Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • 6 Minute English from BBCLearningEnglish.com

    6分間イングリッッシュ フロム BBCLearningEnglish.com

  • Hello, this is 6 Minute English from BBC Learning English.

    こんにちは!BBCラーニング・イングリッシュの6分間イングリッシュの時間です。

  • I'm Sam.

    私はサム。

  • And I'm Rob.

    そして僕はロブです。

  • In this programme, we'll be talking about disagreeing.

    今回は、反対意見の伝え方についてお話していきます。

  • No, we won't!

    いや、そんなことしないよ!

  • I think we will, Rob.

    やるのよ、ロブ。

  • We're discussing the following: Is it good to disagree?

    これから次のことについて話していきます。反対の意思表示をすることは良いことなのか?

  • I know, but I feel better for having that little disagreement so that proves it is good to disagree!

    分かる。多少の反対意見があるのは良いと思うんだ。だから反対の意思表示は良いことだと思う。

  • Well, I hate to disagree, but I think we should explore this subject a little further first in the next six minutes.

    そうね。私は反対するのは嫌い。でも、この件についてはもっと深く考えた方がいいと思う。ここからの6分間でね。

  • Err, shouldn't that be five minutes?

    あぁ、それってもうあと5分くらいじゃない?

  • Rob, you are being pedanticfocusing too much on the small details or formal rules.

    ロブ、融通利かないのね。細かなことや形式的なルールにとらわれすぎ。

  • Maybe we should agree to disagree and move onto the quiz question I like to set every week.

    反対ということに賛成して、私が毎週楽しみにしているクイズに進んだ方が良いかもしれない。

  • Yes, a good idea.

    あぁ、いい考えだね。

  • OK, so, do you know which spiritual leader is famous for saying "Disagreement is something normal"?

    では、次の格言を述べた宗教指導者は誰でしょう?「意見が食い違うのは当たり前のことだ。」

  • Is it a) Pope Francis, b) The Dalai Lama, or c) Ravi Shankar?

    a)フランシス教皇、b)ダライ・ラマ、c) ラヴィ・シャンカル

  • That's tricky, so I'll have a guess and say b) the Dalai Lama.

    それ難しいね。あてずっぽうだけど、b)のダライ・ラマで!

  • OK, I'll let you know if that was correct at the end of the program.

    はい。正解かどうかは番組の最後で教えるね。

  • But whoever said "disagreement is something normal" is probably right.

    でも、誰が言ったにせよ「意見が食い違うのは当たり前のことだ」っていうのは正しいんじゃないかな。

  • I'm sure we all disagree with someone about something, don't we, Rob?

    誰かしらが何かしらにたいして反対の意見を持っているものだというのは確かだと思うし。ね?ロブ?

  • No! Haha, just joking!

    そうは思わないな。ハハ。冗談だよ!

  • Of course disagreeing is normal.

    もちろん、反対意見があるのは普通のことだよ。

  • It would be boring if we agreed about everything.

    すべてに賛成してたら、つまらなくなるだろうね。

  • However, I guess agreement, on some things, may have prevented a few wars.

    でも、何かしらに同意することで争いをしないで済むこともあるかもしれない。

  • Indeed, but it is a fascinating subject and it's something the BBC Radio 4 programme “A Guide to Disagreeing Betterlooked at.

    本当にそう。素晴らしい題材だし、BBCラジオ4の「上手に反対意見を述べるためのガイド」で前に取り上げられているんです。

  • I think we should hear about how NOT to disagree first.

    まずは、どうやったら反対しないでいられるかについて聞いた方が良いかも。

  • This is couples' therapist, author, and speaker, Esther Perel, who knows a thing or two about that.

    この方は、カップルセラピストであり、作家、演説家でもあるエステル・ペレルさん。今回の題材について、いくつか意見を述べています。

  • In a battle, you position yourself in a hierarchy, one is on top of the other.

    人は争いになると、1人の人間が頂点に立つヒエラルキーの中に自分を位置付けます。

  • And then there is arguing that comes with a contempt in which it's not just that I don't accept your point of view, is that, I actually really think you're a lesser human being.

    そして、相手をさげすむ気持ちを持った状態で言い争いが起こります。その気持ちには単に相手の意見を受け入れないというだけではなく、相手が自分より劣った人間であるという考えが含まれています。

  • Right, so Esther explains that bad disagreement is a battleone person tries to take a higher position in the hierarchy.

    なるほど。じゃあエステルは、良くない形で反対意見をのべることは争いになると言っているんだね。つまり、ヒエラルキーの中で相手よりも優位に立とうとするという。

  • A hierarchy is a way of organising people according to their importance.

    ヒエラルキーはその人物の重要度によって人々を階層分けしたものです。

  • So, a disagreement doesn't go well if one person thinks they're more important than someone else.

    つまり、自分が相手よりも立場的に優位だと考えている場合は、反対意見を述べてもうまくいかないということね。

  • And according to Esther, things also don't go well if someone has contempt, which is a dislike or lack of respect for someone or something.

    そしてエステルによれば、相手をさげすむ気持ちがあってもうまくいかないとのこと。相手や相手の何かを嫌う気持ちを持っていたり、軽視していたり。

  • And contempt in a bad disagreement can be more than just not liking somebody's point of viewtheir perspective on something.

    それに、良くない形で反対意見を述べた時にさげすみの気持ちがあると、相手の意見を嫌だと思うだけでなく、相手のものの考え方そのものを嫌いになってしまうこともある。

  • It could be thinking someone is a lesser human being.

    それが、相手が自分より劣っているという考えにつながる可能性もあるんです。

  • Ouch! That's not nice.

    あぁ!それは良くないね。

  • Let's think more now about good disagreement.

    じゃ、ここからは良い形での反対意見の述べ方を考えていきましょう。

  • The BBC podcast "Seriously" has listed some tips for disagreeing better, including not aiming for the middle ground, another way of saying "compromising."

    BBCのポッドキャスト「シリアスリー」には、上手に反対意見を述べるためのコツが紹介されています。折衷案、つまり、妥協点を目指すことはせずにです。

  • It also suggests speaking truthfully, listening intentlythat means giving all your attention to what's being said and aiming for empathy.

    また、誠実に話すこと、熱心に耳を傾けることが勧められています。相手が話す内容に注意を傾け、相手の気持ちを理解しようとするのです。

  • But not feeling at the end of a disagreement that you have to agree!

    ただし、最終的に賛成しなくてはならないという気持ちを持てというわけではありません!

  • I agree and I'm sure former British politician, Douglas Alexander, would too.

    そうね。イギリスの元政治家、ダグラス・アレクサンダー氏もそうしたでしょうね。

  • He presented the programme "A Guide to Disagreeing Better" and explained why he thought disagreeing is a good thing.

    アレクサンダー氏は「上手に反対意見を述べるためのガイド」という番組で、彼が反対意見を述べることが良いことだと考える理由について話しています。

  • A couple of decades I spent as an elected politician convinced me that disagreement is necessary if society is to progress.

    この20年、私は政治家として選ばれた人間として過ごしてきました。そして、社会を発展させていくには、反対意見を述べることが必要なことであると強く思わされました。。

  • And a society that values civility over justice and truth would simply be a recipe for stagnation.

    そして、社会が正義や真実よりも礼儀の正しさをよしとすることは、停滞を招くだけでしょう。

  • But honest conversations involve listening intently as well as speaking truthfully.

    ですが、真摯に話し合うということには、熱心に耳を傾けることも含まれているんです。誠実に話すことと同じように。

  • The thoughts of Douglas Alexander there, who, through his work as a politician, is convinced that disagreement is a good thing.

    ここでのダグラス・アレクサンダー氏の考えは、政治家として勤めたことで、反対意見を述べることは良いことだというふうに固まったんだね。

  • He says we shouldn't just follow the values of civility - that means polite behaviour.

    アレクサンダー氏は形式的な礼儀、つまり行儀の良さを重んじる価値観に従うだけなのは良くないと言っています。

  • It's important to challenge and question thoughts and ideas not just be polite and accept them!

    様々な考え方や思想について、ただお利口さんに受け入れるのではなく、論じたり、疑問に思うことが重要なのね。

  • Yes, and if we don't challenge things and search for truth and justice, he feels it would lead to stagnation - staying the same and not developing.

    そう。そして、論じることをや真実や正義を追求することをしなければ、アレクサンダー氏は停滞を招くと考えているんだ。ずっと変わらないまま、発展もしていかない。

  • The verb form is 'to stagnate'.

    停滞(stagnation)の動詞形は"to stagnate"ね。

  • But, he does say that when we discuss things and disagree we must be honest, listen to the other person intently, and speak truthfully.

    アレクサンダー氏が伝えたかったのは、議論を交わしたり、反対意見を述べる時は、正直でいなければならないということ。相手にしっかりと耳を傾け、誠実に話すということです。

  • But I would add that this should be done politely and with respect.

    でも、私なら礼儀と相手を尊重する気持ちを持つことを付け加えます。

  • Well, Sam, I've been listening to you intently, and if I'm honest, I think it's about time you gave me the answer to today's question.

    よし、サム。しっかり君の言うことに耳を傾けてたよ。そして僕のこと正直な人物だと思ってくれるなら、そろそろ今日のクイズの答えを教えてくれても良い頃なんじゃないかな。

  • We can agree on that, Rob!

    お互いそれには賛成だね、ロブ!

  • So, earlier I asked you if you knew which spiritual leader is famous for saying "Disagreement is something normal".

    では、さっき聞いた次の格言を述べた宗教指導者は誰でしょう?「意見が食い違うのは当たり前のことだ」という問題について、

  • Is it a) Pope Francis, b) The Dalai Lama, or c) Ravi Shankar.

    選択肢は、a)フランシス教皇、b)ダライ・ラマ、c) ラヴィ・シャンカルだったね。

  • And, Rob, what did you say?

    それで、ロブはなんて答えたんだった?

  • I said it's b) The Dalai Lama.

    僕はb)のダライ・ラマって言った。

  • And you were right, well done!

    そして、ロブ、正解!お見事!

  • Now, if you'll agree, could we recap some of the vocabulary we've discussed in this program?

    では、ロブ。もし賛成してくれるなら、今日の内容で出てきた単語をまとめてくれる?

  • Of course.

    もちろん。

  • First of all, I was accused of being pedanticfocusing too much on the small details or formal rules.

    まず、僕が"pedantic:融通が利かない"、細かなことや形式的なルールにとらわれ過ぎって注意されて、

  • Then we mentioned hierarchy - this is a way of organising people according to their importance.

    それから、"hierarchy:階層"、重要度による人々の階層分けについて話したね。

  • Contempt is a dislike or lack of respect for something or someone.

    "Contempt:さげすみ"は、相手や相手の何かを嫌ったり、軽視する気持ち。

  • A point of view describes someone's perspective on something.

    "A point of view:視点"は、人の物事についての考え方を表します。

  • Your point of view might be different from my point of view.

    あなたの視点は、僕の視点とは違うかもしれない。

  • Indeed.

    本当に。

  • And we also mentioned civility, which means polite behaviour.

    それから、"civility:礼儀"にも触れました。礼儀正しいふるまいという意味です。

  • And stagnation means staying the same and not developing.

    そして、"stagnation:停滞"は、ずっと同じままで発展していかないという意味。

  • Would you agree, Sam?

    賛成してくれる?サム?

  • You are right, Rob, and that brings us to the end of our discussion about disagreeing!

    そうね、ロブ。そしてこれで反対意見についてのお話は終わりとなります!

  • Don't forget you can find lots more learning English materials on our website at bbclearningenglish.com, on social media and on our app.

    私たちのウェブサイト bbclearningenglish.com、SNS、アプリには英語学習の教材がいっぱいです。

  • Please join us again next time.

    また次回もお楽しみください。

  • Bye bye.

    バイバーイ!

  • Goodbye!

    さよなら!

6 Minute English from BBCLearningEnglish.com

6分間イングリッッシュ フロム BBCLearningEnglish.com

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TOEIC 意見 反対 相手 ロブ アレクサンダー

うまく反対の意見を伝える方法 (How to disagree better: Listen to 6 Minute English)

  • 16481 792
    Annie Huang に公開 2020 年 04 月 02 日
動画の中の単語