Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • From stray coffee cups in Westeros to Bradley Cooper's fake baby, things don't always go as planned when filming a TV show or movie.

    ウェスタロスの置き去りにされたコーヒーカップから、ブラッドリー・クーパーの偽物の赤ちゃんなど、テレビ番組や映画を撮影するときには、すべてが計画通りにいくわけではありません。

  • There have been numerous mistakes in the past decade that slipped through the cracks and made it onto the big and small screen.

    過去 10 年間に、見落とされてしまって、大小のスクリーンに現れた多くの間違いがありました。

  • Here are 18 of the biggest blunders of the 2010s.

    ここに、2010 年代における、18 の最大の失敗をご紹介します。

  • In 2019, HBO aired the final season of "Game of Thrones".

    2019 年、HBO は「ゲームオブスローンズ」の最終シーズンを放送しました。

  • And while fans weren't exactly happy with how everything turned out with the rushed plot, there was also a major gaffe that managed to throw viewers completely out of the fantasy.

    ファンたちが急いだプロットで全てがどうなったかについて、完全に満足していませんでしたが、視聴者を空想から完全に脱出させることができた大きな問題もありました。

  • In this scene, a coffee cup from craft services (no, it's technically not a Starbucks cup) was accidentally left in the final cut.

    このシーンでは、クラフトサービス(※ケータリングのようなもの)のコーヒーカップ【それは厳密にはスターバックスのカップではありません】が、誤って最終カットに残されました。

  • It's clearly visible on the table next to Daenerys, and, as far as we know, there were no baristas at Winterfell.

    それはデナーリスの隣にあるテーブルにはっきりと見えています。そして私たちの知る限り、ウィンターフェルににはバリスタはいませんでした。

  • The cup was later edited out of the shot.

    そのカップはあとから、編集でそのショットから消えました。

  • After the coffee-cup debacle, no one would have expected yet another mistake in the final season of "Game of Thrones."

    コーヒーカップの大失敗の後、「ゲームオブスローンズ」のファイナルシーズンで、さらに別のミスを予想する人は誰もいなかったでしょう。

  • In one of the most important and highly anticipated scenes of the series, the leaders of Westeros were choosing who would take the throne.

    シリーズ上、最も重要で、とても期待されていたシーンの1つで、ウェスタのリーダーは、誰が王位を得るかを選んでいるところでした。

  • I suppose this is the most important moment of our lives.

    これが私たちの人生で最も重要な瞬間でしょう。

  • Unfortunately, someone on the cast or crew left some water bottles in a few of the shots, turning the serious moment into a bit of a joke.

    残念ながら、キャストまたはスタッフの誰かが、いくつかのショットにおいて、水のペットボトルを置いたままにしていて、深刻な瞬間をちょっとしたジョークに変えました。

  • There's a heartwarming moment in "American Sniper" that quickly turns laughable.

    「アメリカン・スナイパー」には、すぐに笑える、心温まる瞬間があります。

  • In this scene, Bradley Cooper has returned from war and is picking up his child.

    このシーンでは、ブラッドリー・クーパーが戦争から戻り、子供を抱き上げています。

  • But since director Clint Eastwood thought using a real baby would be too unpredictable, they decided to use a doll instead.

    しかし、ディレクターのクリント・イーストウッドは、本物の赤ちゃんを使用するのは色々予測できないと考えたので、代わりに人形を使用することにしました。

  • And it's painfully obvious, especially when Cooper is seen moving the baby's arm with his finger.

    そしてそれは痛々しいほど明らかです。 特にクーパーが、指で赤ちゃんの腕を動かしている部分では。

  • The events in season five of "Breaking Bad" are set in 2009 and 2010, but one of the characters can apparently see into the future.

    「ブレイキングバッド」のシーズン 5 のイベントは 2009 年と 2010 年に設定されていますが、登場人物の 1 人は、未来を見ることができるようです。

  • In this scene, Todd's uncle references the raid and death of Osama bin Laden.

    このシーンでは、トッドの叔父がオサマ・ビン・ラディンの襲撃と死について言及しています。

  • Whacking bin Laden wasn't this complicated.

    ビン・ラディンの攻撃は、これほど複雑ではなかったよ。

  • Which didn't actually happen until a year later, in 2011.

    これは実際には、1年後の2011年まで起こりませんでした。

  • In "The Dark Knight Rises," the sun seemingly sets super early.

    「ダークナイトライジング」では、太陽がかなり早く沈むようです。

  • The stock market heist scene takes place soon after the opening bell, and it's clearly light outside.

    株式市場の強盗シーンは、オープニングベルの直後に行われ、外は明らかに明るいです。

  • But soon after, there's a car chase, and when they all emerge from the tunnel, it's pitch black.

    しかしその直後、カーチェイスがあります。そして、車がすべてトンネルから出てくると、真っ暗になっています。

  • Dark "night" rises, indeed.

    確かに、暗い「夜」が始まっていますね。

  • But that wasn't the only mistake in the film.

    しかし、この映画での間違いは、これだけではありません。

  • Typos happen all the time, but the copy editor at The Gotham Times probably lost their job over this one.

    誤植は常に発生します。しかし、The Gotham Times のコピーエディターはおそらくこれで失業しました。

  • In the main headline on the front page, heist is spelled wrong.

    表紙ページのメインの見出しで、「heist(強盗)」のスペルが間違っています。

  • In this scene, Rachel McAdams' character is writing down notes from her conversation with one of the abuse victims at a diner.

    このシーンでは、レイチェル・マクアダムスのキャラクターが食堂で、虐待された被害者の1人との会話をメモに書き留めています。

  • The camera cuts to the notebook several times, and while she seems to fill up the page, a few shots later it's nearly blank.

    ノートブックがカメラに数回映り込み、彼女はページを埋めているように見えますが、数ショット後にはほとんど空白になっています。

  • Maybe it's disappearing ink?

    消えるインクかもしれませんね?

  • During the final battle scene in "The Avengers," there's a lot going on, so it's not that surprising that there would be a few continuity errors here.

    「アベンジャーズ」の最後の戦闘シーンでは、さまざまなことが行われています。ですから、ここでいくつかの連続的な間違いが発生することは、それほど驚くことではありません。

  • In this scene, the front of a car is clearly dented and beaten up, but after Thor lands on the ground, the car has miraculously turned to perfect condition.

    このシーンでは、車の前部は明らかにへこんでいて壊されていますが、トールが地面に着陸した後、車は奇跡的に完全な状態に変わりました。

  • A blessing from the gods.

    神々からの祝福です。

  • There's another continuity error in the final battle.

    最後の戦いには、別の連続的な間違いがあります。

  • Here, we see Captain America is shot in the stomach, and his suit is torn and damaged.

    ここでは、キャプテンアメリカがお腹を撃たれ、彼のスーツが破れて損傷しています。

  • A few minutes later, however, it's back to normal.

    しかし数分後には、それは通常どおりに戻っているのです。

  • Guess Captain America is also a pretty good seamstress.

    キャプテンアメリカはかなり良い仕立て屋なんでしょうね。

  • Elsa belting out "Let it Go" is one of the more memorable scenes in "Frozen," but no matter how many times you've watched it, you may not have noticed this one pretty bizarre error.

    エルザが「レット・イット・ゴー」を力強く歌うのは、「アナと雪の女王」の中でも最も印象的なシーンの1つですが、何度見ても、かなり奇妙な間違いに気づかなかったのではないでしょうか。

  • In this scene, after she lets down her hair, she swings around and her braid appears to magically pass right through her arm.

    このシーンでは、彼女が髪を下に降ろした後、それを振り回し、編み込みは魔法のように腕を通り抜けているように見えます。

  • "Suicide Squad" wasn't exactly flawless, but there was one scene in the film that makes absolutely no sense.

    「スーサイド・スクワッド」は完全に完璧ではありませんでしたが、映画にはまったく意味のない場面がありました。

  • In this scene, the characters are all putting on their costumes, but Harley Quinn's transformation is a bit more drastic than the others'.

    このシーンでは、キャラクターはみんな自分の衣装を着ていますが、ハーレークインの変身は他の人よりも少し劇的です。

  • Somehow, she manages to get a haircut and dye her hair seconds after she puts on her outfit.

    どういうわけか、彼女は服を着てから数秒後に、なんとか髪を切り、髪を染めることができました。

  • Seriously, what the hell's wrong with you people?

    本当に、君たちはどうしたっていうんだ?

  • While technically not in the show, this promotional image for "Downton Abbey" made headlines for something fans spotted in the background.

    技術的には番組には含まれていませんが、この「ダウントンアビー」のプロモーション画像では、ファンが背景でで見つけた何かが、新聞の見出しとなりました。

  • Can you find it?

    見つけられますか?

  • Yes, like "Game of Thrones," there's a plastic water bottle in the shot, sitting right there on the mantle.

    ええ、「ゲームオブスローンズ」のように、このショットにはペットボトルの水があり、マントルの上に立っています。

  • You may have been too teary-eyed at the sight of all the Avengers assembling to notice this one.

    あなたは全てのアベンジャーズの集まりを見て、これに気づかないほど涙を流していたかもしれません。

  • In this scene, we clearly see Thanos destroy Captain America's shield.

    このシーンでは、サノスがキャプテンアメリカのシールドを破壊しているのが、はっきりとわかります。

  • It's cracked in half.

    それは半分に割れています。

  • But soon after, when the camera pans out at the portals opening, the shield is back to its original state.

    しかし、その後すぐに、カメラが扉が開いている場面でパンアウトすると、シールドが元の状態に戻っています。

  • If only we could snap our fingers and do the same for Iron Man.

    アイアンマンでも、指を鳴らして同じことができればいいのに。

  • Henry Cavill is known as Superman, but he appears to also have superpowers in his role as agent August Walker in "Mission: Impossible - Fallout."

    ヘンリー・カビルはスーパーマンとして知られていますが、「ミッション・インポッシブル:フォールアウト」のエージェント、アウグスト・ウォーカーとしての役割でも、強大な力を持っているようです。

  • In this scene, Cavill's beard quickly grows while he's punching.

    このシーンでは、カビルがパンチをしている間、彼のあごひげが急速に成長します。

  • As if that wasn't bad enough, a pocket also appears on his dress shirt.

    まるでそれが十分悪くなかったかのように、彼のドレスシャツにもポケットが現れます。

  • In the world of "The Walking Dead," physics apparently don't apply.

    「ウォーキング・デッド」の世界では、物理学は明らかに当てはまりません。

  • In season five, Daryl and Carol are trapped in a van that's teetering on the edge of an overpass.

    シーズン5では、ダリルとキャロルが、高架の端でぐらついているバンに閉じ込められます。

  • Eventually, the van falls and flips forward, but somehow, it lands on its wheels seconds later.

    最終的に、バンは落下して前方に反転しますが、どういうわけか、バンは数秒後にその車輪で着陸します。

  • Before the coffee cup and water bottle, there was another error in "Game of Thrones" that had people scratching their heads.

    コーヒーカップとペットボトルの前にも、「ゲームオブスローンズ」では、人々が頭を掻いてしまうような別の間違いが発生しました。

  • In season six, we learned Melisandre turns into an old woman when she takes off her necklace.

    シーズン 6 では、ネックレスを外すとメリサンドルが老婦人になることがわかりました。

  • But in season four, there's a scene with her in a bathtub, sans necklace, and yet she's still young and beautiful.

    しかしシーズン 4 では、彼女がバスタブに入っているシーンがあり、ネックレスはありませんが、彼女はまだ若くて美しいです。

  • While demogorgons and strange young girls with telekinesis aren't very realistic, there's one mistake the production team on "Stranger Things" made with the props.

    デモゴルゴンやテレキネシスのある奇妙な若い女の子は、あまり現実的ではありませんが、「ストレンジャーシングス」の制作チームは小道具で間違いを 1 つおかしました。

  • Throughout season one, the kids are using realistic TRC-214 walkie-talkies to communicate with each other.

    シーズン 1 を通じて、子供たちはリアルな TRC-214 トランシーバーを使用して、互いに通信しています。

  • The only problem is that these didn't actually exist until about two years later, in 1985.

    唯一の問題は、これらが実際には約 2 年後の 1985 年まで存在しなかったことです。

  • While there's certainly a lot of time-hopping in the Marvel Cinematic Universe, one jump in "Spider-Man: Homecoming" seemed to mess everything up.

    マーベル・シネマティック・ユニバースは確かに多くの時間を飛び回っていますが、「スパイダーマン:ホームカミング」でのジャンプはすべてを台無しにしたようです。

  • The movie's supposed to be set eight years after "The Avengers," which was set in 2012, hence "Homecoming" takes place in 2020.

    この映画は、2012 年の設定である「アベンジャーズ」の8年後ということになっているため、「ホームカミング」は 2020 年に起こっています。

  • But that doesn't line up with the rest of the films, like "Avengers: Infinity War," which was set in 2018.

    しかし、それは 2018 年の設定の「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」のような、他の映画とは一致していません。

  • So the entire timeline would get shifted, making the dates the heroes jump back to in "Endgame" incorrect.

    したがって、タイムライン全体がシフトし、ヒーローが「エンドゲーム」でジャンプして戻る日付が正しくなくなります。

  • Director Joe Russo eventually admitted that this "8 years later" title card was "incorrect" during a press interview.

    ジョー・ルッソ監督は、この「8 年後」というタイトルカードが「正しくなかった」ことを、記者会見で最終的に認めました。

  • Were there any other big mistakes you noticed in the past decade?

    過去 10 年間に、あなたが気付いた他の大きな間違いはありましたか?

  • Let us know in the comments.

    コメント欄で教えてください。

From stray coffee cups in Westeros to Bradley Cooper's fake baby, things don't always go as planned when filming a TV show or movie.

ウェスタロスの置き去りにされたコーヒーカップから、ブラッドリー・クーパーの偽物の赤ちゃんなど、テレビ番組や映画を撮影するときには、すべてが計画通りにいくわけではありません。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 シーン カップ アベンジャーズ シーズン 間違い クーパー

過去10年で最大のテレビや映画の間違いの18 (18 Of The Biggest TV And Movie Mistakes In The Last Decade)

  • 2378 106
    Minjane に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語