Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • A mountain separating two lakes.

    翻訳: Chie Noda 校正: Tomoyuki Suzuki

  • A room papered floor to ceiling with bridal satins.

    2つの湖を分かつ山

  • The lid of an immense snuffbox.

    天井から床まで ブライダルサテンで覆われた部屋

  • These seemingly unrelated images take us on a tour of a sperm whale's head

    巨大な嗅ぎタバコ入れの蓋

  • in Herman Melville's "Moby Dick."

    一見 無関係に見えますが 実は マッコウクジラの頭の中なのです

  • On the surface,

    ハーマン・メルヴィルの 『白鯨』に登場するクジラです

  • the book is the story of Captain Ahab's hunt for revenge against Moby Dick,

    表面的には

  • the white whale who bit off his leg.

    エイハブ船長が白いクジラ モービィ・ディックに復讐する話です

  • But though the book features pirates, typhoons, high-speed chases,

    昔 そのクジラに足を食いちぎられたのです

  • and giant squid,

    この本で出てくるのは 海賊 台風 追跡劇

  • you shouldn't expect a conventional seafaring adventure.

    そして巨大ないか

  • Instead, it's a multilayered exploration of not only the intimate details

    しかし よくある船乗りの 冒険物語にとどまりません

  • of life aboard a whaling ship,

    あらゆるテーマを探求しており

  • but also subjects from across human and natural history,

    捕鯨船上の生活を 詳しく述べるだけではなく

  • by turns playful and tragic, humorous, and urgent.

    人間の歴史と自然の歴史が 陽気にあるときには悲劇的な雰囲気で

  • The narrator guiding us through these explorations

    またユーモラスな雰囲気や切迫した雰囲気で 描いています

  • is a common sailor called Ishmael.

    こうした探検に私達を誘う語り手は

  • Ishmael starts out telling his own story

    イシュメイルという平凡な船乗りです

  • as he prepares to escape thedamp and drizzly November in [his] soul

    話はこう始まります

  • by going to sea.

    「心の中がじめじめした しぐれ模様の11月」

  • But after he befriends the Pacific Islander Queequeg

    ここから逃れようと 海に出る準備をします

  • and joins Ahab's crew aboard the Pequod,

    しかし南太平洋諸島の原住民である クィークェグと友達になり

  • Ishmael becomes more of an omniscient guide for the reader

    エイハブ率いるピークォド号の 乗組員になります

  • than a traditional character.

    イシュメイルは 単なる登場人物ではなく

  • While Ahab obsesses over revenge

    読者にとって博識なガイドとなります

  • and first mate Starbuck tries to reason with him,

    エイハブが復讐に執念を燃やしますが

  • Ishmael takes us on his own quest for meaning

    一番の友であるスターバックが 彼を諌めます

  • throughoutthe whole universe, not excluding its suburbs.”

    イシュメイルは自分自身の 存在意義を探す旅 ―

  • In his telling, life's biggest questions loom large, even in the smallest details.

    「全宇宙や さらにはその周辺」へと 私たちを導いてくれます

  • Like his narrator, Melville was a restless and curious spirit,

    彼の語りの中で 些細なことにさえ 人生最大の疑問が大きく立ちはだかります

  • who gained an unorthodox education working as a sailor

    著者メルヴィルは イシュメイルと同様に 落ち着きのない 好奇心旺盛な人でした

  • on a series of grueling voyages around the world in his youth.

    若い頃 船乗りとして働き

  • He published "Moby Dick" in 1851,

    世界中での過酷な航海を通して 普通では体験できないことを学びました

  • when the United States' whaling industry was at its height.

    1851年に『白鯨』を出版します

  • Nantucket, where the Pequod sets sail,

    当時 アメリカでは捕鯨業が 最盛期を迎えていました

  • was the epicenter of this lucrative and bloody global industry

    ピークォド号が出港した ナンタケット島は

  • which decimated the world's whale populations.

    金が渦巻く 血なまぐさい 地球規模的な産業の震源地でした

  • Unusually for his time,

    この産業のせいで 世界のクジラの数が激減しました

  • Melville doesn't shy away from the ugly side of this industry,

    この時代には珍しく

  • even taking the whale's perspective at one point,

    メルヴィルはこの産業の 嘆かわしい側面を明らかにし

  • when he speculates on how terrifying the huge shadows of the ships must be

    ある時にはクジラの目線にさえ立ち

  • to the creature swimming below.

    船の巨大な影は その下を泳ぐクジラにとって

  • The author's first-hand familiarity with whaling is evident

    どんなにか恐ろしいことかと 考えを巡らすのです

  • over and over again in Ishmael's vivid descriptions.

    著者の捕鯨漁の実体験が 幾度と繰り返される ―

  • In one chapter, the skin of a whale's penis

    生き生きとしたイシュメイルの描写の中に よく表れています

  • becomes protective clothing for a crewman.

    ある章では クジラのペニスの皮膚が

  • Chapters with titles as unpromising asCistern and Buckets

    船員の防護服になるのです

  • become some of the novel's most rewarding

    「水槽とバケツ」という 平凡な題名の章は

  • as Ishmael compares bailing out a sperm-whale's head to midwifery,

    この本の中で 最も読み応えが ある章の一つです

  • which leads to reflections on Plato.

    イシュメイルは マッコウクジラの 頭からの救出を助産婦学になぞらえ

  • Tangling whale-lines provoke witty reflections

    そこから プラトン哲学の 思索へと導きます

  • on theever-present perilsentangling all mortals.

    もつれた捕鯨ロープからは

  • He draws on diverse branches of knowledge, like zoology, gastronomy, law, economics,

    全人類が「絶えず悩まされる危機」について 機知に富んだ考えが引き起こされます

  • mythology, and teachings from a range of religious and cultural traditions.

    あらゆる分野の学問 ― 動物学 美食学 法律学 経済学

  • The book experiments with writing style as much as subject matter.

    神話学そして様々な宗教や 伝統文化の教えなどについて語ります

  • In one monologue, Ahab challenges Moby Dick in Shakespearean style:

    題材だけではなく 新しい文体に挑戦しています

  • Towards thee I roll, thou all-destroying but unconquering whale;

    エイハブ船長がモービィ・ディックと 戦う場面の独白はシェイクスピア調です

  • to the last I grapple with thee; from hell's heart I stab at thee;

    「おまえに躍りかかってやるぞ 全てを破壊するがおれを倒せないクジラよ

  • for hate's sake I spit my last breath at thee.”

    最期の最期までおまえと闘い 地獄の真ん中からおまえを突き刺してやる

  • One chapter is written as a playscript,

    憎しみから おれの最期の一息で おまえにつばを吐きかけてやる」

  • where members of the Pequod's multi-ethnic crew chime in individually and in chorus.

    ある章は台本形式で書かれています

  • African and Spanish sailors trade insults while a Tahitian seaman longs for home,

    多民族からなるピークォド号の船員たちは 各々に あるときは一緒に訴えます

  • Chinese and Portuguese crewmembers call for a dance,

    アフリカ人とスペイン人の船員は侮辱しあい タヒチ人は故郷が恋しいと訴え

  • and one young boy prophesies disaster.

    中国人とポルトガル人の船員は 踊りたいと訴え

  • In another chapter,

    ある少年は災難を予言します

  • Ishmael sings the process of decanting whale oil in epic style,

    別の章では

  • as the ship pitches and rolls in the midnight sea

    イシュメイルは鯨油の移し替え作業を 叙事詩で歌います

  • and the casks rumble like landslides.

    そのとき 船は真夜中の海で 縦に横に揺れ

  • A book so wide-ranging has something for everyone.

    船の中の大樽は地すべりのように ゴロゴロと音を立てて転がります

  • Readers have found religious and political allegory,

    この本は様々なテーマを取り上げているので 誰もが何らかの価値を見出せます

  • existential enquiry, social satire, economic analysis,

    宗教的かつ政治的な寓話

  • and representations of American imperialism,

    人間の存在に対する疑問 社会風刺 経済分析

  • industrial relations and racial conflict.

    さらにはアメリカ帝国主義

  • As Ishmael chases meaning and Ahab chases the white whale,

    労使関係 人種紛争の描写までを 見出すことができます

  • the book explores the opposing forces of optimism and uncertainty,

    イシュメイルが 意味を求め エイハブ船長が白いクジラを追いかけるように

  • curiosity and fear that characterize human existence

    相反する考え方 例えば 楽観と不安

  • no matter what it is we're chasing.

    好奇心と恐怖を通して 人間の存在を描写しています

  • Through "Moby Dick's" many pages,

    探求するものが何であろうと

  • Melville invites his readers to leap into the unknown,

    長編『モービィ・ディック』を通して

  • to join him on the hunt for theungraspable phantom of life.”

    メルヴィルは 読者を 未知の世界へ飛び込ませ

A mountain separating two lakes.

翻訳: Chie Noda 校正: Tomoyuki Suzuki

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 クジラ 捕鯨 最期 船乗り ディック 船長

Why should you read “Moby Dick”? - Sascha Morrell

  • 5 0
    林宜悉 に公開 2020 年 10 月 23 日
動画の中の単語