Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • In a job interview, the person considering you for the job is looking not just for skill verification,

    面接では、あなたの仕事を検討している人は、スキルの確認だけではなく、自分の能力を確認したいと考えています。

  • but for connection with you.

    あなたとの繋がりのために

  • What kind of connection?

    どんなつながりがあるの?

  • In this video, we'll sit down with three experts to discuss how to build a connection with an interviewer.

    今回の動画では、3人の専門家に座って、面接官とのつながりを作る方法についてお話します。

  • We'll go over some DO's and DON'Ts of interviewing.

    面接のDOとDON Tsについて説明します。

  • You CAN prepare for thisit isn't something you have to leave up to chance.

    あなたはこれに備えて準備することができます - それはあなたがチャンスに任せるべきものではありません。

  • The right kind of research can make a great positive impression.

    正しい調査をすることで、好印象を与えることができます。

  • At the end, there will also be a quick English lesson on the pronunciation of this word

    最後には、この単語の発音についての簡単な英語レッスンもあります。

  • for my non-native English speaking students.

    英語を母国語としない生徒のために

  • When you like someone, when you connect, you want to be around him or her.

    誰かを好きになった時、繋がった時、その人と一緒にいたいと思うのです。

  • So in an interview, you want the person interviewing you to like you, to connect with you.

    だから、面接では、面接する人があなたを好きになって、あなたとつながることを望んでいます。

  • I kind of thought this was up to chance.

    これはチャンスだと思ったんだが

  • Is your personality a good fit?

    あなたの性格に合っていますか?

  • But Cindy, who has interviewed and hired over a hundred people in her career, set me straight.

    でも、100人以上の人を面接して雇ってきたシンディは、私をまっすぐにしてくれました。

  • Here, I asked her how far into an interview she might know if she would hire someone,

    ここでは、彼女が誰かを雇うかどうか、面接のどこまで知っているかを聞いてみました。

  • and how she would know that.

    彼女はどうやってそれを知ったのか

  • It is often pretty quick, within the first ten or fifteen minutes, not always, but often.

    最初の10分、15分以内で、いつもではなく、かなり早いことが多いです。

  • And it is usually a connection, if I am hiring that person to work with me.

    そして、その人を雇って一緒に仕事をするのであれば、大抵はつながりがあります。

  • Meaning that I feel like this is somebody that we could work well together.

    つまり、この人は一緒に仕事ができそうな人だと感じています。

  • So it kind of sounds like you're saying: this is not something that someone can prepare for,

    これは誰かが準備できるものではない、と言っているように聞こえます。

  • connecting with the person who's interviewing them, is that sort of up to chance, would you say?

    インタビューしている人とのつながりは 偶然に左右されるものなのでしょうか?

  • No, actually I would say there are there are things you can do to prepare.

    いや、実は準備できることがあると言いたいですね。

  • I think one of them is to practice your interviewing skills.

    その中の一つに面接の練習があると思います。

  • Do mock interviews because it makes you more comfortable and the more comfortable

    それはあなたがより快適になり、より快適になるので、模擬面接を行う

  • you are in an interview, the more likely you are to have a connection with somebody.

    面接を受けていると、誰かとの接点を持つ可能性が高くなります。

  • If you walk in nervous and you're not yourself, then the interviewer doesn't get to see who you are,

    緊張して入ってきても自分ではないなら、面接官は自分のことを見てくれません。

  • which means that they may miss something.

    つまり、何かを見逃してしまう可能性があるということです。

  • And some people interview very comfortably, and help put you at ease, and some people don't.

    そして、非常に気楽に面接をして、あなたを楽にさせてくれる人もいれば、そうでない人もいます。

  • So you kind of need to just be prepared for that,

    そのための準備をしておく必要があります。

  • and get yourself as comfortable as you can be so that you can show who you are.

    そして、自分が誰であるかを示すことができるように、できるだけ快適な自分を手に入れましょう。

  • I think the other thing is knowing, I think we'll talk about this, but knowing the job. Knowing the organization.

    もう一つは、この話をすると思いますが、仕事を知るということです。組織を知ること。

  • And knowing why you want it makes you compelling. And that helps build a connection.

    そして、なぜそれを望むのかを知ることは、あなたを説得力のあるものにします。そして、それがつながりを築くのに役立ちます。

  • So like if you walk into an interview, and you can talk about why you want this job, and why it's,

    面接に出れば、なぜこの仕事をしたいのか、なぜそうなのかを話すことができます。

  • you know, meaningful to you, that's gonna help build a connection with somebody and you can prepare for that.

    あなたにとって意味のあることは誰かとのつながりを築くのに役立つし、そのための準備もできる。

  • She mentioned two things: nerves, managing your nerves, and being comfortable,

    彼女は2つのことを言っていました:神経、あなたの神経を管理すること、快適であること。

  • and knowing about the position you're applying for,

    と、応募するポジションを知ることができます。

  • having a compelling story about why you're a good fit for the position.

    あなたがそのポジションに適している理由について説得力のあるストーリーを持っていること。

  • These both lead to connection, and these are both concrete things you can prepare for.

    これらはどちらもつながりにつながり、具体的に準備できるものです。

  • In fact, Cindy says connection is so important,

    実際、シンディは「つながり」がとても大切だと言っています。

  • it once led her to hire someone even when he wasn't qualified for the original job.

    それがきっかけで、元々の仕事に適さない人でも雇うようになったことがありました。

  • And there have been times where I've had that feeling, and in fact, I can think of an example of

    そして、そのような思いをしたことがあり、実際に例として思いつくのは

  • a guy that I talked to on the phone, it's a phone interview, and I just,

    電話で話した人がいて、それは電話インタビューなんだけど、ただの

  • I felt like he had a really compelling reason for why he wanted to do this work.

    彼がこの仕事をしたいと思った理由は、本当にやむを得ない理由があったように感じました。

  • He was a career switcher, he was moving from the corporate world into non-profit,

    キャリアの切り替え人で、企業の世界から非営利に移行していました。

  • he had a really great story about that.

    という話をしていました。

  • He was very compelling, he was super energized, he was clearly very smart,

    説得力があって、超元気で、明らかに頭が良かった。

  • he wasn't qualified for the job I was talking to him about, but I liked him and so I said: why don't you come in?

    彼は私が話していた仕事には向いていませんでしたが、私は彼のことが好きだったので、「入ってみませんか?

  • I was hiring for a lot of positions at the time, let's talk more,

    当時、私が採用していたのは色々な職種だったので、もっと話をしましょう。

  • and figure out if there's a fit for you because I liked him.

    彼が好きだったから、あなたに合うかどうかを見極める。

  • So that sort of connection and compelling piece is really important.

    だから、そういうつながりや説得力のある作品は本当に重要なんです。

  • It is certainly not all there is,

    確かにそれが全てではありません。

  • he had solid experience in the business world, and I knew there had to be a way for that to be transferable.

    彼はビジネスの世界でしっかりとした経験を持っていたので、それを生かす方法があるはずだと思っていました。

  • And he's somebody I'd end up hiring.

    彼は私が雇うことになる人よ

  • >> Okay, so you hired him for another job? >> And promoted probably three times.

    >> >> それで、彼を別の仕事で雇ったの?彼を別の仕事に雇ったの? >> >> そしておそらく3回昇進した。

  • Promoted three times? Wow!

    3回も昇進?うわー!

  • She had a connection with him, she liked him, so she found the right job for him at her organization,

    彼女は彼と縁があり、彼のことが好きだったので、自分の所属する組織で彼に合った仕事を見つけたそうです。

  • and in fact, promoted him 3 times over her working relationship with him.

    そして実際には、彼女の仕事上の関係で彼を3回も昇進させた。

  • Connecting with the person you're interviewing with is key to successfully landing a job.

    面接を受ける相手とのつながりが、仕事を成功させるための鍵となります。

  • Connecting with the interviewer.

    面接官とのつながり。

  • What exactly does that mean?

    それは具体的にどういう意味なのか?

  • He had a compelling story about why he wanted that.

    なぜそれを望んだのかという説得力のある話をしていました。

  • So, someone should not just know, I want that job, but they should have a really clear and concise,

    だから、「この仕事がしたい」ということだけではなく、本当に明確で簡潔に伝えるべきなのです。

  • maybe not concise, but a very clear, compelling way to describe why they want that,

    簡潔ではないかもしれませんが、彼らがなぜそれを望むのかを明確に、説得力のある方法で説明しています。

  • to make that sort of like their story about,

    彼らの話のようなものを作るために。

  • and that would... So you're saying that kind of articulation can lead to the connection?

    そうすれば...そのようなアーティキュレーションが 繋がりにつながるということですね?

  • Definitely.

    間違いなく。

  • Because obviously the person who's interviewing

    明らかにインタビューしている人が

  • feels that because they're working in that, in that capacity already.

    それは、彼らがすでにその能力で働いているからだと感じています。

  • Yeah.

    そうだな

  • And of course that's not, I mean, there may be a connection otherwise,

    もちろんそうではなくて、そうでなければ繋がりがあるのかもしれませんが。

  • but I do think that stuff matters because ultimately, I'm not looking for you to be my friend.

    でも、最終的には友達になって欲しいとは 思わないから、それは大事なことだと思う。

  • This is very different from us having just a connection.

    これは、ただのつながりを持っているのとは大違いです。

  • I'm looking to say: can we work well together?

    私が言いたいのは、「一緒にうまくやっていけるか」ということです。

  • Could we work on the same team?

    同じチームで働けないかな?

  • I think, so it is, it is different and there are things you can do

    私が思うに、それはそうである、それは異なっているし、あなたができることがあります。

  • to increase the chances of sort of feeling that in a job interview.

    就職の面接でそのような感じの並べ替えの可能性を高めるために。

  • We can talk about connecting with a prospective employer two ways:

    見込みのある雇用主とのつながりについては、2つの方法で話をすることができます。

  • First, know the organization well.

    まず、組織をよく知ること。

  • This will be specific to each job interview you have.

    これは、あなたが持っている各求人の面接に特有のものになります。

  • Second, prepare yourself to be at ease,

    2つ目は、自分が楽になるように準備をすること。

  • present yourself well through body language and impressive answers to interview questions.

    ボディランゲージと面接の質問に対する印象的な答えで、自分をうまく表現しましょう。

  • This work of preparing yourself will apply to every job interview you go on.

    この自分を準備する作業は、あなたが進むすべての面接に適用されます。

  • Taking the time to prepare these two ways will put you miles ahead of a candidate

    これらの2つの方法を準備する時間を取ることは、候補者よりもあなたをマイル先に置くことができます。

  • who interviews for a job without investing the time in good research and preparation.

    良い研究や準備に時間を投資しないで面接に臨む人。

  • They will both set you up for connecting with the organization and the interviewer.

    どちらも、組織と面接官がつながるように設定してくれます。

  • The rest of this video will focus on interview do's and don'ts relating to researching

    このビデオの残りの部分は、研究に関連してインタビューを行うこととしないことに焦点を当てます。

  • and talking about the organization in a job interview.

    と面接で組織の話をする。

  • The next video in this course will go over job interview do's and don'ts

    このコースの次のビデオでは、就職面接を行うこととしないことについて説明します。

  • relating to body language and the kinds of answers to give to specific questions.

    ボディランゲージと具体的な質問に対する回答の種類に関連しています。

  • For each job you interview for, DO understand what kind of interview you'll be in.

    あなたがのために面接するそれぞれの仕事のために、DOはあなたがされるだろうインタビューの種類を理解しています。

  • DON'T assume it will be with a single person.

    独身の人と一緒になると思ってはいけません。

  • Laura, who is a career advisor at a prestigious college here in the US, tells her students this:

    ここアメリカの名門大学でキャリアアドバイザーを務めるローラは、学生たちにこう語る。

  • Well, first of all, I talk to them about doing their research.

    まあ、まず、彼らに研究をすることを話しています。

  • They really need to look into who they're gonna be meeting with, how long the interview is going to be,

    誰と会うのか、面接はいつまでなのか、本当に調べる必要があります。

  • and study the organization, look at the website, really explore in-depth what the organization is about.

    と組織を研究し、ウェブサイトを見て、本当に組織が約何であるかを詳細に探索します。

  • I asked her why she tells students to ask about length. Why does that matter?

    なぜ生徒に長さのことを聞くように言うのか聞いてみました。 なぜそれが重要なのか?

  • It matters because you want to be prepared.

    覚悟を決めたいからこそ、重要なのです。

  • You want to know what you're in for.

    自分が何を求めているのかを知りたいのでしょう。

  • So if it's an hour-long interview, and you're gonna be meeting with one person,

    だから1時間の面接で1人の人と会うことになったら

  • you only do your research on that one person.

    あなたはその一人の人のことだけを調べて

  • You have a sense of how much stamina you need to have during an interview.

    面接時にどれだけのスタミナが必要なのかを実感していますね。

  • But if it's going to be a full-day, nine-to-five interview, you're gonna be meeting with 10 to 12 people,

    でも丸一日、9~5人の面接になるなら10~12人と会うことになりますよね。

  • you want to know that going in, you want to know, you want to bring the right snacks if you need them,

    あなたが知りたいのは、あなたが必要とする場合は、適切なスナックを持って行くことです。

  • you want to know when you're gonna have a break,

    いつ休むか知りたいんだろ?

  • things like that, so that you can just be mentally prepared.

    みたいなことを考えて、精神的な準備をしておくといいでしょう。

  • How often would you say your students are going into a job interview where it is an all-day kind of thing,

    学生が一日中やっているような面接にどれだけの頻度で入るのか。

  • is that common?

    それが一般的なのか?

  • It's common in certain industries, so they're, especially in business and finance, and consulting,

    特定の業界ではよくあることなので、特にビジネスや金融、コンサルティングなどではそうですね。

  • there are 'super days' is what they call them, and so they are there all day long.

    スーパーデイと呼ばれるものがあり、一日中そこにいるようなものです。

  • My husband David told me he once went in for a job interview, and he was expecting to be with one person,

    夫のデイビッドは、一度だけ面接に行ったことがあると言っていましたが、一人の人と一緒になることを期待していたそうです。

  • but it was with a whole panel, a half-dozen people, and that really threw him off and made him nervous.

    でも、それはパネル全体、半ダースの人たちと一緒だったので、それが彼の心を揺さぶり、緊張させてしまったのだと思います。

  • So ask the person who sets you up for the interview what the interview will be like.

    なので、自分をセッティングしてくれる人に、面接がどのようなものになるのか聞いてみましょう。

  • Knowing what to expect can help calm your nerves,

    何を期待しているのかを知ることで、神経を落ち着かせることができます。

  • which will prepare you to connect with your potential employer.

    これは、あなたが潜在的な雇用主とつながるための準備をすることができます。

  • DO research the organization where you're interviewing

    あなたがインタビューしている組織を調査します。

  • DON'T think you already know everything you need to know.

    すでにすべてを知っていると思ってはいけません。

  • A common opening for a job interview is: Tell me what you know about our organization.

    面接でよくある開口部は私たちの組織について知っていることを教えてください。

  • Steve, a local small business owner here close to Philly, said that he leads with this question.

    フィリーに近いここの地元の中小企業のオーナーであるスティーブは、この質問でリードしているという。

  • I think one of the absolute first questions that I ask an interviewee, or person that's coming in for an interview

    面接を受ける人、つまり面接に来ている人に最初に聞く絶対的な質問の一つは

  • is: What do they know about our organization?

    があります。彼らは私たちの組織について何を知っているのか?

  • if they tell me some things, you know, we know what you do, what products you carry, what services you provide,

    何をしているのか、どんな製品を扱っているのか、どんなサービスを提供しているのか。

  • and I know they've been prepared, they're coming through with,

    彼らは準備してきたことを知っています

  • they've at least researched our organization, and know, even if it's just a quick Google search,

    彼らは少なくとも私たちの組織を調査したことがあり、たとえグーグルで簡単に検索したとしても、知っています。

  • they're going to know a little bit about our organization and what we do.

    彼らは私たちの組織と仕事を 少しは知ることになるでしょう

  • Have you ever had someone who didn't really know what to say when you ask them the initial question,

    最初の質問で何を言っていいかわからない人がいたことはありませんか?

  • what do you know about our company, or that kind of thing?

    うちの会社の何を知っているのかとか、そういうことですか?

  • Yeah I've had many people that have, that, it's surprising,

    そうだな......多くの人がそうだった、それは驚くべきことだ。

  • it's as simple as googling your your organization and they didn't even take the time to do that.

    それはあなたの組織をググるのと同じくらい簡単で、彼らはそれをするための時間さえ取らなかった。

  • I was surprised some people wouldn't have even done that basic amount of research.

    そんな基本的なことすら調べてない人がいることに驚いたわ

  • Don't be one of those people.

    そういう人にはならないでください。

  • What kind of impression did that leave on Steve?

    スティーブにどんな印象を残したのか?

  • It's a...it's a strike against you.

    それは...あなたに対するストライキです。

  • A strike against you.

    あなたへの一撃です。

  • You don't want your very first interview question to reflect poorly on you.

    最初の面接の質問で自分のことを悪く評価されるのは避けたいですよね。

  • Do the research.

    調査をしてください。

  • Go to the organization's website.

    団体のホームページにアクセスしてください。

  • You'll even want to research the person who is interviewing you:

    面接を受けている人のことも調べたくなりますよね。

  • DO: Research you interviewer

    DO:あなたの面接官を研究する

  • DON'T: Talk about it too much or go too in-depth on it in the interview.

    しないでください。それについてあまりにも多くの話をしたり、インタビューでそれについてあまりにも深く行く。

  • Listen to what Cindy says about preparing for an interview:

    インタビューの準備について、シンディの話を聞いてみましょう。

  • One other thing I would add about the preparing to connect, because it does sound sort of creepy,

    もう一つ付け加えておきたいのは、接続の準備について、それは気味が悪いように聞こえるので。

  • is you can go overboard on that. So I've had people look me up on LinkedIn,

    それをやり過ぎてもいいんですだからLinkedInで調べてもらったことがあります

  • learn as much as they can about me, number one, you should.

    私のことを出来る限り勉強してください、ナンバーワン、あなたはそうすべきです。

  • You should know as much as you can about the person that you are going to meet with.

    会う相手のことはできるだけ知っておいた方がいいです。

  • And number two, you should act like you don't know all of those things.

    2番はそういうのを全部知らないように振る舞えばいい

  • I think there are some exceptions like you may say: Oh, I noticed the you worked at X organization,

    あなたが言うような例外もあると思います。ああ、私はあなたがX組織で働いていたことに気づきました。

  • and I worked there too, or, I volunteered there, like if there's a connection like that, that you found on LinkedIn,

    私もそこで働いていたし ボランティアをしていたの リンクトインで見つけたような繋がりがあればね

  • that is easy to find, that's okay.

    それは簡単に見つけることができます、それは大丈夫です。

  • If it was not easy to find, you shouldn't mention it. 'Cause that's creepy.

    簡単に見つからなかったのであれば、口に出すべきではありません。気持ち悪いから。

  • But you also shouldn't continually come back to all the things that you learned about somebody,

    しかし、あなたはまた、あなたが誰かについて学んだすべてのものに戻ってくるべきではありません。

  • because that can be a real turnoff. So there's this very delicate balance of how you prepare for an interview,

    拒否される可能性があるからですだから、この微妙なバランスがあります あなたが面接の準備をする方法の

  • you do want to know you're talking to, you you want to know their background,

    相手の背景を知りたいんだろ?

  • it's okay to note something that is a connection,

    繋がりのあるものをメモしておけば大丈夫です。

  • but you don't want to go overboard because it could come across as a very different experience,

    しかし、あなたは、それが全く異なる経験になる可能性があるので、過度に行き過ぎないようにしたいと思います。

  • and really lose the connection.

    とか言って、本当に接続を失ってしまう。

  • When you're researching the organization,

    組織を調べている時に

  • Cindy mentioned one thing to make sure you