Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • Art is solace.

    芸術は慰めである。

  • Because it comes through you.

    それはあなたを通しているからです。

  • Like something happens and all of a sudden you got an idea.

    何かが起きて突然思いついたみたいな。

  • And when those moments strike, it's like religious.

    そういう時には、宗教的なものを感じます。

  • It feels like, oh my God, oh my God, oh my God, I just got so lucky.

  • It's a really fortunate, really, really rare thing.

    本当に運がいい、本当に珍しいものです。

  • [Kirsten Stewart's career timeline]

    [カースティン・スチュワートの経歴年表]

  • So "The Thirteenth Year" was a movie that my mom was a script supervisor on.

    "13年目の年 "は母が脚本を担当していた映画なんですね。

  • I initially, as a little kid kind of going to set and hanging out with the crew, I would see other children on set and think like, well, what are they doing?

    最初は小さな子供の頃、撮影現場に行ってスタッフと一緒に遊んでいました。

  • I wanna hang out with you guys all the time.

    お前らとずっと一緒にいたいんだ

  • Why do I have to go back to school?

    なぜ学校に戻らなければならないのか?

  • Why do I have to leave?

    なぜ私が出て行かなければならないのか?

  • I wanted to be around that energy before I even knew why that energy was appealing to me.

    そのエネルギーがなぜ自分に訴えかけてくるのか、そのエネルギーのそばにいたいと思うようになりました。

  • I'm standing in line at a water fountain.

    水飲み場に並んでいます。

  • So, yeah, I think I like, lean.

    だから、そう、私は、リーンが好きだと思います。

  • That's some of my more challenging work actually.

    それは私のやりがいのある仕事の一部です。

  • I really loved being there.

    そこにいることが本当に好きでした。

  • I loved not having to go home and whatever.

    家に帰らなくても何でもいいのが良かった。

  • Being a part of the circus of it all was really fun, but then when the movie came out and a couple of kids at school noticed that I was in it for a second, it was like, not welcome.

    サーカスの一員であることは本当に楽しかったんだけど、映画が公開されて、学校の子供たちが一瞬だけ僕が映っていることに気付いた時には、「歓迎されていない」という感じだったよ。

  • I was like, "no, I don't know."

    私は "いや、知らない "って感じでした。

  • "My mom, I don't know, whatever."

    "母は、私は知らない、何でも"

  • But it was trippy.

    でも、トリッピーだった。

  • I didn't like the conversations that happened afterwards at school being like: "What? But, wait, who are you? What, are you like an actor now?"

    その後の学校での会話が "えっ?"みたいな感じで嫌だったんだよね"えっ、でも、ちょっと待って、あなた誰?"役者になったの?"みたいな。

  • I'm like, "no!"

    私は "ダメだ!"と思っています。

  • "Panic Room"

    "パニックルーム

  • What if they get in here?

    ここに入ってきたらどうする?

  • No, they can't.

    いや、彼らには無理だ。

  • No, they can't, they can't get in here.

    いや、彼らには無理だ、ここには入れない。

  • It's not a possibility, there's no way...

    可能性があるわけでもないし、ありえない...。

  • Mom, I heard you.

    ママ、聞こえたよ。

  • "Panic Room"

    "パニックルーム

  • Jodie Foster threw me a birthday party when I turned 11 with like a mariachi band.

    ジョディ・フォスターは、11歳になった私の誕生日パーティーを、マリアッチバンドのような感じで開いてくれました。

  • I never wanted to leave.

    帰りたくないと思ったことはありません。

  • Every time I had to go home because it had been nine hours, I was like, "Why? I'm fine, I can kick it. I can hang, I'm not tired."

    9時間経っていたので帰宅するたびに「なんで? 元気だし、蹴れる。吊れるし、疲れないし。"

  • And everyone was like, "no, it's really for your welfare."

    "生活保護のためだから "みたいな感じで

  • And I was like, "I'm well, thank you."

    "元気です、ありがとうございます "って感じで

  • "May I stay?"

    "ここにいてもいいですか?"

  • In terms of preparation, you kind of acquire as much information as you possibly can, and then you kind of hope that it becomes something physical.

    準備という意味では、できるだけ多くの情報を得て、それが物理的なものになることを期待しています。

  • But I can never get anything up on its feet until it's the word go, until it feels like there's like an honor to the moment and there's a reason why you're doing something as absurd as pretending to be someone else.

    しかし、私はその言葉が出るまでは何事も立ち上がることができません、その瞬間に名誉のようなものがあるように感じるまで、そして誰かのふりをしているような不条理なことをしている理由があるように感じるまで、です。

  • I had to learn how to have a seizure.

    発作の仕方を学ばなければならなかった。

  • I remember it scared everyone else so much.

    みんながすごく怖かったのを覚えています。

  • Just thinking like, oh, this is very intense for a little kid to do, and watching the videos might be traumatizing for someone that age.

    考えただけで、ああ、これは小さな子供がやるには非常に強烈だし、ビデオを見ることは、その年齢の人にとってはトラウマになるかもしれません。

  • I like broke blood vessels in my eyes and just like really.

    目の中の血管が切れたのが好きで、本当に好きなんです。

  • I remember it being like, "What? It's cool."

    "えっ、カッコいい "って思ったのを覚えてる

  • Now things affect me.

    今の私には影響があります。

  • I'm like sensitive.

    敏感なんだ

  • But when I was little, I was like...

    でも、私が小さい頃は

  • "I can do it. No big deal, whatever."

    "私はそれをすることができます。大したことはない、何でもいいから。"

  • Yeah, it was a good first taste.

    うん、最初の味は良かった。

  • It was like not an easy job.

    簡単な仕事ではないような気がしました。

  • I mean, we had to really like, delve into some heavy stuff, and I turned 11 at that movie.

    重いものを掘り下げる必要があって、その映画で11歳になったんだ。

  • Like that was some formative time.

    それが何かの形成期だったような。

  • My room.

    私の部屋

  • Definitely, my room.

    間違いなく、私の部屋。

  • "Catch That Kid"

    "キャッチ・ザット・キッド"

  • It was a movie about a little kid who robs a bank to save her dad.

    小さな子供が父親を救うために銀行を襲う映画でした。

  • And I was like, gut-wrenchingly obsessed with this. I am!

    そして、私は根性論的にこれに取り憑かれているようなものでした。そうなんだ!

  • Who has the codes to all these?

    誰がこれらのコードを持っているの?

  • Oh, they're different from room to room.

    あ、部屋によって違うんですね。

  • It was my first starring role, but even with a tiny little part on a movie everyone is holding this really precarious bowl of water hoping that not one drop slips, and I felt like I would've done anything for the film.

    初主演だったんですが、映画ではほんの少しの役でも、みんなが一滴たりとも滑らないことを願って、本当に不安定な水の入ったボウルを持っていて、この映画のためなら何でもしてあげたいと思ったんです。

  • "Into the Wild"

    "野性の中へ"

  • Sean Penn attracted me to "Into the Wild".

    ショーン・ペンは「イントゥ・ザ・ワイルド」に惹かれた。

  • Actually, initially I went and did a table read for him, and I was really little.

    実は、最初は彼のために表読みをしに行ったのですが、本当に小さかったんです。

  • And scared of that.

    そして、それに怯えている。

  • I remember thinking like, I told him, you know I'll do anything in the movie.

    映画の中では何でもやると言ったのを覚えている。

  • I don't even need to play one of the parts.

    1つのパートを演じる必要すらない。

  • It's awesome that I got to meet you.

    あなたに会えたのは最高です。

  • It's awesome that like I was part of the read-through because that in itself felt like it's own animal, like it really stood up and was an experience that I remember.

    それはそれ自体がそれ自身の動物のように感じたので、それは本当に立ち上がって、私が覚えている経験だったように、それは素晴らしいことです。

  • So he was like, well, which one would you want to play?

    それで彼は、まあ、どっちを演じるかって感じだったんだけど、どっちがいい?

  • I was like, probably the girl who plays guitar.

    多分、ギターを弾いている女の子のような感じでした。

  • And I played for him, I like, auditioned for it after this read-through and like, couldn't even face him.

    彼のために演奏したんだ オーディションを受けてみたんだけど 彼と向き合えなかったんだ

  • I was like facing a wall, very badly playing "Blackbird."

    壁に向かっているような感じで、"ブラックバード "をひどく弾いていました。

  • Couldn't sing it.

    歌えなかった

  • Just speaking of shooting that movie, it was the first time working with anyone that felt so unstructured and so instinctive in terms of capturing the footage.

    あの映画の撮影といえば、これほど形のない、本能的な映像の撮り方をする人と仕事をしたのは初めてでした。

  • We had like a splinter crew almost everywhere we went.

    どこに行っても分裂しているような連中がいた

  • He threw a camera on his shoulder.

    彼は肩にカメラを投げつけた。

  • Eric Gautier, who's like one of my all-time favorite DPs, also like, was just running, gunning, like.

    エリック・ゴーティエは、私のお気に入りのDPの一人であり、また、銃を撃って走っていた。

  • Like, we didn't know what we were gonna do until we found it.

    見つけるまで何をするのかわからなかったような

  • I've heard a lot about that.

    そんな話をよく耳にします。

  • People talk about that all the time, but it doesn't mean they actually have the balls to like, commit to not knowing before they know.

    人々はいつもそれについて話しているが、それは彼らが実際にボールを持っていることを意味するものではない、彼らが知る前に知らないことにコミットします。

  • Sean is like, a master at that.

    ショーンはマスターのようなものだ

  • Those few days with Emile, and him, and Eric made me want to direct movies. Straight up.

    エミールや彼やエリックと過ごした数日間で私は映画を監督したいと思うようになったまっすぐに

  • Seeing him in the way that he sort of led this charged that was unbridled.

    彼の姿を見ていると... 彼はこのように 抑えがたい告発をしていました

  • I was like, yep, absolutely, I would love to do that.

    そうだね、絶対にやってみたいと思ったよ。

  • "Twilight"

    "黄昏

  • When we did "Twilight", I knew that the fan base was big for the book.

    トワイライト』をやったときに、この本のファン層が大きいことは知っていました。

  • There was no way of preparing for the response that it had.

    それがあったからといって、その対応に備えて準備をすることはできませんでした。

  • We went to Comicon, and there were so many people there that knew more about the series than I did.

    コミコンに行ったんですが、そこには私よりもシリーズのことを知っている人がたくさんいました。

  • -That was kind of the first indication that it was gonna be what it was and. -[The Twilight Saga: Breaking Dawn - Part 2]]

    -それが最初の兆候だったんですよね

  • The idea of doing a sequel at that point for me was absurd.

    その時点で続編を作るという考えは、私にとっては無茶苦茶なことでした。

  • It was weird for me to all of a sudden be asked the question like: "Okay, well, now that we're here, how do we do this right?"

    (山里)何か急に聞かれるのも変な感じでしたね (徳井)"さてさて..."さて、ここに来たからには、どうすればいいのか?"みたいな質問を突然されるのも変な感じでした。

  • "How do we capitalize on this basically?"

    "どうやってこれを利用するのか?"

  • Suddenly the chance of kind of like, kick back and go, well, the best experiences I've had on any project of any kind have been when you are naturally and instinctively drawn to a person,

    突然、キックバックして行って、まあ、私がどんな種類のプロジェクトで持っていた最高の経験は、自然と本能的に人に引き寄せられているときでした。

  • And there's something that you're both thinking about or meditating on that becomes obsessive and compulsive, you make a movie.

    そして、二人で考えたり瞑想したりしているうちに強迫観念的になってくるものがあって、それを映画にしてしまうんですね。

  • 'Cause that's all I know.

    私が知っているのはそれだけだから

  • And so I was at that point like allowed to pick weird things that nobody believed in because I made a big movie once.

    その時点では誰も信じないような変なものを選んでもいいと思っていました。

  • So, yeah, it definitely kind of blew my head off.

    だから、ああ、確かに頭が吹っ飛んだよ。

  • Wow, you are really trying to kill me.

    うわー、本当に私を殺そうとしているのね。

  • I thought Em in "Adventureland" was like just the coolest person, and I was so intimidated by her.

    アドベンチャーランド』のEmさんが、ただのカッコイイ人みたいな感じで、すごく威圧感があったんです。

  • I mean, her name is Em.

    っていうか 名前はEmって言うんですけど

  • It's not even Emily.

    エミリーですらない

  • It's like, okay, you don't even go by your whole name?

    それは、大丈夫、あなたはフルネームでも行かないのですか?

  • Okay, I'm gonna go for a swim.

    じゃあ、泳いでくるね。

  • Anybody care to join me?

    誰か参加しないか?

  • Even if I can't fully relate to a person that I'm playing, we can all understand each other.

    自分が演じている相手とは完全に共感できなくても、お互いに理解し合える。

  • Maybe I wouldn't do, say, or act in a certain way or whatever, but I can always find it somewhere embedded.

    多分、私ならやらないだろうし、言わないだろうし、行動しないだろうけど、必ずどこかに埋め込まれているのを見つけることができる。

  • I've never played something where I've not understood the person.

    相手を理解していないプレイをしたことがない。

  • "The Runaways"

    "ラノウェイズ

  • Hello?

    もしもし?

  • Pick up the phone!

    電話に出ろ!

  • Joan, please!

    ジョン お願い!

  • I grew up in Los Angeles.

    私はロサンゼルスで育ちました。

  • So I think like we're a huge radio culture.

    だから、私たちは巨大なラジオ文化だと思っています。

  • I've listen to Joan Jett a lot when I was younger.

    若い頃はジョーン・ジェットをよく聴いていました。

  • She's so quintessential.

    彼女はとても真髄を持っています。

  • When I met her to make the movie, it was really crazy 'cause she's like an animal.

    映画を作るために彼女に会った時、彼女は動物みたいだから本当にクレイジーだった。

  • She's got barbs and stuff because she's protecting something really precious.

    彼女は本当に大切なものを守っているからこそ、棘があったりします。

  • Like she's, you know, leather clad, really driven, like chaotically obsessed with music and cannot stop touring.

    彼女は革の服を着ていて、本当に意欲的で、カオスのように音楽に取り憑かれていて、ツアーを止めることができないんだ。

  • Even her body, her body is a muscle.

    彼女の体でも、彼女の体は筋肉です。

  • It's so reflective of who she is as a person.

    彼女の人となりが反映されています。

  • She a real live-wire.

    彼女は本物のライブワイヤーだ

  • At our first band rehearsal, we were playing "Cherry Bomb," and I like just wasn't committing to it at all because we weren't shooting.

    最初のバンドリハーサルで "Cherry Bomb "を演奏していたんですが、撮影していなかったので全くやる気が起きませんでした。

  • Why would I fully, fully, fully lean into this when we're not actually here to capture it, you know what I mean?

    実際には撮影に来ていないのに、なぜ私が完全に、完全に、完全に、これに身を乗り出す必要があるのでしょうか、わかりますよね?

  • It's just felt like almost like I was traipsing on something or doing a lame impression just for the sake of it.

    ほとんど何かの拍子にトラップしたり、ダサい印象を与えただけのような気がしてきました。

  • I saw her face kind of go like, you know, what the fuck.

    彼女の顔を見たんだけど...何なんだろう?

  • We'd spent all this time together, and all of a sudden I was like dropping the ball or something.

    今までずっと一緒に過ごしてきたのに、急にボールを落としたりして。

  • And, she doesn't make movies.

    そして、彼女は映画を作らない。

  • I don't make music.

    音楽は作らない

  • We do different things.

    私たちは違うことをしています。

  • I had to literally, imploringly like, run over and tackle her and be like, yo, trust me.

    彼女にタックルして 駆け寄ってきて... 信じてくれってね

  • I just don't work like that.

    そんな風に働かないだけです。

  • I just can't do it right now.

    今は無理なんです。

  • And she was like, okay.

    そして彼女は「いいよ」と言ってくれました。

  • And then we shot it a couple days later.

    そして数日後に撮影しました。

  • And she was fine, she was happy with what I did, whatever.

    彼女は私がしたことに満足していたし、何でもいいんです。

  • And it was really cathartic and gnarly to see her watch really formative parts of her life come back to life.

    彼女の人生の形成的な部分が生き返るのを見るのは、本当にカタルシスがあり、厄介なものでした。

  • But, yeah, very intimidated.

    でも、そうですね、とても怖かったです。

  • I was like, crying.

    って感じで、泣いてました。

  • I was like, trust me.

    信じてくれって感じでした。

  • I swear to you I can do this.

    誓って言うが、私はこれができる。

  • I think she's happy with it, who knows.

    彼女はそれで満足していると思うよ。

  • She still talks to me, so.

    彼女はまだ私に話しかけてくる

  • "Clouds of Sils Maria"

    "シルズマリアの雲"

  • He's here just to see you.

    あなたに会いに来たのよ

  • The project doesn't interest me, okay?

    プロジェクトに興味がないんだよ

  • He's a great director, just hear him out.

    彼は素晴らしい監督だよ、話を聞いてあげてね。

  • You don't have to do it.

    やらなくてもいいんだよ。

  • He's probably the best of his generation.

    彼の世代の中では、おそらく最高の人だと思います。

  • I've always felt super allowed to be in environments with the Frenchies.

    フランス人と一緒の環境にいることが超許されていると感じていました。

  • It's funny like even in doing press and having meetings with French filmmakers and working with Olivier now a couple of times, subverting material is their game.

    プレスをやっていても、フランスの映画人と打ち合わせをしていても、オリヴィエと一緒に仕事をしていても、彼らは素材を壊すのが仕事だと思っています。

  • I mean like making something feel alive and in the moment and unplanned and existential and weird, but not holier than thou.

    つまり、何かが生きていると感じさせて、その瞬間に、無計画で、実存的で、奇妙で、でも、ホリエ・トゥーではない。

  • There was just this thing where I felt like I could bash my head into a wall trying to figure something out, and that would be the moment, rather than going like: "Why haven't you completed a perfect sentence?"

    壁に頭をぶつけて 何かを理解しようとしているような 気がしていました その時が来たのです "なぜ完璧な文章が完成していないのか"なぜ完璧な文章を完成させないの?"と言うよりも

  • I was like, no, of course this is beautiful.

    私は、いや、もちろんこれは美しいと思っていました。

  • You let her do what she's gonna do.

    彼女のやりたいようにやらせればいい。

  • Its like, yes, that's what we're all trying to do.

    それは、そう、私たちがしようとしていることです。

  • I'm a huge fan of Olivier.

    オリヴィエの大ファンです。

  • I'm gonna be honest and say I don't think I would've said no really to anything.

    正直に言うと、何に対しても本気で断っていたとは思えない。

  • It meant most for me to win that award for Olivier because he is one of... like, just one of the most brilliant artists working, and I love him.

    オリヴィエ賞を受賞したことは、私にとって最も意味のあることでした。彼は、現役の最も素晴らしいアーティストの一人であり、私は彼を愛しています。

  • You have your interpretation of the play.

    お芝居の解釈があるんだよね

  • I think mine's just confusing you.

    私のは混乱させてるだけだと思うよ