Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • (creepy music)

    (不気味な音楽)

  • (head laughing)

    笑)

  • (brains bubbling)

    (脳みそが泡立つ)

  • (brains squelching)

    (脳みそがしぼんでいる)

  • (creepy laughing)

    (不気味な笑い声)

  • (brains squelching)

    (脳みそがしぼんでいる)

  • (dramatic music building)

    劇曲館

  • (creature roaring)

    唸り声

  • (creepy laughing)

    (不気味な笑い声)

  • - Don't say it.

    - 言うなよ

  • - I'm gonna say it.

    - と言いたいところですが

  • - Don't.

    - やめてくれ

  • - But I wanna.

    - でも、私はしたい。

  • - Orange, you know the moment you say it

    - オレンジ、言った瞬間にわかる

  • he's gonna pop out of the shadows or something.

    影から飛び出してきたりして

  • So don't say it!

    だから言うな!

  • - Don't say what?

    - 何を言わないの?

  • - The word creepy pasta, 'cause the moment we say it-

    - キモいパスタという言葉を言った瞬間に...

  • - Did someone say creepy pasta? (laughs)

    - 誰かキモいパスタって言った?(笑)

  • (fruit screaming)

    (果実の悲鳴)

  • Oh, it pleases me that you wish to hear

    あなたが聞きたいと言ってくれて嬉しいわ

  • another of my world-famous creepy pastas.

    私の世界的に有名なキモいパスタのもう一つ。

  • - We actually don't. We just said that-

    - 実際にはそうじゃない私たちはただ...

  • - My latest creation is entitled "Spider Cap." (laughs)

    - 最新作のタイトルは "スパイダーキャップ "です。(笑)

  • - Oh cool, is Spiderman in it?

    - かっこいい!スパイダーマンが出てくるの?

  • - Is Captain America in it?

    - キャプテン・アメリカは入っているのか?

  • - I am afraid we couldn't afford them,

    - 残念ながら買えませんでした。

  • but there is a hat, you like hats don't you?

    帽子があるんだけど、帽子が好きなんだよね?

  • - Um, I guess.

    - えーと、そうですね。

  • - Of course you do.

    - もちろん、そうでしょう。

  • Now then, where was I? (clears throat)

    さてさて、私はどこにいたでしょうか?(咳払い)

  • Once upon a time there was a young pear

    むかしむかし、若い梨がいました

  • who was obsessed with fashion

    おしゃれ好き

  • when he heard about a new hat shop in town.

    町に新しい帽子屋さんができたと聞いて

  • "Speederman's Hat Shoppe" read the sign out front.

    "Speederman's Hat Shoppe" 正面の看板を読んで。

  • The pear could tell it was a fancy establishment

    ♪ナシはそれを見分けられた♪

  • because of all the extra letters in the word shop.

    ワードショップに余計な文字が入っているからだ。

  • Excited, he rushed inside and was greeted

    興奮した彼は急いで中に入ると

  • with shelves and shelves of every type of hat

    あらゆる種類の帽子を棚に並べて

  • he could possibly imagine and even some he couldn't.

    彼が想像できたことと、想像できなかったこともある。

  • Across the store the purveyor of the shop, Mr. Speederman,

    お店の向かいには、お店のお祓い屋さん、スピードマンさん。

  • spied the young pear perusing the rare hat section.

    珍しい帽子のコーナーを見ているのを見つけました。

  • Mr. Speederman asked the young pear

    スピードマン氏は、若い梨を尋ねた。

  • if he was interested in seeing

    見たいかどうか

  • the most expensive hat in the store.

    お店の中で一番高価な帽子

  • Intrigued, the pear's eyes widened as Mr. Speederman

    興味をそそられ、ナシの目はスピードマン氏に向かって拡大した。

  • produced a beautiful black and red box

    黒と赤の美しい箱を制作

  • with what appeared to be air holes punched in the top.

    上部に穴が開いていると思われるもので。

  • The pear was perplexed

    梨は戸惑っていた

  • but his hesitance quickly turned to excitement

    迷いが転じて、一挙両得

  • as the shopkeeper explained that the hat within

    店員が説明してくれたように

  • was all the rage in Paris and Milan.

    はパリやミラノで大流行していました。

  • The young pear could not wait to try on the hat within

    若い梨は、内の帽子を試してみるのを待つことができませんでした。

  • until the lid was opened

    蓋が開くまで

  • and he saw what was inside:

    中に何が入っているのか見たそうです。

  • a gigantic living, breathing spider.

    巨大な生きた呼吸するクモ。

  • Now the young pear was beyond confused.

    今、若いナシは混乱を超えていました。

  • This spider was a hat?

    このクモは帽子だったのか?

  • Mr. Speederman explained that yes,

    スピードマン氏は、そうだと説明した。

  • the spider cap was the most cutting-edge

    蜘蛛の帽子が最先端だった

  • hat wear money could buy.

    帽子の摩耗はお金で買える

  • The pear looked around the store to find a number

    ナシは番号を探すために店内を見て回った

  • of particularly fashionable patrons

    洒落者揃い

  • wearing spider caps as well.

    蜘蛛の帽子も被っています。

  • Fearing he might miss out on a smashing new trend

    新しいトレンドを逃してしまうのではないかと危惧して

  • the young pear quickly handed over the considerable sum,

    若い梨はすぐにかなりの金額を手渡しました。

  • signed a contract of some sort,

    ある種の契約を結んだ

  • then proudly placed his brand new spider cap upon his head.

    と言って、誇らしげに真新しいクモの帽子を頭にかぶりました。

  • At which point it plunged its fangs

    その時点で、それはその牙を突っ込んだ。

  • deep into the pear's head.

    梨の頭の奥深くに

  • The shopkeeper assured the pear

    店主は梨を保証した

  • that this was all perfectly normal.

    これが全て正常なことだと

  • This way the spider cap wouldn't blow away in the wind.

    これならクモの帽子が風で吹き飛ばされることもありません。

  • The pear looked around and sure enough,

    梨は周りを見回してみると、確かにそうだった。

  • the other spider caps were secured

    他のスパイダーキャップを固定しました。

  • in their owner's heads the same way.

    飼い主の頭の中では同じように

  • Soon Pear began to feel strange.

    すぐに梨は違和感を感じ始めた。

  • He felt a slight itch on his back

    背中にかゆみを感じたそうです

  • and so he scratched it.

    と言って引っ掻いた。

  • And at that moment he realized

    そして、その瞬間、彼は気づいた

  • he was scratching his own back.

    と自分の背中を掻いていた。

  • This of course was surprising to him

    勿論、彼にとっては驚くべきことであった。

  • because he had no limbs.

    彼には手足がなかったからだ

  • He rushed to a mirror only to discover

    彼は急いで鏡に向かったが、発見したのは

  • that he had sprouted a long,

    彼は長い芽を出していたことを

  • hairy spider leg out of his body,

    体から毛の生えた蜘蛛の足を出す

  • then another and another.

    また別の、また別の、また別の

  • As Pear gazed into the mirror

    梨が鏡を見つめると

  • he saw that he no longer had two eyes,

    彼は目が二つでなくなったのを見た。

  • he was growing additional eyes by the second.

    彼は目を増やしていた

  • He again asked the shopkeeper if this was typical.

    これが典型的なものなのかと改めて店員さんに聞いてみました。

  • The shopkeeper replied yes,

    店員は「はい」と答えた。

  • everything happening to the young pear

    わかばなしのはなし

  • was covered in the contract he had signed.

    は、彼がサインした契約書でカバーされていました。

  • The young pear opened his mouth to reply,

    若梨は返事をするために口を開いた。

  • but his tongue was gone.

    と言っていたが、彼の舌は消えていた。

  • It had become (indistinct) juice.

    それは(不明瞭な)ジュースになっていました。

  • Pear darted for the door trying to escape,

    梨は逃げようとしてドアに向かって突進した。

  • but the shopkeeper was too fast.

    が、店員さんの対応が早すぎた。

  • Mr. Speederman quickly and expertly trapped the young pear,

    スピードマンさんは、素早く、巧妙に若い梨を罠にかけました。

  • or should I say the young spider

    若蜘蛛と言うべきか

  • inside a familiar-looking red and black box

    馴染みのある赤黒の箱の中

  • with air hose punched in the lid.

    蓋にエアホースをパンチングした状態で

  • Outside the box he could hear voices.

    箱の外では声が聞こえていた。

  • A new customer had just walked into the shop

    新規のお客様がお店に入ってきてくれました。

  • and was asking to purchase a new spider cap.

    と、新しいスパイダーキャップの購入をお願いしていました。

  • (fruit screaming)

    (果実の悲鳴)

  • - Well that was a good one Creepy Pasta.

  • - Yeah, you should definitely post it

    - ああ、絶対に投稿した方がいい

  • to the worldwide web. (laughs)

    をワールドワイドウェブにアップしました。(笑)

  • (Creepy Pasta groans)

    (不気味なパスタのうめき声)

  • - That story really freaked me out.

    - その話には本当にビビった。

  • Just the thought of turning into a spider and wait,

    蜘蛛に変身して待つことを考えただけで

  • where's Pear?

    梨はどこだ?

  • - Who cares? He was boring anyway.

    - 誰が気にする?彼はつまらなかった

  • - Hmm, that's true. (laughs)

    - うーん、確かにそうですね。(笑)

  • (Apple laughs)

    (アップルが笑う)

  • (Creepy Pasta laughs)

    (キモいパスタ笑)

  • (creepy circus music)

    (不気味なサーカス音楽)

(creepy music)

(不気味な音楽)

字幕と単語
AI 自動生成字幕

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B2 中上級 日本語 帽子 蜘蛛 パスタ クモ 店員 気味

迷惑なオレンジ - 不気味なパスタ。蜘蛛の帽子!##ショクトーバー (Annoying Orange - Creepy Pasta: Spider Cap! #Shocktober)

  • 15 0
    Summer に公開 2020 年 10 月 21 日
動画の中の単語