Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • A man named Eric is on a walk with his dog, Nova.

    エリックという男が、飼い犬のノヴァと散歩をしています。

  • While on the walk, Eric loses Nova

    散歩中、エリックはノヴァを見失ってしまいます。

  • after she pulls the leash from his hand in pursuit of a rabbit

    手から鎖を引っ張ってウサギを追いかけようとしてしまったのです。

  • that happens to jump out of a bush as they pass by it.

    彼らが通り過ぎるときにたまたま茂みから飛び出してきたのです。

  • Eric chases after Nova but this only inspires her to run faster,

    エリックは追いかけますが、ノヴァを刺激するだけで、余計に速く走っていってしまいます。

  • until she completely eludes Eric's vision

    エリックの視界から完全に消えるまで。

  • continuing on her pursuit of the rabbit, that has, by now,

    ウサギを追い続けますが、今となっては

  • hidden somewhere in the other direction.

    逆方向のどこかに隠れてしまいました。

  • After a great deal of time passes, it becomes clear that Nova

    かなりの時間がたった後、ノヴァは

  • has outrun her sense of orientation and is now lost.

    方向感覚を失って、もう迷子になってしまっているのが明らかです。

  • Eric spends the rest of the day and the days following

    エリックはその日の残りと次の日を、

  • searching for Nova. He notifies neighbors,

    ノヴァを探して過ごします。近所の人に知らせたり、

  • enlists friends and family to help,

    友人や家族に協力を呼びかけたり、

  • puts up signs, and so on.

    張り紙を出すなどします。

  • A week goes by, Nova is still missing.

    1 週間経っても、ノヴァはいまだ行方不明です。

  • Eric is devastated beyond comprehension.

    エリックは理解できないくらいショックをうけています。

  • He thinks about how horribly unlucky it was that the rabbit jumped out at just the wrong time and that his hand position was just in the wrong place to allow Nova to pull the leash from him.

    ウサギがタイミング悪く飛び出したことや、手の位置が悪くてノヴァが鎖を引っ張ってしまったことが、ひどく不運だったと思っています。

  • About another week later, a woman shows up at Eric's front door, she has Nova.

    さらに 1 週間後、ある女性がエリックの玄関先に現れます。彼女はノヴァを連れています。

  • After Nova and Eric reconnect in a chaotic, heart-warming display of affection, Eric thanks the woman.

    ノヴァとエリックが混乱しつつも心温まる愛情表現で再会した後、エリックはその女性に感謝をします。

  • She introduces herself and tells Eric her name is Vanessa.

    彼女は自己紹介をして、名前はヴァネッサだとエリックに言います。

  • She's beautiful, and about Eric's same age.

    彼女は美しく、エリックと同じくらいの年齢です。

  • Eric and Vanessa talk for a little while and seem to hit it off.

    エリックとヴァネッサは少しの間話をして、打ち解けたようです。

  • In the following weeks they hang out several times and things go so well, they soon begin dating.

    次の週から、ふたりは何度か遊びに行きました。とてもうまくいき、すぐにデートするようになります。

  • Eric finds her to be absolutely gorgeous, kind, funny, smart, spontaneousall the right buzzwords for a perfect romantic partner in a story.

    エリックが気づいたのは、彼女は非常に魅力的で、親切で、愉快で、賢くて、おおらかであることです―物語にあるような完璧な恋人を示す、まさに決まり文句の言葉です。

  • Soon, Eric and Vanessa fall in love, the relationship is everything one could reasonably hope a relationship to be.

    すぐにエリックとヴァネッサは恋に落ち、その関係はだれもが恋人関係とはそうあってほしいものだと思うものです。

  • Eric thinks about how lucky it was that Vanessa was the person who happened to be in the right place at the right time to find and return Nova.

    エリックは考えます。ヴァネッサがたまたまタイミングよくその場にいてノヴァを見つけ、連れてきてくれたことがどれほど幸運であったか。

  • A couple months go by, Eric is driving on his way to pick up Vanessa.

    数ヶ月が過ぎ、エリックは車に乗ってヴァネッサを迎えに行く途中です。

  • While driving through an intersection, Eric is T-boned at full speed by a driver who distractedly runs a red light coming from the perpendicular side street.

    交差点を通り抜ける時、ぼんやりして信号無視をした車が交差する道から全速力で突っ切ってきて、エリックは真横から追突されます。

  • Eric is knocked unconscious as he and his car are sent in a thrashing 1080° spin.

    エリックは、自分と車が 1080度も回転して叩きつけられ、気を失ってしまいます。

  • An hour or so later, Eric finds himself in a hospital.

    1 時間くらいたったでしょうか、気づくとエリックは病院にいます。

  • A doctor informs Eric of what has happened, and explains that he has suffered a severe head injury, and that they will need to run some immediate tests as well as a brain scan to determine the severity, and if there's any chance of permanent brain damage or internal bleeding.

    医師は何が起こったかをエリックに知らせます。彼が重度の頭部損傷を受けていることや、それがどれくらい重症なのか、脳障害がずっと残る可能性や内出血があるかどうかを判断するために検査だけでなく、脳スキャンも行う必要があることを説明します。

  • As his consciousness begins to more clearly return to him, Erick thinks about how unlucky he was to have been going to get Vanessa in the exact direction at that exact time.

    意識がさらにはっきりしてくると、エリックはまさにそのタイミングでその方向にヴァネッサの迎えに行ったことがいかに不運だったかについて考えます。

  • He's furious at the possibility that his life could be ruined by this one, random happenstance.

    彼は、自分の人生がこのひとつの偶然の出来事によって台無しにされる可能性があることに激怒します。

  • Eric is held overnight at the hospital.

    エリックは病院で一晩過ごすことになります。

  • The next day, the doctor comes into Eric's room.

    次の日、医者がエリックの部屋に入ってきます。

  • "Eric, how we doing," the doctor asks.

    「エリック、気分はどうだい?」医者がたずねます。

  • "Fine. A little fuzzy I guess," Eric replies.

    「元気です。ちょっとぼんやりしていると思うけど」エリックが答えます。

  • "Yeah, I would certainly imagine. You took quite the smack," the doctor says.

    「そうだね、それはあると思う。君は相当な衝撃を受けたからね。」医者は言います。

  • "Yeah," Eric responds.

    「ええ」とエリックは答えます。

  • "So, I've reviewed the CT scan, and I have some bad news, and I also have some good news."

    「CTスキャンを見てみたんだが、悪い知らせと、良い知らせがあるんだ。」

  • Confused, Eric says: "OK, uhm, I guess I'll take the bad news first."

    エリックは混乱して言います。「わかりました、えーっと、では悪いお知らせを最初に聞かせてください。」

  • "Well, technically they're sort of the same piece of news," says the doctor.

    「まあ、専門的に言うとどちらも同じ内容の知らせなんだけどね。」と医者は言います。

  • "What do you mean?" Eric asks with an escalating level of concern and confusion.

    「どういう意味ですか?」ますます不安になって混乱してきたのでエリックはたずねます。

  • "The bad news is, we found what appears to be a glioma in your brain." The doctor pauses for a moment, and Eric looks at him unaware of what this means.

    「悪い知らせというのは、君の脳の中に神経膠腫のようなものが見つかったということだ。」医者は少しの間黙ります。エリックはそれがどういう意味なのか分からず、医者を見ます。

  • "It's a tumor," the doctor goes on to say, "The good news, though, is we found what appears to be a glioma in your brain."

    「それは腫瘍だよ。」 と医者は続けていいます。「しかし、良い知らせというのは、君の脳の中に神経膠腫のようなものを見つけたということだよ。」

  • "What do you mean? How's that good news?" Eric asks.

    「どういう意味ですか?良い知らせってどういうことですか?」エリックはたずねます。

  • "This tumor has nothing to do with your accident. You actually got out of the accident relatively unharmed, but because of your accident, we ran the brain scan; because of the brain scan, we found the tumor.

    「この腫瘍はあの事故と何の関係もないんだよ。君は比較的無傷であの事故から逃れることができた。しかしその事故によって私達は脳スキャンを行った。その脳スキャンのおかげで、腫瘍が見つかった。」

  • Normally we only catch a tumor like this after someone realizes something's wrong when they start to feel the symptoms, which is almost always too late.

    こういった腫瘍は、普段は症状を感じ始めて何かがおかしいと気づいてから見つかるのですが、ほとんどの場合、それでは手遅れです。

  • "Because we found the tumor right now, though, we caught it while it's still benign before it became malignant and grew into any other areas of your brain, which in almost all cases becomes fatal."

    「しかし今回は腫瘍が良性のうちに見つかったので、悪性化して脳の他の場所で成長する前の無害なうちにとらえることができた。そうなってしまうとほとんどの場合では命にかかわるからね。」

  • "Since it's still in this stage, though, we should be able to remove it almost entirely without any issue. Eric, in a weird way, this car accident basically saved your life. So I guess, you know, sort of good news disguised as bad news," the doctor concludes.

    「まだこの段階なので、ほとんど問題なく切除できるだろう。エリック、変な言い方だけど、実際はこの交通事故によって君の命は救われたんだ。悪い知らせを装った良い知らせのようなものだと思うよ。」と医者は結論づけます。

  • Eric starts to feel a weird, visceral tingling sensation and becomes slightly disoriented.

    エリックは内臓がしびれるような奇妙な感覚を覚え、少し混乱します。

  • Maybe it's the head injury. Maybe it's the emotion of the situation. Maybe it's the fact that the doctor just essentially said the same thing twice, but Eric experienced two totally different mental responses.

    頭のケガのせいかもしれません。その状況での感情のせいかもしれません。医者は基本的に同じことを 2 回言ったのですが、エリックがまったく別の精神的反応を 2 回体験したという事実のせいかもしれません。

  • Maybe it's everything. Regardless, Eric looks around at the room.

    いろいろなことのせいかもしれません。いずれにせよ、エリックは部屋を見回しました。

  • He thinks about how lucky he was to have been going to get Vanessa in the exact direction at that exact time.

    彼は、自分がヴァネッサを迎えるために、まさにあのタイミングであの方角へ行っていたことがどれだけ幸運だったかについて考えています。

  • He thinks about how lucky he was to have gotten in a car accident.

    彼は、自分が交通事故にあったことがどれほど幸運だったか考えています。

  • He thinks about how weird it is to think this. For something so bad to be so good, and for something so good to be so bad.

    彼は、このことを考えることがどれほど奇妙かを考えています。とても悪いことがとても良いことであり、とても良いことがとても悪いことになるので。

  • In this moment, Eric realizes how little he knows about what anything actually is.

    この瞬間エリックは、何が実際はどういうことなのかをほとんどわかっていないのだなと実感します。

  • That he has never and can never know what exists on the other side of anything that happens to him or because of him, no matter how good or bad, lucky or unlucky any of it might seem.

    彼は知りませんでした。そして決して知ることはできません。彼に起こること、彼のせいで起こることの裏側には何があるのか。たとえそれが良くも悪くも、幸運にも不幸にも思えることであっても。

  • Eric feels a strange, paradoxical sense of helplessness and liberation.

    エリックは、無力感と開放感という不思議で逆説的な感覚におちいります。

  • About a week later, Eric undergoes brain surgery to remove the tumor.

    約 1 週間後、エリックは腫瘍を取り除くために脳手術を受けます。

  • The surgery is successful.

    手術は成功です。

  • Eric is mostly as good as new, with exception of a scar running down the side of his scalp.

    エリックは、頭皮の側面を走る傷跡を除いては、ほとんど何も変わりません。

  • Several days later, after being released from the hospital, Eric is at home with Vanessa, recovering.

    数日たって退院後、エリックはヴァネッサと一緒に自宅で過ごし、療養しています。

  • To get some fresh air, he takes Nova out for a walk.

    新鮮な空気を吸うために、彼はノヴァを散歩に連れ出します。

A man named Eric is on a walk with his dog, Nova.

エリックという男が、飼い犬のノヴァと散歩をしています。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 エリック ヴァネッサ 知らせ 医者 腫瘍 事故

ノヴァ効果~幸運の悲劇 (The Nova Effect - The Tragedy of Good Luck)

  • 92 6
    jeremy.wang に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語