Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Everybody loves fireworks -- the lights, the colors, and, of course, the big boom.

    みんなが大好きな花火。その光、色、そしてもちろん、その大きく響く音。

  • But the history of fireworks isn't all hugs and celebrations.

    でも、花火の歴史は決して喜ばしいことばかりではありませんでした。

  • Long before epic fireworks displays, chemists in China invented the key ingredient that propels those bright lights into the sky. That invention was what we now call gunpowder.

    壮大な花火のショーが行われるようになるずっと昔、中国の化学者が、宙を舞うあのまぶしい光を打ち上げるための主要成分を考案しました。それが、私たちが今、火薬と呼んでいるものです。

  • Our story begins back in ancient China in the mid-ninth century where early Chinese alchemists were trying to create a potion for immortality.

    物語は9世紀半ばの古代中国まで遡ります。中国初期の錬金術師が、不死の薬を作ろうとしていました。

  • Instead, what they created was a flammable powder that burned down many of their homes.

    ですが、彼らが作り出したのは、可燃性の高い粉末。多くの家を焼失させてしまいました。

  • They quickly realized that this black powder, which they called fire medicine, was precisely the opposite of something that would make you live forever.

    彼らはすぐに、火の薬と呼んでいたその黒い粉末が、不死とは真逆の効果を持っていることに気づきます。

  • In these early days, the Chinese hadn't yet figured out how to make the powder explode; it was simply very flammable, and their armies used it to make flaming arrows and even a flamethrower.

    当時、中国ではまだその粉末を爆破させる方法は見つかっていませんでした。その粉末は純粋に可燃性が高かったことから、兵士たちが火矢や火炎放射器に用いるようになりました。

  • But once they figured out the right proportions of ingredients to create a blast, they began using the powder even more,

    ですが、爆風を起こすための正確な配合が分かると、彼らはその粉末をもっと違うことに使い始めます。

  • creating fireworks to keep evil spirits away and bombs to defend themselves against Mongol invaders.

    邪悪な魂を遠ざけるために花火を、そしてモンゴルからの侵入者から身を守るために爆弾を作ったのです。

  • It was these Mongols, most likely, who spread the invention of gunpowder across the world.

    実は、世界に火薬という発明品を広めたのが、このモンゴル民族だとされています。

  • After fielding Chinese attacks, they learned how to produce the powder themselves and brought it with them on their conquests in Persia and India.

    中国からの攻撃に対処する中で、彼らは自ら火薬の生成方法を学び、ペルシャやインド方面を占領した際にその地域に持ち込んだのです。

  • William of Rubruck, a European ambassador to the Mongols, was likely responsible for bringing gunpowder back to Europe around 1254.

    モンゴルへ派遣された修道士、ウィリアム・ルブルック、彼がヨーロッパへ火薬を持ち帰った人物であるとされています。1254年頃のことです。

  • From there, engineers and military inventors created all kinds of destructive weapons.

    そこから、技術者や軍の発明家たちが、ありとあらゆる破壊兵器を作り出しました。

  • From bombs to guns to cannons, gunpowder left its mark on the world in some pretty terrible ways, in contrast to the beautiful marks it can leave in the air.

    爆弾から、拳銃、大砲まで、火薬は世界中にその爪痕を残しました。それは、空に描かれる美しい光景と比べると、かなり残酷なものでした。

  • So, how does black powder propel fireworks into the sky?

    では、その黒い粉末はどのようにして花火を空に打ち上げるのでしょう?

  • You might have seen old Westerns or cartoons where a trail of gunpowder is lit and it leads to a large and obviously explosive barrel. Once the fire gets to the barrel, a large boom occurs.

    昔の西部劇やアニメなどで、火薬の線が点火され、大きな爆薬の詰まった樽と思しきものに引火し、大爆発するというシーンをご覧になったことがある方もいるでしょう。

  • But why doesn't the trail itself explode?

    ですが、なぜその火薬の線そのものは爆発しないのでしょう?

  • The reason is that burning the powder releases energy and gases. While the trail is burning, these are easily released into the surrounding air.

    その訳は、火薬の燃焼の際に、エネルギーとガスが(空気中に)放出されるから。火薬の線は燃焼するのですが、その燃焼エネルギーとガスは、すぐに空気中に放出されてしまいます。

  • But when the gunpowder is contained within the barrel, the energy and gases cannot easily escape and build up

    ですが、樽に火薬が詰まっていると、そのエネルギーとガスは空中に放出されずに、蓄積されるのです。

  • until BOOM!

    爆発の時まで!

  • Firework canisters provide a single, upward-facing outlet to channel this explosive energy.

    花火の筒には、この爆発エネルギーを上向きに押し出すための出口が1つあり、

  • The wick ignites the gunpowder and the energy takes the easiest exit from the canister, launching the firework high into the sky.

    芯の部分が火薬に引火し、そのエネルギーは筒から最も出やすい出口を通って、空高く花火を押し上げます。

  • The flame then makes its way through the firework's encasing and the same reaction occurs high above our heads.

    それから、その炎は火薬の玉の中を巡り、私たちのはるか頭上で、打ち上げの際と同様の反応を起こすのです。

  • So, while the Chinese alchemists never found the compound for eternal life, they did find something that would go on to shape all of civilization,

    つまり、中国の錬金術師たちは、不死の命のための調合を見つけることはありませんでしたが、文明社会を形作る何かを見つけたのです。

  • something that has caused many tragic moments in human history, and yet still gives us hope when we look up in celebration at the colorful night sky.

    その何かは、人類の歴史の中で多くの悲劇を生み出しましたが、お祝い事などで色彩豊かな夜空を見上げる際に希望を与えてくれてもいます。

Everybody loves fireworks -- the lights, the colors, and, of course, the big boom.

みんなが大好きな花火。その光、色、そしてもちろん、その大きく響く音。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed モンゴル 燃焼 エネルギー 爆発 ガス

TED-ED】火薬の致命的な皮肉 - エリック・ロサード

  • 12086 841
    VoiceTube に公開 2014 年 02 月 18 日
動画の中の単語