Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Greetings! I'm Anthony Brown, and I'll be joining Brit and Hank on this channel to talk about these wonderful, weird brains of ours and how they work!

    初めまして!私はアントニー・ブラウンです。ブリットとハンクと一緒にこれから私たちの脳のはたらきの驚くべき実情についてこのチャンネルでお話ししていきたいと思います。

  • And I couldn't be morepsyched about it.

    嬉しくて本当に…脳が喜んでいます。

  • Now, onto the science.

    では、科学の話に移りましょう。

  • We all know that having a little bit to drink can make you a littleloose lipped.

    お酒を少し飲むと、誰でもおしゃべりになるのはよく知られていますよね。

  • Like, you're having a few beers while watching the Packers game with your buddies.

    例えば、ビールを飲みながら友だちと NFL のパッカーズの試合を観てると

  • And before you know it, you're screaming :"Tom Brady is no Aaron Rodgers!" at the top of your lungs.

    知らないうちに「トム・ブレイディはアーロン・ロジャースの足元にも及ばない!」って大声で叫んでるでしょう。

  • Whoops. Well, we all know that last statement is true.

    おっと、まあ、その事自体は間違ってはいないんですど。

  • Even if some people don't want to accept it.

    中にはそれを認めたくない人もいますけどね。

  • And it turns out a bit of booze might actually improve your language skills more generally; that is, if you're speaking a foreign tongue.

    そして、ちょっとだけお酒を飲むと実は言葉の能力が一般的に向上するということが分かっているんです。これは外国語に限る話ですけど。

  • Drunk people aren't exactly known for their language skills, since, you know, slurring doesn't count as articulate speech.

    酔っぱらった人は言語能力が高いというわけではないですし、ろれつが回らないから話し上手とは到底言えませんよね。

  • But, strangely enough, studies do suggest that drinking might help you master the complexities of speaking that new language you've been trying to pick up.

    でも面白いのは、新しく習っている言葉に関しては、飲酒をすることでその言語の複雑さをマスターすることにつながるという研究結果も出ているんです。

  • For instance, take a study first published online in 2017 in The Journal of Psychopharmacology, which looked at the language abilities of 50 students in the Netherlands.

    例えば、2017 年に The Journal of Psychopharmacology がオンラインで発表した研究では、オランダの学生 50 人の語学スキルについて調査をしました。

  • All of the participants natively spoke German, but were trying to learn Dutch, and had to pass an exam showing they could speak the language to get into their course.

    被験者は全員ドイツ語を母国語としていてオランダ語を勉強しようとしており、コースに入るためにはテストに合格しなくてはいけないという状況にいました。

  • As part of the study, they were asked to rate how good they thought their Dutch language skills were, and complete the Rosenburg self-esteem scale, designed to measure, you guessed it, self-esteem.

    実験の中では、まず自分のオランダ語に対する自己評価をして、その後 Rosenburg 自尊心感テストを受けて自尊心感(当たり前ですが)を測定しました。

  • Then, they either got a healthy glass of water or a vodka with bitter lemon; enough booze to give them a blood alcohol concentration of around 0.04%.

    その後、1 つのグループはグラス 1 杯の水を、そしてもう 1 つのグループはビターレモン入りのウォッカを飲んで血液内アルコール値を 0.04% にまで引き上げました。

  • Once served, they had 10 minutes to finish the drink.

    飲み物は 10 分かけて飲むようにして

  • Then, 15 minutes later, when the alcohol had started to make its way into their bloodstream, the language test began.

    15 分後にアルコールが体内に巡り始めた頃を見計らって、語学テストを開始しました。

  • They were told to verbally argue for or against animal testing, in Dutch, for two minutes.

    テストの内容は、動物実験に対する是非をオランダ語で2分間述べるというものでしたが

  • And it turned out that the group that drank spoke Dutch better.

    お酒を飲んだグループの方が上手にオランダ語を話せるようになったのです。

  • Now I know what you're thinking.

    まあ、皆さんが考えている事は分かりますよ。

  • But no, they didn't just think they did better because they were buzzed, like your friend "thinks" they're so much better at karaoke after three tequila shots.

    でも違うんです。テキーラショットを3杯飲んだ後にカラオケを歌うと酔っぱらったせいで自分の歌が上手くなった「気がする」のとは訳が違うんです。

  • They rated their own language skills about the same as when they weren't drunk, and the self-esteem scores weren't significantly different, either.

    被験者は自分の語学スキルに関しては飲んでいない時と同じ自己評価でしたし、自尊心度もそれほど多きな違いは見られませんでした。

  • It was actually other, native Dutch speakers who said they spoke the language better, and in particular, those judges noted the tipsy participants sounded more natively Dutch.

    むしろオランダ語を母国語とする人が彼らを見て上手に話せていると言ったもので、試験官はほろ酔い加減の被験者の方がオランダ語のネイティブに近い発音をしている事にも気付きました。

  • And though there isn't a ton of work on this topic specifically, other research does seem to confirm this idea that pronunciation of a foreign language improves with a little buzz.

    この分野においては研究量の絶対数がまだ少ないですが、他の研究結果と照らし合わせても、お酒を少し飲むことで外国語の発音が向上するということはあるように思えます。

  • Or, at least, it doesn't get worse, like pronunciation in your native tongue does.

    もしくは、母国語とは違って、少なくとも発音が悪くなるということはないようです。

  • That might sound kind of ridiculous, but when we think about some of the relaxing qualities of alcohol, it kinda makes sense.

    これはちょっとおかしな話のように思えるかもしれませんが、アルコールにはリラックス効果があることを考えると納得できるところもあります。

  • You see, you went off about Aaron Rodgers being better than Tom Brady after a few drinks, still no argument there, because booze acts as a multipurpose wet blanket in the brain.

    先ほど、多少のお酒が入るとトム・ブレイディはアーロン・ロジャースの足元にも及ばないという話になるという例を挙げましたが、まあここに異論の余地は無いんですけど、これはアルコールが脳にはたかきかけて些細な事にケチをつけるよう仕向けるからです。

  • Specifically, it increases the effectiveness of GABA, a neurotransmitter that generally quiets the chatter between neurons.

    特に抑制性の神経伝達物質であるガンマ-アミノ酪酸のはたらきが活性化します。

  • That includes the neurons you need to activate to stop yourself from saying something you'll regret.

    これによって、普段は言わない方が良い事を心の中に留めておくのに活性化する神経物質のはたらきも抑えこまれるわけです。

  • But such signal dampening can also lessen anxiety.

    ところが、この信号は不安感も減退させます。

  • For example, a 2008 study found that self-reported ratings of intoxication negatively correlated with the activation of brain areas associated with fear response, namely, the limbic system.

    例えば、2008 年に行われた研究では、酔った自覚が高いほど、恐怖心を感じる大脳辺縁系という名前の脳内箇所の活動レベルに反比例することが分かっています。

  • Many language learners suffer from foreign language anxiety, which is a feeling of tension or apprehension associated with second-language contexts.

    外国語を勉強する生徒は不安感に苛まれることが多く、外国語を話す状況下での緊張や理解度においてマイナスの感情に襲われるものです。

  • Basically, they think they're terrible, so they get discouraged and subsequently do worse.

    基本的に、自分の語学力はヒドイと考えてしまい、及び腰になる結果ますます下手になってしまうわけです。

  • In severe cases, they might even shy away from speaking the language entirely.

    最悪の場合、その言葉を話すこと自体が嫌になってしまう事もあります。

  • And it seems like a bit of booze can dull your fears about making mistakes, which might mean you make fewer of them.

    ですから、少ない量のお酒は間違いを犯すことに対する恐怖心を和らげ、その結果として間違い自体も少なくなっていく事もあり得ます。

  • Or, there might be some other, as of yet unidentified reason drinking helps you sound more natural.

    もしくは、まだ知られていない効果のおかげで、お酒を飲むことが発音の上達効果につながっているのかも知れません。

  • But that will take more research.

    これに関してはもっと研究が必要ですけれど。

  • Alcohol might be able to help you learn the language, too.

    アルコールは語学学習に効果があるかも知れません。

  • Of course, conventional wisdom would say drinking isn't great for learning for, well... a lot of reasons.

    もちろん、一般に知られているのは、お酒を飲みながら何かを勉強するというのは…まあ色んな意味で良くは無いと言われていますよね。

  • But perhaps the biggest is its reputation for impairing memory.

    でも、一番の理由は記憶力の低下を招くとされているからでしょう。

  • I mean, there are whole Hollywood blockbusters with plots centered around binge drinking-induced blackouts.

    だって、ハリウッド映画のシナリオにも「飲み過ぎで記憶が吹っ飛んでしまった、そしたら…」というものがよく見られますよね。

  • And research has shown that even at lower levels, alcohol can mess with memory storage.

    事実、アルコールの摂取度が少なくても記憶力に影響が出ることが研究で分かっています。

  • But that's not the whole story.

    でも、ここで話は終わらないんです。

  • Some research suggests that a drink might actually help you remember things; specifically, things you did before you started to drink.

    一部の研究では、特に飲み始める前の状況を記憶しておく上では飲酒が効果的だとするものもあります。

  • A surprising study published in 2017 found that people who drank to their hearts' content after a memorizing task remembered more than those who stayed sober.

    2017 年に発表された研究結果では、適度の飲酒をした被験者の方が全く飲まなかった人たちよりも記憶テストの結果が良かったという驚きのデータが出ています。

  • And that seemed to be because of alcohol's memory-tampering abilities, or what psychologists refer to as a period of "reduced memory encoding".

    そして、これはアルコールが記憶処理を邪魔するはたらきを持っているからで、心理学者はこれを「メモリエンコードの削減期間」と呼びます。

  • The basic gist is that because you remember less when you're wasted, your brain does an extra good job locking in the stuff that happened before alcohol started interfering with your memory.

    基本的な仕組みとしては、酔っ払っている間は記憶量が減るため、飲酒が記憶活動を阻害する直前に起きた事項をより良く覚えることができるというものです。

  • Which is basically an argument for following your study sessions with a couple of well deserved beers.

    よく勉強をした後にビールを数杯飲むと効率が上がるというのは、ここから来ているのかもしれません。

  • But, it's important to note that even if a little drinking can improve your pronunciation or even help you remember what was on those flashcards, this is definitely not a case where more is better.

    そうは言っても、少しお酒を飲むと発音が良くなって単語帳に書かれた単語の記憶力が向上するからといって、たくさん飲めば良いというものでは全くありません。

  • These studies all used pretty low doses of alcohol.

    これらの実験で摂取されたアルコール量はどれも少量でした。

  • So, if you're hoping to get a linguistic boost, just a drink or two will do.

    ですから、語学力を一時的にアップさせたかったら、お酒は 1-2 杯に抑えておきましょう。

  • Besides, you should always drink responsibly!

    まあ、何だかんだ言っていつもお酒の量は適度に抑えておいた方が良いんですけどね!

  • Thanks for watching this episode of SciShow Psych!

    今回も SciShow Psych のエピソードをご覧いただきありがとうございます!

  • And thanks for joining me on my first episode!

    そして私の最初のエピソードを見てくれてありがとうございます!

  • This channel wouldn't exist without the support of our SciShow patrons.

    視聴者の皆さんのサポート無しでは、このチャンネルの成功はあり得ません。

  • If you wanna support the show, go to Patreon.com/SciShow.

    皆さんも、ぜひ Patreon.com/SciShow からサポートをよろしくお願いします。

Greetings! I'm Anthony Brown, and I'll be joining Brit and Hank on this channel to talk about these wonderful, weird brains of ours and how they work!

初めまして!私はアントニー・ブラウンです。ブリットとハンクと一緒にこれから私たちの脳のはたらきの驚くべき実情についてこのチャンネルでお話ししていきたいと思います。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 アルコール オランダ 記憶 語学 飲む 研究

ほろ酔いでペラペラに?スピーキングリラックス術 (Want to Speak a Foreign Language Better? Have a Drink)

  • 19832 538
    Seraya に公開 2020 年 03 月 15 日
動画の中の単語