Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • My name is Emina Hadziosmanovic, and I recently graduated from University of Birmingham in

    私の名前はEmina Hadziosmanovicで、最近バーミンガム大学を卒業しました。

  • July 2009.

    2009年7月のことです。

  • For the last 18 months I have been working with a charity in Birmingham, called Bosnia

    この18ヶ月間、私はバーミンガムのボスニアという慈善団体で活動してきました。

  • and Herzegovina UK network as an outreach worker with individuals who have physical

    およびヘルツェゴビナUKネットワークでは、身体的な問題を抱えている人たちとのアウトリーチワーカーとして活動しています。

  • and mental health disabilities.

    と精神衛生上の障害があります。

  • I graduated in July 2009 and within 3 or 4 months, in September or October 2009, I started

    私は2009年7月に卒業し、3~4ヶ月の間に2009年9月か10月に

  • my Masters at the University of Oxford. I was at Saint Hughes College, the Masters was

    オックスフォード大学で修士号を取得しました私はセントヒューズ大学にいました マスターズは

  • in Psychological Research and in the summer I undertook quite a big research project under

    心理学研究で、夏にはかなり大きな研究プロジェクトに参加しました。

  • the supervision of Professor Miles Hewston looking at the effects of war on reconciliation

    マイルス・ヒューストン教授の監修のもと、和解のための戦争の影響を調べています。

  • and forgiveness for individuals living in Bosnia and Herzegovina. After my masters,

    とボスニア・ヘルツェゴビナに住む個人への赦し。修士号を取得してから

  • I took a year out, working as an outreach worker. This continued a little bit into my

    私は1年間休職して、アウトリーチの仕事をしていました。これは私の

  • PhD. I started my PhD in October 2011 at the University of Nottingham under the supervision

    博士号を取得しました。2011年10月にノッティンガム大学で博士号を取得しました。

  • of Professor Kevin Brann and Doctor Nigel Hunt. This is also looking at the effects

    ケビン・ブラン教授とナイジェル・ハント医師のこれはまた、効果を見ています

  • of war, but it’s looking at the social, psychological and environmental long term

    戦争のことではなく、社会的、心理的、環境的な長期的な視点で見ています。

  • effects of war on individuals that have been externally displaced to the UK with those

    英国への国外退去者に対する戦争の影響と英国への国外退去者に対する戦争の影響

  • that have been displaced within Bosnia. Just recently, in July this year, I was awarded

    ボスニア国内で避難生活を送っている人たちのことです。つい先日、今年の7月には

  • a fellowship from the Rain Foundation and the Princess Diana of Wales Memorial Fund

    レイン財団とダイアナ妃記念基金からのフェローシップ

  • to run a therapy project for refugees living in the UK that are suffering from trauma.

    トラウマを抱えているイギリス在住の難民のためのセラピープロジェクトを運営するために

  • For this I hope to undertake a new therapy which hasn’t ever been done in the United

    そのために、私はアメリカでは行われていない新しい治療を行いたいと思っています。

  • Kingdom for refugees yet and it’s called narrative exposure therapy, which I’m really

    難民のためのキングダムですが、 ナラティブ・エクスポージャー・セラピーと呼ばれていて、 私は本当にそう思います。

  • excited about.

    興奮しています。

  • I studied for a Bachelor of Science in Psychology, which was accredited with registration by

    私は心理学の学士号を取得するために勉強しました。

  • the British Psychological Society. For me it was really useful because, prior to the

    英国心理学会のの前に、私にとっては本当に有益なものでした。

  • degree, I had never done psychology before, so it provided the building steps or foundations

    私は心理学をやったことがなかったので、それが基礎となっていました。

  • to my career because we covered all of the core subjects. So cognitive psychology, social,

    私のキャリアに合っていたと思います。認知心理学や社会

  • developmental, lots of work on research methods and statistics which was really, really helpful

    発展的で、研究方法や統計学の研究が多く、とても参考になりました。

  • especially with the research that I’m doing now. And in the third year, we also had some

    特に今やっている研究ではまた、3年目には、いくつかの

  • option modules which were great because they allowed us to see what the real world of psychology

    彼らは私たちが心理学の実際の世界が何であるかを見ることができたので、偉大だったオプションモジュール

  • was like, outside of university, so we had modules such as clinical psychology or forensic

    は大学の外のようなものだったので、臨床心理学や法医学のようなモジュールがありました。

  • psychology. So that was really useful in getting a taster of the things that we might li9ke

    心理学です。私たちが必要とするであろうことを 知るのにとても役立ちました

  • to do after university. So it really benefited me, it provided the starting steps for everything

    大学を卒業してから何をすべきかを考えています。私にとっては本当に有益なものでした すべてのことの出発点となる

  • that was to come.

    来るべきことだった

  • The job that I’m doing at the moment is only part-time. The typical starting salary,

    今やっている仕事はアルバイトのみ。一般的な初任給です。

  • if it was full-time, would probably be around £22,000. For the PhD and in terms of being

    それはフルタイムだった場合は、おそらく22,000ポンド前後になるでしょう。博士号を取得した場合、そして

  • a researcher later, the starting salary would probably be somewhere between £24,000 and

    後に研究者になると、初任給はおそらく£24,000との間のどこかになります。

  • £26,000. But I also think that I might want to go into clinical psychology at some point

    £26,000.でも臨床心理学に進みたいとも思っています

  • in the future, so after doing that Doctorate- I think that it falls within band 6- so the

    将来的には、その博士号を取得した後は、バンド6に該当すると思います。

  • starting salary for that would be £26,000 and it can progress to anything up to £60,000

    そのための初任給は£26,000となり、それは£60,000まで何かに進行することができます。

  • if you are a very experienced consultant psychologist.

    非常に経験豊富な相談心理士であれば

  • I would say that they have definitely, especially the one which relates to communication, because

    私は、彼らは間違いなく、特にコミュニケーションに関連するものを持っていると言うでしょう。

  • the types of clients that I work with are individuals that have suffered trauma,. For

    私が一緒に仕事をするクライアントのタイプは トラウマを負った人たちです依頼者の方のために

  • example, so they find it very difficult to articulate their experiences. So having the

    例えば、自分の経験を明確に表現することが非常に難しいと感じています。だから

  • ability to talk to a wide range of people that have undergone lots of different experiences

    経験豊富な人たちとの会話力

  • is really important. And also in terms of disseminating my research to the wider society

    は本当に大切なことです。また、自分の研究を広く社会に広めるという意味でも

  • by attending conferences and things. So not just oral communication, but written communication,

    学会などに参加することでだから口頭でのコミュニケーションではなく、書面でのコミュニケーションが必要なのです。

  • I think, is really important and it’s something that my degree really helped me to develop.

    私が思うに、これは本当に重要なことであり、私の学位が本当に私を成長させるのに役立ったものだと思います。

  • My reasons for wanting to pursue a career in clinical psychology relate to wanting to

    私が臨床心理学でキャリアを積みたいと思った理由は、次のようなことに関連しています。

  • help individuals who have undergone traumatic experiences, to rebuild their lives and I

    トラウマになった経験をした人たちの人生の再構築を支援しています。

  • think this comes from my own experiences of the war in former Yugoslavia; just kind of

    これは、旧ユーゴスラビアでの戦争の経験から来ていると思います。

  • living with that and growing up with people who have been affected by trauma and by war

    トラウマや戦争の影響を受けた人たちと一緒に育ち、それを抱えて生きてきました。

  • experiences. I think that, for all psychologists, there has to be some kind of intrinsic, motivational

    の経験をしています。すべての心理学者にとって 何らかの内在的な動機づけがあるはずだと思います

  • or a desire for wanting to fulfil a particular research interest and for me that was my personal

    あるいは、特定の研究に興味を持ち、それを実現したいという願望であり、私にとってはそれが個人的なものでした。

  • experience.

    を経験することができます。

  • I did some research posts while I was here, but they were only temporary and lasted just

    私がここにいる間にいくつかの研究投稿をしましたが、それは一時的なものであり、持続しただけでした。

  • a couple of weeks or a couple of months. I think it would have been better if I had have

    数週間や数ヶ月の間にがあった方が良かったと思います。

  • developed a greater range of experiences- all of the experiences I had at university

    大学で経験したことはすべて、より幅広い経験を積むことができました。

  • were research based, which is brilliant as it has led to me doing a PhD now, but as I

    それが今の私に博士号を与えてくれたのですから、素晴らしいことです。

  • was applying for a clinical doctorate two years ago, I realised that I didn’t have

    年前に臨床博士号の申請をしていて気がついたのは

  • any actual clinical experience in terms of therapy or working with patients and I think

    治療や患者さんとの関わりの中で実際に臨床経験を積んだ人はいないと思います。

  • this is something that I definitely would have developed whilst I was at Birmingham,

    これは、バーミンガムにいた時には絶対に身につけていたであろうことです。

  • to just use the contacts that I had made to see whether I could get some kind of clinical

    私が作った人脈を使って臨床に役立つかどうか見てみました

  • placement, or to go into a mental health unit and observe patients and eventually have some

    精神保健室に入って患者を観察して、最終的には何かを持つことになります。

  • kind of minor role maybe, in helping to deliver some form of therapy. This is something that,

    ある種のセラピーを提供するのを 手伝っているような 些細な役割かもしれませんこれは何かです

  • during my degree, I didn’t really think about, so I would definitely change that if

    勉強中は何も考えていなかったので、もしもの時には絶対に変えようと思います。

  • I were to go back now.

    私は今すぐに戻るつもりだった。

  • In the life of an Outreach worker, I think every day is different, because you never

    アウトリーチワーカーの生活の中では、毎日が違うと思います。

  • know what phone call youll get from which client, asking for which type of support.

    どのクライアントからどのような電話がかかってくるかを知ることができます。

  • On some days, I might get a phone call from members of the family, saying theyre really

    日によっては、家族のメンバーから電話がかかってくることもあり、本当に

  • distressed because a close family member has gone into hospital, so I would go to the house

    身内が入院してしまったので、家に行ってしまう

  • of the family member, talk to them and on some occasions I would go and visit the person

    家族の方と話したり、お見舞いに行ったりすることもありました。

  • in hospital to offer support because many of the people who I work with don’t speak

    一緒に仕事をしている人の多くが言葉を話さないので、病院でサポートを提供しています。

  • English. So in a lot of my work I have to translate on a daily basis, from Bosnian into

    英語です。だから私の仕事の多くは、ボスニア語から英語への翻訳が日常的に必要になります。

  • English and vice-versa. So I think there isn’t really a typical day for an outreach worker,

    その逆もあります。だから、アウトリーチワーカーの典型的な一日というのはないと思います。

  • because some days I could get called to the other side of town or to Coventry, because

    街の反対側やコベントリーに 呼ばれることもあったからだ

  • I am based within the whole of the West Midlands and then there are other days when I’m in

    私はウェストミッドランズの全域を拠点にしていますが、それ以外の日もあります。

  • the office doing paperwork and I won’t get a call at all, so it’s really unpredictable.

    事務処理をしている事務所で、全く電話が掛かってこないので、本当に予測不能です。

  • In terms of the job, I absolutely love working with people and just coming away from a client

    仕事の面では、人と一緒に仕事をするのが大好きです。

  • and feeling like I’ve done something to change something for them, even if it’s

    彼らのために何かを変えるために 何かをしたような気がする たとえそれが

  • a minor problem, ju8st so they feel as though someone is listening to them. In terms of

    些細な問題でも 誰かが聞いてくれているように感じますに関しては

  • dislikes, I would probably have to say all of the paperwork that comes with working with

    嫌いなことと言えば、おそらく、一緒に仕事をすることになる事務処理のすべてを言わなければならないでしょう。

  • the clients, so having to fill in forms and all of the stuff that takes ages, whereas

    依頼者のために、フォームに記入しなければならず、時間がかかるのに対して

  • I would prefer to spend more time with individual clients.

    個人のお客様と一緒にいる時間が長い方がいいですね。

  • My aspirations for the future are to complete the PhD that I’m currently half-way through

    将来の抱負としては、現在半ば諦めている博士号の取得を目指しています。

  • and then possibly to apply for a post-doctoral study or to apply for a clinical doctorate.

    その上で、ポスドク研究や臨床博士号取得のための申請をすることもあるでしょう。

  • I think my ideal job in the future would be one where there’s a combination of research

    将来の理想の仕事は、研究を兼ねた仕事だと思っています。

  • and practical experience. So where I can continue researching within the fields of trauma and

    と実務経験を積んできました。そこで、トラウマの分野の中で研究を続けられるところと

  • social relations, but then apply this to a more practical setting, in for example work

    社会的な関係性を学びますが、これをより実践的な環境、例えば仕事に応用してみましょう。

  • with giving therapy to patients that have suffered from trauma with the narrative exposure

    トラウマを抱えた患者さんに、物語性のある暴露を用いてセラピーを行うことで、患者さんの心の傷を癒すことができるようになります。

  • therapy that I’m trying to develop through my fellowship at the moment, so to use my

    セラピーを開発しようとしています。

  • research to implement therapy.

    治療を実施するための研究。

  • I think experience is probably the key; not experience within one area, but within lots

    一つの分野での経験ではなく、多くの分野での経験が鍵を握っていると思います。

  • of different areas. I realised that, with myself, all of my experience was research-based

    様々な分野の自分自身と一緒で、すべての経験が研究に基づいていることに気づきました。

  • which is amazing for going down the PhD route, but not necessarily into a clinical doctorate.

    これは、博士号ルートを下るために素晴らしいですが、必ずしも臨床博士号にする必要はありません。

  • So to try and get some practical experience as well as research experience while theyre

    だから、彼らが研究をしている間に、いくつかの実践的な経験と同様に、いくつかの経験を得るために試してみてください。

  • doing their degree but, even more than that, I think that just to have the drive and motivation

    学位を取得することはもちろんですが、それ以上に、意欲やモチベーションを持つことが大切だと思っています。

  • to succeed in what you intend to succeed in. It takes a long time- you won’t necessarily

    あなたが成功しようとしていることに成功するためには、長い時間が必要です。それには長い時間がかかります。

  • get into a masters straight away, or a PhD, or a clinical doctorate; sometimes it takes

    すぐに修士号、博士号、臨床博士号を取得することができます。

  • years and years. Just to keep building your CV as those years are going by.

    何年も何年も年月が流れていく中で、履歴書を作り続けていくだけです。

My name is Emina Hadziosmanovic, and I recently graduated from University of Birmingham in

私の名前はEmina Hadziosmanovicで、最近バーミンガム大学を卒業しました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 心理 博士 臨床 研究 経験 取得

心理学の卒業生のキャリアストーリー - Emina Hadziosmanovic

  • 44 2
    Why Why に公開 2020 年 08 月 06 日
動画の中の単語