Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Mao Zedong wan suilive 10,000 years.

    毛沢東、万歳― 1 万年の命なり。

  • In 1966, Mao Zedong had a problem.

    1966 年、毛沢東は問題を抱えていました。

  • The Chinese leader who had led a peasant army to victory in the Chinese Civil War, and established the communist People's Republic of China in 1949, was getting old.

    農民軍を国共内戦勝利へと導き、1949 年に中華人民共和国を建国したこの中国の指導者は、老いてきていました。

  • Worse, his radical policies had devastated the country, and triggered the deadliest famine known to human history.

    さらに悪いことに、彼の急進的な政策によって国は荒廃し、人類史上最悪の飢餓を引き起こしていました。

  • By the early 1960s, Mao's once-great influence and public presence were at an all-time low, and there were rumors that he was dying, or even dead already.

    1960 年代初めまでに、毛がかつて誇った偉大な影響力と社会的存在感は、史上最低にまで落ち込み、彼が瀕死の状態だとか、もう死んだとまで噂されていました。

  • He needed to find a way to seal his legacy as the face of Chinese communism.

    中国共産主義の顔として、自らのレガシーを確実なものとする術を見つけ、

  • And a new revolution to lead.

    新たな革命を率いる必要があったのです。

  • It started in a river.

    それは、川から始まりました。

  • -The Great Leap Forward was a disaster. [Chapter one: Mao loses his grip.]

    大躍進政策は、大惨事でした。[第1章:毛の権力失墜]

  • It was Mao's 1958 plan to quickly industrialize China by working its massive peasant population nonstop.

    大量の農民をノンストップで働かせることで、中国を急速に工業化させるというのが、毛の 1958 年の計画でした。

  • He promises to transform the People's Republic into an instant paradise through the sheer force of numbers.

    毛は、数の力だけで、人民共和国を即時に楽園へと変える約束をしたのです。

  • Forcing workers in the countryside to farm crops on government-run communes.

    地方の労働者に対し、政府が管理するコミューンでの農作を強制しました。

  • And millions more to manufacture crude steel in homemade blast furnaces.

    そしてさらに何百万人もが、自家製の溶鉱炉で粗鋼の生産を強いられました。

  • And even though Mao told the world that the plan was succeeding

    毛は世界に向けて、彼の計画が成功していると述べていましたが…

  • Everywhere, the communists report, production records are being broken.

    共産党の報告によると、生産量はいたるところで更新されています。

  • The truth was much more desperate.

    真実は、それよりもずっと絶望的でした。

  • They flood the fields, exhaust the soil, and farm production instead of going up, goes down.

    土地は洪水を起こし、土壌は疲弊し、農業生産は増加するどころか、減少しています。

  • The Chinese people were being forced to work tirelessly on land they once owned themselves and they were starting to lose morale.

    中国の人々は、かつて自分たちのものであった土地で、休むことなく働かされ、士気を喪失し始めていました。

  • And despite reports of widespread famine, with millions of people starving to death, Mao kept production quotas high.

    飢餓が拡大し、何百万人もが餓死している報告を受ける中、毛は、生産ノルマを高止まりさせていました。

  • The pace grows more frantic.

    ペースは、より狂気じみたものとなっていきます。

  • Ceaselessly, without rest, one observer writes.

    絶え間なく、休憩もなく。ある監視者は、こう記録しています。

  • "The countryside is in convulsion.".

    「地方は動乱状態にある」

  • Mao's Great Leap Forward ended in 1962.

    毛の大躍進政策は、1962 年に終わりを迎えました。

  • By that time somewhere between 23 and 55 million people had died in the famine.

    その時までには、飢餓により、2300 ~ 5500 万人が命を落としていました。

  • Over in the Soviet Union, a different political upheaval was happening.

    ソ連では、別の政治的混乱が起きていました。

  • Soviet leader Joseph Stalin, who Mao modeled himself after, was dead.

    毛がモデルとしていたソ連の指導者、ヨシフ・スターリンが亡くなったのです。

  • And Mao watched as Nikita Krushchev, Stalin's successor, implemented a period known as "de-Stalinization.".

    毛は、スターリンの後継者であるニキータ・フルシチョフが、「非スターリン化」として知られる時代を進めていくのを目の当たりにしました。

  • Where Krushchev set out to reverse many of Stalin's policies and dismantle the personality cult that had formed around him.

    フルシチョフは、スターリンの政策の多くを覆し、スターリンへの個人崇拝の廃止に着手しました。

  • Mao saw his own legacy potentially suffering the same fate.

    毛は、自らのレガシーが同じ運命に苦しむ可能性を見たのです。

  • His communist revolution was long over, and his ideas weren't taken as seriously after the disaster of the Great Leap Forward.

    彼の共産主義革命はとっくの昔に終わっていましたし、大躍進政策が大失敗して以降、彼の思想は、以前ほど真剣には捉えられていませんでした。

  • It was starting to look like Mao's place in the pantheon of powerful communist figures, like Vladimir Lenin and Karl Marx, was in peril.

    強大な共産主義者の英雄として名を連ねていた毛も、ウラジーミル・レーニンやカール・マルクスのように、危機的に晒されているように見え始めました。

  • This is where the river comes in. [Chapter two: the swim.]

    ここで、川が登場します。[第2章:水泳]

  • Mao had a reputation for being a strong swimmer.

    毛は、水泳の上手さで有名でした。

  • And even used it as a symbol of his ideology.

    そしてそれを、彼の思想の象徴としても使ったのです。

  • In 1956, he swam across China's biggest river, the Yangtze, in three highly-publicized swims.

    1956 年、毛は中国最長の川、長江を 3 回にわたって泳ぎ、それは大々的に報道されました。

  • To demonstrate that big things, like U.S. imperialism, didn't intimidate him.

    アメリカ帝国主義のような、「ビッグなこと」なんかに怯えてはいない、と示すためです。

  • 10 years later, Mao took on the Yangtze again, to dispel rumors of his failing health.

    10 年後、毛は健康衰退の噂を払拭すべく、再び長江に挑みました。

  • This time with cheering crowds swimming alongside him.

    この時は、歓声を上げる群衆が、毛と共に泳ぎました。

  • He brought his personal photographer, who snapped this photo of the aging dictator in the river.

    毛はお抱えの写真家も同行させました。その写真家が撮影したのが、この川の中の、老化しつつある指導者の写真と、

  • And another one showing Mao waving to his fellow swimmers, with the landmark Wuhan Yangtze River Bridge behind him.

    もう 1 枚の写真です。毛が、共に泳いだ人たちに向かって手を振っており、彼の後ろには、ランドマークの武漢長江大橋も写っています。

  • An iconic architectural achievement of the communist government, and proof that he was at the Yangtze.

    共産党政府の建築分野における業績の象徴であり、毛が長江にいたという証拠です。

  • The swim made the front page of China's state newspaper, reporting that Mao swam around 15 kilometers, a little more than 9 miles, in a span of 65 minutes.

    この長江水泳は、中国国営新聞の一面に掲載され、毛が 15 km( 9 マイルを少し上回る距離)を、65分で泳いだと報じられました。

  • Which meant the 72-year-old would have shattered world speed records.

    つまり、72 歳が世界記録を打ち破ったことになります。

  • A lot of people outside of China laughed at the outlandish story, but some saw the swim for what it was: a sinister sign.

    中国以外の国の多くの人々は、この異様な話を笑いましたが、これをその通りの意味で―不吉な兆候として、受け止めた人もいました。

  • Pointing out that Mao's swims from a decade earlier preceded the catastrophic Great Leap Forward.

    そういった人たちは、10 年前に毛が長江を泳いだ時は、悲惨な大躍進政策に先立っていたことを指摘しました。

  • Experts feared that Mao was on the verge of kicking off another disastrous period of turmoil in China.

    中国での悲惨な混乱の時期が、再び幕を開ける寸前か、と専門家たちは危惧しました。

  • They were right.

    そして、彼らは正しかったのです。

  • Two months before the swim, Mao had announced the beginning of his Great Proletarian Cultural Revolution. -[Chapter three: the cultural revolution.]

    長江水泳の 2 か月前、毛は、プロレタリア文化大革命の始まりを宣言していました。[第 3 章:文化革命]

  • A call to hunt down and eliminate the "bourgeoisie who had sneaked into the party.".

    「党に忍び込んだブルジョワ」を捉え、粛清するという決定です。

  • Basically to purge the government of anyone who strayed from principles of Maoism.

    要するに、毛沢東主義にそれる者を、政府内から追放するということです。

  • And it kicked into high gear after his historic swim.

    この動きは、毛の歴史的な水泳の後、本格化しました。

  • Which prompted a craze for swimming in China, but more importantly, a craze for Mao.

    毛は中国における水泳ブームを促し、さらに重要なことに、彼自身への熱狂度を高めたのです。

  • Especially among the group that Mao wanted to influence the most: China's youth.

    特に、毛が最も影響を与えることを願っていた層、中国の若者の間で、彼への熱意は増加しました。

  • Writer Liang Heng recalled that seeing Mao as "human flesh and blood" after the Yangtze swim resolved him to "serve him with all his heart.".

    ライターのリャン・ヘン氏は、毛が長江を泳いだ後、毛が「人間の肉と血」でできた存在だと実感し、「全身全霊で毛に尽くす」決意を改めたと述べました。

  • Millions of Chinese youth organized into the fanatical Red Guards, a paramilitary force concentrated mostly in Chinese cities.

    何百万人という中国人の若者が、主に中国の都市に集中した準軍事組織である、狂信的な紅衛兵を結成しました。

  • And, with Mao's blessing, they wreaked havoc in the name of Cultural Revolution.

    そして毛も賛同し、文化革命の名の下に、大惨事を引き起こしたのです。

  • Their mission was to destroy the Four Olds.

    紅衛兵のミッションは、「破四旧」でした。

  • Old culture.

    旧文化。

  • Old ideology.

    旧思想。

  • Old customs.

    旧習慣。

  • Old traditionsall of the olds must be destroyed.

    旧風俗―この4つ全てを、破壊しなければなりません。

  • The idea was basically to tear down the vestiges of imperial China and rewrite history centered around Mao Zedong.

    中国王朝時代の痕跡を解体し、毛沢東を中心に据えた歴史に書き換える、という概念に基づいていました。

  • Renaming buildings and streets, destroying cultural sites, and violently humiliating, and often torturing and murdering, anyone they accused of opposing Mao's ideas.

    建物や道路の改名、文化遺産の破壊、そして、毛の思想に反対していると糾弾された者に対しては、暴力的な辱め、しばしば拷問や殺害を行いました。

  • Which they plastered all over the cities.

    紅衛兵は、毛の思想を町中に貼り付け、

  • And carried in their pockets in the form of Mao's Little Red Book, a collection of his sayings and principles.

    ポケットには、『毛沢東語録』という、毛の言葉や主義を記録した小冊子を携帯しました。

  • And although the violent Red Guards were basically dissolved by 1969, the Cultural Revolution is considered to have continued until Mao's death in 1976.

    暴力的な紅衛兵は、1969 年に実質解体されましたが、文化革命は、1976 年の毛の死まで継続したと考えられています。

  • Ending a decade of destruction that had elevated the leader to god-like levels.

    そして、指導者を神格化させた、10 年間にわたる破壊状態は終結したのです。

  • And resulted in over one million people dead.

    これにより、100 万人以上が命を落としました。

  • The chaos of the Cultural Revolution scarred China for generations.

    文化革命の混沌により、中国には何世代にもわたって傷が残りました。

  • But Mao basically got what he wanted.

    しかし毛は実際、欲しかったものを手に入れたのです。

  • Even though the Chinese Communist Party condemned the Cultural Revolution in 1981, and Chinese communism diverted away from Maoism, they didn't denounce Mao himself.

    1981 年、中国共産党は文化革命を糾弾し、中国共産主義は、毛沢東主義からは逸れましたが、毛沢東が非難されることはありませんでした。

  • The Cultural Revolution solidified Mao's cult of personality, and that influence has lasted.

    文化革命により、毛に対する個人崇拝は確実なものとなり、その影響は続きました。

  • Mao's swim, which is still commemorated each year in China, was more than a display of strength.

    毛が長江を泳いだ事実は、今でも中国では毎年祝福されており、単に力を見せつける以上の意味を持っていたのです。

  • It was a message: to get behind Mao as he began his last revolution.

    それは、「最後の革命を始める前に、自分の後ろにつけ」という、毛からのメッセージだったのです。

Mao Zedong wan suilive 10,000 years.

毛沢東、万歳― 1 万年の命なり。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 Vox 革命 共産 水泳 文化 主義

中国の文化革命を引き起こした1枚の写真 (This photo triggered China's Cultural Revolution)

  • 4608 230
    Mackenzie に公開 2020 年 05 月 22 日
動画の中の単語