Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • When Jane Austen published Pride and Prejudice anonymously on January 29, 1813,

    ジェーン・オースティンが『高慢と偏見』を匿名で出版したのは1813年1月29日のことだった、

  • who could've imagined that over 200 years later,

    200年以上後に誰がそんなことを想像できただろうか、

  • it would be one of the most cherished novels of English literature?

    英文学の中で最も愛されている小説のひとつになるだろうか?

  • Pride and Prejudice has inspired countless film and TV adaptations,

    高慢と偏見』は、数え切れないほどの映画やテレビドラマに影響を与えてきた、

  • spin-offs, sequels, and modern retellings,

    スピンオフ、続編、現代の再話、

  • so in this video, we're going to take a look at four English-language

    そこで、このビデオでは、4つの英語版を紹介する。

  • on-screen adaptations and how they compare to the novel.

    映画化された作品と小説との比較。

  • This is Pride and Prejudice By the Book.

    これが『高慢と偏見』だ。

  • "It's no use. I've struggled in vain.

    「無駄だ。無駄なあがきだった。

  • I must tell you how much I admire and love you."

    私がどれだけあなたを尊敬し、愛しているかを伝えなければならない」。

  • The first Hollywood feature film adaptation of Pride and Prejudice

    高慢と偏見』初のハリウッド長編映画化

  • was released in July of 1940.

    は1940年7月にリリースされた。

  • Shown in theaters ahead of America's involvement in the Second World War,

    アメリカが第二次世界大戦に参戦する前に映画館で上映された、

  • the film featured a romanticized view ofOld England

    ロマンティックな "オールド・イングランド "を描いている。

  • while minimizing the novel's emphasis on class distinctions.

    その一方で、この小説が強調する階級の区別は最小限に抑えられている。

  • If you're wondering why Elizabeth Bennet looks more like Scarlett O'Hara here,

    エリザベス・ベネットがなぜスカーレット・オハラに似ているのか不思議に思っている方、

  • it's because the filmmakers made significant changes to the story

    それは、映画製作者がストーリーに大きな変更を加えたからだ

  • to further appeal to their audience.

    観客にさらにアピールするためだ。

  • This included moving the time period some 40 years ahead,

    これには、時代を40年ほど先にずらすことも含まれる、

  • allowing them to showcase the costumes inspired by Victorian era fashions.

    ヴィクトリア朝時代のファッションにインスパイアされたコスチュームを披露することができる。

  • And with the incredible success of Gone with the Wind,

    そして『風と共に去りぬ』の大成功、

  • which the studio had released just months before,

    をリリースした、

  • it was determined that these extravagant dresses would look better on screen.

    このような贅沢なドレスはスクリーンに映えるという結論に達した。

  • "Look, Mama! Lady Lucas's carriage!"

    "見て、ママ!ルーカス様の馬車よ!"

  • "Pass them, Batings! Pass them!”

    「パスしろ、バッティングス!パスしろ!"

  • New scenes were invented for the film and major plot points radically revised

    映画のために新たなシーンが考案され、主要なプロットは根本的に修正された。

  • to incorporate elements of the screwball comedies that were so popular in the 1930s.

    1930年代に大流行したスクリューボール・コメディの要素を取り入れた。

  • One of the first major plot changes takes place at the Assembly ball,

    最初の大きな筋書きの変化のひとつは、総会舞踏会で起こる、

  • which combines several events from the novel.

    これは小説に登場するいくつかの出来事を組み合わせたものである。

  • Here, Elizabeth meets Wickham and dances with him before Darcy and the Bingleys even arrive.

    ここでエリザベスはウィッカムと出会い、ダーシーとビングリー夫妻が到着する前に彼と踊る。

  • This is a huge change from the sequence of events in the novel

    これは、小説の中の出来事の順序とは大きく異なっている。

  • and it affects the dynamics between the characters.

    そしてそれは、登場人物間の力関係に影響を与える。

  • "Yes, she looks tolerable enough.

    「ああ、彼女は十分許容範囲に見えるよ。

  • But I'm in no humor tonight to be of consequence to the middle classes at play."

    でも、今夜は中流階級の人たちのためになるようなユーモアはないんだ」。

  • Because the film also combines later events from the book,

    なぜなら、この映画には本から後に起こった出来事も組み合わされているからだ、

  • Darcy asks Elizabeth to dance just minutes after insulting her.

    ダーシーはエリザベスを侮辱したわずか数分後に、ダンスに誘う。

  • Not surprisingly, she refuses.

    驚くなかれ、彼女は拒否する。

  • "I'm afraid that the honor of standing up with you, Mr. Darcy, is more than I can bear."

    "ダーシーさん、あなたとご一緒できることは、私には耐えられない光栄です"

  • However, she does accept Wickham's invitation to dance almost immediately afterwards.

    しかし彼女は、ウィッカムからのダンスの誘いをその直後に受ける。

  • This sassy response would have been considered highly improper during Austen's time

    オースティンの時代には、このような生意気な返答は非常に不適切と見なされただろう。

  • and never appeared in the book.

    そして、この本には登場しなかった。

  • Naturally, though, adapting a 300-page book for a two-hour movie

    当然ながら、300ページの本を2時間の映画にするのは難しい。

  • will call for combining and condensing major plot points.

    には、主要な筋書きを組み合わせたり、凝縮したりすることが求められる。

  • The challenge is being able to capture the essence of the novel

    課題は、小説の本質を捉えられるかどうかだ

  • and maintain the overall narrative arc.

    そして全体的な物語の弧を維持する。

  • Some characters don't make it into this film at all

    この映画にはまったく登場しない人物もいる。

  • and neither does Elizabeth's visit to Pemberley.

    エリザベスがペンバリーを訪れることもない。

  • Although the screenplay keeps some of the more famous dialogue,

    脚本はより有名な台詞のいくつかを残しているが、

  • it also, in some ways, fundamentally changes the characters.

    また、ある意味、キャラクターを根本的に変えてしまう。

  • For instance, we see a much more personable and charming Darcy, as portrayed by Laurence Olivier,

    たとえば、ローレンス・オリヴィエが演じたダーシーは、もっと人間味あふれる魅力的な人物だった、

  • while Greer Garson's Elizabeth is more strong-willed and sarcastic.

    一方、グリア・ガーソンのエリザベスはもっと意志が強く、皮肉屋だ。

  • At the Netherfield ball turned garden party, the screenplay has Darcy rescue Elizabeth

    ガーデンパーティと化したネザーフィールドの舞踏会で、脚本はダーシーにエリザベスを救出させる。

  • from Mr. Collins by lying to him.

    コリンズ氏に嘘をついて。

  • "Do you happen to know Miss Elizabeth Bennet?"

    「エリザベス・ベネットさんをご存知ですか?

  • "I do, sir."

    「そうします

  • "Has she - has she passed this way, may I ask?"

    「彼女は......彼女はこの道を通ったのだろうか?

  • "No, sir. She has not passed this spot."

    「いいえ。 彼女はこの場所を通過していません"

  • Although entertaining, this exchange would have been uncharacteristic of the Darcy from the novel

    娯楽的ではあるが、このやりとりは小説のダーシーらしくなかっただろう。

  • who prides himself on his honesty and lack of pretense.

    正直で虚飾がないのが自慢の男だ。

  • And later, we have Lady Catherine de Bourgh transformed into a matchmaker

    その後、レディ・キャサリン・デ・バーグが仲人に変身する。

  • who deliberately brings Darcy and Elizabeth together.

    ダーシーとエリザベスを意図的に引き合わせた人物。

  • "What you need is a woman who will stand up to you.

    "あなたに必要なのは、あなたに立ち向かう女性です。

  • I think you've found her."

    彼女を見つけたようだね」。

  • In the end, the 1940 film definitely diverges from the novel

    結局のところ、1940年の映画は間違いなく小説から乖離している。

  • in favor of the studio's signature glitz and glamour,

    このスタジオの特徴である華やかさと魅力が強調されている、

  • but this fun adaptation features splendid costumes, witty banter,

    が、この楽しい映画化では、見事な衣装、ウィットに富んだ掛け合いが楽しめる、

  • and of course, the iconic love story.

    そしてもちろん、象徴的なラブストーリーも。

  • "In vain have I struggled.

    「無駄なあがきだった。

  • It will not do, my feelings will not be repressed.

    私の感情は抑圧されない。

  • You must allow me to tell you how ardently I admire and love you.”

    私があなたをどれほど熱烈に称賛し、愛しているかを伝えることをお許しください」。

  • This five-episode miniseries is the fifth BBC television adaptation of Pride and Prejudice.

    この5話からなるミニシリーズは、BBCによる『高慢と偏見』の5度目のテレビ映画化である。

  • The BBC's history with the novel stretches back to 1924,

    BBCとこの小説の歴史は1924年まで遡る、

  • when they broadcast an excerpt of Pride and Prejudice on radio for the first time.

    高慢と偏見』の抜粋を初めてラジオで放送したときのことだ。

  • Unlike the earlier studio-bound TV productions with fixed cameras,

    固定カメラで撮影される以前のスタジオに縛られたテレビ作品とは違う、

  • the 1980 series utilized moving cameras, outdoor locations, and a musical score.

    1980年のシリーズでは、動くカメラ、屋外ロケ、ミュージカル・スコアが使われた。

  • The screenplay established it as one of the most faithful versions of the novel

    脚本は、小説の最も忠実なバージョンの一つとして確立された。

  • since it kept the majority of the original text and storylines.

    というのも、原作のテキストとストーリーの大半を維持しているからだ。

  • However, there are a few notable changes,

    しかし、注目すべき変更点もいくつかある、

  • including a more feminist interpretation of the plot and dialogue.

    よりフェミニスト的なプロットや台詞の解釈も含めて。

  • For instance, while the novel starts off with a conversation between Mr. and Mrs. Bennet,

    例えば、小説はベネット夫妻の会話から始まる、

  • Elizabeth's wittiness and Charlotte's pragmatism take center stage in the adaptation.

    エリザベスの機知とシャーロットの現実主義が、この脚色では主役となる。

  • "A single man in possession of a good fortune coming to live at Netherfield."

    "幸運を手にした独身男性がネザーフィールドに住むことになった"

  • "It is a truth universally acknowledged that such a man must be in want of a wife."

    "そのような男が妻を欲しがっているに違いないことは、誰もが認める真実である"

  • "Of course."

    「もちろんだ

  • The screenplay especially gives attention to the female characters

    脚本は特に女性のキャラクターに注目している。

  • and their character development, at the expense of the male characters.

    男性キャラクターを犠牲にして。

  • "Even after twenty years, my mother still fails to understand him.

    「20年経っても、母は彼を理解できない。

  • Her mind is less difficult to comprehend."

    彼女の心を理解するのはそれほど難しくない」。

  • Because Jane Austen used the third person omniscient voice in Pride and Prejudice

    ジェーン・オースティンは『高慢と偏見』で三人称の全知全能の声を使っているからだ。

  • to relate the characters' thoughts and feelings,

    登場人物の考えや感情を表現する、

  • the screenwriter tries to incorporate this narration through dialogue,

    脚本家はこのナレーションを台詞で表現しようとする、

  • as well as long, internal monologues.

    また、長い内的モノローグもある。

  • As far as changes to the plot, there are just a few.

    プロットの変更に関しては、ほんの少ししかない。

  • One example is the scene after Elizabeth learns of Lydia's elopement.

    その一例が、エリザベスがリディアの駆け落ちを知った後のシーンだ。

  • As soon as she finishes reading Jane's letter,

    ジェーンの手紙を読み終えるやいなや、彼女は言った、

  • she apparently runs the distance of several miles to Pemberley,

    彼女はペンバリーまで数マイルの距離を走ったようだ、

  • bursting into Darcy's drawing room in search of her uncle.

    叔父を探してダーシーの居間に飛び込んだ。

  • In this case, Elizabeth is the one who seeks Darcy out, and not the other way around.

    この場合、エリザベスはダーシーを探し求めているのであって、その逆ではない。

  • Overall, the 1980 production stays true to the book

    全体的に、1980年の作品は本に忠実である。

  • and includes various scenes from the novel that are not found in other adaptations.

    他の映画化作品にはない小説の様々なシーンが含まれている。

  • It is fairly consistent in using costumes based on fashions from the early 1800s,

    1800年代初頭のファッションに基づいた衣装を使っている点では、かなり一貫している、

  • and although it doesn't have the big-budget production values of later versions,

    そして、後のバージョンのような大予算のプロダクション・バリューはないが、

  • this entertaining adaptation does its best

    この娯楽映画化はベストを尽くしている

  • to present an accurate portrayal of the characters of Pride and Prejudice.

    高慢と偏見』の登場人物を正確に描写すること。

  • In vain I have struggled. It will not do.

    「無駄なあがきだった。もうだめだ。

  • My feelings will not be repressed.

    私の感情は抑圧されない。

  • You must allow me to tell you how ardently I admire and love you.”

    私があなたをどれほど熱烈に称賛し、愛しているかを伝えることをお許しください」。

  • In 1995, BBC collaborated with the A&E network to release the acclaimed six-episode adaptation

    1995年、BBCはA&Eネットワークと共同で、6エピソードからなる映画化作品を発表し、高い評価を得た。

  • of Pride and Prejudice that would become a cultural phenomenon.

    高慢と偏見』は文化的現象となる。

  • The miniseries is faithful to the original text

    ミニシリーズは原文に忠実である。

  • in that it covers most of the major plot points and retains much of the dialogue,

    主要な筋書きをほぼ網羅し、台詞の多くを残しているという点である、

  • while also bringing the Regency era setting and characters to life.

    リージェンシー時代の設定と登場人物に命を吹き込みながら。

  • What especially sets the award-winning series apart from earlier adaptations

    受賞したこのシリーズが、以前の映画化作品と特に異なる点は何か。

  • is the introduction of the male perspective on events in the novel, right from the opening scene.

    は、冒頭のシーンから、小説内の出来事に対する男性の視点が導入されていることだ。

  • This series also takes time to focus specifically on Darcy,

    このシリーズでは、ダーシーに焦点を当てる時間も取っている、

  • showing scenes of him riding, fencing,

    乗馬やフェンシングのシーン、

  • tracking down Lydia and Wickham through the streets of London,

    リディアとウィッカムを追ってロンドンの街を歩く、

  • and of course, the iconic lake scene.

    そしてもちろん、象徴的な湖のシーン。

  • "Mr. Darcy!"

    "ダーシーさん!"

  • Colin Firth's performance of Darcy as a sympathetic hero struggling with his feelings for Elizabeth

    コリン・ファースが演じるダーシーは、エリザベスへの思いに悩む同情的なヒーローである。

  • captured the attention of millions around the world.

    世界中の何百万人もの人々の注目を集めた。

  • And Jennifer Ehle's expressiveness subtly conveyed Elizabeth's intelligence and exuberance.

    そしてジェニファー・エールの表現力は、エリザベスの知性と高揚感をさりげなく伝えていた。

  • The supporting actors were also given the chance to add further depth to their characters.

    脇役たちもまた、それぞれのキャラクターにさらなる深みを与えるチャンスを与えられた。

  • "I long for a ball, and so does Denny."

    「私もデニーもボールを待ち望んでいる。

  • "And Sanderson. Don't you Sanderson?"

    「サンダーソンも。サンダーソンは?"

  • "I do indeed.

    「確かにそうだ。

  • Most passionately."

    最も情熱的に。

  • Scenes of everyday life and other period details help to immerse the viewer into their story,

    日常生活のシーンや当時のディテールは、見る者を物語に没入させるのに役立つ、

  • showing characters going about their everyday routines, whether they were getting dressed,

    登場人物たちが着替えをしたり、日常生活を送っている様子を映し出す、

  • getting ready for bed, or interacting with servants.

    寝る準備をしたり、使用人と交流したり。

  • The attention to historical detail also ensured that the characters looked and acted realistically

    歴史的なディテールにこだわることで、登場人物の見た目や行動もリアルになった

  • according to the time period.

    期間によって異なる。

  • The costume designer created clothing that was authentic, yet attractive for the modern era,

    衣装デザイナーは、本物でありながら現代にマッチした魅力的な服を作り上げた、

  • and would complement the actors' as well as their characters' personalities.

    そして、役者だけでなくキャラクターの個性も引き立ててくれるだろう。

  • To this day, the 1995 version of Pride and Prejudice

    今日に至るまで、1995年版の『高慢と偏見』には

  • is considered to be the gold standard of book adaptations

    は、書籍の映画化の金字塔と言われている。

  • for being able to capture the spirit of the novel and also balance its satire and romance.

    小説の精神をとらえ、風刺とロマンスのバランスをとることができたからだ。

  • Not only did it renew interest in Jane Austen's life and literary works,

    ジェーン・オースティンの生涯と文学作品への関心を新たにしただけではない、

  • it also inspired many to create their own Austenian love stories.

    また、多くの人々がオースティン風のラブストーリーを創作するきっかけにもなった。

  • I've fought against my better judgment, my family's expectation,

    私は自分の良識や家族の期待に逆らって戦ってきた、

  • the inferiority of your birth, my rank and circumstance, all these things,

    あなたの出生の劣等感、私の地位、境遇、これらすべて、

  • but I'm willing to put them aside and ask you to end my agony."

    でも、そのことは置いておいて、私の苦悩を終わらせてください"

  • "I don't understand."

    "理解できない"

  • "I love you."

    "愛している"

  • 65 years after the release of the first feature film adaptation of Pride and Prejudice,

    高慢と偏見』の初の長編映画化から65年、

  • Keira Knightley and Matthew Macfadyen step into the lead roles.

    キーラ・ナイトレイとマシュー・マクファディーンが主役に抜擢された。

  • Marketed to a younger audience, the film features a more creative interpretation of the text,

    若い観客をターゲットにしたこの映画は、テキストをよりクリエイティブに解釈している、

  • emphasizing the romance and drama.

    ロマンスとドラマを強調している。

  • With limited screen time, the director and screenwriter faced the challenge of condensing the story

    限られた上映時間の中で、監督と脚本家はストーリーを凝縮するという難題に直面した。

  • as well as the added pressure of matching up to the popular BBC version.

    さらに、人気の高いBBC版と肩を並べなければならないというプレッシャーも加わった。

  • To differentiate itself visually, the film is supposed to be set in the 1790s,

    視覚的に差別化するため、この映画は1790年代を舞台にしているはずだ、

  • around the time that Jane Austen finished her first draft of Pride and Prejudice,

    ジェーン・オースティンが『高慢と偏見』の初稿を書き上げた頃、

  • originally titled First Impressions.

    原題は「ファースト・インプレッション」。

  • The film uses various ways to emphasize the relative poverty of the Bennets

    映画はさまざまな方法でベネッツ家の相対的貧困を強調している。

  • compared to Darcy and his companions.

    ダーシーとその仲間たちに比べて。

  • The livestock and laundry on clothesline around the Bennets' home portray a greater contrast

    ベネッツ家の周りの家畜と物干し竿にかけられた洗濯物は、より対照的である。

  • between the social standings of the protagonists.

    主人公たちの社会的地位の間に。

  • The natural world is also used to reflect and intensify Elizabeth and Darcy's emotions.

    自然界もまた、エリザベスとダーシーの感情を反映し、強めるために使われている。

  • A number of minor characters and plot points from the novel were cut

    小説に登場するマイナーなキャラクターやプロットの多くはカットされた。

  • in order to emphasize the main love story.

    には、メインのラブストーリーを強調するためである。

  • Even some of the major characters in the novel,

    小説の主要な登場人物でさえも、