Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • What's up everyone?

    みんな、どうしたの?

  • I'm Andrea your RealLife English fluency coach

    私はアンドレア、あなたのRealLife英語流暢さのコーチです。

  • and in today's lesson we're going to be taking an in-depth look at the accent of Harry Styles.

    今日のレッスンでは、ハリー・スタイルズのアクセントについて詳しく見ていきましょう。

  • So in case you didn't know Harry Styles is in fact British

    ハリー・スタイルズが実はイギリス人であることをご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが

  • he is one of the members of a huge band, One Direction

    巨大バンド、ワン・ダイレクションのメンバーの一人。

  • and he's also most recently forged a very successful solo career.

    と、最近ではソロでも大成功を収めています。

  • Now Harry Styles was in fact born in Birmingham

    ハリー・スタイルズは実はバーミンガム生まれだった

  • which we say is in the midlands because it's found in the middle of England but

    イングランドの真ん中にあるので、ミッドランズにあると言っていますが

  • when he was very young his family did move up to the North West

    幼い頃に一家で北西部に引っ越してきた

  • of England very close to Manchester in a place

    イングランドのマンチェスターに非常に近い場所に

  • called Cheshire, so his accent is quite

    チェシャーと呼ばれているので、彼のアクセントはかなりのものです。

  • interesting because you will hear some variations

    幾つかのバリエーションを聞くことができるので面白い

  • from the Birmingham accent and the Manchester accent

    バーミンガム訛りとマンチェスター訛りから

  • and also more recently just because he's lived in London

    最近ではロンドンに住んでいるからといって

  • and also America he does have some other variances

    そしてまた、アメリカは彼がいくつかの他の変化を持っています。

  • to his accent as well it's also really interesting to know that in the UK alone

    彼のアクセントもそうですが、イギリスだけでは

  • there are more than 30 different accents and dialects

    三十余種のアクセントと方言がある

  • so while you might not be that familiar with many

    馴染みがないかもしれませんが

  • because generally in media you maybe hear

    というのも、一般的にメディアでは

  • the RP the Received Pronunciation accent or a cockney London accent, there

    RPは、受信発音アクセントやコックニーロンドンアクセント、そこに

  • are actually many many more so we're going to be taking

    は実際に多くの多くのより多くのので、私たちは取るつもりです。

  • a look at this today and a real in-depth look at Harry Styles

    今日はこれを見て、ハリー・スタイルズを深く掘り下げてみましょう。

  • accent in particular.

    特にアクセント

  • So before we get into the lesson

    だからレッスンに入る前に

  • I want to let you know that every week we make lessons

    毎週レッスンを作っていることを知ってもらいたい

  • to help you learn fast English without getting lost,

    を使って、迷わずに速い英語を身につけることができます。

  • without missing the jokes and without subtitles

    ジョークを見逃さず、字幕なしで

  • in fact Akshad says that he didn't realize

    実はアクシャッドは気づかなかったと言っています。

  • it could be so fun to learn new vocabulary,

    新しい単語を覚えるのはとても楽しいかもしれません。

  • so if that sounds good to you don't forget to hit that subscribe button and

    もしそれが良さそうならば、購読ボタンを押すことを忘れないでください。

  • the bell down below so that you don't miss any of our new lessons.

    新しいレッスンを見逃さないように、下のベルをクリックしてください。

  • Okay so the first aspect of Harry's accent that we're going to take a look

    ハリーのアクセントの最初の側面を見てみましょう

  • at is the way that he reduces the H sound.

    atはH音を小さくする方法です。

  • at the start of words.

    単語の先頭に

  • So this is very typical of

    ということで、これは非常に典型的な

  • Northern English accents but also in other parts of Britain too it's also

    北部英語のアクセントだけでなく、イギリスの他の地域でも

  • synonymous with the cockney accent which is the

    であるコックニーアクセントと同義です。

  • East side of London but you definitely won't hear this with

    ロンドンの東側ですが、あなたは間違いなくこれを聞くことはありません。

  • a received pronunciation accent.

    受け取った発音のアクセント。

  • So what Harry does is at the start of

    ハリーがやっていることは

  • words he tends to omit so he doesn't say that first h

    彼が省略しがちな言葉は、彼がその最初のhを言わないように

  • sound so rather than saying "he's lovely isn't he?" he says

    と言うよりも、「素敵ですよね」と言うのです。

  • [e's lovely isn't e]

    [E's lovely isn't E]

  • so let's take a look at how that sounds when he says it.

    彼が言った時にどう聞こえるか見てみましょう

  • So there are quite a lot of examples of

    の例がかなり多いんですね。

  • when Harry does this for example instead of saying "I met him"

    ハリーがこれをするときには、例えば、"I met him "ではなく、"I'm met him "と言います。

  • he would probably say [I meh-im]

    と言うだろう

  • and this is what natives tend to do to speak

    これが原住民の口癖

  • faster and more naturally so sometimes we reduce words

    より早く、より自然に、ということで、時には言葉を減らすこともあります。

  • so that it just becomes more fluent and more natural and more

    より流暢に、より自然に、より多くのことができるように

  • quick to speak.

    話すのが早い。

  • In the same interview we can find some other things that he

    同じインタビューの中で、私たちは彼が他にもいくつかのことを見つけることができます。

  • tends to do with the way that he speaks as well for

    のための話し方をする傾向があります。

  • example another aspect of his accent that is

    例えば、彼のアクセントの別の側面は

  • very Northern English is the way that he says

    とっても北国英語は

  • the U sound in words it's been it's been fun to kind of like

    "言葉の中のU音を" "好きになるのが楽しい

  • watch over it all so for example when I say

    見守っていますので、例えば私が言うと

  • lucky the u has an uh sound and when I say us

    う」の音が「う」の音になっていて、「私たち」と言ったら「う」の音になっていてラッキー

  • again it has an uh sound but with Harry's accent and very typically

    またしても「あー」という音がしますが、ハリーのアクセントが入っていて、とても典型的です。

  • in Northern England you will hear more of an uh sound

    イングランド北部では、より多くの音を聞くことができます。

  • so it's a short uh sound so he will say lucky and us and

    短い音で「ラッキー」「私たち」と言うだろう

  • much, so let's take a look and see how that sounds.

    沢山あるので、どんな風に聞こえるか見てみましょう。

  • So the further North you travel

    北に行けば行くほど

  • you will hear this sound whether you are in

    中にいても中にいてもこの音が聞こえてくる

  • Liverpool, Manchester, Newcastle and even going all the way up to

    リバプール、マンチェスター、ニューカッスル、さらには

  • Scotland they don't say this sound like I would, i'm from London

    スコットランド 彼らはこの音を言うことはありません 私はロンドンから来ました

  • and we tend not to have this sound when we speak

    話すときにはこの音が出ないことが多い

  • English but certainly in Northern England

    イギリス人だが、確かに北イングランドでは

  • and the further up you go all the way to Scotland they do tend to have this

    スコットランドに行けば行くほどこのような傾向があります

  • uh sound sound more like an uh sound you will also hear it in words such as

    あー音の方があー音のように聞こえる......というような言葉でも聞こえてきます。

  • us, fun and stuff so let's take a look at

    楽しくて仕方がないので、見てみましょう。

  • how Harry says it because he does say it very differently to me.

    ハリーの言い方は、私とは全く違う言い方をするからです。

  • Do you still struggle to understand fast speaking natives?

    早口のネイティブを理解するのにまだ苦労しているのか?

  • Then I highly recommend our Fluent with Friends course

    ならば、Fluent with Friendsコースをお勧めします。

  • In this 48 week course you will learn

    この48週間のコースでは、次のことを学びます。

  • with the first two seasons of Friends, you'll receive PDF power lessons every

    フレンズの最初の2シーズンでは、PDFパワーレッスンを毎回受け取ることができます。

  • week, vocabulary memorization software access

    週間、単語暗記ソフトアクセス

  • to our Fluency Circle global community and so much more and the best part is

    フルエンシサークルのグローバルコミュニティに参加したり、その他にもたくさんのことができます。

  • you can try it right now for free with our three-part Masterclass

    3つのパートに分かれたマスタークラスで今すぐ無料で試すことができます。

  • all you have to do is click up here or in the description box below

    ここをクリックするか、下の説明欄をクリックしてください。

  • to learn more and sign up now, we hope to see you there!

    をご覧になり、今すぐサインアップしてください。

  • You might have noticed also that in British English we tend to omit

    イギリス英語では

  • the T sound in words and this is called a Glottal T

    t音

  • so with a Glottal T what happens is there is still a sound there but you

    つまり、グロタールTを使うと、そこにはまだ音が残っていますが、あなたは

  • don't hear the t sound what happens is the flow of air is

    t音が聞こえない......何が起こるかというと......空気の流れは.......

  • stopped and then released so it does make a sound but you won't

    停止してから解放されるので、音はしますが、あなたはしません。

  • hear that t sound so for example in words like better some

    聞く

  • people might say better so there is still a sound there

    人の方が良いと言われても仕方がないので音がある

  • if you can notice it better better all it is is the stopping

    気がつけば止まらなくなっている

  • of the flow of air and then the releasing of it

    気の流れを逃がして

  • so there is still a sound there that's called the Glottal T.

    だから、そこにはまだ音が残っていて、それは、声門Tと呼ばれています。

  • So this is very common in British English

    ということで、これはイギリス英語では非常によくあることです。

  • and Northern England is no exception they also speak with a Glottal T and so

    イングランド北部も例外ではありません。

  • does Harry Styles so in some of these interviews he

    ハリー・スタイルズは、これらのインタビューのいくつかの中で、彼は

  • doesn't say "a lot of," "a little bit" or

    は「たくさん」「少し」とは言わない

  • "Italy" instead he says it this way:

    "イタリア "の代わりに彼はこう言うんだ

  • If you'd like to learn

    学びたい方は

  • more about the British accent and common mistakes

    イギリスのアクセントとよくある間違いについてもっと詳しく

  • made in particular by Americans in our favorite TV series and movies such as

    のような私たちの好きなテレビシリーズや映画で特にアメリカ人によって作られた

  • Friends, then I highly recommend that you check

    友達、それならばチェックすることを強くお勧めします。

  • out this lesson next you can click the link here or in the

    次のレッスンでは、このリンクをクリックすることができます。

  • description box below to watch it straight after this lesson.

    下の説明欄をクリックすると、このレッスンの後にそのまま視聴することができます。

  • Another characteristic of Harry's accent is the shortening of the A sound

    ハリーのアクセントのもう一つの特徴は、A音を短くしていることです。

  • so if you've listened to my accent a lot through watching our lessons

    レッスンを見ていて 訛りをよく聞いてくれた人は

  • or you listen to more accents where they are from London

    または、ロンドンから来た訛りを聞くか

  • we tend to have a longer A sound in words such as last,

    ラストなどの単語では、長いA音になる傾向があります。

  • so Harry does not say this word like this

    ハリーはこのような言葉を言いません

  • he says it like this:

    彼はこう言っています。

  • So this is very typical of Northern English accents

    これは典型的な北欧英語のアクセントですね。

  • they have a shorter a sound in these words

    これらの単語では短い音を持っています

  • and in received pronunciation in RP and in London in general and maybe some

    と、RPやロンドンの一般的な発音の受信では、おそらくいくつかの

  • other parts of England, in the south of England

    イングランド南部の他の地域では

  • we tend to elongate this sound so I would say

    この音を伸ばす傾向があるので

  • last, I would also say glass, and I would say answer however

    最後に、私はまた、私はガラスを言うだろう、と私は答えるだろう、しかし

  • Harry does not say these three words like I would.

    ハリーは私のようにこの3つの言葉を言わない。

  • So there you can hear that it's a short A sound he says

    だからそこでは、彼が言う短いAの音だと聞くことができます。

  • glass, last, answer and so that's very typical of Harry's

    グラス、ラスト、アンサーと、ハリーらしいですね。

  • accent and Northern English accents aswell.

    アクセントや北欧英語のアクセントにもなります。

  • Let's take a look at the six best TV series to learn British English.

    それでは、イギリス英語を学ぶのに最適なテレビシリーズ6選を見ていきましょう。

  • So the first one is The Office

    ということで、第一回目は「The Office」です。

  • When you laugh your brain releases endorphins yeah your stress hormones

    笑うと脳がエンドルフィンを放出してストレスホルモンが出てくる

  • are reduced and the oxygen supply to your blood

    が減少し、血液への酸素供給が

  • is increased so you feel I try and laugh several times a day just because it makes you feel good.

    が増えたように感じるので、気分が良くなるからと一日に何度か笑うようにしています。

What's up everyone?

みんな、どうしたの?

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 アクセント ハリー レッスン 英語 イングランド イギリス

ハリー・スタイルズのような英語の話し方 (How To Speak English Like Harry Styles)

  • 23 0
    林宜悉 に公開 2020 年 10 月 23 日
動画の中の単語