Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • My name is Professor Andrew Przybylski and in my humble opinion, technology addiction is a myth.

    私はアンドリュー・プリジビルスキー教授です。私の率直な意見ですが、テクノロジー中毒は神話です。

  • Casual use (of) the term "addiction" has a very real effect of potentially trivializing how we talk about addiction more broadly.

    「中毒」という言葉を気軽に使うことは、中毒について広く語ることを平凡化してしまう可能性があります。

  • We might say a popular game, app or streaming series is addictive, but what do we really mean when we use that word?

    人気のゲームやアプリ、ストリーミングのドラマを「中毒性がある」と言うことがありますが、この言葉を使うときの本当の意味は何でしょうか?

  • Are we seriously equating this kind of behavior with a problem with drink or taking drugs?

    このような行為と、飲酒や薬物摂取の問題を、本当に同一視しているのでしょうか。

  • What we really mean is the activity is fun, it's engaging, it's immersive and it's enjoyable.

    実際に意味するのは、その活動が楽しくて、魅力的で、没頭できて、楽しめるということです。

  • We know the amount of dopamine that's released when you do something like have sex, eat food or play video games.

    私たちは、セックスや食事、ビデオゲームなどをしたときに放出されるドーパミンの量を知っています。

  • It's kind of in a pretty narrow band, but taking drugs like cocaine, ecstasy or amphetamines has a much larger impact.

    かなり狭い範囲でのことですが、コカインやエクスタシー、アンフェタミンなどの薬物を摂取することは、より大きな影響を与えます。

  • Something that not many people know is that technology addiction itself, started as a bit of a practical joke.

    あまり知られていないことですが、テクノロジー中毒そのものは、ちょっとした悪ふざけから始まったものです。

  • In the mid 1990s, the American psychiatrist Dr. Ivan Goldberg, grew frustrated with how psychiatry was medicalising everyday life.

    1990年代半ば、アメリカの精神科医アイヴァン・ゴールドバーグ博士は、精神医学が日常生活を医療化することに不満を抱いていました。

  • He wanted to use Internet as an example, he took symptoms from gambling disorder and substance abuse disorder,

    博士はインターネットを例に、ギャンブル依存症や薬物依存症の症状を取り上げました。

  • and he pushed them together to kind of illustrate how silly the manualization of everyday life had become.

    そして、日常生活のマニュアル化がいかにバカバカしくなったかを表現するためにそれらを例として使いました。

  • Here we are 20 years later, talking about video game addiction, internet addiction and smart phone addiction, as if they're their real, own things along with checklists, acronyms and media headlines.

    それから20年、私たちは、ゲーム中毒、インターネット中毒、スマートフォン中毒を、チェックリストや略語、メディアの見出しとともに、あたかも本当のことであるかのように話しています。

  • Though headlines might seem very sure about the addictive potential of technology, the actual research itself is a bit of a mess.

    見出しはテクノロジーの中毒性の可能性を確信しているように見えるかもしれませんが、実際の研究自体は少し混乱したものです。

  • We're not really sure if technology might cause problems in people's lives, or if those who already have problems in their lives, gravitate to using technology in less healthy ways.

    テクノロジーが人々の生活に問題を引き起こすのか、あるいは、すでに生活に問題を抱えている人がよくない方法でテクノロジーに引きつけられるのか、私たちにはよくわかりません。

  • One of the most worrying things is, because there isn't a lot of good evidence in hand, there are a lot of people trying to sell the general public on some big ideas.

    最も心配なことの一つは、良い証拠があまりないため、一般大衆に大きなアイデアを売り込もうとする人々がたくさんいることです。

  • At the very least, this means that people are selling books, they're going on chat shows, they're kind of being influencers.

    少なくとも、本を売ったり、トークショーに出たり、インフルエンサーとして活躍している人がいるということです。

  • But at the worst it means that some people are taking advantage.

    しかし、最悪の場合、利用する人が出てきます。

  • They're running for profit clinics, they're using methods of treatment that haven't been either standardised or validated or shown to help people.

    彼らは営利目的で診療所を運営し、標準化も検証もされていない、人々を助けることが証明されていない治療法を用います。

  • In some cases, we have people who are running clinics, publishing research on technology addiction, and not disclosing that they themselves are profiting directly from treating technology addiction.

    クリニックを経営し、テクノロジー中毒の研究を発表し、自らがテクノロジー中毒の治療で直接利益を得ていることを公表していない人がいるケースもあるのです。

  • What's currently missing from the debates and the worries about technology addiction is a historic perspective.

    現在、テクノロジー依存症についての議論や懸念に欠けているのは、歴史的な視点です。

  • In the 1980s we were very worried about Dungeons & Dragons, playing role-playing games that involved young people's imaginations.

    1980年代、私たちは「ダンジョンズ&ドラゴンズ」という、若者の想像力をかきたてるロールプレイングゲームがとても心配でした。

  • We were worried that they would lose connection with the real world, that they would engage in Satanic rituals.

    私たちは、若者が現実世界とのつながりを失い、悪魔崇拝の儀式に手を染めるのではないかと心配していました。

  • Then in the late 80s and early 90s, we became very worried about rap music and violent video games.

    80年代後半から90年代前半にかけては、ラップ音楽や暴力的なビデオゲームについて非常に心配するようになりました。

  • We thought that maybe they changed the young people, drove them to commit violent acts.

    もしかしたら、それらが若者を変えてしまい、暴力行為に走らせるかもしれないと思ったのです。

  • We didn't stop worrying about rap music, Dungeons & Dragons or video games because of new empirical evidence.

    ラップ音楽やダンジョンズ&ドラゴンズ、ビデオゲームについて心配するのをやめたのは、新しい経験的証拠があったからではありません。

  • We stopped worrying about them because our anxiety shifted from those fields, from those topics, to things like the Internet and online games.

    心配をやめたのは、私たちの不安がそのような分野や話題から、インターネットやオンラインゲームといったものに移っていったからです。

  • So as scientists, as psychologists and researchers, we need to ask ourselves, is there really something special about technology?

    ですから、科学者として、心理学者や研究者として、テクノロジーには本当に何か特別なものがあるのだろうかと自問する必要があります。

  • Or is this a new panic that we have to grapple with?

    それとも、私たちが取り組まなければならない新たなパニックなのでしょうか?

  • Thanks for watching!

    ご視聴ありがとうございました。

  • Don't forget to subscribe and click the bell to receive notifications for new videos. See you again soon!

    チャンネル登録と通知が届くベルのクリックを忘れずに。またお会いしましょう!

My name is Professor Andrew Przybylski and in my humble opinion, technology addiction is a myth.

私はアンドリュー・プリジビルスキー教授です。私の率直な意見ですが、テクノロジー中毒は神話です。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B1 中級 日本語 中毒 技術 ゲーム ドラゴンズ 心配 クリニック

「スマホ中毒」って実はただの神話?!その根拠とは?

  • 3496 196
    Summer に公開 2022 年 09 月 24 日
動画の中の単語