Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • When Joaquin Phoenix won the Best Actor Oscar, unbelievably his first for "Joker" at the 92nd Academy Awards, it seemed a bit like he was the only one who was surprised.

    第92回アカデミー賞でホアキン・フェニックスが『ジョーカー』で信じられないような初のアカデミー賞主演男優賞を受賞したとき、驚いたのは彼だけだったような気がします。

  • The actor challenged himself physically, mentally, and emotionally to bring us the best screen performance of 2019.

    2019年の最高のスクリーンパフォーマンスを届けようと、肉体的にも精神的にも感情的にも挑戦した俳優。

  • Although Phoenix famously didn't look to any previous screen interpretations of the Jokerincluding Heath Ledger's—in crafting his performance, he did share one aspect of the late "Dark Knight" star's approach to the role.

    フェニックスは、ヒース・レジャーを含め、これまでのジョーカーのスクリーン解釈を参考にしないことで有名ですが、故「ダークナイト」スターの役へのアプローチの一面を共有しています。

  • Phoenix found himself very isolated while shooting the film, for a couple of reasons.

    フェニックスはこの映画の撮影中、いくつかの理由で非常に孤立していることに気付いた。

  • For one, it was difficult for him to simply turn off Arthur Fleck at the end of the day.

    一つには、アーサー・フレックを最後に単純に消すのは難しいということでした。

  • "Man, you know what I'm talking about, it's so hard to just try to be happy all the time."

    "幸せになろうとするのは難しい"

  • In an interview with Metro, the actor said, "At the end of the night there was never really an end."

    メトロとのインタビューで「夜の終わりには、本当の意味での終わりはなかった」と語っています。

  • "It stayed with me every night after work for another two or three hours."

    "毎晩仕事が終わった後も2~3時間は一緒にいた"

  • "I never felt this moment of being done with my work day [...] I didn't socialize at all."

    "一日の仕事が終わる瞬間を感じたことがなかった [...] 人付き合いが全くなかった"

  • "The person I interacted with was director Todd Phillips."

    "私が交流したのは監督のトッド・フィリップスでした"

  • "That became my world."

    "それが私の世界になった"

  • "It was nonstop."

    "ノンストップだった"

  • Phoenix also revealed that as a by-product of his own strict diet, his opportunities to interact with the cast and crew were even more limited than they might otherwise have been.

    また、フェニックスは自身の厳しい食生活の副産物として、キャストやスタッフとの交流の機会がこれまで以上に限られていたことも明かしている。

  • He said, "I also didn't really have a life at that time because I couldn't go out to eat."

    "食事にも行けなかったので、当時は本当に生活ができていなかった "とのこと。

  • Fortunately, the role was simply so stimulating for Phoenix that he actually found these conditions to be agreeable.

    幸いなことに、この役はフェニックスにとって単純に刺激的だったので、実際にはこれらの条件に納得がいくものだった。

  • He said, "I want to say it was super hard."

    "超難しかったと言いたい "と言っていました。

  • "But it was so inspiring, that as much energy I put into it, it gave it back."

    "でも、それはとても刺激的で、私がエネルギーを注いだ分だけ、それが返ってきたのです"

  • "I would go home after work and we would just talk about the next scene."

    "仕事が終わったら家に帰って 次のシーンの話をしてた"

  • "I was just super excited."

    "超興奮した"

  • "I would show up at set two hours early to just sit in the trailer and talk about it."

    "2時間早くセットに来て トレーラーに座って話してた"

  • Phoenix famously lost over 50 pounds for the role of Arthur Fleck.

    フェニックスはアーサー・フレック役のために50ポンド以上痩せたことで有名です。

  • In a wide-ranging talk with USA Today about "Joker," he revealed that he subsisted largely on a diet of steamed green beans, apples, and lettuce during the shoot.

    USAトゥデイとの「ジョーカー」についての幅広いトークの中で、彼は撮影中に蒸したインゲン豆、リンゴ、レタスを主食にしていたことを明らかにしました。

  • This was nothing new.

    これは目新しいことではありませんでした。

  • He had lost a similar amount of weight for his role in Paul Thomas Anderson's acclaimed 2012 drama "The Master."

    ポール・トーマス・アンダーソン監督の2012年のドラマ "ザ・マスター "で絶賛された役柄のために、同じように体重を落としていた。

  • Just because he had done it before, though, doesn't mean that he was in any way keen to repeat the experience.

    前にやっていたからといって、その経験をリピートしたいという気持ちがあるわけではありませんが。

  • Phoenix, who disclosed that the same nutritionist tasked with whittling him down for "The Master," returned to torment him further for "Joker," said, "In all honesty, I didn't want to do it again."

    "ザ・マスター "のために彼を削った栄養士が "ジョーカー "のために彼を苦しめるために戻ってきたことを明かしたフェニックスは、"正直言って、私はもう二度とやりたくなかった "と語った。

  • "It's a horrible, brutal diet, but you get all the vitamins and minerals, so you're like safe."

    "恐ろしく残酷な食事だけど ビタミンとミネラルは摂れるから 安全なんだ"

  • "It's grotesque."

    "グロテスクだ"

  • Phoenix has been open about the fact that the dramatic weight loss had a profound effect on his mental state, and that he was able to use the psychological difficulty it presented to inform his acting in Joker.

    フェニックスは、劇的な減量が彼の精神状態に深い影響を与え、それが提示した心理的な困難をジョーカーでの演技に情報を提供するために使用することができたという事実についてオープンにしています。

  • If he had been able to have it his way, though, Arthur wouldn't have been the rail-thin, emaciated figure we see in the film.

    もし彼が自分の思い通りにできていたら、アーサーは映画の中で見るような細いやせ細った姿にはなっていなかっただろう。

  • In an interview a month before the film's release, the actor told the New York Times, "I thought he should be kind of heavy."

    映画公開の1ヶ月前のインタビューで、ニューヨーク・タイムズ紙に「彼は重くていいと思っていた」と語っています。

  • "Todd was like, 'I think you should do the real thin person.'"

    "トッドは" "本当の痩せた人をやるべきだと思った"

  • His assessment of the experience didn't soften over the months after "Joker" hit theaters.

    その経験に対する評価は、「ジョーカー」が公開されてから数ヶ月経っても軟化することはなかった。

  • He told the Times that sticking to the diet was, quote, "a horrible way to live."

    彼はタイムズ紙に "食事にこだわるのは 恐ろしい生き方だ "と言った

  • Finding his version of the Joker's famous cackle was a particularly daunting task for Phoenix, as the film posited a unique take on that particular trait.

    ジョーカーの有名な笑い声を自分のバージョンで見つけることは、フェニックスにとって特に困難な作業でした。

  • Arthur's laughter is pathological, a disorder which causes him to burst into violent, uncontrollable laughter at the most inappropriate of times.

    アーサーの笑いは病的なもので、最も不適切な時期に暴力的で制御不能な笑いを爆発させる障害です。

  • Part of Phoenix's method for perfecting his version of the Joker's laugh was to study videos of real-life mental patients afflicted with this disorder.

    フェニックスがジョーカーの笑いを完成させるための方法の一部は、この障害に悩まされている実際の精神病患者のビデオを研究することでした。

  • For a time, the actor was reluctant to employ the laughter, as he simply wasn't confident that he'd nailed it.

    一時期は、単純に釘を刺した自信がなかったため、俳優は笑いを採用することに消極的だった。

  • He explained, "I think Joker is a part of Arthur that's trying to emerge, and I think that was a really interesting way of looking at this laugh."

    彼は "ジョーカーはアーサーの中で出てこようとしている部分だと思うんだけど、この笑いの捉え方は本当に面白かった "と説明した。

  • "But honestly, I didn't think that I could do it."

    "でも、正直、自分には無理だと思っていました"

  • "I would practice alone, and then asked Todd to come over to audition my laugh, because I felt like I had to do it on the spot and in front of somebody else."

    "一人で練習して、その場で誰かの前でやらないといけないと思って、トッドに来てもらって、私の笑いのオーディションをしていました。"

  • "It took me a long time."

    "時間がかかった"

  • Phoenix has even said that, to a large extent, he's still not sure if he got it exactly right except in a few instances.

    フェニックスは、一部のケースを除いては、まだ正確に把握できていないことが多いとまで言っています。

  • Speaking with ETOnline, he said, "I thought at some point that it would become easier, but I don't think it did."

    ETOnlineとの会話では、"どこかの時点で簡単になると思っていたが、そうではなかったと思う "と語った。

  • "I think it became more difficult, actually."

    "実際には難しくなったと思います"

  • The actor went on to explain that while it worked for some scenes, others were, quote, "a struggle," saying: "Sometimes one take would work and another wouldn't."

    "あるシーンではうまくいったが" "他のシーンでは" "苦労した" と説明している"一回の撮影でうまくいくこともあれば、そうでないこともある"

  • "It just was I think something that was alive, in a way."

    "ある意味では生きていると思う"

  • Perhaps the biggest challenge for Phoenix in preparing to play Arthur Fleck was also, in large part, what drew him to the role: an extreme sense of uncertainty.

    おそらく、アーサー・フレックを演じる準備をする上でフェニックスにとって最大の挑戦だったのは、彼をこの役に引き込んだもの、つまり極度の不確実性の感覚だったのではないでしょうか。

  • In the USA Today interview, the actor explained that the character has an innate sense of slipperiness to his identity, a resolute unwillingness to allow himself to be pinned down as any one archetype.

    USAトゥデイのインタビューでは、俳優は、このキャラクターは自分のアイデンティティに滑りやすいという生来の感覚を持っていると説明し、自分がどのようなアーキタイプとして固定されることを許すことを断固として拒否しています。

  • This quality exhibited itself not only on the pages of the screenplay, but on set, as Arthur's characterization morphed and evolved throughout "Joker's" shoot.

    このクオリティーは脚本だけでなく、撮影現場でも発揮され、「ジョーカー」の撮影中にアーサーのキャラクターが変化し、進化していきました。

  • Phoenix said: "When we were prepping for it, I felt very frustrated because I couldn't lock on anything that felt like a foundation for the character."

    とフェニックスは語った。"その準備をしていた時、キャラクターの基礎となるようなものをロックオンできなかったので、とても悔しい思いをしました。"

  • "And at some point, I realized that was the f--ing point."

    "そして、ある時点で、私は、それがf - - ポイントだと気付いた。"

  • "He was unstable."

    "彼は不安定だった"

  • "Gary, you were the only one who was ever nice to me."

    "ゲイリー 私に親切にしてくれたのは あなただけだった"

  • Eventually, though, Phoenix along with Phillips and the rest of "Joker's" cast and crew found that this grey area was exactly where they needed to be.

    しかし最終的に、フェニックスはフィリップスをはじめとする「ジョーカーズ」のキャストやスタッフとともに、このグレーゾーンこそが自分たちが必要としている場所であることに気づくのだった。

  • He said, "It's shaky ground as an actor."

    "役者としての地盤が揺らいでいる "とのこと。

  • "I enjoy not knowing precisely what a character may do, but you want to have like a couple moments that you feel solid about."

    "キャラクターが何をするか分からないのは楽しいが" "自分が確信を持てるような瞬間を いくつか持ちたい"

  • "And that never really happened."

    "そして、それは実際には起こらなかった"

  • "We just became very comfortable with not knowing."

    "私たちは知らないことがとても快適になった"

  • It was a singularly unique approach which led to a singularly unique performance, one which finally netted Phoenix that golden statue which he probably should have been awarded years ago.

    それは他に類を見ないユニークなアプローチで、他に類を見ないパフォーマンスにつながり、最終的にフェニックスは何年も前に与えられるべきだったであろう金色の像を手に入れることができた。

  • In his acceptance speech, he told his peers, "We share the same love that's the love of film."

    合格スピーチでは、仲間に "映画の愛を共有している "と語っていました。

  • "And this form of expression has given me the most extraordinary life."

    "そして、この表現の形は、私に非凡な人生を与えてくれた"

  • "I don't know where I'd be without it."

    "これがなければどこにいたかわからない"

  • It's only fitting that this is so, because Phoenix has given us nothing but extraordinary performances and with "Joker," an all-time great one.

    フェニックスは並外れた演技を見せてくれたし、"ジョーカー "という史上最高の一本を手に入れたのだから、それに越したことはないだろう。

  • Check out one of our newest videos right here!

    最新のビデオをチェックしてみましょう!

  • Plus, even more Looper videos about your favorite actors are coming soon.

    さらに、あなたのお気に入りの俳優についてのルーパービデオも近日公開予定です。

  • Subscribe to our YouTube channel and hit the bell so you don't miss a single one.

    YouTubeチャンネルを購読して、一つも見逃さないようにベルを叩きましょう。

When Joaquin Phoenix won the Best Actor Oscar, unbelievably his first for "Joker" at the 92nd Academy Awards, it seemed a bit like he was the only one who was surprised.

第92回アカデミー賞でホアキン・フェニックスが『ジョーカー』で信じられないような初のアカデミー賞主演男優賞を受賞したとき、驚いたのは彼だけだったような気がします。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 フェニックス ジョーカー アーサー 笑い トッド 俳優

ジョーカーを演じるためにホアキン・フェニックスが実際に経験したこと

  • 9307 381
    Seraya に公開 2020 年 02 月 13 日
動画の中の単語