Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The e-cigarette industry is becoming a tricky puzzle to solve.

    電子タバコ業界は、解決するためのトリッキーなパズルになりつつあります。

  • American regulators are threatening to crack down as teenage vaping is on the rise.

    アメリカの規制当局は、10代のベイピングが増加しているとして取り締まると脅している。

  • "We want to get to the bottom of a very unusual situation."

    "非常に異常な状況の真相を究明したい"

  • The Trump administration is considering a ban on fruity flavors popular with younger people and Congress approved raising the minimum age to purchase tobacco products including e-cigarettes from 18 to 21.

    トランプ政権は若年層に人気のフルーティーフレーバーの禁止を検討しており、議会は電子タバコを含むタバコ製品の購入最低年齢を18歳から21歳に引き上げることを承認した。

  • All these factors have now made the U.S. a lot more complicated market for e-cigarette companies like Juul Labs to figure out.

    これらのすべての要因は、現在、米国では、Juul Labsのような電子タバコ会社が把握するために、より複雑な市場になりました。

  • And this crackdown is starting to have a ripple effect around the world.

    そして、この取り締まりは世界中に波紋を広げ始めています。

  • While companies scramble to adjust to possible tighter regulations in the U.S., they're also facing backlash from what could be their next biggest market.

    企業は米国で起こりうる規制強化への対応に奔走していますが、次の最大市場となる可能性のある市場からの反発にも直面しています。

  • Asia Pacific is the biggest smoking region in the world by far and therefore has the biggest potential in terms of consumer base for American and international e-cigarette companies.

    アジア太平洋地域は世界最大の喫煙地域であるため、アメリカや国際的な電子タバコ企業にとっては消費者基盤の面で最大の可能性を秘めています。

  • Juul's regional head of sales said the company viewed Asia as a high priority region.

    Juulの地域営業責任者は、同社はアジアを優先度の高い地域と見ていると述べた。

  • It's home to more than half the world's cigarette sales.

    世界のタバコの売り上げの半分以上を占めています。

  • But Asia itself is already complicated because of different regulatory regimes, smoking cultures, and socioeconomic levels.

    しかし、アジア自体がすでに複雑になっているのは、規制体制や喫煙文化、社会経済レベルが異なるためです。

  • The already complex puzzle is becoming even more challenging.

    すでに複雑になっているパズルが、さらに難しくなっています。

  • So what exactly are vaping companies up against?

    では、ベイピング企業は何に対抗しているのでしょうか?

  • Vaping is a nascent industry in India and offers companies a huge opportunity.

    Vapingはインドの新興産業であり、企業に大きなチャンスを提供しています。

  • The country comes in second with the most number of tobacco users in the world.

    タバコの利用者数が世界で2番目に多い国です。

  • But vaping-related deaths in the U.S. has spooked Indian regulators.

    しかし、米国でのベイピング関連死は、インドの規制当局を怖がらせている。

  • The deaths appear to be linked to vaping products containing THC, the psychoactive compound in marijuana rather than traditional nicotine e-cigarettes.

    死者は、従来のニコチン電子タバコではなく、マリファナの精神活性化合物であるTHCを含むベイピング製品にリンクされているようです。

  • The Health Ministry explicitly referenced what was happening in the U.S. in terms of vaping and vaping deaths and youth access and so on as a reason for implementing this prohibition.

    厚労省は、この禁止を実施する理由として、米国で起きていたことを明示的に言及し、ベイピングやベイピングによる死亡者数や若者のアクセスなどを挙げています。

  • In September, the Indian government announced an executive order banning the sale and production of nicotine e-cigarettes.

    インド政府は9月、ニコチン入り電子タバコの販売・生産を禁止する行政命令を発表した。

  • If caught, you could end up in prison for up to three years.

    捕まった場合、最大で3年の懲役刑になる可能性があります。

  • Experts say India is just one of many countries that are starting to point to growing health concerns in the U.S. over vaping.

    専門家によると、インドは、米国での健康上の懸念の高まりを指摘し始めている多くの国の一つです。

  • For instance, Rodrigo Duterte, the Philippine president, who was once a heavy smoker himself, ordered a sweeping ban on public vaping.

    例えば、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、かつてヘビースモーカーだったこともあり、公共の場での喫煙を全面的に禁止するよう命じた。

  • I am now ordering the law enforcement agencies to arrest anybody found vaping.

    私は今、法の執行機関に命令しています、誰でもベーパーピングを発見した人を逮捕するように。

  • Some countries like South Korea are more open to the vaping industry.

    韓国のようにベイピング業界に開放的な国もあります。

  • It's mostly driven by younger consumers who are willing to embrace things that are cutting-edge and techy.

    それはほとんどが、最先端でハイテクなものを受け入れようとする若年層の消費者に牽引されています。

  • Younger adult consumers are looking for more sophisticated, more advanced, more technologically interesting ways of consuming nicotine in the same ways they're looking for those things in other aspects of their lives as well.

    若年層の成人消費者は、ニコチンを消費するための、より洗練された、より高度な、より技術的に興味深い方法を探していますが、それと同じように、彼らは生活の他の側面でもそれらのものを探しています。

  • But even here there are challenges.

    しかし、ここでも課題があります。

  • There are two types of high-tech cigarette alternatives, devices that heat tobacco and e-cigarettes, which vaporize nicotine liquid.

    ハイテクタバコの代替品には、タバコを加熱する装置と、ニコチンの液体を気化させる電子タバコの2種類があります。

  • But they're regulated differently.

    でも規制が違うんだよね。

  • South Korea and Japan are the world's two top markets for heated tobacco products.

    韓国と日本は加熱式タバコの世界2大市場である。

  • In both countries Iqos, from the tobacco giant, Philip Morris, is sold in convenience stores, supermarkets and even airports.

    両国では、タバコ大手のフィリップモリスから出ているイクオスが、コンビニやスーパー、さらには空港でも販売されています。

  • But it's a whole different story for nicotine liquid that's used in products like Juul.

    しかし、Juulのような製品に使われているニコチンリキッドは全くの別物です。

  • In Japan nicotine liquid is considered a medical product so it's highly regulated.

    日本ではニコチンリキッドは医療品とされているので規制が厳しいですね。

  • This has basically cordoned off Juul from entering the country.

    これは基本的にジュルの入国を封鎖している。

  • South Korea has also advised people to stop using liquid e-cigarettes and is looking into investigating whether to ban sales.

    また、韓国はリキッド電子タバコの使用をやめるように勧告しており、販売を禁止するかどうかの調査を検討している。

  • Some countries are impervious to the crackdown.

    弾圧に無関心な国もある。

  • Because entering China is going up against the country's state-owned company: China Tobacco.

    中国に進出すると国有企業に逆上するからだ。チャイナ・タバコ

  • Tobacco is economically very important to China almost to the point of being a strategic... a national strategic asset.

    タバコは中国にとって経済的に非常に重要で戦略的な...国家戦略上の資産です。

  • The domestic industry generates substantial revenue for local governments and ensures tens of millions of jobs in tobacco farmlands.

    国内産業は、地方自治体に多額の収入をもたらし、タバコ農地で数千万人の雇用を確保しています。

  • International companies have been trying for years to sell traditional cigarettes in China but have had a hard time.

    国際的な企業は、中国で伝統的なタバコを販売するために何年もしようとしているが、苦労してきた。

  • It won't be easy for e-cigarette makers either, who are already being urged by the Chinese government to stop selling and advertising e-cigarette products online.

    それは、すでに中国政府から電子タバコ製品の販売と広告をオンラインで停止するように促されている電子タバコメーカーにとっても簡単ではないでしょう。

  • And the biggest challenge in China might not be the state but actually Chinese smokers.

    そして、中国の最大の課題は国家ではなく、実は中国人の喫煙者かもしれません。

  • There are over 300 million smokers in China and about 7 million used e-cigarettes.

    中国には3億人以上の喫煙者がいて、中古の電子タバコは約700万本。

  • But that's less than 1% of China's total population.

    しかし、それは中国の総人口の1%にも満たない。

  • For many Chinese smokers e-cigarettes are just too expensive compared to traditional cigarettes.

    多くの中国人喫煙者にとって、電子タバコは従来のタバコに比べてあまりにも高価です。

  • A e-cig and refill pod can cost them US$40, while a pack of cigarettes on average costs about US$1.

    e-cigと詰め替え用のポッドは40米ドル、タバコ1パックは平均して約1米ドルです。

  • Traditional cigarettes are also embedded in the country's ingrained smoking culture.

    伝統的なタバコは、この国に根付いた喫煙文化にも組み込まれています。

  • It's very common to share cigarettes, to gift cigarette products, that sort of social sharing aspect of cigarette consumption is one that obviously is very difficult to replicate using an e-cigarette.

    それは、タバコを共有することは非常に一般的ですが、タバコの消費の社会的な共有の側面は、明らかに電子タバコを使用して複製することは非常に困難である1つです。

  • Smoking culture is strong across Asia and initiatives to get people to quit has not been as successful as in the U.S.

    アジアでは喫煙文化が根強く、禁煙に向けた取り組みは米国ほど成功していません。

  • Some academics say the tobacco smoking epidemic has gotten worse in Asia in the past few decades.

    一部の学者は、過去数十年の間にアジアではタバコの流行が悪化していると言っています。

  • Cracking the vaping market in Asia won't be about just adapting to regulations but first convincing smokers that they need to switch to an alternative.

    アジアのベイピング市場をクラッキングすることは、規制に適応するだけではなく、最初に喫煙者を納得させるために、代替品に切り替える必要があります。

  • Whoever figures it out could win big but the puzzle won't be an easy one to solve.

    誰がそれを把握した人は大きな勝利を得ることができますが、パズルを解くのは簡単ではありません。

The e-cigarette industry is becoming a tricky puzzle to solve.

電子タバコ業界は、解決するためのトリッキーなパズルになりつつあります。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TOEIC WSJ タバコ 電子 喫煙 ニコチン

なぜAsia Is the Next Battleground for Vaping|WSJ

  • 4524 172
    Nina に公開 2019 年 12 月 31 日
動画の中の単語