Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • "I am so jealous of you, everything always looks so good on you."

    "あなたがうらやましいわ 何でも似合うから"

  • Is what friends often say to me. But you know what I've been through to get this body?

    友人によく言われる言葉です。でも、私がこの体を手に入れるために何をしてきたか知ってる?

  • Follow me and I'll tell you my story.

    私をフォローしてくれれば、私の話をします。

  • I used to be the girl in school that nobody noticed. All the boys would just look pass me.

    私は学校では誰にも気づかれない女の子だったわ男子は皆、私の前を通り過ぎるのを見ていました。

  • I wasn't even popular in my own group of friends. I was invisible.

    仲間内でもモテなかった。目立たない存在だった。

  • I used to feel a little down about that,but it was my goal to get into the best university possible.

    以前は少し落ち込んでいましたが、最高の大学に入ることが目標でした。

  • And when I set my mind to something, I do everything in my power to achieve it.

    そして、何かに心を定めたら、そのために全力を尽くす。

  • My priority was to first get into my dream college and then I could worry about my appearance.

    私の場合は、まず夢の大学に合格することを優先して、その後は身だしなみを気にするようにしていました。

  • I asked my parents for their permission to get cosmetic surgery if I was accepted into the university.

    大学に合格したら美容整形をしてほしいと親にお願いしました。

  • They agreed and gave me their blessing. So from that moment on, I focused all my time and energy into studying to pass the entrance exams.

    賛成してくれて、祝福してくれました。 その時から、私は受験勉強に時間とエネルギーを注ぎ込みました。

  • Once I was accepted, they were so proud as they knew how much work I had put into getting there.

    受け入れられた途端、私がどれだけの努力をしてきたかを知っているだけに、彼らはとても誇りに思っていました。

  • But I was still a long ways away from achieving my dream. There were two more obstacles I had to overcome.

    しかし、私はまだ夢の実現には程遠い道のりでした。私が乗り越えなければならない障害があと2つありました。

  • First was my face.

    最初は私の顔だった。

  • So I had surgery to add an extra layer on my eyes, to raise the bridge of my nose, and to make my face into the V-shape.

    なので、目の上に余計なものを乗せたり、鼻の橋を高くしたり、顔をV字型にする手術をしました。

  • All the things that seem to be what people consider beautiful. When it was done, I looked like a completely different person.

    人が美しいと思うものはすべてそれが終わった時、私は全く別人のように見えました。

  • But now I'm left with the part that stressed me out that most: losing the weight.

    でも今は、一番ストレスを感じているのは、体重を落とすことです。

  • Because even though my face was beautiful, if I'm still fat - no one will consider me beautiful.

    だって、顔が綺麗だったとしても、太っていたら......誰も綺麗だとは思ってくれないでしょう。

  • This is the social convention, you have to be skinny to be beautiful.

    痩せてないと美人になれないという社会通念です。

  • It didn't help that most of the boys in the university liked to tease me. Chubby, they'd call me. Piggy, they'd tease.

    大学では男子生徒のほとんどが 私をからかうのが好きでぽっちゃり、彼らは私を呼んだ。"ピギー "と呼ばれていた

  • They even joked around about my big arms and big legs.

    私の太い腕や太い足のことで冗談まで言われました。

  • My friends said they were just joking and not to take it seriously but as time went on, I had no more confidence and self-esteem.

    友達は冗談で本気にしないようにと言っていましたが、時間が経つにつれて自信も自尊心もなくなっていきました。

  • So I had to be skinny. I watched clips online to teach me how to exercise and used the entire summer break to lose my weight

    だから私は痩せなければならなかった。私は運動する方法を教えるためにオンラインでクリップを見て、私の体重を減らすために全体の夏休みを使用しました。

  • At first, I was so exhausted and everything hurt. I almost gave up

    最初のうちは、疲れ果てて何もかもが痛かった。諦めかけていました

  • But I kept myself inspired by constantly looking at all the beautiful and fit girls on Instagram

    しかし、私は常にInstagram上のすべての美しいとフィットの女の子を見て自分自身に触発され続けた

  • If I could look like them, people would notice me, I could wear anything I want

    もし私が彼らのように見えるならば、人々は私を注目し、私は私が望むものを何でも着ることができます。

  • But most importantly, I could finally show the people that teased me about my body that they were wrong.

    でも何よりも、自分の体をからかっていた人たちが間違っていたことを、やっと見せることができました。

  • Once university started, I was the center of attention. Girls looked at me with jealousy and so many boys kept asking me for my phone number.

    大学が始まると、私は注目の的でした。女子からは嫉妬の目で見られ、多くの男子から電話番号を聞かれました。

  • Even my clothes were getting smaller. But it wasn't enough.

    服も小さくなってきていました。でも、それだけでは足りなかった。

  • When I was nominated as the Queen for the Summer Ball, I started to worry even more that I wouldn't win

    夏の舞踏会の女王に指名された時は、優勝できないのではないかと余計に心配になりました。

  • I still believed my body wasn't perfect yet. Exercising wasn't enough anymore.

    自分の体はまだ完璧ではないと思っていました。運動だけではもう十分ではなかった。

  • So I started to control my diet. I ate less and was more picky about what I was eating. And I ended up losing weight even faster than I did from exercising.

    そこで私は食生活をコントロールするようになりました。食べる量を減らし、食べるものにもこだわりました。そして、運動よりも早く体重が減ったのです。

  • People were telling me that I was too skinny but I didn't believe them.

    痩せすぎだと言われていましたが、信じられませんでした。

  • "I'm not skinny, what are they talking about?"

    "痩せてないのに何言ってるの?"

  • Of course I won the Queen of the Summer Ball. I worked so hard for it.

    もちろん、夏の舞踏会の女王には勝ったわ。そのために一生懸命働いたの

  • Everyone was congratulating me, but all I could think about was that I had to work harder.

    みんなが祝福してくれていましたが、私はもっと頑張らないといけないとしか思えませんでした。

  • That I'm still fat and if I'm not careful, I could go back to being invisible again.

    私はまだ太っていて、気をつけないとまた透明人間に戻ってしまうかもしれないと。

  • I had to exercise more and control my diet more. So I started to work out not just in the evening but also in the morning.

    もっと運動をして、もっと食事をコントロールしないといけないと思いました。そこで、夕方だけでなく朝も運動するようになりました。

  • I didn't eat anything that had carbohydrates or fat.

    炭水化物や脂肪分のあるものは食べていませんでした。

  • For lunch I would only eat fruit or drink a box of milk and for dinner I would just drink a glass of water.

    お昼はフルーツか牛乳1箱、夕飯はコップ1杯の水を飲むだけでした。

  • I was so obsessed with how I looked.

    自分の見た目にこだわっていました。

  • I really believed that if I missed a work out or ate more than I was supposed to.

    ワークアウトを休んだり、必要以上に食べたりすると、本当に信じていました。

  • I would go straight back to being fat again.

    私ならまた太っていた頃に戻ってしまう。

  • While I was obsessed with losing my weight, I was just ignoring all these other strange symptoms that were occurring.

    体重を落とすことに夢中になっている間は、他のおかしな症状が起きているのを無視していました。

  • My period had stopped coming for months. I was losing so much hair.

    生理が何ヶ月も来なくなっていました。髪の毛がたくさん抜けていました。

  • I was always cold. My skin was started to peel heavily. And I was struggling in every single class to focus.

    私はいつも冷え性でした。肌の皮がむけ始めていました。授業のたびに集中するのに苦労していました。

  • My grades had dropped so far and so fast, no one could believe it.

    成績がここまで落ちて、あっという間だったので、誰も信じられませんでした。

  • A lot of people noticed the changed. I kept hearing that I was too skinny, I wasn't the same, I wasn't as pretty as I used to be.

    多くの人がその変化に気づいた。痩せすぎた、以前と同じじゃない、以前のように可愛くない、と聞き続けていました。

  • I couldn't accept it and would just tell them that they didn't know what they were talking about.

    受け入れることができず、「何を言っているのかわからない」と言ってしまうだけだった。

  • I lost a lot of friends that time. I cried almost everyday. I didn't know what they were talking about, I really couldn't see what was skinny about me?

    あの時はたくさんの友達を失いました。ほぼ毎日泣いていました。何を言っているのかわからなかった、本当に私の何が痩せているのかわからなかった?

  • When I looked in the mirror, I still looked fat! They must have been just jealous...

    鏡を見たら、やっぱり太っていた!嫉妬してたんだろうな...

  • "Hi honey." I woke up to see my mother standing next to me. She looked sad and concerned.

    "ハイ ハニー"目を覚ますと、隣には母が立っていました。母は悲しそうな顔をして心配そうにしていました。

  • Then I looked around. Why do I have so many tubes in my arms? What's happening? The last thing I remembered, I was exercising.

    それから周りを見渡してみました。どうして私の腕にはこんなにたくさんの管があるのだろう?何が起こっているの?最後に思い出したのは、運動をしていたこと。

  • I was diagnosed with Anorexia.

    拒食症と診断されました。

  • I couldn't believe it. But I knew my condition was serious when I could no longer feed myself as I had to be fed through tubes.

    私は信じられませんでした。しかし、チューブで栄養補給をしなければならないため、自分で栄養補給ができなくなったとき、自分の状態が深刻なものであることを知りました。

  • I was in the hospital for weeks. I had to drop out of school and my mom even had to quit her job to take care of me.

    私は何週間も入院していました。学校を中退してしまい、母は私の面倒を見るために仕事を辞めなければならないこともありました。

  • But it's been a year now and I'm fully recovered and finally back in university. I really learned how little value other peoples opinions have.

    でも、1年経って完全に回復して、やっと大学に戻ってきました。他の人の意見がいかに価値のないものであるか、本当に勉強になりました。

  • The most important things are the love you have from friends and family but even MORE important than that is the love you should have for yourself.

    一番大切なのは友人や家族からの愛情ですが、それ以上に大切なのは自分自身への愛情です。

  • I am me. I am beautiful in my own way and I don't feel the need to have to follow society and trends about being skinny.

    私は私です。私は私なりの美しさを持っているし、痩せていることについて社会や流行に従う必要性を感じない。

  • Why do I need people who only love me for how I look?

    なんで自分の容姿だけを愛してくれる人が必要なんだろう?

  • It's been a long journey getting here, I really hope that my story can help to warn people that are about to fall into the same trap.

    ここにたどり着くまでの道のりは長いですが、私の話が、これから同じ罠にはまりそうな人たちに警告を与える一助になればと、心から願っています。

"I am so jealous of you, everything always looks so good on you."

"あなたがうらやましいわ 何でも似合うから"

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 痩せ 太っ 運動 男子 体重 舞踏

インスタグラムで拒食症になった

  • 738 51
    Annie Huang に公開 2020 年 03 月 02 日
動画の中の単語