- こんにちは、私はYeardley Smithです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 リサ 名前 目覚まし 本当 アザ シンプソンズ

リサ・シンプソン(Yeardley Smith)が8つの新しいカートゥーンの声を即興で披露|ヴァニティ・フェア (Lisa Simpson (Yeardley Smith) Improvises 8 New Cartoon Voices | Vanity Fair)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2020 年 10 月 23 日
動画の中の単語