Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Wasps... They're pretty annoying.

    スズメバチ...彼らはかなり迷惑している。

  • But what would happen if all the wasps in the world just disappeared?

    しかし、もし世界中のスズメバチが消えてしまったらどうなるでしょうか?

  • Well, before you start celebrating,

    まあ、お祝い事を始める前に

  • let's have a little look at some of the lesser-known wonders of wasps.

    スズメバチのあまり知られていない不思議を少し見てみましょう。

  • If there are no wasps, it's not just the insect that would be lost,

    スズメバチがいなければ虫がいなくなるだけではありません。

  • but a complex society with some surprising similarities to our own.

    しかし、複雑な社会でありながら、私たちの社会と驚くほど似ているところがあります。

  • All wasps have a role to fulfil -

    すべてのスズメバチは、果たすべき役割を持っています。

  • be it as a queen,

    それが女王としてであろうと

  • or the wasp equivalent of a caretaker,

    または管理人のスズメバチに相当する。

  • a guard, or even a nanny.

    警備員、あるいは乳母でさえも

  • They're also a lot smarter than we give them credit for.

    彼らはまた、私たちが彼らを評価するよりもはるかに賢いです。

  • Some wasps can recognise each other's faces,

    スズメバチの中には、お互いの顔を認識できるものもいます。

  • so they know where they are in the hierarchy,

    と言って、自分がどの階層にいるのかを知ることができます。

  • and if they're friend or foe.

    そして、彼らが敵か味方かどうか。

  • And they can be trained to detect explosives and illegal drugs.

    そして、彼らは爆発物や違法薬物を検出するために訓練されることができます。

  • Wasps are a key predator, and the loss of any predator

    スズメバチは重要な捕食者であり、あらゆる捕食者の損失

  • would have a huge knock-on effect on the ecosystem.

    生態系に大きな打撃を与えることになります。

  • This is because wasps protect plant life, crops, and other creatures

    これは、スズメバチが植物や作物などの生き物を守るためです。

  • from spiders, millipedes, flies, caterpillars, aphids, and much more.

    クモ、キリギリス、ハエ、イモムシ、アブラムシなどから。

  • In fact, they catch around 14 million kilograms worth of insects

    実際、約1,400万キログラム分の昆虫を捕獲しています。

  • every year in the UK alone,

    イギリスだけで毎年

  • most of which they take home to feed their young.

    そのほとんどは家に持ち帰って子供を養っています。

  • So without wasps, you'd see many plants left unprotected,

    だから、スズメバチがいなければ、多くの植物が無防備に放置されているのを見ることになる。

  • and a big rise in the number of uninvited creatures in your home.

    と、招かれざる生き物が家の中で大きく増えています。

  • The bee population has gone down significantly over the past 30 years

    蜂の個体数は過去30年間で大幅に減少しています。

  • because of pesticides, changes in land use, and climate change.

    農薬、土地利用の変化、気候変動のため。

  • Wasps face a similar threat -

    ワスプは、同じような脅威に直面している - あなたはそれを行うことができますか?

  • they just don't capture the public imagination in the same way.

    世間の想像力を掻き立てられないだけです。

  • Studies show people associate bees with more positive, cuddly imagery -

    研究では、人々は、よりポジティブでかわいいイメージからミツバチを連想することを示しています。

  • like honey, flowers, and pollen.

    蜂蜜や花や花粉のように

  • While wasps evoke more negative terms - like stinging, pain, and rage.

    スズメバチはより多くの否定的な用語を呼び起こすが - 刺すような、痛み、怒りのような。

  • But this is unfair

    しかし、これは不公平だ

  • because wasps perform many of the same functions as bees

    スズメバチはハチと同じ機能を持っているから

  • and wasps are crucial pollinators too.

    とスズメバチも重要な花粉媒介者です。

  • In fact, if wasps didn't exist,

    実際、スズメバチが存在しなかったら

  • we'd lose over 100 different types of orchids and figs too.

    100種類以上の蘭やイチジクを失うことになります。

  • That might not sound like a big deal,

    大したことないように聞こえるかもしれませんが

  • but every species of fig relies on its own species

    いちじくの種にはいちじくの種がある

  • of pollinating fig wasp for fertilisation.

    受粉のためにイチジクの受粉をするスズメバチ。

  • In turn, more than 1,000 tropical birds and mammals depend on figs -

    1,000羽以上の熱帯の鳥類や哺乳類がイチジクに頼っています。

  • and therefore wasps - to survive.

    そして、それゆえにスズメバチ - 生き残るために。

  • There are thousands of species of wasps out there,

    スズメバチは何千種類も出回っています。

  • most of which go about their business quietly.

    そのほとんどは、静かに仕事をしています。

  • And only 1% of these are the type that buzz around your picnic.

    そして、そのうちの1%だけがピクニックでバズるタイプです。

  • The most off-putting feature of the wasp is its ability to sting,

    スズメバチの最も不快な特徴は、刺す能力です。

  • but that sting has some interesting features.

    しかし、その刺され方には面白い特徴があります。

  • It contains a toxin,

    毒素が含まれています。

  • which lab studies suggest could have anti-cancer properties.

    研究室の研究では、抗がん作用があると示唆されています。

  • So wasps have a lot to offer.

    スズメバチにも色々あるんですね。

  • By the time they're out and after your ice cream,

    外出してアイスを食べた後までには

  • they're in the last throes of their life,

    彼らは人生の最後の苦しみの中にいる。

  • which is only two weeks to a month long.

    たった2週間から1ヶ月の長丁場。

  • Because when the queen has no more need for them they have to leave -

    女王が彼らを必要としなくなったとき、彼らは去らなければならないからです。

  • confused, jobless, homeless, and desperate for a sugar fix.

    混乱していて、失業者、ホームレス、そして甘いものを求めて必死になっています。

  • So let's give the wasps a break.

    だから、スズメバチを休ませてあげよう。

  • After all, without them we'd have more pests,

    結局のところ、彼らがいないと害虫が増えてしまう。

  • less biodiversity, and more global food insecurity.

    生物多様性が減少し、世界的な食糧不安が増大する。

  • So as much as it's our instinct to panic

    本能的にパニックになるのと同じくらい

  • and flap our arms whenever we see them, don't.

    と、見かけるたびに腕をバタバタさせるのはやめましょう。

  • Stop and watch them

    止まって見守る

  • and see just how amazing these disliked,

    そして、これらの嫌いなものがどれだけ素晴らしいかを見てみましょう。

  • and wildly under-appreciated insects actually are.

    と野生的に過小評価されている昆虫が実際に存在しています。

  • Thanks for watching.

    ご覧いただきありがとうございます。

  • Don't forget to subscribe and click the bell to receive notifications for new videos.

    購読を忘れずにベルをクリックして、新しい動画の通知を受け取ることを忘れないでください。

  • See you again soon!

    また近いうちにお会いしましょう!

Wasps... They're pretty annoying.

スズメバチ...彼らはかなり迷惑している。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 スズメバチ イチジク 受粉 花粉 昆虫 捕食

スズメバチがミツバチと同じくらい素晴らしい理由|BBCアイデア (Why wasps are just as wonderful as bees | BBC Ideas)

  • 24 1
    Summer に公開 2020 年 09 月 17 日
動画の中の単語