Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The brain is the sexiest organ in the entire human body.

    脳は人体全体の中で最もセクシーな臓器です。

  • But for all it's amazing intricacies and complexities, its beautiful nature is too

    しかし、その驚くべき複雑さと複雑さの割には、その美しい自然はあまりにも

  • commonly misunderstood and oversimplified.

    よくある勘違いと言い過ぎ。

  • We'll cut the fact from fiction, and show you how to actually optimize your brain's

    フィクションから事実を切り取って、実際に脳を最適化する方法を紹介します。

  • performance.

    のパフォーマンスを披露しています。

  • Dr. Jubbal, MedSchoolInsiders.com.

    ドクター・ジュバル MedSchoolInsiders.com.

  • I was inspired to make this video after seeing countless productivity gurus, bloggers, course

    無数にある生産性の達人、ブロガー、コースを見て、この動画を作ろうと思いました。

  • course creators, and even highly esteemed authors get the science wrong as it relates to the

    に関連するように、コースの作成者、さらには非常に尊重された著者は、科学を間違って取得します。

  • brain.

    脳みそが

  • For those of you who are new here, my name is Dr. Kevin Jubbal.

    初めての方のために、私の名前はケビン・ジュバル博士です。

  • Prior to earning my MD, I earned my degree in Neuroscience, which is where my obsession

    私のMDを獲得する前に、私は私の執着がどこにあるか神経科学で私の学位を取得しました。

  • with the human brain began.

    人間の脳と一緒に始まった。

  • It's first critical to understand that neuroscience is still a very nascent field, particularly

    まず第一に、神経科学がまだ非常に新しい分野であることを理解することが重要です。

  • when it comes to applying neuroscience to education and brain optimization.

    神経科学を教育や脳の最適化に応用することになると

  • While we've learned a great deal in the past few decades, we've also debunked many

    過去数十年の間に多くのことを学んだ一方で、多くの

  • previous beliefs.

    以前の信念。

  • Yet these myths are still commonly thrown around today.

    しかし、これらの神話は今日でも一般的に投げかけられています。

  • If you believe people only use 10% of their brain, chances are you are one of those people.

    人が自分の脳の10%しか使わないと信じているなら、あなたもその一人です。

  • In all seriousness, healthy individuals use the entirety of their brain, not just 10%

    真面目な話、健康な人は10%だけでなく、脳全体を使っています。

  • of it.

    そのうちの

  • A big reason this myth hasn't died is that it makes us feel good.

    この神話が死んでいない大きな理由は、それが私たちを気持ちよくさせるからです。

  • We're comforted by the prospect that our shortcomings and unfulfilled dreams lie in

    私たちは、私たちの欠点や満たされていない夢があるという見通しに慰められています。

  • The fact that we just haven't utilized the huge reservoir of cerebral power within our heads.

    私たちが利用していないという事実は、私たちの中の巨大な脳力の貯蔵庫を

  • The origins of this myth can be traced back to William James in the late 19th and early

    頭を

  • 20th centuries.

    この神話の起源は、19世紀後半から初期にかけてのウィリアム・ジェームズにまで遡ることができます。

  • He was a firm believer that the average person rarely achieves anywhere near their full potential.

    20世紀

  • The self-help gurus that followed were not so careful with their word choice, and “10

    彼は、平均的な人が潜在能力をフルに発揮することはほとんどないという確固たる信念を持っていました。

  • percent of our capacitybecame “10 percent of our brain.”

    その後の自己啓発の達人たちは、言葉の選び方に気をつけていなかったようで、「10

  • Journalist Lowell Thomas then attributed this 10 percent myth to William James in the preface

    "我々の能力の10%"が "脳の10%"になりました

  • to Dale Carenegie's How to Win Friends and Influence People.

    ジャーナリストのローウェル・トーマスは、序文の中で、この10パーセントの神話をウィリアム・ジェームズのものとしています。

  • And the rest is history.

    デール・カレンギーの「友達を獲得して人に影響を与える方法」に

  • Since then, early neuroscience studies have noted that a large percentage of the cortex

    あとは歴史だ

  • is less active.

    それ以来、初期の神経科学の研究では、大脳皮質の大部分が

  • Thissilent cortexhas since been renamed theassociation cortex”, which was likely

    の方が活動的ではありません。

  • misconstrued and misrepresented to the public through the questionable work of journalists

    この「サイレント皮質」は、その後、「連想皮質」と改名されていますが、これはおそらく

  • who have no business summarizing scientific research.

    記者の怪しげな仕事で世間に誤魔化す

  • And just because damage to the association cortex doesn't lead to sensory or motor

    科学研究をまとめても意味がないような人は

  • deficits doesn't mean these areas are not important.

    連想皮質の損傷が感覚や運動につながらないからといって

  • In fact, these regions of the frontal, parietal, temporal, and occipital lobes of your brain

    赤字だからといって、これらの分野が重要でないということではありません。

  • are foundational to making us humanthey allow for communication, reasoning, planning,

    実際には、脳の前頭葉、頭頂葉、側頭葉、後頭葉のこれらの領域は

  • adapting, visual integration, and many other crucial functions.

    は、私たちを人間にするための基礎となるもので、コミュニケーション、推論、計画を可能にします。

  • Even though the adult human brain weighs only 2% of the body's mass, it consumes 20% of

    適応、視覚的統合、および他の多くの重要な機能。

  • our daily energy expenditure.

    成人の人間の脳の重さは体の質量のわずか2%であるにもかかわらず、脳は20%を消費しています。

  • On a per weight basis, human brains pack the most neurons compared to any other species.

    私たちの日々のエネルギー消費

  • This is what makes us so smart.

    人間の脳は他の種族と比較して最も多くのニューロンを詰め込んでいます。

  • The downside to having so many neurons is that it's incredibly expensive from an energy

    これが私たちの頭の良さなのです。

  • perspective.

    多くのニューロンを持つことの欠点は、エネルギー的には信じられないほど高価であるということです。

  • The cooking hypothesis states that a major reason why humans evolved to spend so much

    の視点で見てみましょう。

  • energy on their brains is because of cooking, which is using external energy to partially

    料理仮説では、人間が多くの時間を過ごすために進化した主な理由は

  • digest food, thereby allowing our digestive tracts to process food more efficiently.

    脳のエネルギーは、外部のエネルギーを部分的に使用している料理のためです。

  • Less energy spent digesting food means more energy can go to our noggins.

    食べ物を消化することで、消化器官がより効率的に食べ物を処理できるようになります。

  • Because the brain is incredibly costly from an energy perspective, our brains have evolved

    食べ物を消化するエネルギーが少ないということは、より多くのエネルギーを私たちの頭に送ることができるということです。

  • to employ a signaling mechanism known as sparse coding.

    エネルギーの観点から見ても信じられないほどコストがかかるので、私たちの脳は進化して

  • Sparse coding evolved as it optimizes the energy to information balance, using the least

    を用いて、スパースコーディングとして知られるシグナリング機構を採用している。

  • amount of energy while carrying the most amount of information.

    疎な符号化は,エネルギーと情報のバランスを最適化するために,最小の

  • For this reason, only 1-16% of the neurons in your brain are active at any single moment.

    最も多くの情報量を持ちながら、エネルギー量を

  • However, if these neurons never fired, evolution would have selected to get rid of them long

    そのため、脳内のニューロンは1~16%しか瞬間的に活動していません。

  • ago, as even maintaining these neurons is incredibly expensive from an energy standpoint.

    しかし、もしこれらのニューロンが発火しなければ、進化は長い間、これらのニューロンを取り除くように選択していたでしょう。

  • Which brings us to the next mythmultitasking.

    これらのニューロンを維持することさえ、エネルギーの観点からは信じられないほど高価なものだからです。

  • Because of the brain's high energy cost, we simply cannot multitask effectivelyit's

    マルチタスク - これは次の神話に私たちをもたらします。

  • too costly from an energy perspective.

    脳のエネルギーコストが高いため、私たちは単に効率的にマルチタスクを行うことができません。

  • The brain doesn't allow us to allocate enough energy and resources to do multiple tasks

    エネルギー的にはコストがかかりすぎる。

  • at full capacity.

    脳は複数のタスクをこなすのに十分なエネルギーと資源を割り当てられない

  • That's why if you try to do 2 or 3 things at once, you end up doing each task worse

    フルキャパシティで。

  • than if you just gave it your full attention.

    だからこそ、2つ3つのことを同時にやろうとすると、それぞれのタスクが悪くなってしまうのです。

  • Now you may be thinking, “I've got you trapped Dr. Jubbal!

    あなたがそれに注意を払っていた場合よりも

  • How is it that I'm able to walk and talk on the phone at the same time?”

    今、「ジュバル先生を罠にかけてしまった!」と思っているかもしれません。

  • It's important to note that the multitasking myth applies to attention-rich stimuli and

    歩くのと電話で話すのが同時にできるなんて、どうしたらいいんだろう?"

  • tasks that cannot be done on autopilot.

    それは、マルチタスク神話が注目に満ちた刺激に適用されることに注意することが重要です。

  • Breathing, walking, sitting, and even stretching aren't tasks in the same way that speaking

    自動操縦ではできないタスク

  • to someone, reading a book, or solving a problem are.

    呼吸、歩行、座ること、ストレッチさえも、話すことと同じようにタスクではありません。

  • There are three memory stages - first you encode information, then you store it, and

    誰かに話しかけたり、本を読んだり、問題を解決したりすることは

  • finally you retrieve it.

    記憶には3つの段階があり、最初に情報をエンコードし、次にそれを保存し、そして

  • Naveh-Benjamin in 2000 found that information encoding requires more attention than retrieval.

    ついにあなたはそれを回収します。

  • Additionally, divided attention during the encoding phase of learning significantly impairs

    2000年のNaveh-Benjaminは、情報のエンコーディングは検索よりも注意を必要とすることを発見した。

  • memory.

    さらに、学習のエンコーディング段階での分割注意は、以下のように有意に障害されます。

  • There are dozens of additional studies with supporting evidence that multitasking is neither

    のメモリを使用しています。

  • efficient nor effective.

    マルチタスクは、次のようなことがないという証拠を示す研究が、さらに何十件もあります。

  • In the interest of time, you should deliberately commit yourself to only one challenging task at a

    効率的でもあり、効果的でもある。

  • time to maximize efficiency, productivity, and balance in your life.

    時間の都合上、一度に1つの挑戦的なタスクだけに意図的にコミットする必要があります。

  • I go over how to apply this in your daily life in my Superhuman Efficiency and Productivity

    人生の効率性、生産性、バランスを最大化するための時間。

  • video. Link in the description below.

    私は、私の超人的な効率性と生産性の中で、あなたの日常生活の中でこれを適用する方法について説明します。

  • Arguably the most commonly believed myth is that some of us areright-brained”, and

    の動画をご覧ください。下の説明にリンクします。

  • some of us areleft-brained”, corresponding to being more artistic and creative or more

    おそらく最も一般的に信じられている神話は、私たちの一部は「右脳派」であるということです。

  • logical and analytical, respectively.

    私たちの中には、より芸術的で創造的であることに対応する「左脳」と、より多くの

  • First, a brief neuroanatomy lesson.

    それぞれ論理的なものと分析的なものがあります。

  • When speaking of the brain, most people are referring to the neocortex, the large wrinkly

    まずは簡単な神経解剖学の授業。

  • portions that are most superficial, meaning on top.

    脳といえば、ほとんどの人は大脳新皮質という大きなシワシワのある部分のことを指しています。

  • These ridges and grooves, called gyri and sulci, respectively, increase the surface

    一番表面的な部分、つまり上の方を意味します。

  • area of our brain.

    これらの隆起と溝は、それぞれジャイリーとサルチと呼ばれ、表面を増加させます。

  • This is the key part of our brain that is responsible for the higher level functions

    脳の領域。

  • that make humans unique from other organisms.

    これは脳の重要な部分で、より高度な機能を司る

  • These two separate halves each contain multiple regions within them, and each of those regions

    人間を他の生物とは一線を画す

  • have specialized functions.

    前記2つの別々の半分のそれぞれが、その中に複数の領域を含み、それらの領域のそれぞれが

  • It is important to note, however, that these two hemispheres are connected by a mass of

    専門的な機能を持っています。

  • white matter, which is made up of nerve fibers, called the corpus callous.

    しかし、これらの2つの半球は、質量のある

  • This myth originates from oversimplification and misunderstanding of the scientific research

    白質と呼ばれる神経線維で構成されている白質で、これを胼胝といいます。

  • starting seeing a theme here?

    この神話は、科学研究を単純化しすぎて誤解されていることに由来する

  • Specifically, the split-brain experiments by Roger Sperry revealed fascinating insights

    - テーマが見えてきたかな?

  • of how the brain works, but it's important to note the subjects had the corpus callosum

    具体的には、ロジャー・スペリーによる脳の分割実験で、魅力的な洞察が明らかになりました。

  • severed.

    脳がどのように機能しているかを知ることができますが、重要なのは被験者には胼胝体があったということです。

  • That means the right and left hemispheres were unable to communicate as they normally

    切断された。

  • would.

    つまり、右半球と左半球は、通常の通信ができなかったということです。

  • So while it is true that each hemisphere has specialized functions, the communication between

    だろう。

  • the two hemispheres is essential to adequately carry out these functions.

    そのため、それぞれの半球に特化した機能があるのは事実ですが、その間のコミュニケーションは

  • Severing this connection, the corpus callosum, leads to a fascinating host of issues.

    は、これらの機能を十分に発揮するために必要不可欠なものです。

  • Regardless, there is no evidence that people's personality or even learning styles differ

    このつながりを断ち切ることで、コールパスは魅力的な問題のホストになります。

  • from one hemisphere being more dominant than the other.

    それにもかかわらず、人の性格や学習スタイルが異なるという証拠はありません。

  • Speaking of different learning styles, the idea that some individuals are more kinesthetic

    片方の半球が他方の半球よりも支配的であることから

  • versus visual versus auditory learners is also based in fiction.

    学習スタイルの違いといえば、ある個人がよりキネステティックであるという考えがあります。

  • While people may have a clear preference as to the way in which they want to learn, there

    対視覚学習者対聴覚学習者というのもフィクションをベースにしています。

  • is no evidence suggesting that aligning a teaching method with a preferred style will

    人はどのような方法で学習したいか、明確な好みを持っているかもしれません。

  • improve learning.

    好みのスタイルに合わせて教え方を調整することで、以下のような効果が得られるという証拠はありません。

  • In fact, this myth may do more harm than good, as those who believe they have a certain learning

    学習を改善します。

  • style may pigeonhole themselves into thinking they cannot learn using other methods.

    実際には、この神話は、彼らが特定の学習を持っていると信じている人として、良いよりも多くの害を行うことがあります

  • To be most effective, using a mix of the various learning styles is recommended, as the novel

    スタイルは、他の方法では学べないと思い込んでしまうことがあります。

  • stimuli and cross-connections can aid in memory consolidation.

    最も効果的に学習するためには、様々な学習スタイルをミックスして使用することをお勧めします。

  • By recruiting multiple brain regions and employing a variety of neural pathways, optimal learning

    刺激と交差結合は記憶の統合を助けることができます。

  • is achieved.

    複数の脳領域を採用し、様々な神経経路を採用することで、最適な学習を実現します。

  • And this is a huge reason why I'm a strong proponent of familiarizing yourself with a

    が達成されます。

  • variety of study tools and techniques.

    そして、これは私が

  • I have an entire Study Playlist designed to teach you how to incorporate these various

    様々な学習ツールやテクニック

  • strategies in your daily studies.

    私は、これらの様々な

  • Link in the description below.

    の戦略を日々の勉強に取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • I was told this time and time again back when I was in grade school.

    下の説明にリンクがあります。

  • You're born with a certain number of neurons, and you slowly lose them as you get older,

    小学生の頃に何度も何度も言われました。

  • without the ability to create new ones.

    生まれつき神経細胞の数が決まっていて、年を重ねるごとに少しずつ減っていくんですね。

  • The truth is that everyone has the capacity to develop new cells to enhance their cognitive

    新しいものを作る能力がないと

  • abilities, both neurons, which are the typical brain cells we think of, and glial cells,

    真実は、誰もが認知力を高めるために新しい細胞を開発する能力を持っているということです。

  • the supporting cells which help the neurons function optimally.

    能力は、私たちが考える代表的な脳細胞である神経細胞とグリア細胞の両方です。

  • This process, called neurogenesis, is how you create new neurons.

    ニューロンが最適に機能するようにサポートする細胞。

  • Sustained aerobic exercise, more so than resistance training or high intensity interval training

    このプロセスは、神経新生と呼ばれ、新しいニューロンを作る方法です。

  • (HIIT), is most effective at boosting neurogenesis.

    レジスタンストレーニングや高強度インターバルトレーニングよりも持続的な有酸素運動

  • It's not clear why, but researchers believe aerobic exercise may cause increased release

    (HIIT)は、神経新生を高めるのに最も効果的です。

  • of brain-derived neurotrophic factor, which regulates neurogenesis.

    理由は明らかではありませんが、研究者は有酸素運動が放出量の増加を引き起こす可能性があると考えています。

  • Stress relief, including sex, may also enhance neurogenesis, as chronic stress inhibits new

    神経新生を調節する脳由来の神経栄養因子の

  • neuron formation.

    慢性的なストレスが新たなストレスを抑制するため、セックスを含めたストレスの緩和も神経新生を促進する可能性があります。

  • Interestingly, any experience that makes you focus attention, even for brief periods, can

    ニューロントレーニング。

  • stimulate neurogenesis in the hippocampus, which is the memory center in your brain.

    興味深いことに、短い期間であっても、注意を集中させるどんな経験でも、することができます。

  • With that knowledge, it appears that using your non-dominant hand to brush your teeth

    あなたの脳の記憶センターである海馬の神経新生を刺激します。

  • has greater utility than simply helping you prepare for your surgery clerkship.

    その知識があれば、利き手以外の手を使って歯を磨くことができるようです。

  • The idea that Mozart or other classical music makes you smarter is another commonly held

    は、単に手術のクラークシップの準備をするだけではなく、より多くの有用性を持っています。

  • belief that I was told time and time again during my childhood and adolescence.

    モーツァルトなどのクラシック音楽を聴くと頭が良くなるという考えは、もう一つの一般的な考え方です。

  • But I always gravitated to punk, ska, electronic music, and hip hop, so I personally didn't

    幼少期や思春期に何度も何度も言われた信念

  • dabble much myself, and I like to think I turned out ok.

    しかし、私はいつもパンク、スカ、エレクトロニックミュージック、ヒップホップに憧れていたので、個人的には

  • I've gone over the research surrounding the Mozart Effect and the science of music

    自分でも多くのことをしていますが、私は大丈夫だと思いたいです。

  • and cognitive function in a previous video Link in the description below.

    モーツァルト効果と音楽の科学をめぐる研究を乗り越えて

  • Possibly the most harmful of all neuromyths is that your mental capacity is something

    と以前の動画の認知機能 下の説明にリンクしています。

  • you are born with and cannot change.

    おそらく、すべてのニューロミスの中で最も有害なのは、あなたの精神的能力が何かであるということです。

  • While it is true that your cognitive abilities have a genetic component, environmental factors

    あなたは生まれながらにして、変えることができません。

  • should not be underestimated.

    認知能力に遺伝的要素があるのは事実ですが、環境的要素は

  • Our brains are incredibly malleable and adaptable throughout our liveswe describe this

    侮ってはいけません。

  • with the term neuroplasticity.

    私たちの脳は、私たちの生活を通して信じられないほど可鍛性があり、適応性があります - 私たちはこれを次のように説明します。

  • That's where deliberate practice and intelligent strategy come into play.

    神経可塑性という言葉を使って

  • And that's what we're entirely about here at Med School Insiders.

    そこに意図的な練習と知的戦略の出番です。

  • If you aren't getting the results you want, you have to change the systems that influence

    それが、ここMed School Insidersでの私たちの仕事です。

  • them, both directly and indirectly.

    望む結果が得られない場合は、影響を与えるシステムを変更する必要があります。

  • Start with our YouTube videos and blog posts on our website.

    直接的にも間接的にも

  • I cover not only the importance but also the implementation of active learning, spaced

    まずはホームページのYouTube動画やブログ記事から始めてみてください。

  • repetition, proper sleep, techniques to overcome procrastination, and many more.

    私は、アクティブラーニングの重要性だけではなく、アクティブラーニングの実施についてもカバーしています。

  • Most students notice a significant and substantial improvement in their performance from following

    反復、適切な睡眠、先延ばしを克服するテクニックなどなど。

  • the guidance in these videos and blog posts.

    ほとんどの生徒は、次のことを行うことで、成績が大幅に向上していることに気づく。

  • But if you're still not getting the results you want, our highly talented team of physician

    これらの動画やブログ記事の中の誘導

  • tutors can help.

    しかし、それでも思うような結果が得られない場合は、私たちの優秀な医師チームが

  • They've excelled on the MCAT, USMLE, and COMLEX exams, and they can help you do the

    家庭教師がお手伝いします。

  • same.

    彼らはMCAT、USMLE、COMLEXの試験で優秀な成績を収めており、あなたが次のようなことをするのを助けることができます。

  • They love what they do, and they're the best in the industry.

    同じです。

  • They've passed our highly rigorous 5 step screening process and have excelled in their

    彼らは自分たちの仕事を愛しているし、業界では最高の人材だ。

  • own medical careers.

    彼らは、当社の厳しい5段階のスクリーニングプロセスを通過し、優れた

  • As you guys know, I'm a huge proponent of systems generating results.

    自身の医療従事者

  • That's why my team and I have spent months perfecting our proprietary and systematic

    皆さんもご存知のように、私は結果を出すシステムの大賛成者です。

  • processes that ensure the highest quality service for each and every student.

    だからこそ、私と私のチームは何ヶ月もかけて、独自のシステマティックな

  • Unlike other companies, you'll never worry about beingunluckyand not getting

    一人ひとりの学生に最高品質のサービスを提供するためのプロセス。

  • a phenomenal tutor.

    他社と違って「運が悪い」という心配がなく、また

  • Our team consistently delivers an excellent experience and service, and I personally stand

    驚異的な家庭教師

  • by that.

    私たちのチームは一貫して素晴らしい経験とサービスを提供しています。

  • Our results speak for themselves.

    それによって

  • Learn more at MedSchoolInsiders.com.

    私たちの結果が物語っています。

  • Thank you all so much for watching.

    MedSchoolInsiders.comの詳細はこちら。

  • Are there any other common beliefs about the brain that you want me to clarify for you?

    見てくださった皆さん、本当にありがとうございました。

  • Let me know with a comment down below.

    他にも脳に関する共通の信念はありますか?

  • If you liked the video and want to see me make more videos like this in the future,

    下のコメントで教えてください。

  • let me know with a thumbs up.

    あなたはビデオが好きで、私が将来的にこのようなより多くのビデオを作るのを見たい場合。

  • If you found this video useful, it would mean a lot to me if you share it with one of your

    親指を立てて教えてください。

  • friends.

    あなたがこのビデオが有用であることを発見した場合、それはあなたがあなたのいずれかでそれを共有する場合、私に多くのことを意味します。

  • Thanks for watching, and I will see you guys in that next one.

    の仲間たち。

The brain is the sexiest organ in the entire human body.

脳は人体全体の中で最もセクシーな臓器です。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 神経 ニューロン 学習 エネルギー 神話 半球

あなたが真実だと思っていた7つの脳の神話 (7 Brain Myths You Thought Were True)

  • 67 4
    Summer に公開 2020 年 09 月 08 日
動画の中の単語